お弁当づくりと住宅設計の共通点とは?住宅設計がよくわかる『住まいの解剖図鑑』の名言3つ

発売から10年経った現在も売れ続けている名著『住まいの解剖図鑑』。

筆者の増田奏さんは、一級建築士として住宅設計を中心に活動するかたわら、大学で建築計画・建築設計の分野で教鞭をとってこられました。

住宅設計を学ぶ建築系の学生に向けて書き始められた本でしたが、住宅設計の実務に携わる人や、自宅を建てようとする一般の人でも参考にできるような内容になっています。

やさしいことばとイラストでわかりやすく解説されているところがこの本の魅力です。

ここでは、とくに参考になる「住まいの解剖図鑑」の名言を3つご紹介します。

1.「住宅の設計は、お弁当づくりに似ている」

お弁当づくりをする際、どんな弁当箱を選んで、どういう風に仕切ってそこに何を入れるか、どんな味のものを入れるのかを考えます。

住宅設計においても、似たようなことがいえます。

何階建てにしてどんな素材を使うのか、間取りはどうするか、どんなテイストの家具を置くのか。

なるほど、お弁当づくりと思えば、自分も住宅設計に関われそうな気がします。

最初のページのこのフレーズを見て、この本を手に取ってよかったと感じました。

住まいの解剖図鑑

2.「冷蔵庫は八方美人。誰かれ構わず呼び寄せる」

住まいの解剖図鑑

キッチンは効率よく炊事ができるよう、機能性が高いのが理想的。

近年では、オープンキッチンやアイランドキッチンなど、ダイニングとの隔たりがなく一体化したものが人気で、見た目のよさも重視されます。

使いやすいキッチンを実現するために増田さんが重視しているのが冷蔵庫の位置。

キッチンの中でも家族全員が利用するものなので、「誰かれ構わず呼び寄せる」というわけです。

そんな冷蔵庫をみんなが使いやすいようにするために、キッチンの奥ではなく手前に置くことを薦めています。

我が家のキッチンは奥にコンロがあり、その向かい側に冷蔵庫を置いていました。

コンロで調理をしている間に娘が飲み物を取りに来ると狭く危ないので、どうにかならないかと思っていました。

そんなときにこの本を読んで、冷蔵庫を手前に移動すればよいのだ!と気づくことができたのです。

住まいの解剖図鑑

ちょっとした配置換えでぐっと暮らしやすくなりました。

洗面室における洗濯機も同様なことが言えるようです。

3.「モノは生きている。とても出たがり・夜行性」

片づけたはずなのに、いつの間にか部屋が散らかっている…ということがよくあります。

私って片付けや収納が下手だな、と落ち込んでいましたが、そんなときに励まされたのがこのことばです。

引き出し

skleznev / PIXTA(ピクスタ)

出たがりのモノたちを片付けるには、まず生態を分析すること。

モノの性格を「ジョージ(常時)」「ズイジ(随時)」「イチジ(一時)」に分け、それぞれに合った収納設計が提案されています。

たとえば、よく使うモノの「ジョージ」は、しまい込まずに出しっぱなしにしてもよいのです。

ただし、置き場所を決めるなどきれいに見えるようにします。

このように、モノの性格に合った収納を行えばよいのです。

言われてみれば簡単なことのように思いますが、言われなければ分からない「気づき」を与えてくれる本です。

ここで紹介した以外にも参考になることばがたくさんあります。

住まいに関することで悩んだとき手に取ってみると、きっとよい解決方法を与えてくれるでしょう。

住まいの解剖図鑑

『住まいの解剖図鑑』増田 奏著(エクスナレッジ)

住宅設計の現場には、家づくりの先人たちが積み重ねてきた知恵や工夫、心憎いまでの「ふつう」があります。それらのエッセンスを550点超のイラストと洒脱な文章で分解・抽出した『住宅版・解体新書』です。

Amazone詳細ページへ

Source: 日刊住まい

なぜそうなっているの?「住まいの解剖図鑑」が面白い。住宅版・解体新書

数多くある家づくり本のなかから、自分の求める情報が載っているものを探し出すのは、なかなかに至難の業。
ここでは、優れた家づくり本をセレクトし、おすすめポイントを内容とともにご紹介。

一冊目に紹介するのは、2009年の発売から現在も売れ続けているロングセラーの『住まいの解剖図鑑』です。
人気の本であり続ける理由について見ていきましょう。

住宅設計の「当たり前」。その理由が丁寧に書かれている

筆者の増田奏さんは、一級建築士として住宅設計を中心に活動するかたわら、大学で建築計画・建築設計の分野で教鞭をとってこられました。

当初は住宅設計を学ぶ建築系の学生に向けて書き始められた本でしたが、住宅設計の実務に携わる人や、自宅を建てようとする一般の人でも参考にできるように内容を広げた結果、「解剖図鑑」という形式になったそうです。

住宅設計には、先人が長年培ってきた定石があり、そこにはきちんとした理由があります。

この本では、なぜそうなっているのか、初心者でもわかりやすいよう丁寧に解説してあるのです。

読み物として楽しめる

この本、『図鑑』というだけあって、イラストが多用されていてとてもわかりやすいのが魅力です。

形状や寸法などについても、図面ではなくイラストを使って解説してあるため、建築の知識がなくても重要なポイントを理解しやすくなっています。

また、ひとつのテーマにつき大体4ページとテンポよく解説が続き、読みたいテーマだけ読むといったことも可能。

テーマの導入部では、家づくりをお弁当づくりに、庇を帽子に、と身近なものに例えて解説してあるので、建築本を読んでいるというより、ちょっとした雑学本を読んでいるような読みやすさがあります。

あらゆる住まいに対応している

先ほど「これから自宅を建てようとする一般の人」に向けて書かれている、と紹介しましたが、あらゆる住まいに共通する情報が載っています。

ドアやリビング、キッチン、ベッドルーム、収納、水回りなどは、どんな家にもあるものなので、マンションをリノベーションするときや賃貸住宅を選ぶときの参考にもなります。

敷地の使い方などは、建売住宅を購入する際にも知っておくとよいでしょう。

住まいを持つ人すべてにとって、参考になる情報がたくさんあります。

キッチンひとつとってもたくさんのプラン案がある

個人的にとても参考になったのが、キッチンの項目です。

冷蔵庫、コンロ、シンク、まな板などを置く作業台の4つのキッチン機器をどのように配置すればよいか。

答えは、①冷蔵庫から食材を取り出す、②シンクで洗う、③切る、刻む、④鍋にブチ込む、という料理の手順がスムーズに進められるよう配列する。

それだけで終わらないのがこの本のよいところ。図のように、配置についてもさまざまなプラン案が紹介されています。

我が家でも、このプラン案をもとに冷蔵庫の位置を変えてみたところ、①→②の作業がスムーズに行えるようになりました!

住まいは、ちょっとした工夫でとても住みやすくできるのですね。

図面をしっかり見たくなる

図面を見ても、実物の建物がどのようになるかは、なかなか想像できません。

しかし、『住まいの解剖図鑑』をひと通り読むと、図面に込められた設計者の意図が少しわかるようになります。

一か所でもわかる部分があれば、図面に対する苦手意識が薄らぎます。

わからない部分は知りたくなり、どんどん理解できるようになるでしょう。

「この本を読めば設計のすべてがわかる!」というわけではありませんが、理解へのきっかけになることは間違いありません。

気軽な気持ちで手に取ってもらいたい一冊です。

住まいの解剖図鑑

『住まいの解剖図鑑』増田 奏著(エクスナレッジ)

住宅設計の現場には、家づくりの先人たちが積み重ねてきた知恵や工夫、心憎いまでの「ふつう」があります。それらのエッセンスを550点超のイラストと洒脱な文章で分解・抽出した『住宅版・解体新書』です。

Amazone詳細ページへ

Source: 日刊住まい