【実話】たまたま目撃した「アルコール泥棒」が令和イチ切なかった話

これもご時世なのか──。私、P.K.サンジュンは “それ” を目撃した後、なんともやるせない気持ちになってしまった。つい先日、私は近所のドラッグストアで「法的にはセーフ(?)」だけど「モラル的には完全にアウト」な、アルコール泥棒を目撃した。

あれから数日が経過し、改めて振り返ってみたものの、心に残るのは切なさだけ。いったい誰が悪くて、いつから世界はこんな風になってしまったのだろう? 私はあの時どうすべきだったのか……? 答えをご存じの方は、ぜひ教えて欲しい。

・普通の日常の中で

つい先日のこと。現在、週の半分以上はテレワークで過ごしている私は、お昼ご飯を買いに自宅近所の弁当屋へと足を運んだ。ギラギラと太陽が照り付けるとても暑い日ではあったが、道行く人のほとんどがマスクを着用している。

弁当屋に到着する手前、私の目に留まったのはドラッグストア。「そういや、ティッシュが残り1箱だったな」と思い出し、弁当を買いがてら箱ティッシュを購入していくことにした。誰にでもある、ごくごく普通の日常だ。

店の外に山積みされていた箱ティッシュを手に取り、会計を済ませようと店内に足を向ける私。そのとき目撃した男こそ、今回の主人公「アルコール泥棒」である。

・それは突然に

年齢は少なくとも70代、いや……80代でもおかしくない男性で、背丈はさほど高くない。ハット型の帽子をかぶり、加えてメガネとマスクを着用していた。何も無ければ記憶にすら残らない、どこにでもいそうなご老人だ。

だがしかし、結果的にご老人は私の記憶に強く残った。なぜならば、普通ではなかなかあり得ない「アルコール泥棒」をしでかしたからである。ご老人はドラッグストアの入り口に設置されているアルコール消毒液に手を近づけたかと思うと、ものすごい勢いでヘッドをプッシュし始めた。

これだけならば、単なるアルコール消毒に過ぎない。問題は、その手に数枚のティッシュが確認されたこと。そう、ご老人はその場で手を消毒するためではなく、店のアルコール消毒液をティッシュに含ませて持ち帰ろうとしていたのだ。

・ただの消毒じゃなかった

なぜ持ち帰ろうとしていたのかがわかるのか? もしかしたらティッシュにアルコール消毒液を含ませて、体のどこかを消毒するつもりではないか? この状況だけならば、それらの可能性もゼロではあるまい。だがしかし、ご老人はティッシュに含ませたアルコール消毒液を持ち帰った……。

持参していた、ジップロックに入れて。

ご老人は人目を気にする様子もなく、ティッシュにアルコール消毒液を含ませてはジップロックに放り込み、ティッシュにアルコール消毒液を含ませてはジップロックに放り込む作業を繰り返していた。呆気にとられていたため明確な数は覚えていないが、少なくとも5ターンはしていたハズだ。

やがてご老人はジップロックに封をし、店に入ることもなく立ち去って行った。仮に法的には問題は無かったとしても、モラル的には完全にアウトな「アルコール泥棒」である。ハッキリ言って非常識であり、人として恥ずべき行為であろう。

・切なさしか残らない

ただ私は考えた。「アルコール消毒液が買えないほどお金に困っているのかな?」と。だとしたら、あまりにも切なくはないだろうか? わずか数百円の商品が買えず、恥を忍んでアルコール消毒液をティッシュに含ませていた心情を思うとあまりにツライ。

逆に「単なる図々しい老人かも?」とも考えた。だが、その場合もツライことは同じ。人生の酸いも甘いも知り尽くした、本来ならば敬われるべきご老人が、白昼堂々「これくらいいいだろ!」と開き直っているとしたら、こちらも答えは「切ない」だ。

さらに言えば、このご老人には子供も孫もいて、かつてはそれなりに部下にも慕われていて……なんて考え始めたら、何とも言えぬやり切れなさを感じてしまった。いったい誰が悪くて、いつから世界はこんな風になってしまったのだろうか?

2020年8月某日。令和も2年目を迎えた夏のとある日。あの日、あのとき、あの場所で、あのご老人に私は何かしてあげられただろうか? 結果的には「何も言えなくて……夏」であった。

執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

2020年成人式の注目衣装を北九州市の有名店「みやび」に教えてもらったら予想外過ぎた / ゴールデンボンバーのあの歌にも再注目せよ!

福岡県北九州市の成人式といえば毎年ド派手な衣装が話題になるが、彼らの衣装を手掛けているのは同市のレンタル衣装店「みやび」だ。自由度の高過ぎるオーダーにも完璧に対応してくれると評判で、若者たちから絶大な支持を得ている。

そこで今回は、みやびの店主に “2020年成人式の注目衣装” を特別に教えてもらったぞ。また裏話的に、同店の衣装が使われたゴールデンボンバーのあの歌もあらためて紹介したい!

・2020年成人式

2020年の北九州市成人式は、1月12日に「北九州メディアドーム」で開催される。みやびには今年も1000着以上のオーダーがあったそうで、衣装は山積み状態。毎年、式当日の夜明け前から準備が始まり、店内はリーゼント姿の新成人たちで大混雑するのが通例だ。

それはさておき、さっそく店主に “2020年注目の衣装” を尋ねてみたところ「ホワイトタイガーです」と即答。おいウソだろ……

これ衣装だったのかよ!

・ダジャレで挑む晴れの舞台

聞けば「タイガくん」なる男の子が「タイガー(虎)を両肩に乗せたい」とオーダーしたらしい。マジかよタイガ。人生1度の晴れ舞台でダジャレ勝負とは……ギャンブル過ぎるだろ。ちなみに彼が着る「全身タイガーの衣装」も用意されていた。もう当日が死ぬほど楽しみです。

また店内中央には、ギャグ要素一切ナシのド派手衣装も。まるで戦国時代の武将を思わせる豪華絢爛な衣装だが、気になる料金は全身で約60万円だという。スゲェェ。北九州市の新成人たちは、確実に地元経済を回している。今年も頼もしい若者たちに会えそうだぜ。

・ゴールデンボンバーのあの曲にも使われていた

それと成人式とは関係ないが、実は、ゴールデンボンバーが新元号発表の直後に公開した『令和』のMVにも同店の衣装が使われていたそうだ。晴れ舞台にふさわしい豪華衣装だから、興味のある方はあらためてチェックしてみてほしい。

んで最後に! 令和最初の成人式に参加される新成人諸君もゴールデンボンバーのMVのように明るい笑顔で参加するように。喧嘩は怖いからダメだぞ!

参考リンク:小倉の貸衣装専門店「みやび
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【現地レポ】令和ゆかりの地「坂本八幡宮」に行ってみた / 神社内に思わぬサプライズ演出、アクセス情報もあり

「初春(しょしゅん)の月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風(やわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」

間もなく令和元年が終わろうとしているが、この1年はみなさんにとってどんな年だっただろうか。おそらく日本でもっとも変化があったのは福岡県太宰府市。ご存じのように、令和の出典となった万葉集の一節は太宰府の「梅花の宴」で詠まれた三十二首の序文。それに伴い、大フィーバーが巻き起こったからだ。

当然ながら太宰府市は令和を猛プッシュ。ゆかりの地として「坂本八幡宮」も有名になったが、一方でイマイチどんな場所か知らない人もいるだろう。そこで、そこでだ……詳細を伝えることができればと現地へ行ってみることにした!

坂本八幡宮があるのは、太宰府政庁跡の近く……と言っても現地に詳しくない人であればどこかピンとこないに違いない。有名な太宰府天満宮から徒歩で20〜30分くらいの場所にあるのだが、大事な情報だからぶっちゃけるとアクセスはあまりよくない

もし県外から訪れるならばレンタカーか西鉄太宰府駅からレンタサイクル、あるいは福岡空港の国際線からバス(太宰府ライナーバス旅人)を利用するのがいいだろう。他には観光に特化した現地バス(まほろば号)もあるが、本数はそこまで多くないから利用するならゆとりを持って行動するようにしよう。

ちなみに記者は、空港からバスを利用して太宰府政庁跡にやってきた。乗って一駅目(510円)だから楽チン!

さて、着いたはいいが、太宰府政庁跡は “跡地” なだけに壮大な景色が広がる。イベントなどをやっていないと大きい公園みたいなものなので、子どもたちを遊ばせるにはいいかもしれない。

それにしても……

何もないとは何もないなァ(笑)

とはいえ、今回の目的地は坂本八幡宮である。

令和ゆかりの地へは、政庁跡の西側の道を北へ数分向かえばたどり着く。

紅葉を見ながら歩みを進めれば……

ド平日の昼間にもかかわらず、人の姿がチラホラ見えてきた。神社の規模はそんなに大きくない……というか、むしろ小さいかもだが……

着いた! ここが坂本八幡宮だ!!

神社のところどころに「令和」の文字、そして天皇陛下の即位を祝う旗などが見られる。これまた小さな鳥居をくぐって参拝を済ませると、神社内で所願成就お守り、御朱印帳などを扱っていたので記念に購入した。

記者が訪れた日は比較的穏やかな人の流れだったが、やはり休日は混雑するのだろうか。そのあたりを神社の方に話をうかがったところ、参拝者は新元号発表前に比べると10倍〜20倍に増加。平日は落ち着いてきたものの、休日になれば観光バスがガンガン来ていて混雑するとのこと。

これまで坂本八幡宮は地元の氏神様を祀った神社で、地元の方からしても「こんなところに神社あったったい」くらいだったが、令和フィーバーで一変。なんでこげん小さかところが……と自分たちでも驚いているようだ。

ともあれ、ゆかりの地に来て令和の「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味を考えると、感慨深いものがある。新しい時代になった節目の年に来ることができてよかった。

そう思って帰ろうとしたのだが……坂本八幡宮さんっ!

なんというサプライズを用意しているんだ!!

こ、これは……!

菅官房長官が持っていた額入り令和!!!!

しまった……このような嬉しいサプライズがあるなら1人で来るんじゃなかった……。でも撮りたいなァ……。

う〜ん……

何が何でもやるよね〜!!

団体だけでなく1人で来ている人も多く、持ちつ持たれつな関係が自然とできていたから無事に撮れた。ちなみに記者はマダムたちの写真を撮って、自分も……とお願いしたら快く応じてくれた。「もうちょっと肘を上げんね!」と厳しい指導は入ったけど。

街を歩けば「令和」という文字を見かける太宰府市。令和Tシャツをはじめとする「令和グッズ」も売られているし、まだまだフィーバーは続くに違いない。時間に余裕がある人は、混雑する時期を避けた方が無難なので参考までに。

また、年末年始の休みを利用して訪れる人も多いと思われるが、太宰府天満宮は「学問・至誠・厄除けの神様」としてご崇敬を集めている。それゆえ年末年始は参拝者が急増するから、車で行くなら長時間待つ覚悟をしておいた方がいいだろう。経験上、インターチェンジから冗談抜きで進まないのでご注意を。

参考リンク:太宰府ライナーバス「旅人」
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24