【昔ながらの屋台の名店】知る人ぞ知る幻の屋台ラーメン「ぽん太」でアッサリ鶏白湯を味わう / 京都ラーメン巡り

突然だが、皆さんの生活圏内に屋台はあるだろうか。観光スポットや縁日なんかに行くと今でも多くの屋台グルメが出ているが、いわゆる昔ながらの屋台というのは、随分と珍しくなったのではないかと思う。

そんな古き良き屋台スタイルでラーメンを提供する隠れた名店を、今回は紹介しよう。

・赤い提灯に誘われて

京都市右京区。JRの太秦(うずまさ)駅、もしくは京福電鉄(嵐電)の常盤駅から10分ほど歩いたところに今回紹介するラーメン屋台はある。と言っても、お店が姿を現すのは夜の9時30分を過ぎたころだが。

お店の名前は「ぽん太」。この場所で27年、ずっと変わらぬ姿で営業を続けている。軽自動車を改装した屋台に簡易なテーブルという、まさに昔ながらコテコテの屋台スタイルだ。

赤い提灯の付いた屋台でラーメンをチュルリ。そんなレトロな光景がここには残っている。

・アッサリ鶏白湯

このあたりは筆者も昔から頻繁に行き来するエリアで、ちょいちょい通っている店でもある。さっそくラーメンの味を紹介しよう。

スープは鶏白湯。とろみの強い鶏白湯が最近ではメジャーだが、こちらのスープは飲み口がマイルド。この「アッサリ鶏白湯」ともいうべき味は何気にオリジナリティがあると思う。この味を無性に食べたくなる時があるのだ。

麺は京都のラーメン屋らしく、少し柔らかめに茹でてある。固めが好きな人は注文時にお願いすると対応してもらえるぞ。

トッピング類で特筆すべきはチャーシューだ。ここのチャーシューは本気で美味い。プリプリとした食感のバラ肉に塩気が強めに付けてあり、カットも厚切りサイズ。味・存在感ともに申し分ない。

通常のラーメンは700円で、チャーシューが増量されるチャーシュー入は900円。初めて訪れる人にはチャーシュー入を激しくオススメしたい。

・これからも変わらない

美味しかった。知ってたけど。味に関しては名店と呼んでいいレベルだと思う。

同時に、なぜこの場所で営業しているのか不思議にも思う。夜は人通りの少ない場所。素人考えかもしれないが、場所を選べる屋台なら繁華街で営業した方が儲かるのではないだろうか。夜でも多くの人で賑わうわけだし。

そんなことも大将に聞いてみたが「地元だというのが一番だけど、やっぱり長年通ってくれる常連さんもいるしね~」とのこと。

子供のころ食べに来ていたお客さんが、大人になって自分の子供を連れて来てくれることもあるのだという。27年も営業していれば、そういうこともあるのだろう。

大将は「体が動かなくなるまで、ここで頑張るつもりだよ!」と仰っていた。本当にその通り、ずっとこの景色が残り続けて欲しいと心から願う。もっともダイエット中の筆者としては、夜食ラーメンの誘惑が近所にあることは辛くもあるのだが……。

・今回紹介したお店の情報

店名 ぽん太
住所 京都市右京区太秦中筋町12
時間 21時30分ごろ~翌2時ごろ(多少前後する場合あり)
休日 なし(ただし雨天時は休業)

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「京都ラーメン巡り


Source: ロケットニュース24

京都で〆ラーメンするなら断然ココ! 飲兵衛たちをメロメロにする老舗店「みよし」の魅力に迫る / 京都ラーメン巡り

忘年会や友人との集まりなど、なにかとお酒を飲む機会の多い年末。すっかり良い気分になって、でも帰る前に少しだけ何か食べたいな……そんなとき頭に浮かぶ料理の筆頭といえば、やはりラーメンではないだろうか。

そんな〆ラーメンの定番店として、京都の街で長年愛されている「博多長浜ラーメン みよし」を今回は紹介しよう。呑み助たちの心を掴んで離さない、その魅力とは!?

・川沿いの飲み屋街

京都市内を南北に流れる小さな川、高瀬川。この森鴎外の小説『高瀬舟』の舞台ともなった川沿いのエリアは、木屋町と呼ばれる一大繁華街となっている。

三条木屋町~四条木屋町の間は特に賑わっており、居酒屋、バー、パブなどが所狭しと立ち並ぶ。京都市内では最も飲み屋の密集している場所だといっていいだろう。

そんな木屋町で、飲んだ後に立ち寄りたいラーメン屋として絶大な支持を集めているのが「博多長浜ラーメン みよし」だ。もちろん普通に食べても美味いのだが、飲んだ後は格別。その魅力を、さっそくレポートしていこう。

とその前に。もちろん一杯ひっかけていきますがな。

・のんべえ殺しの外観

ほどよく酔いが回ったところで、フラフラと店の前までやってきた。

赤い提灯と暖簾(のれん)。ついつい足を止めたくなってしまう、屋台風の外観が特徴だ。店内を覗けば美味しそうに麺をすする人の姿も見えるし、もちろん匂いも路上まで届く。

ただでさえ酒を飲んで浮かれている状況で、店の前を素通りするのは至難の業といっていい。入るつもりはないのに気が付いたらカウンターに座っていた……なんてことも筆者は過去に幾度となくあった。

店前に行列が出来ることもある人気店だが、カウンター席主体ということもあり客の回転は悪くない。このサッと入ってサッと食べられる感じは、〆ラーメンには大事なポイント。なんぼ美味しいラーメン屋でも、20分も30分も待ってたら酔いが醒めてまうがな!

・こってりスープと名脇役

注文したのはラーメン(700円)。博多長浜ラーメンというだけあって、もちろんスープは豚骨。

こってり寄りのスープを、まずは一口。豚骨本来の旨味がダイレクトに感じられる直球勝負のスープだ。やや甘味もある。これが飲んだあとの体にしみるんだなぁ……。

表面には脂が浮きジャンキーな感じにも見えるが、なぜかそれほど食後感は重くない。実際、最後まで飲み干している女性客の姿もちらほら。ライトこってりとも言うべきか、食べ応えがあるのにしつこくない味付けが絶妙である。

そして「みよし」のラーメンには、欠かすことのできない名脇役がいる。メンマだ。

こちらのメンマは唐辛子で味付けされておりピリ辛風味。これを最初に食べるのではなく、少し寝かせておこう。

甘めのスープに辛味が溶け出し、パンチが加わって非常に良い感じになる。これをもって「みよし」のスープは完成するのだ!

決して主役ではないが、なくてはならない存在。まさに野村ヤクルトでいう土橋的な働きをするメンマは、いぶし銀の名脇役といえる。なおメンマ単品(150円)での注文も可能なので、食べてみて気に入ったら追加注文もアリだろう。

以前の記事でも書いたが、京都ラーメンの王道は醤油。今回紹介した「みよし」のように、乳白色のスープ、細麺、替え玉……といった博多スタイルの店は、今でも意外に少なかったりする(もちろん全くないわけではない)。

個人的な意見だが、それも同店が愛されている理由のひとつかもしれない。つまり博多ラーメンが食べたい人たちの、駆け込み寺としても機能しているんじゃないかと。

営業時間は朝6時まで。飲んだくれた京都民の受け皿として、豚骨ロスに陥った京都民の受け皿として、今日も「みよし」はフル回転でラーメンを提供し続ける。この場所で、この味を。いつまでもお店が続いてくれることを切に願う。

・今回紹介したお店の情報

店名 博多長浜ラーメン みよし
住所 京都市中京区石屋町115 辻田ビル1階
時間 11時~翌6時
休日 なし

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「京都ラーメン巡り


Source: ロケットニュース24

【新感覚】ジャマイカ風ラーメン恐るべし! 最高にソウルフルな「ジャークチキンラーメン」は食べて損なしの一杯 / 京都市左京区「いっちゃんラーメン」

知っているようで知らない国、ジャマイカ。筆者のような学のない人間にとっては「カリブ海の島国」「なんとなく陽気な感じの国」くらいのイメージしかない。しかし、まさかラーメン1杯で見方が変わってしまうとは。

事のきっかけはジャマイカの郷土料理とコラボしたラーメン屋に出会ったから。エスニックとラーメンが見事に融合した一杯は、初めての体験だった。ジャマイカ風ラーメン、恐るべしです!

・ジャマイカ名物をトッピング

訪れたのは京都市左京区にある「いっちゃんラーメン」。店名からも外観からも、ジャマイカっぽさは特に伝わってこない。しかしメニューに目を向けてみると……。

今回のお目当ては、これである。ジャークチキンラーメン(800円)。ジャークチキンとはジャマイカの郷土料理の一つで、鶏肉をスパイスとハーブに漬け込んでグリルしたものである。元々は保存料理として生まれたものらしい。それをラーメンにトッピングしているということですな。

麺は4種類から選ぶことができる。お店の人によるとジャークチキンラーメンに合うのは細麺とのことだったので、そちらをチョイスした。サンダー麺というのも気になるが……。

・ラーメンなのかヌードルなのか

出てきたのは、何ともエキゾチックな見た目のラーメン。透明度の高いスープが光を反射する様は、まるで太陽光を受けて輝くカリブ海のようである(行ったことないけど)。そしてパプリカやライムなどの色彩鮮やかなトッピング。このストレートすぎる色使い、まさにラテンのノリである。

鶏と野菜からとったというスープは、女性にも喜ばれそうなアッサリ味。そのテイストは間違いなく日本のラーメンのそれで、スープを一口飲んだ印象はあくまで「ラーメン」

しかし、刻みトマトやパプリカといった普通のラーメンには乗らないであろう具材と一緒に麺をすすると、印象は一変する。その独特な食感から感じる印象は「ヌードル」。外国の屋台で名もなき麺料理を食べているような、そんなワクワク感というか異国情緒が口の中に広がる。

麺を食べてジャマイカへ飛び、スープを飲んで日本に戻る。完食するまでに太平洋を何往復もしてしまう、新感覚の一杯である。

・ジャークチキンが美味すぎる

さて、遅くなってしまったが、目玉・ジャークチキンの紹介にいこう。大ぶりにカットされたジャークチキンが5切れほどトッピングされており、これが結論からいうとバリウマである。

スパイスとハーブに漬け込んだ効果なのか? 鶏肉は驚くほど柔らかく、しっとりとした食感。そして芯まで染みこんだ香辛料の旨味がたまらない。

単品での注文もしておけば良かったかな~と後悔するくらい、これはマジでウマイ(ジャークチキン単品もあり)。普通のラーメンもあるが、ここに来たら一度はジャークチキンを食べるべし!

修学旅行生の姿もチラホラ見られた、いっちゃんラーメン。祇園まで歩いていける距離で、京都観光のお供にも悪くないアクセスだ。定番の京料理では飽き足りないという人は、観光のついでに訪れてみてはいかがだろうか。最高にエスニックでソウルフルな一杯を味わえるぞ!

・今回紹介したお店の情報

店名 いっちゃんラーメン
住所 京都市左京区南門前町542-1
時間 火~土:11時30分~14時、19時~23時 日祝:11時30分~14時
休日 月曜日

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「京都ラーメン巡り


Source: ロケットニュース24

スープからトッピングに至るまで鴨尽くし! 鴨肉卸会社プロデュースのラーメン屋「鴨LABO」が想像を超えてくるクオリティだった件 / 京都ラーメン巡り

京都の美味しいラーメン屋を食べ歩く「京都ラーメン巡り」。今回は、スープからトッピングに至るまで鴨尽くしの一杯を味わえるお店「鴨LABO」をご紹介しよう。

鴨肉の卸会社がプロデュースしたという、こちらのお店。当初、ちょっと変わったラーメン屋だな〜一度行ってみるかな〜と軽い気持ちで訪問したのだが、まさかの一杯が出てきたのだった。

・ラーメン屋とは思えぬ佇まい

今回紹介するラーメン屋「鴨LABO」は、鴨肉の卸売を営む株式会社GRACEがプロデュースしたお店。「敷居の高いイメージのある鴨肉を、より多くの人に味わってもらいたい」との思いから、会社の敷地内にラーメン屋をオープンしたそうだ。

本業が卸売なせいか、傍から見るとラーメン屋だとは思えない外観。「鴨ラーメン」と書かれた旗が立っていなければスルーしてしまいそうだ。

にもかかわらず、開店時間になると結構なペースでお客さんが吸い込まれていく。オープンしたのは今年の5月ということだが、既に一定の支持を得ているようだ。これは期待できそう……?

・ごめんなさい

スープは塩と醤油から選べる。より鴨の旨味をダイレクトに味わえるのは塩とのことだったので、鴨塩ラーメンをチョイス。それとサイドメニューの鴨チャーハンを注文した。お値段はセット価格で890円だ。

まずは、やはりスープから。

一口飲んで次は麺を……とテンポ良く食レポを進めていきたい筆者の思いとは裏腹に、レンゲを持つ手が止まらない。このスープ、めちゃくちゃ美味いわ。

塩ラーメンなので口当たりはあくまで優しいのだが、あい鴨のダシがスープに上手く溶け込んでいる。そう、鴨肉がトッピングされているだけでなく、スープにも鴨が使われているのだ。アッサリだけど、独特のコクがある。これは普通の鶏ガラでは出ない味わいなのでは。

そして当然ながら鴨チャーシューも美味い。鴨肉ならではの弾力ある食感が魅力だ。身に詰まった肉汁が口の中で弾ける。麺とスープの相性も良いし、ホントに言うことがない。

正直に告白すると、取材前はラーメンとしての完成度は期待していなかった。いかにトッピングの鴨肉の味を伝えられるかが勝負だと思っていたからだ。しかし、実物を味わってみるとどうだろう。ごめんなさい、めちゃめちゃ美味しい塩ラーメンです……。

・鴨チャーハンもGOOD

また、サイドメニューの鴨チャーハンについても触れておこう。

ラーメン屋のチャーハンは、刻んだチャーシューが入っているのが一般的である。だいたい細切れサイズなので、そんなにチャーシューの存在を感じることはないと思う。一般的には。

ただ前述のとおり、鴨肉は弾力が特徴。たとえ小さくカットされてチャーハンに混じっていても、しっかりと主張してくる。見た目は普通のチャーハンだが、食べてみると鴨の存在感に驚くぞ。こちらもオススメだ!

お客さんが次々と訪れるのも納得の「鴨LABO」。想像を超えてくるクオリティだったので、気になる方は足を運んでみてはいかがだろう。名前こそLABO(研究所)だが、きっと満足の一杯を味わえるはずだ。

・今回紹介したお店の情報

店名 鴨LABO
住所 京都市南区上鳥羽卯ノ花45
時間 月~水 : 11時30分~14時 木~金 : 11時30分~14時、18時~22時 土 : 11時30分~22時
休日 日祝

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「京都ラーメン巡り


Source: ロケットニュース24

ラーメン屋なのに「ほか弁持ち込み歓迎」!? 京都で長年愛される老舗店・タンポポの謎に迫る / 京都ラーメン巡り

京都の美味しいラーメン屋を食べ歩く「京都ラーメン巡り」。今回は京都市北区にある創業25年の老舗店「タンポポ」をご紹介しよう。

唐辛子がこれでもかと振りかけられたインパクト抜群の醤油ラーメン。そして店内には「ほか弁持ち込み歓迎」と謎の掲出が。飲食店なのに弁当持込OKって、いったいどういうこと? 謎に包まれた名店の魅力に迫る!

・恐妻弁でもOK?

お店は京都市北区の紫野と呼ばれるエリアにあり、近くには佛教大学のキャンパスがあることで、平日は学生客の姿も多い。夕方5時すぎにお店に到着した。

見るからに年季の入った外観。「昔ながらのラーメン屋」という表現がピッタリの雰囲気だ。

店内はカウンターと小上がり席。これまたレトロな雰囲気が漂っている。そして……。

あった……! 冒頭でも触れた、弁当持込OKとの掲出。「ほか弁・愛妻弁持ち込み歓迎(恐妻弁でもOKよ)」と書かれている。恐妻弁でもOKらしい。

そもそも飲食店に食べ物を持ち込むことなど、基本的にご法度のはずである。ガムや飴くらいなら怒られないかもしれないが、弁当など持ち込んだ日にはソッコーでキレられても仕方がない。それがOKとは……。

こちらの真相は後ほど伺うとして、まずは肝心のラーメンをいただくことにしよう。

・辛い、だけじゃない!

なんといっても目を引くのが、鉢一面に振りかけられた一味唐辛子。とても辛そうだが……。

確かに辛いが、辛いだけではない。一味唐辛子特有の風味というか、良い意味での苦味が鶏ガラ&豚骨ベースの醤油スープに溶け出し、奥深い味わいを醸し出している。麺は少し柔らかめだったので、固めが好きな人はメンカタを頼むといいかもしれない。

トッピングはたっぷりのネギと、チャーシュー、メンマ。特筆すべきは味がよく染みこんだチャーシュー。脂身部分がトロトロになるまで煮込まれている一方で、赤身部分には噛み応えも残してある。このチャーシュー、ご飯にも合うだろうなあ……。

はい。合います。サイドメニューのミニチャーシュー丼は、表面に醤油タレを塗られたチャーシューとゴマの風味で、ご飯が進むこと。箸を持つ手が止まらねえぇぇぇ! ラーメンとミニチャーシュー丼のセットで、お値段は950円となっている。

・車内で弁当を食べる人を見て……

お腹もふくれたところで、そろそろ「弁当持込OK」の謎に切り込むとしよう。お店を切り盛りするお母さんに、話を伺うことができた。

──ズバリ聞きますが、どのような理由で?

「特に深い理由はないんですけどね(笑)。ほか弁屋さん(かまどや)が隣にオープンしたときに、車の中で弁当を食べている人がいるのを見て『食べる場所がないならウチの店でラーメンと一緒に食べればいいのに』と思ったのがキッカケなんですよ」

──なるほど。……って心広い! 実際にお弁当を持ってくるお客さんって結構いるんですか?

「たまにいらっしゃいますよ。ほか弁に限らず、手作りの弁当とか、おにぎりを持ってきてラーメンと一緒に食べていらっしゃるお客さんが」

ということで、想像以上にシンプルかつ豪快な理由であった。それもお客さんのことを思うからこそ。絶品ラーメンとチャーシュー丼、そしてお店の心意気にお腹いっぱいになりました。

日本広しといえども、ほか弁とラーメンを一緒に食べられる場所というのは少ないだろう。今度はからあげ弁当を買っていって、ラーメンと合わせてセルフからあげ定食、なんて食べ方をしてみようかな。

・今回紹介したお店の情報

店名 タンポポ
住所 京都市北区紫野西蓮台野町57 UKハイム 1F
時間 月~土 11:30~23:00(LO / 22:45)、日 11:30~15:00(LO / 14:45)、17:00~21:00(LO / 20:45)
休日 ほぼ不定休(元旦は休み)

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

背脂醤油ラーメンの旗頭! 京都ラーメンの真髄を知りたければ、迷わず「いいちょ」に行け / 京都ラーメン巡り

湯豆腐、湯葉、おばんざい……。はんなりとした食べ物のイメージが強い京都だが、実は美味しいラーメン屋の宝庫でもある。左京区の一乗寺はラーメンの聖地として他府県からも食べ歩きのファンが訪れるし、いまや巨大チェーンとなった天下一品も元を辿れば京都発祥である。

そんな京都のラーメン屋を、有名店から穴場店まで食べ歩く「京都ラーメン巡り」。第1回は背脂醤油ラーメンの名店、『いいちょ』をご紹介しよう。

・京都のラーメン事情

ひとくちにラーメンといってもジャンルは色々あるものだが、京都にも豚骨、醤油、みそ、塩……ひと通りのラーメン屋は揃っている。それを踏まえたうえで、京都において最もポピュラーなラーメンのスタイルは何かと問われたなら、筆者は「背脂醤油ラーメン」だと答えたい。

鶏ガラもしくは豚骨(もしくはその双方)でスープのダシを取り、醤油タレで調味。仕上げに豚の背脂をスープに散らして出来上がり、というスタイルだ。これが一番オーソドックスな京都ラーメンだと思う。

・ウマ過ぎ注意

今回ご紹介する『いいちょ』は、そんな京都では王道のスタイルを極めたお店。まさに京都ラーメンの真髄ともいえる味を楽しむことができる。

お店は左京区の下鴨と呼ばれるエリアにあり、近くには世界遺産の下鴨神社があるので観光と併せて訪れるのもいいかもしれない。最寄駅は地下鉄烏丸線の北大路駅で、駅からは徒歩10分程度だ。

さてラーメンだ。スープの表面には豚の背脂がたっぷりと浮かんでおり、食欲を刺激してくる。スープは鳥骨7、豚骨3の割合でダシを取っているとのこと。一口飲んでみると……ウンめぇ。キリッと淡麗な醤油味が際立ち、舌の上で転がせば鳥と豚の旨味が広がる。麺は中細のストレート。具材はチャーシュー、ネギ、メンマと京都の背脂醤油では一般的な組み合わせだ。

チャーシューはどちらかというと脂身が多めで、醤油の味がよく染みている。これを背脂たっぷりのスープでひたひたにして食べると、思わずため息が出てしまう美味しさ。カロリー? 知らんがな。

醤油は老舗の澤井醤油で醸造されたものを使用しており、そのあたりに美味しさの秘訣があるのかもしれない。とにかく死ぬほどウマイ

・やきめしもヤバイ

こちらのお店でラーメンと並んで人気のあるメニューが、やきめし。筆者はランチタイムに訪問したが、ほとんどのお客さんがラーメンと併せて注文していた。

卵、ネギ、細かく刻んだ肉などが入っており、味付けは濃い目。新福菜館の焼き飯と似たような味わいなのだが、特筆すべきはそのパラパラ具合。いったいどういう風に鍋を振ったらこんなパラパラに仕上がるんだろう、と思うくらいに理想的な食感だ。とにかく死ぬほどウマイ。お腹に余裕のある人は是非ラーメンと一緒に食べて欲しい。

・美味しいゆえのジレンマ

ラーメンは死ぬほどウマイ。やきめしも死ぬほどウマイ。つまりセットで食べると死ぬ。そんな「旨味の臨死体験」ができる店が、いいちょなのだ。ちなみにお値段はラーメン(並)が700円、やきめし(並)が500円。セットで注文すると100円の割引をしてくれるので、都合1100円となる。

京都人として自信を持っておススメできる店だが、美味しいゆえのジレンマもある。こちらのラーメンは何度も言っているように醤油味なのだが、実はメニューをよく見ると塩ラーメン、みそラーメンもあるのだ。

めっっっっちゃ気になる。以前から気になってる。だけど醤油ラーメンが激ウマだと分かっているので、結局いつも冒険できずに醤油を注文してしまうのだ。ああ、一度ここの醤油ラーメンの味を忘れたい……。

・営業情報は事前に確認を

最後にひとつだけ。定休日は木曜となっているが、臨時休や売切の場合もあるので、営業情報は事前にお店の Twitter(@iicho0141)などで確認していただきたい。ちなみに筆者は店の前まで行って売切御免の憂き目に遭ったことがある。確実に食べたい人は出かける前にチェックだ!

・今回紹介したお店の情報

店名 いいちょ
住所 京都府京都市左京区下鴨東半木町70-10
時間 11時~15時30分(LO / 15時15分)、17時30分~21時(売切次第終了)
休日 木曜日(祝日の場合は営業。臨時休あり。詳しくは Twitter 、電話などで確認のこと)

参考リンク:いいちょ
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24