リノベ中の仮住まい探しは難しい。「短期間の賃貸」がネックに

岡野さん宅のLDK

現在の岡野さんの住まい(撮影 山田耕司)

リノベーションには、中古不動産を購入してのリノベーションと、今住んでいる自宅のリノベーションと、大きく2種類があります。大枠は同じなのですが、スケジュールという観点で考えると両者には大きな違いがあります。

後者の「自宅リノベ」はリノベーション工事中の「仮住まい確保」が大変、と話すのはリノベーション会社「EcoDeco」の社員で、8年住んだ自宅マンションをリノベーションした経験を持つ岡野真弥さん。

ご自身の自宅リノベ時にもこの難関にぶつかったそうですが、それをどう乗り切ったのか、お話を伺いました。

まずは仮住まいの条件と時期を検討

リノベーション工事中の様子

岡野さんのように今住んでいる自宅をリノベーションする場合、工事期間中は仮住まいをする必要があります。

工事期間はおよそ2か月。その前後に引っ越しや賃貸契約、電気や水道の契約などが発生することも考えると、仮住まいの期間は約3か月。この短い期間だけ貸してもらえる賃貸物件を探さなくてはいけません。

岡野家の場合は、以下が条件でした。
・小学生の子供に、グループが変わるにしてもいつも通り集団登校をさせたい
・共働きで電車通勤しているので、駅から徒歩圏内にとどめたい
・以上のことから「現在の学区内」かつ「駅から徒歩15分以内」の物件に住みたい

という希望があり、「現在の学区内」かつ「駅から徒歩15分以内」という条件で賃貸物件を探し始めました。

さらに工事時期(仮住まい時期)については、「2~3月は賃貸物件の動きが活発な時期だから、新年度になって賃貸の動きが落ち着いた頃に空室の賃貸物件があれば貸してくれるだろう」と踏んでいた岡野さん。

ゴールデンウィークくらいから探して、すぐに引っ越して、5月末くらいから工事スタート。

そして、5月末着工にするためには、5月中旬頃に工事契約になるから、銀行のローン契約はゴールデンウィーク明けから動こう。そんなスケジュール感で考えていたといいます。

仮住まい探しは難航しがち

ところが!その時期が来て、いざ仮住まい探しをスタートしてみても、全くといっていいほど見つからなかったと言います。

ゴールデンウィーク明けの時点で空室の賃貸物件に問い合わせても、「長く借りてもらえる方用に室内を綺麗にしたので、短期間はちょっと…」と断られる始末。

学区や駅からの距離という条件ゆえに候補物件は限られるうえ、3か月という短期間で退去、というのが不動産屋を渋らせます。

短期賃貸にも対応しているUR賃貸住宅を活用

では、自宅リノベを行っている方々は仮住まい問題をどうクリアしているのでしょうか。

岡野さんが勤めるリノベーション会社EcoDecoで自宅リノベをした方のなかには、近所のUR賃貸住宅を仮住まいにした方もいるそう。

UR賃貸住宅は礼金や仲介手数料などがかからないため初期費用が抑えられますし、短期賃貸にも対応しているので自宅リノベの仮住まいにはピッタリです。

ただ、岡野さんの住む街にもUR賃貸住宅物件はあるものの、残念ながら通っている小学校の学区外。小学2年生の子どもに学区外からひとりで登下校させることを不安に思い、断念しました。

最後は「数打てば当たる作戦」を決行

待っていても条件に合う仮住まいは見つからないと思い、岡野さんは最終手段「数打てば当たる作戦」を決行します。そしてある不動産会社に空室物件の問い合わせをした際、奇跡が起こりました。

「確かに空いてますけど、長く住んでもらえる方用に綺麗にした部屋なのでちょっと…」と、はじめは今までと同じお断りの流れだったといいます。

「でも、今新築を建てている人が同じマンションの別の部屋で仮住まいをしていて、その方が出た後ならその部屋を貸せますよ」という想定外の知らせが!

その時期を聞くと、新築完成予定が7月末とのこと。

「待ちます! その方が退去するまで待ちますので、次、貸してください!」と伝え、岡野さんの仮住まい探しはひと段落。

銀行の担当者と工務店には「工事着工は5月末ではなくお盆頃」と連絡し、関係しそうな外堀を埋めていく作業を進めていきました。

まとめ

自宅リノベの際はマンスリーマンションやUR賃貸住宅、一般の賃貸住宅、夫婦どちらかの実家など、どこかしらに仮住まいを確保することが必須になります。

リノベーションのスケジュールを検討する際には、仮住まいのことも視野に入れて考えるとよさそうです。

そして、工事着工が予定より数か月先延ばしになった岡野家は消費税増税前に工事が完了せず、消費税は10%になってしまいました。それでも仮住まいが見つかったのはラッキーだったと話します。

早め早めに行動して、それでも見つからなければ、岡野さんのように最後は「数打てば当たる作戦」で諦めずに挑むのが良さそうです。

取材協力/EcoDeco

Source: 日刊住まい

「住みながらリフォーム」いい&悪い。工事から2週間を振り返る

住みながらでは難しい大がかりなリフォームの場合は、仮住まいを探すことになります。しかし、二世帯住宅へリフォーム中のライター・小林ユリさんは、短期貸しやペット可の仮住まいを見つけることが難しかったため、住みながらリフォームを行うことを選択。

実際に工事が始まって2週間程度が経ったところで、実際に生活をしてみて感じたメリットやデメリットについて紹介してもらいました。

<デメリット>ペットへの負担など、想定外のことも起こりうる

一番気になるのは騒音

大工さんや職人さんのリフォーム作業

仕方がないことなのですが、騒音が思った以上に大きく、振動が身体に響きます。また、ご飯を作ったり食べたりするのも大工さんや職人さんの目があるとなかなかやり難いものがあります。

人にとっても大きな騒音があるとなると、人よりも耳の良いペットにとってははかなり酷な環境です。そのため連日、日帰りのペットホテルに預けることになり、送り迎えや費用面での負担が増えました。

空気環境の悪さ

ビニールシートで覆われた部屋

生活するスペースを確保しつつ工事を行うため、工事には時間がかかります。普通なら同時進行できる作業を分断して行うこともあるため、通常よりも工期が延びるのです。工期短縮をする場合はビニールシートで覆われた部屋での生活も必要になり、暑さや寒さ、花粉症の場合は花粉など、季節によってはかなりの負担があります。

また、木屑やゴミの掃除をしないと、なかなか居住し難い環境になる場合も。これは業者にもよると思いますが、その日の作業終了後に簡単な掃除しかしていかない場合もあるので、自分たちで細かく掃除する必要があるのです。

<メリット>施工に関わる人の様子が見れる安心感は大きい

費用が安く済む

お金

仮住まいの費用が発生しないので、家賃や引っ越し費用も浮くため、金銭的に余裕ができます。筆者は、ここで浮いたお金を家のアップグレードにまわしました。

引っ越しの労力カットになる

リフォームのために荷物を全部移動させて、家を空けることはかなりの労力ですよね。荷物の移動が最小限で済むのもメリットといえると思います。

また、年齢が高くなると別の家に移るのは(たとえ仮住まいでも)かなりストレスが溜まってしまう場合も。住み慣れたところに居続けられるのは、多少不便でも精神的には楽なのです。

作業工程を把握できるのは地味に嬉しい

リフォームの現場

生活をしていると、どうしても家の中を行き来しますから、日に何度も職人さんたちとすれ違います。そのタイミングで設置するコンセントの高さ、小上がりの高さ、棚や鏡の付け位置など、作業に取り掛かる前に細かいところまで最終確認をしてもらえるのもメリットだと感じました。

また現場監督やコーディネーターさんに対して、たとえば「室内物干しを追加で設置したくなった」などの要望や、その都度出てきた相談や質問などをすることができるため、しっかりと納得してから施工してもらえるという利点もあります。

さらに、実際に施工する大工さんや職人さんたちの様子を見ることができるので、安心感もあります。

自分たちのライフスタイルに合わせて

住みながらのリフォーム「二世帯住宅にする」「中古の家を購入した」「親から譲り受けた家を住みやすくしたい」など、リフォームやリノベーションを考えるタイミングはいくつかあります。いずれもプランニングの際には、住みながら工事をするか、規模によっては仮住まいへの引っ越しを検討しなければならなくなるでしょう。

デメリットへの負担感が大きいか、メリットのほうが大きいと感じるかは人それぞれ。自分たちのライフスタイルに合わせて検討してみてください。

Source: 日刊住まい

仮住まい探しに四苦八苦。短期、ペットOKで希望の人は時間に余裕を

家の部分的な増築や内装替えなど、住みながらでもできるリフォームもあれば、住みながらでは難しいリフォームもあります。住みながらでは難しい場合は、仮住まいを探すことになります。

自宅をリフォーム中のライター・小林ユリさんは、この仮住まい探しのハードルがかなり高かったといいます。

悪条件を提示される場合も

犬

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

短期での仮住まい探しはかなり難航する場合があります。たとえば、筆者のようにペットを飼っている場合です。

ペットOKかつ短期OKの物件を見つけるのは相当難しい上に、仮に見つかったとしても値段が高いのです。筆者の場合、不動産業者に行ってもオーナーさんや大家さんへの紹介はおろか、もはや門前払いという感じでした。

チェーン展開している不動産業者での紹介はあきらめ、地域密着の不動産業者をあたることにしましたが、やはりそこでもなかなか見つかりません。

粘り強く探してやっと見つかった1軒は、家賃一括前払い+火災保険+敷金・礼金(どちらも2か月分ずつ)、おまけに鍵交換なし。また、入居前は簡易クリーニングのみで済ませるという条件であれば、入居可という厳しいものでした。

前住人の入居期間が長かったとのことで畳はふかふかになっており、クロスのめくれ、タバコのヤニ、お風呂やトイレのカビなど、お世辞にも「綺麗」といえる物件ではありませんでした。加えて鍵交換をしないとなると、防犯面でも安心できません。

マンスリーマンションはどうか?

ワンルームマンション

ABC / PIXTA(ピクスタ)

マンスリーマンションは短期でもOKのはず!

そう思って視野に入れましたが、筆者は家族で住めるタイプを探していました。筆者の住むエリアでは単身者用、もしくはペット不可の物件しかありませんでした。不動産業者の説明によれば、希望のエリアでは単身赴任者の利用が圧倒的に多く、ファミリータイプの受け入れがあまりないためなのだそう。万策尽きました…。

こういった経緯もあり、最終的には住みながらのリフォームをすることになりました。通常の工事期間より1か月程度長くなるとの見込みですが、それも仕方がないことです。

リフォーム会社を探す段階で、仮住まいが見つからなかった場合を考えて「住みながらのリフォームは可能ですか?」と聞いておいて本当に良かったと思った瞬間でした。

仮住まいの検討は早めに始めることが大切

図面

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

今回リフォームをするにあたり聞いた話では、ハウスメーカーをはじめとする施工会社が自社で抱えている物件を斡旋してくれたり、不動産業者と提携していたりすることもあるようです。けれども、工務店やリフォーム会社の場合は仮住まい用の物件を持っていないことも多いようです。

ちなみに筆者はリフォームをハウスメーカーにお願いしたのですが、仮住まい用の物件は所有しておらず、ハウスメーカーなら絶対大丈夫ということはないようです。自力で見つけるのが困難そうな場合には、施工プランの打ち合わせ時に、話を向けてみると良いかもしれませんね。

いずれにせよ、短期間での仮住まい探しは難航することが多いようですから、時間に余裕を持って早めから動くことをおすすめします。

Source: 日刊住まい

リフォーム工事中の「仮住まい」で持ち物の整理がすんなりできた

新築時から住んでいた自宅マンション(築18年・56平米・夫婦2人暮らし)をリフォームしたわが家。

工事が3か月に及ぶため、工事期間中に一時的に別の住宅に移る「仮住まい」が必要でした。

短い期間に2回の引っ越しが必要で、慣れない環境に身を置きながら毎日仕事に向かわなければならないなど、とにかく大変だったのですが、実は、仮住まいしてよかったと思える意外な「効果」も。

新築やリフォームで仮住まいの予定がある人へ、その効果をご紹介したいと思います。

運んだのに使わないことほどムダなことはない!

荷造り

amadank / PIXTA(ピクスタ)

 

仮住まいが決まると、仮住まい先に移る「行き」と、リフォーム完成後の自宅へ戻る「帰り」の合計2回、引っ越しが必要になります。

家電や家具をはじめ、普段の生活に必要なものはすべて運び出さなければなりませんが、わざわざ持って行ったものを、一度も使わずに持って帰ってきたとしたら……。

それはまさに「ムダな労力」でしかなく、その品は「なくてもいいもの」に違いありません。(仮住まい期間が夏の場合、冬服や暖房器具などはのぞく)

そう気づいたら、「行き」の引っ越し作業は単なる荷造りタイムではなく、すべての持ち物について「本当に必要かどうか」を見極める真剣勝負の時間となりました。

自分の持ち物を見直す機会は貴重

若いカップルに引き取ってもらった家具の1つ。これ1つでも、引っ越しの荷物の総量を減らす効果大!

 

リフォームの造作工事のおかげで不要になる家具は、市区町村の「譲ります」コーナーを利用して若いカップルのもとへ。

本は近所の古本屋に持って行き、全体量を1割ほど削減。

洋服は、慣れない仮住まい先の環境で着たときに「少しでも気分が上がるか」を基準にして、該当しないものをざっくり処分。

そんなこんなで持ち物をスリムダウンし、引っ越しの負担を減らすことと、この家に戻ってきたときにすっきり暮らせる下準備を進めたのでした。

日々の生活に流されて、自分の持ち物を見直す機会は意外となかったりします。

仮住まいが、自分の持ち物の要・不要について真剣に考える機会を与えてくれました。

別の家に暮らすことで新たな「気づき」も

コンセント

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

もうひとつ、仮住まいをしてよかったと思ったことがあります。

それは、10数年ぶりに別の家に暮らしたことで、住まいの使い勝手の部分で「気づき」があったということ。

同じ家に長く暮らしていると、自分の家の状況が「当たり前」になりがちですが、一時的でも違う家に暮らすことで、コンセントの位置、洗面所の鏡の高さ、造り付け収納の棚板のピッチなど、小さなことがいちいち新鮮に感じられるのです。

工事のスケジュールが許せば、仮住まい先で「これ、いいな」と感じた部分をリフォームで自宅に反映することだって可能。

仮住まいにはこんな効果もあると、改めて気づきました。

大変なこともあるけれど、仮住まいはいい経験に

仮住まい中に訪れた工事中のわが家

仮住まい中に訪れた工事中のわが家。さすがにここに「住みながらリフォーム」は無理でした。

 

普段と異なる環境での暮らしを強いられる仮住まいは、本当に大変。

でも、一度自分の家を離れることに大きなメリットもあることがわかりました。

数か月先には、素敵に生まれ変わったわが家での新しい暮らしが待っています。

みなさんにもぜひ、仮住まいを前向きにとらえてもらいたいと思います。

Source: 日刊住まい

3か月のリフォーム工事中の「仮住まい」、どこで探せばいい?

今住んでいる家を大がかりにリフォームする場合、工事期間中に一時的に別の物件へ移る「仮住まい」が必要になりますよね。

設計士さんとの打ち合わせや建材&設備選びで、ただでさえ大忙しの時期に、仮住まいの手配も進めるのは意外と大変……。

長年住んでいた自宅マンション(築18年・56平米・夫婦2人暮らし)をリフォームした筆者の、紆余曲折あった仮住まい探しの顛末をご紹介します。

「仮住まい先」を探している客に不動産会社は冷たかった

不動産

KY / PIXTA(ピクスタ)

実は、仮住まい用の物件探しを少しナメていた私。

「自宅のまわりにはたくさんマンションやアパートがあるし、いい感じの物件がすぐに見つかるだろう」とタカをくくっていました。

さっそく近所の不動産会社を訪れて事情を説明。

今のマンションから徒歩圏内の1LDK~2DKの物件を3か月だけ契約したいと伝えたのですが、不動産屋の担当者は「う~~ん」と渋い顔です。

資料から希望に合う物件を選ぶと、おもむろに大家さんに電話をかけ、「短期希望のお客さんなんですが……」と遠慮がちに確認をとりはじめました。

「不動産会社にとっても大家さんにとっても、私たちは“招かれざる客”なのかも……」。

不動産会社と大家さんの電話でのやりとりを横で聞いていた私は、そこで初めてそう思いいたりました。

3か月後に出ていくとわかっている客を相手にするより、通常の長期的な契約をしてくれる客を待ったほうがいいに決まっています。

電話

EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

不動産会社の担当者も、本来ならすぐに内見に案内できるのに、いちいち大家さんに「短期のお客さんOKですか?」と確認の電話をかけるのがとても面倒そう……。

最終的に、3か月分の家賃は当然のこととして、2か月分の礼金、鍵の交換費用(約1万8000円)、火災保険料(約2万円)まで必要でした。

賃貸物件の契約で当たり前にかかる費用ではあるものの、こちらはあくまで「仮住まい」。

「3か月しか借りないのに」という思いがどうしてもぬぐえず、手間をかけてしまったことをお詫びして丁重に断り、不動産会社をあとにしました。

 

「ウィークリーマンション」はあらゆる面が条件に合わず……

ウィークリーマンション

PIXTOKYO / PIXTA(ピクスタ)

他の不動産会社に行っても、短期契約OKの物件を見つけるのは難しいのではないか……。

そう考えた私は、仮住まい先を不動産会社で探すことはあきらめ、「ウィークリーマンション」を探してみることにしました。

今回はいきなり不動産会社を訪ねて行くようなことはせず、まずはインターネットで下調べを開始。

「ウィークリーマンション」で検索するとたくさんのホームページがヒットし、思わずワクワクしてしまったのですが、紹介されている物件をじっくりチェックしていくにつれ、ウィークリーマンションにはこんな傾向があることに気づきました。

<ウィークリーマンションの傾向> ※筆者調べ
●物件が豊富なのは都心や繁華街。住宅街には少ない。
●敷金、礼金、鍵の交換費用などは不要だが、賃貸料は割高。別途、水道光熱費や清掃費が必要な場合も多い。
●ビジネスホテル風のワンルーム物件の賃貸料は比較的安く、ファミリータイプは高額。
●ほとんどの物件に家具や家電が備え付けられている。

都心のターミナル駅から電車で約15分のわが家の近隣にはそもそも物件が少なく、気軽に工事中の自宅に立ち寄れない遠方に仮住まいするのは気が引けました。

わが家は夫婦2人暮らしなので、ワンルームではおそらく厳しく、物件によるものの、月々20万円以上かかる広めの物件は完全に予算オーバー。

リフォーム工事の間、仮住まい先に冷蔵庫や洗濯機、ベッド、ソファなどを「一時避難」させることを考えると、それらがすべてが備え付けられた物件はスペース確保の面で適さないということにも気づきました。

ということで、「ウィークリーマンション」も早々に脱落です(涙)。

 

最後にたどり着いたのは「UR賃貸住宅」

リフォームの打ち合わせは着々と進み、部屋を明け渡す期限がどんどんせまってきます。

仮住まい探しが間に合わなかったらどうしようとヒヤヒヤしてきた私たちが次に駆け込んだのは、UR(独立行政法人都市再生機構)の店舗でした。

国の機関ということもあり、「UR賃貸住宅」は礼金や仲介手数料がかからないのがメリット。

ただ、月々の家賃が民間の賃貸物件より高い印象があり、訪ねるのをちょっと躊躇していたのです。

UR賃貸住宅の店舗でも、真っ先に3か月だけの契約ということを伝えましたが、そこはさすがの独立行政法人です。

最初に訪ねた不動産会社とは違い、利益は二の次とばかりに(!?)すぐ入居できる物件を次々と調べてくれます。

最終的に「今のマンションから徒歩圏」「できれば家賃は10万円以内」という希望はあきらめ、バスで10分ほどの1LDK(約51平米)で家賃約14万円(最初に訪ねた不動産会社で見つけた古いアパートの2倍!)の物件を契約することにしました。

予算オーバーだけど、とにかくホッ。

 

短期間だからと妥協するのは禁物

振り返ってみると、仮住まい探しでは以下の3つの選択肢を検討したことになります。

UR賃貸住宅

最終的に契約したUR賃貸住宅。1棟1棟がゆったり建てられていて、緑豊かなところが気に入りました。

  1. 短期契約だと相談しにくく、物件によっては安い家賃で借りられるけれど家賃以外の支払いがかさむ民間の物件
  2. セレブ向け!?のリッチ物件と長期出張者向けのワンルーム物件は充実していたウィークリーマンション
  3. エリアや物件数が限られ、家賃も少し高めだけれど、短期契約しやすいUR賃貸住宅

予算が潤沢にあれば、どの選択肢でも満足できる物件を選べたと思いますが、予算や立地で折り合いをつけられたのは、わが家の場合はUR賃貸住宅でした。

契約した1LDKの物件のリビング。カーテンの代用品と思われるシャワーカーテンは、仮住まい中ずっと活用させてもらいました。

物件探しのために3つの選択肢を検討して実感したのは「安易な妥協は禁物」ということ。

いつもと違う不自由な生活が少しでも快適になり、少しでも節約してリフォームの工事費に予算を回せるよう、仮住まいとはいえ、快適性、利便性、コストパフォーマンスをできるだけ追求するのがおすすめです。

Source: 日刊住まい