「傘が増えすぎ」な人が、吊るす収納をすると確実にいい理由

梅雨に入ると出番の多くなる傘。ビニール傘や家族の傘が増えすぎて、傘立てがいっぱいになっていませんか?

「傘はコンビニなどで気軽に購入できるのであっという間に増えていきます。傘の収納を見直すならば、梅雨入り前の今がチャンスです」と話すのは、整理収納アドバイザーの藤野ことさん。傘収納のコツを教えてもらいました。

傘が増えてしまう原因は?まずは傘の見直しを

傘立てにぎゅうぎゅうの傘

傘が増えてしまうのは、急な雨に降られたとき、気軽にビニール傘を購入してしまうのが原因の1つ。ゲリラ豪雨や台風でやむを得ずという場合がほとんどだと思います。ですから「買ってはいけない」わけではありません。

  • 天気予報をしっかりチェックする
  • 置き傘をしておく
  • 折りたたみ傘を携帯する

こういった事前の心がけがあれば傘をムダ買いする回数が減っていきます。生活費の節約、資源の節約にもつながるので忘れないようにしたいですね。

傘を持ちすぎないようにするための見直し方と、取り出しやすく収納するコツを紹介します。

手持ちの傘を全部出す

手持ちの傘を全部出してみる

まずは自宅にある傘を、日傘や折りたたみ傘も含めてすべて出します。

それから使う傘と使わない傘に仕分けます。壊れている、ずっと使っていないなど、使えない傘は思いきって捨てましょう。

傘の処分方法は自治体によってさまざま。

  • 布やビニールと骨組みを解体して可燃物と不燃物に分ける
  • そのまま不燃物へ
  • (50cm以上の)大きい傘は粗大ゴミ(有料)

傘を捨てるのに、解体の手間がかかったり、お金がかかったりする自治体もあります。傘の見直しで減らすことも大事ですが、そもそも増やさないようにするのはもっと大事です。

傘の数を適正量にする

モノを整理するときに数を把握するのはとても重要です。

実際に傘の数をかぞえてみると、家族1人あたりの本数が多いと感じるご家庭もあるのではないでしょうか?1人の適正量を決めて、その数を超えていたら手放す方向で検討しましょう。

  • 子どもの傘は「お下がり」として譲る
  • フリマアプリで売る、または掲示板で譲る
  • 寄付する

これらの方法だと、ほとんどお金にはなりません。ですが「まだ使える」のに、簡単に捨てるのは罪悪感がありますよね。捨てない方法も視野に入れてみると、処分しやすくなると思います。

傘は「吊るす」収納が断然使いやすい!

傘を仕分けて、使うと判断した傘を収納していきます。

傘はただ傘立てに突っ込んでおくだけだと、自分が使いたい傘を見つけるのに時間がかかります。傘同士が引っかかり、出し入れしにくくてストレスに感じることも。

そこで、いくつか傘の収納方法を紹介します。

突っ張り棒やタオルバーなどで「吊るす」

バーに吊るして取り出しやすく

長傘は突っ張り棒やタオルバーなどで吊るしておくと便利です。ただし、傘が多すぎると重くて落下するかもしれないので、吊るす数は少なめにしたほうがベター。

折りたたみ傘はS字フックで「吊るす」

折り畳み傘はS字フックで

折りたたみ傘だとそのまま吊るせない場合も多いですよね。そこでS字フックをバーにかけます。あとはフックに折りたたみ傘のヒモを引っかければOK。

濡れた傘は玄関ドアのマグネットフックに「吊るす」

濡れた傘はマグネットフックに吊るす

濡れた傘をそのまま収納すると、濡れていない傘まで濡らしてしまったり、乾きにくくてカビや骨組みのサビの原因になったりします。

帰宅後に玄関ドアのマグネットフックに吊るしておけば、乾きも早く、ほかの傘の邪魔になりません。玄関にしずくが落ちないように玄関前でしっかりと傘を振っておくのがポイントです。

吊るす収納にすると、日傘と雨傘の区別がしやすくなり、雨の日に間違えて日傘を持ち出してしまう心配がありません。突っ込んで出し入れしにくかった傘が、吊るすことでサッと取り出せてラクになります。ほんの数十秒のことですがストレスが軽減され、時短につながります。

うまく活用できれば、傘立てが必要なくなるかもしれません。この機会にぜひ傘収納の見直しをしてください。

Source: 日刊住まい

ギミック満載! 私がユニクロの折り畳み傘に惚れ込んだ6つの理由 / 傘骨が回転して衝撃を受け流す…など

失礼ながら、ぜんぜん期待していなかった。ユニクロの折り畳み傘になんて。ところが店頭で商品を手に取り、ラベルに描かれた説明を見てみると……おや? これ、もしかして隠れた機能満載系の商品かも? と。

価格は税別1500円、即購入だ。そして雨が来るたびに使っているのだが、意外や意外、これがなかなか最高で、一気に惚れ込んでいる私がいる。ということで今回は、私が感じた「6つの良いところ」を、ダダッと簡単に解説してみたいと思う。きっとみんなも欲しくなるぞ〜。

その1:大きさ(55cm)

まずは単純明快に大きさから見ていきたい。私、普段は3段の折り畳み傘を使っていたのだが、それと比べたら当然、デカい。しかし、広げた時の大きさを体験したら、この大きさも許せるというもの。なぜなら……

55cm!

私、かなりデカ目のリュックを通勤時には背負っているのだが、それも完全にカバーリングできている! 折りたたみで55cm、これはウレシイ!

その2:開閉がスムーズ

ビックリしたのが、傘を広げる時、「カチ」ってところが存在しないってこと。そのままグググっと押し込むだけでOK。何を言っているのか分からないかもしれないが、とにかく「カチッ」がなくて「グググ」だけでスムーズに開閉できるのだ。閉じるときも同様、どこを押す必要もない。

その3:袋をなくさない工夫

折り畳み傘といえば袋がつきもの。しかし、袋を紛失することもよくある話だ。ところが本商品なら絶対になくさない。傘のストラップ部分と傘袋が、「カチッ」っとした部品でつながるのだ。収納時にカチしておくのはもちろん、傘の使用時にカチしてブラブラさせとくのも良いだろう。

・その4:ストラップが光る

一見すると、なんの変哲もないストラップ、たんなるゴムひものように見えるのだが……実はこれ……

リフレクターになっているので、光に当たると反射する! 暗い夜道でも、たとえば車の光が当たればギンギンに光るので安全なのだ。こういうの嬉しいね!

その5:傘骨が回転して衝撃を受け流す

最大のギミックはコレだろう。なんとこの傘、グリップ部を持っていても、傘の骨の部分を持っていたとしても、傘骨のところがグルグルと回転するのだ。どうやら強風が吹いた時などに、この回転により “衝撃を受け流す” ことが可能らしい。ほんとかなぁ? ……ということで!

強風が吹いた時に確認してみたのだが……

たしかにビミョーに回転しながら耐えていた! もちろん完璧に受け流せるとは思っていないが、普通の傘よりは耐えていた印象がある。回転、すごいや!

その6:ひっくりかえっても即復活

もちろん、あまりにもモロに強風をストレートに食らったとしたら、「バウンッ!」と傘がひっくり返る。そんなのは当然だ。しかし、この傘なら……

即復活!

「その2」で書いたスムーズ開閉ギミックにより、あわてることなく即復活することができるのだ。また、バウンッと逆さになっても、そう簡単に壊れないタフさを私は感じた。意外とやりおる。買ってよかった。今後の相棒は君だ!

参考リンク:ユニクロ「コンパクトアンブレラ」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24


Source: ロケットニュース24

【ブチギレ】使用済みの『傘を入れておくビニール袋』を使ったら「貧乏くさい(笑)」って言われたんだけど何か問題あんの?

昔よりはかなり少なくなった気がするが、やはりこのシーズンは梅雨の影響で雨の日が多い。当然ながら傘が手放せない日が続くワケで「梅雨の時期だけは折り畳み傘をかばんに忍ばせている」という方も多いことだろう。

つい先日のこと。私、P.K.サンジュンは区役所を訪れた。その日は朝からあいにくの空模様で、私の手にはビニール傘が握られていたのだが……。市役所の入口に設置されていた『傘を入れておく用のビニール袋』の件で大変イヤな気持ちになったことをご報告したい。

・消えゆく傘立て

市役所に限らず、最近は公共の施設で “傘立て” を目にする機会がだいぶ減ったように思う。おそらく、傘の取り違えや盗難で設置する側も余計な手間がかかったのだろう。その代わりに多くなったのが『傘を入れておく用のビニール袋』である。

市役所に限らず、コンビニでもスーパーでもレストランでも、この『傘を入れておく用のビニール袋』を採用している施設は非常に多い。傘を取り間違える可能性はないし、ビニールに入れておけば床が水で濡れることもないから、採用する施設が多いのも頷ける話だ。だがしかし……。

私は以前からこの『傘を入れておく用のビニール袋』について、ちょっとしたことが気になっていた。それは、使い終わったビニールたちの無念さとでも言うべきだろうか、要するにビニールたちを最大限使い切ってあげていないと感じでいたのだ。

・あまりに短い命

例えば、スーパーのビニール袋ならば家に持ち帰り二次使用もできるし、我が家では実際にそうなることが多い。だが一方で傘を入れておく用のビニール袋は、わずか数分、長くてもせいぜい1時間程度で、その生涯に幕を閉じてしまうのだ。

デビュー初戦が同時に引退試合でもある彼ら、傘を入れておく用のビニール袋たち。その儚さを感じ取るようになって以来、私は新品のビニール袋ではなくゴミ箱に捨ててある “使用済みの” 傘を入れておく用のビニール袋を使用している。もちろん、彼らは新品同様の働きをしてくれることは言うまでもない。

ところがどっこい、いつものように市役所でゴミ箱から、使用済みの傘を入れておく用のビニール袋を拾うと、真後ろにいた60代半ばとおぼしきご婦人2名が「貧乏くさい(笑)」とコソコソ話をしているではないか……。

ババア、ゴルアアアアアアァァアアアアアアア!!

え? なんなの? 別にババアに迷惑かけてないじゃん? というか、なんなら俺が貧乏くさくてもババアが貧乏になるワケじゃないじゃん? しかもちょっとエコじゃん? 地球に優しいじゃん? 少なくとも芳香剤だか香水だか知りませんけど、あなた方が発している毒々しいニオイよりはね!!

……とは、さすがにその場では言わなかったが、ちらりとババアたちの方に目をやると、意気揚々と新品のビニール袋にド派手な花柄の傘をしまっていらっしゃった。まあいいんだけどさ! でも使用済みのビニール袋を使うことって、そんなにみっともないことなの? 別によくない? 自分、誰にも迷惑かけてないッスよ!

・使用済みでもいい人いるよね?

まあ、ゴミ箱を漁っているように見える行為が貧乏くさく見えたのだろうが、水が付いたビニール袋しか入っていないので、別に汚くはないし、私はこれからも使用済みを使うだろう。というかアレもさ、ゴミ箱じゃなくて「使用済みをご利用の人はこちら」とか書いておいてくれれば、そっちを使う人も多いと思うんだけどな!

執筆:P.K.サンジュン
イラスト:稲葉翔子
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24