【無料】5月25日から舞台『刀剣乱舞』シリーズが7夜連続で配信 → 初めての2.5次元作品にオススメしたい3つの理由

アニメや漫画・ゲームなどの2次元作品を原作とし、舞台・ミュージカル化した「2.5次元」作品。すでに夢中になっている方も多いだろうが、興味はあってもチケットがなかなか当たらない、Blu-rayなどが高くて気軽に見られない、という方もいれば、中には「イケメンや美女がコスプレして騒いでいるだけ」といった先入観で触れずにきた方もいるかもしれない。

そんな方たちも含め、「2.5次元」作品に初めて触れる方にオススメしたい作品がある。2020年5月25日(月)から7夜連続で無料配信される、舞台『刀剣乱舞』シリーズだ。「単にお前が好きなだけだろ」とツッコまれそうだが、「2.5次元」にも原案であるゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」にも一切触れたことがない人へおすすめしたい、3つの理由があるのだ。

・演技も殺陣もアクションも

2020年5月25日(月)から5月31日(日)までの期間中、舞台「刀剣乱舞」シリーズのうち7作品が毎晩20時よりライブ形式で無料配信される。視聴にはDMMの会員登録(無料)が必要だが、手持ちのスマホやパソコンから、無料で2.5次元作品を楽しめるのは嬉しい。

しかし、冒頭で述べたように舞台『刀剣乱舞』シリーズを初めて触れる2.5次元作品としてオススメしたい理由は「今回無料配信されるから」というだけではない。以下より、舞台『刀剣乱舞』を初めての2.5次元にオススメする3つの理由をご説明したい。

・その1:「原案であるゲームを未プレイでも一切問題ない」

2.5次元作品には「原作のストーリーを一部だけ舞台化した作品」や原案のサイドストーリーを描いた作品が多く、中には「原作のストーリーを上演時間に合わせて無理にまとめた作品」もある。正直に言ってしまうと、原作や原案に触れていない人にはストーリーが分かりにくい作品もあるのだ。

その点、舞台『刀剣乱舞』にはその心配がない。なぜなら、原案であるゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」は一部のゲーム内イベントを除くと、現時点ではほぼ「ストーリーがない(開示されていない)」のだ。そのため、本シリーズは見る人全てが初めてそのストーリーに触れることを想定して作られている。「2.5次元」に初めて触れる方へ本シリーズを気軽にオススメしたいのは、この点からだ。

たとえ「刀剣乱舞-ONLINE-」のプレイヤーであったとしても、ゲームから得られる確かな情報は「日本刀の付喪神(つくもがみ)に戦うための肉体を与え、時空を超えて日本の歴史を改変しようとする敵と戦わせる」という舞台背景、戦場の地名と時代、肉体を得た神様──刀剣男士たちのプロフィールとごくわずかな台詞しかない。

「メインの登場人物(刀剣男士)たちは元・日本刀」「刀剣男士も敵もタイムリープ出来る」「刀剣男士は日本の正しい歴史を守るために戦っている」ことを覚えておくとストーリーが飲み込みやすいかもしれないが、キャラクターの名前や関係性などとともに舞台上できちんと明示されるため、1ミリも「刀剣乱舞」を知らない状態で見始めても問題はないだろう。

・その2:「事前知識が必要ない」

舞台『刀剣乱舞』におけるストーリーの主軸は、基本的に「日本の正しい歴史を守るための戦い」だ。しかし「日本史を知らないと楽しめないのでは……」と身構える必要は一切ない。なぜなら、歴史をなぞる時代劇ではなく、あくまで「if」の歴史も描くタイムリープものだからだ。

ストーリーの主軸として描かれるのは、メインの登場人物である刀剣男士たちがタイムリープし、「日本の正しい歴史」を守る姿だ。そのため、守るべき「日本の正しい歴史」と「何がどう改変されようとしているのか」は、双方しっかりと描写される。

本シリーズで描かれる「日本の正しい歴史」に関わる重要人物として織田信長や伊達政宗などが取り上げられるが、彼らが何をした人物かを知らずとも丁寧なシナリオ・巧みな演技で説明されるため、日本史に詳しくなくても問題ないだろう。中学のテストで「天下統一した人物(正解:豊臣秀吉)」として「徳臣信秀」と珍解答した私が楽しめたのだから、安心していただきたい。

・その3:殺陣(アクション)の見応えが半端ない

丁寧に描かれるストーリーが人気の舞台『刀剣乱舞』シリーズだが、実はストーリーを彩る「殺陣(たて)」の迫力が半端ないことでもお馴染みなのだ。2.5次元で活躍する俳優さんの中でも身体能力の高い方が揃っているだけでなく、対峙する斬られ役となる俳優さんたちのレベルも高い本シリーズの殺陣は、アクション映画などが好きな方でも楽しめるだろう。

「2.5次元なんてイケメンや美女がコスプレしてるだけ」だなんて言う方もいるが、そんな方にはぜひ一度、本シリーズの殺陣を見てほしい。中でも、2.5次元の代表格とも言える俳優・鈴木拡樹さんが演じる「三日月宗近」の殺陣は必見だ。その迫力には、思わず鳥肌が立ってしまうほど。こればかりは私が語るよりも、見ていただいた方が早いだろう。

・無料配信スケジュール

2016年の上演以降、舞台『刀剣乱舞』シリーズが無料配信されたことなど今まであったのだろうか? 少なくとも私は聞いたことがない(あったらごめんなさい!)。なにせ、dアニメなどのサブスクリプションサービスで配信されることすら滅多にないのだから。

この貴重な機会にぜひ「2.5次元」への入り口として、舞台『刀剣乱舞』の世界に触れてみてはいかがだろうか。詳しい配信スケジュールは以下の通り、詳しい視聴方法などは公式ページをチェックしてみてほしい。

・5月25日(月)20:00〜 舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(初演)
・5月26日(火)20:00~ 舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演)
・5月27日(水)20:00~ 舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜
・5月28日(木)20:00~ 舞台『刀剣乱舞』外伝 此の夜らの小田原
・5月29日(金)20:00~ 舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語り
・5月30日(土)20:00~ 舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 大千秋楽ver.
・5月31日(日)20:00~ 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ 大千秋楽ver.

なお、どこから見始めても楽しめるとは思うが、25日から公演順に配信されるため、1作目から順番に見ることをオススメしたい。また、25日と26日には同じ演目の初演・再演が配信されるが、初演と再演とで一部キャスト変更がある他、少しずつ内容も異なっており、後の伏線にもなってくるため、もし舞台『刀剣乱舞』の世界を存分に楽しみたいと思われた場合は、どちらも見るのがオススメだ。

原案であるゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のプレイヤーとしてはこれを機に、「2.5次元」だけでなく「刀剣乱舞」自体に興味を持つ人も増え、ゲーム人口が増えると良いな、などとも願っている。

参照元:舞台『刀剣乱舞』一挙無料配信ページ「刀剣乱舞-ONLINE-」
執筆:伊達彩香
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

刀剣乱舞でも人気の兄弟太刀「鬼切丸(髭切)」「薄緑丸(膝丸)」の秘密に迫る → 春日大社『最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展』で実物を見比べてきた

鬼や化け物を切ってきた源氏の重宝・兄弟太刀の「鬼切丸(別名・髭切)」と「薄緑丸(別名・膝丸)」。日本刀の付喪神(つくもがみ)を擬人化したゲーム『刀剣乱舞』にも「髭切」「膝丸」の名で兄弟として登場し、現在も幅広い世代から愛される名刀だ。

そんな「髭切」「膝丸」が2019年12月28日〜2020年1月26日の期間、春日大社にて珍しく兄弟揃って展示されているのだが──実際に見比べてみると、この兄弟に隠された「秘密」が見えてきてしまった。通常、二階展示室は撮影禁止だが、今回特別に取材させていただけたので、さっそくご紹介したい!

・伝説の兄弟

2019年12月28日〜2020年3月1日までの間、春日大社で開催されている『最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆(やすつな・こほうき)展』(観覧料:一般1000円・大学高校生600円・中小学生400円)では、天下五剣「童子切」をはじめとした名刀の数々が展示されている。

今回展示されている「髭切」と「膝丸」はゲーム『刀剣乱舞』で兄弟揃ってキャラクター化されており、どちらも人気キャラとなっている。今回の展示では会場内に等身大パネルが置かれていた。

そんな兄弟太刀の一振り「髭切」は、『安綱・古伯耆展』の中心となっている刀工・安綱に打たれたものだ。

罪人で試し切りをした際、刃が当たっただけの髭まで切れて「髭切」の名を受け、その後に鬼の片腕を切ったことから「鬼切丸」となった。場合によっては同じ刀工・安綱の打った天下五剣「童子切」と混同した鬼退治の逸話が語られることもある。

そんな「髭切」と「膝丸」が兄弟とされているのは、平安時代に清和天皇の孫である源満仲(多田満仲)が刀工・安綱へ依頼し、「髭切」「膝丸」を打たせたという伝説から。「膝丸」を見てみると、確かに「髭切」と姿が似ている気がする。

「髭切」と兄弟なだけあり「膝丸」の名も罪人を試し切りした際に膝まで切れたことからつけられた。後に山蜘蛛という妖怪を切って「蜘蛛切」へ、さらにその後、源義経が「薄緑」名付け……と現在にいたるまで複数の名がつけられている。そんなところまで兄弟そっくり。

しかし、実は今回展示されている箱根神社の「膝丸」は刀工・安綱の作ではないと言われている。真の作者は天下五剣「三日月宗近」の作者と同じ、刀工・三条宗近だと考えられているようだ。じゃあ「髭切」とは兄弟じゃないのか!?

せっかく「髭切」と「膝丸」が同時に展示されているので、じっくり見比べてみたいと思う。まずは全体の姿から。どちらも平安後期頃の作刀だと言われているが、この頃の日本刀はだいたい似た姿をしている。「髭切」「膝丸」も例に漏れず、姿は似ている。

刃文を比べてみると……「髭切」はゆったりと不規則に波打っているのに対し、「膝丸」の刃文は規則的に波打ち、全体は静かな水面のように落ち着いている。

刃以外の部分、いわゆる刀の肌「地鉄」の部分を比較してみよう。「髭切」の方は安綱をはじめとした「古伯耆」ものによく見られる「肌立った」と言われるような、模様がくっきりと浮かび上がっている状態に見えるが、「膝丸」の方は模様よりも潤っているようなツヤが目立つ。

逸話の上では「髭切」「膝丸」のどちらも刀工・安綱に打たれていることになっていたが、これは確かに作者が違うかもしれない……。しかも「兄弟太刀」伝説に追い討ちをかけるように展示されていたのが、刀工・安綱の太刀「天光丸」だ。

なんと「天光丸」は「髭切」と同じ鉄を使って同じ刀工・安綱に打たれた、「髭切」の「雌雄の太刀」だというのだ。「兄弟」でなくなぜ「雌雄」なのかは謎。日本刀のオス・メスを区別するの、ヒヨコより難しそう。

オス・メスの区別はさておき、確かに「天光丸」は刃や地鉄の感じが「髭切」と似ている気がする。仮に「膝丸」と「天光丸」のどちらが「兄弟」かと問われれば、こちらを「兄弟」だと判断してしまうだろう。

一方で、「膝丸」の真の作者だと言われる三条宗近の子、と伝えられる刀工・有成の太刀「石切丸」を見てみると……

細かく整っていて潤いのある肌や、落ち着いた刃文が「膝丸」に似ている気がしてくる。だが、「膝丸」に銘がないため、本当に三条宗近の作刀なのかも不明なのだ。「髭切」と三条の刀、どちらに似ているかは、自身で確かめてみてほしい。

「髭切」「膝丸」に限らず、どんな名刀でも正確な来歴はタイムスリップでもしなければ分からないものがほとんど。名刀に囲まれ自分の目で実物をじっくりと眺めながら、名刀にまつわる逸話に思いを馳せるのも結構楽しいよ。

・兄弟揃っての展示は前期のみ

繰り返しになるが、「髭切」「膝丸」が揃って展示されるのは『安綱・古伯耆展』の前期展示(2019年12月28日〜2020年1月26日)のみ。数々の名刀とともに源氏の重宝「髭切」「膝丸」兄弟を見比べられる機会はとても貴重だ。気になった方は、ぜひ見に行ってみてほしい。

・今回紹介したイベントの詳細情報

イベント名 『最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展』
開催場所 春日大社国宝殿(〒630-8212 奈良県奈良市春日野町160)
開催期間 2019年12月28日(土)~2020年3月1日(日)
(※前期:12月28日(土)~1月26日(日)/後期:2月1日(土)~3月1日(日))
(※「鬼切丸(髭切)」「石切丸」の展示は前期のみ)
営業時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
(※特別開館延長日 2020年2月3日(月)・2月8日(土)~2月14日(金)は 10:00~19:00 (入館は18:30まで))
休館日 2020年1月27日(月)~1月31日(金)
入場料 一般1000円・大学高校生600円・中小学生400円

参照元:安綱・古伯耆展公式Twitter
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.
※本記事内画像の無断転載はご遠慮ください。

刀剣に関する記事はこちらからどうぞ
刀剣乱舞に関する記事はこちらをご覧ください


Source: ロケットニュース24

『ポケモンセンター シブヤ』が新生渋谷パルコにオープン! 任天堂・カプコンの直営ショップも初お目見え!! 刀剣乱舞もあるよ!

日本全国津々浦々のポケモンファンに朗報! 東京・渋谷に2019年11月22日にオープンする「渋谷パルコ」。その6階にポケモンセンターシブヤが誕生するぞ。ひと足先に施設のプレオープン日に訪問したので、フロアの様子を含めて紹介したい。ポケモンだけでなく、日本を代表するゲームやキャラが集結している魅力的なフロアだ。

・パコから3年

旧渋谷パルコが改装にともない休業したのは、2016年8月のこと。その直前にパルコ(PARCO)は一時「パコ」になったことがある。

それから約3年を経て、当初の予定通りにリニューアル工事を完了し、今週金曜日(22日)にオープンすることとなった。20・21日はプレオープン日として設けられており、PARCOカード登録会員に限って入場できる。そこで私(佐藤)はその日のうちに会員登録して、無事インビテーションを手に入れて中へとはいった。

・ジャンプや任天堂

さて、地下の「カオスキッチン」については、以前の記事でお伝えした通りだ。年齢や性別を問わず、あらゆる要素が混在する。それがカオスキッチンの魅力である。本稿で紹介するのは、「CYBERSPACE SHIBUYA」と名付けられた6階だ。

パルコの公式サイトによると、このフロアは「ゲーム・キャラクター・マンガ・esportsのトップコンテンツを集積したデジタル×サブカルチャーゾーン」とのこと。フロアに着くとすぐに目につくのが、週刊少年ジャンプの公式店舗『ジャンプショップ』だ。

「ドラゴンボール」の孫悟空と「ONE PIECE」のルフィが出迎えてくれる。ちなみにジャンプショップは、都内4店舗目の出店となる。

オフィシャルショップ初出店となるのが『カプコン』だ。

カプコンの前には、今まさに波動拳を放とうとする「ストリートファイター」のリュウの像が置かれている。

同じく初出店となるのが、任天堂の直営ショップ『Nintendo TOKYO』である。数多くの可愛らしいグッズが置かれているのが見えたが、この時、お客さんが殺到しており、入場制限がとられていた、残念。

任天堂のショップと同じく高い人気を誇ったのが、「刀剣乱舞」の公式ショップである。店前には、入店を待つ若い女性が大勢並んでいた。

・ファン集結、ポケモンセンター

入場制限はなかったものの、多くのお客さんが訪れていたのが『ポケモンセンター シブヤ』である。

今さら説明するまでもなく、ポケモン(ポケットモンスター)は日本が世界に誇る人気ゲームコンテンツの1つだ。スマホゲーム「ポケモンGO」の登場以来、その支持層は中高年にも拡大している。当サイトでもゲームについての情報を伝えている。

店内には、ピカチュウをはじめとするモンスターをあしらったグッズが多数陳列されており、作品のファンは会計待ちの列をなしていた。さすがポケモン。ここもまた、新しい聖地としてファンが訪れる場所になるだろう。

・新しい風

6階まで上がったら、ついでに10階の「ROOFTOP PARK」に上がってみて欲しい。ここは公園を模した屋上スペースだ。

施設を訪れた日は、日中好天に恵まれて、澄んだ秋空を楽しむことができた。渋谷駅の向こう側にヒカリエとスクランブルスクエアが見える。渋谷の再開発が進んでいるのは、駅周辺だけではない。ここ渋谷パルコからも “新しい時代の風” が吹きそうである。

・今回訪問した施設

名称 渋谷パルコ
住所 東京都渋谷区宇田川町15-1
営業時間 物販10:00~21:00 飲食11:00~23:30

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

侍の「真の姿」が垣間見られる「侍展」が福岡市博物館で開催中! 名刀・甲冑等147点展示、うち国宝6割の豪華な魅力に迫る!

「侍」と聞くと、たとえどんなに歴史物に興味がない人でも、何かしらのイメージが浮かぶのではないだろうか。しかし、具体的に「侍」がどんな装いで、どのような武器を使って、どう戦っていたのかを詳しく知っている人はそういないのでは。「侍」──皆が知っているようで、実はあんまり知らない存在。

そんな侍の「真の姿」を垣間見ることのできる展示が、福岡市博物館で開催中だ。天下五剣・大典太をはじめ貴重な品々が出品されている上、人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボも行われている注目イベントだ。通常は撮影禁止だが特別に許可をいただき、学芸員さんに展示の見どころも教えてもらってきた。貴重な品々をさっそくご紹介するよ〜!

・実戦の中で変化していく「侍」

2019年9月7日〜11月4日まで福岡市博物館で開催されている、特別展「侍 ~もののふの美の系譜~ The Exhibition of SAMURAI」。通称「侍展」だ。入場料は大人が1500円、高校生・大学生が900円(どちらも当日券)、中学生以下は無料。展示は全部で147点あり、なんとそのうち約6割が国宝。豪華だ!

「侍展」では、日常的に戦いの中へ身を置いていた日本の「侍」たちに焦点を当て、今から1000年前頃・平安時代半ばから関ヶ原の戦いまでの甲冑と刀剣を展示。甲冑・刀剣が「戦いの中でどう変化してきたか」を見られるのが魅力だという。

とはいえ、どれも同じに見える……という人もいるかもしれない。そこで、「侍展」の担当学芸員・堀本一繁さんに見どころを聞いてみた!

まずは甲冑。変化の注目ポイントは、「隙間を減らしつつ、軽く、簡単に作れるように」なっていくことだそう。「侍」たちの時代が始まる平安時代半ばの上級武士用甲冑「大鎧(おおよろい)」はとにかく重い! 胴部分だけで20kgほど。盾がわりとして肩部分に下げる「大袖(おおそで)」はなんと片側だけで2〜3kg。

当時の馬に乗って弓矢で戦うスタイルに合わせ、馬にまたがっていても前後左右に身をよじれるよう、胴は四角で大きくガバガバ。中に袖が広がった着物を着ても腕を動かしやすいよう、脇はガラ空き。

そこから、時代が進むにつれて城などの拠点攻めが主流となり、騎射戦から立って戦うスタイルに変化。それにともない軽くてフィット感の高い「腹巻」がメインとなる。

接近戦でブスッとやられないよう、ガラ空きだった脇や胸元も詰められていった。

その後、フィット感と軽さを追求していった結果、女性物か子ども用かと誤解されるような腰がくびれて小ぶりなサイズ感に変化していったそう。確かにスタイル良い感じがする。

しかし、室町・戦国時代は一般人(雑兵・足軽)も巻き込んで戦っていた時代。多くの甲冑が必要となるにつれ、動きやすさ、軽さだけでなく、製作の簡単さも追求されるようになったという。

指ほどの大きさの金属や革をたくさん繋いで作られていた甲冑も、パーツごとを1枚にまとめて形成するスタイルに簡略化。腕の防御が袖と一体化した「籠手(こて)」になって、動きやすくなったのにもご注目。

甲冑のパーツが1枚板になったことにより、それまではパーツを構成するたくさんの糸の色で個性を出していたのが一変、戦場で目立ちまくる「変わり兜(かぶと)」が登場。それぞれの武将たちの個性が爆発してる〜!

個性といえば、西洋甲冑を日本風に仕立て直した「南蛮胴具足」も必見だ。西洋テイストミックスの甲冑は信長のもの、というイメージを持たれがちだが、実は家康以降にしかないんだとか。ちなみに、「侍展」の中で一番借りるのが大変だったのがこの南蛮胴具足だそう。見られるのは貴重だ。

続いて、刀剣の辿った時代ごとの変化のポイントはというと、重要なのは「反りとサイズ感」。平安後期頃から、茎(なかご:持ち手の部分)のそばから反る、腰反りのほっそりとしたスタイルの刀が登場。

当時、備前国(現在の岡山)で活躍した名工・友成の作と伝わる太刀などが展示されていて、その特徴がとらえやすい。ちなみに、現代に通じる「日本刀」が確立したのはこの頃だ。

鎌倉時代に突入し、武器の主役はいぜんとして弓矢だったが、歩兵が馬上の者や馬の脚へダメージを与える用などにで細長い太刀の他にも「長巻」「薙刀(なぎなた)」といった、持ち手が長くて反りが大きく斬りやすい刀もよく使われるように。ちなみに、弓矢の展示がないのは消耗品だったせいだそうな。

その後、拠点(城)攻め主流となっていった南北朝時代には「立って刀でダメージを与える」ために殺傷力が超絶高そうな大太刀がたくさん登場。反りも根元から真ん中辺りへと変わっていき、強さと切れやすさが追求されるようになった。

しかし当然ながら、デカくしすぎると振りづらく、実用に不向き。すぐに大太刀ブームは去り、室町・戦国時代には接近戦に有利な、鞘(さや:刀のカバー)から抜いてすぐに斬れるような、反りが小さく短めの「打刀」が主流に。大河ドラマ『軍師官兵衛』の主人公でおなじみの黒田孝高所用の「安宅切(あたぎぎり)」も打刀だ。

南北朝時代に作られた大太刀などは短く磨上げ(すりあげ)られて使われることが多くなったらしい。織田信長の愛刀だった「圧切長谷部(へしきりはせべ)」も、磨上げられた元大太刀の一振り。

「圧切長谷部」はガッツリ磨上げられているものの、通常は刃先にしかない焼きが刀身全体に散らばっている「皆焼(ひたつら)刃」の刀の中で一番出来が良いと評価されている。刀身全体に炎が揺らめくようなギラつき方がとても格好良い!

そして、そんな圧切長谷部を上回るほど出来の良いイチオシの刀だというのが「日光一文字」。刃文がとにかく華やか! 丁子の実に似た涙のような模様がたくさん、まるで花びらのように重なった「重花丁子」刃が見事である。

「日光一文字」は出来の良さが抜群なのに、同じ福岡市博物館所蔵の圧切長谷部と人気に差がついているのが悲しいそう。人だかりが出来にくい分、美しさをじっくり堪能できるチャンスかも?

他にも、「侍展」では国宝で一番小さな太刀「来国俊」と、国宝で一番大きな太刀「備州長船倫光」がともに見られるのもイチオシポイント。「来国俊」は54cmしかないのに、出来が良いため写真だと大きく見えてしまう。

159cmもある「備州長船倫光」は迫力が凄い! 同じ国宝の太刀でも「来国俊」との全長差1m。圧巻。

「見比べて欲しい刀」という観点では、短刀「太閤左文字」と太刀「江雪左文字」、刀「義元左文字」もオススメだそう。

九州発の刀の評価を爆上げさせた博多の凄腕刀工・左文字の傑作「太閤左文字」は刃中の模様や輝きが満載。刀身に光る粒(地沸:じにえ)もたくさん輝く名刀だ。

「江雪左文字」とともに左文字の特徴、鋒(きっさき:刀の先端)の焼き・「帽子」の形が鋭くグイッと突き上げて下がっているのを確認できるのは、刀剣好きにはたまらない。

10月6日まで展示されている「義元左文字」では、その特徴を見ることが出来ないのもある種、見どころの一つ。焼けて刃文がなくなり、焼き直しの際に別の人の手で刃が入れられたからだ。実物を、ぜひ現地にてじっくり見比べてほしい。

とんがった帽子は左文字、といったように、帽子がどんな風に入っているか? という点は刀工の個性が表れる重要な点なのだが、最近話題の「桑名江」を鑑賞するときも帽子にご注目。郷の特徴の1つは帽子、「鋒の全面に焼きが入っている」ことだとか。

作者の郷義弘はめちゃくちゃ凄腕ながら、銘を入れた作品が残っていないことから、本当にいたのか? というレベルに実態不明な幻の名工。しかし郷義弘の作、とされる刀が出来が良いことは間違いない。

謎の多い郷義弘が打ったとされる名刀が他の刀とどう違うのか、見比べてみるのも楽しいかも。

他にも、見比べるのがオススメの刀たちが。郷義弘と並ぶ名工・粟田口藤四郎吉光の刀が、「侍展」では「五虎退」「博多藤四郎」をはじめ4振り展示されている。吉光の作刀も、名刀揃いで有名!

ただ、展示されている吉光の作刀のうち1振り・「骨喰藤四郎」は銘がない。そのため、由来などに諸説あるミステリアスな一振りだ。

ちょっとマニアックな楽しみ方だが、目の保養がてら「帽子」や刃についた光る粒・沸(にえ)をじっくり見比べて、「骨喰藤四郎は吉光に打たれたのか?」と考えてみるのもオススメだ。

・コラボにグッズにイベントにと大充実

「侍展」、展示を見て楽しむだけで終わるのはもったいない。音声ガイドにも注目だ。なんと、「刀剣乱舞」で日本号を演じている声優・津田健次郎さんの美声で分かりやすくガイドしてもらえるよ〜! ガイドの内容が丁寧かつ聴き取りやすく、「刀剣乱舞」をプレイしていない人にもオススメ。しかし、イケボ過ぎて心臓止まりそうになるかも。筆者は死にかけた。

刀剣乱舞のキャラクターたちの等身大パネルやイラストの展示も。

そして、物販も見逃せない。会場は写真撮影不可のため、展示品の画像が載っている図録は必見だが、「侍展」オリジナルグッズ・「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボグッズも充実しているのだ。特に、刀剣好きにはたまらない物が多いだろう。

中には、福岡の伝統工芸・博多織の紋様と「圧切長谷部」を感じながら長さを測れるメジャー、なんてのもある。圧切長谷部の全長や反り、鋒の長さなどがマークされていて、何かを測るたびに圧切長谷部を身近に感じられる、斬新なグッズだ。ちなみに、なんと手作り。

さらに、グッズだけでなく講演や、刀工が刀へ名前を刻む「銘切り」の体験、黒田官兵衛の甲冑レプリカ着用体験など、イベントも目白押しだ。気になった方は、公式HPのイベント情報をチェックしてみよう。

・10月には展示替えが

現在の展示内容は2019年10月6日まで。10月8日からは後期に突入し、一部展示内容が変更になる。詳しい展示内容を確認したい場合は、公式HPの出品リストを見てほしい。

ちなみに、「戦の中で進化した甲冑の最終形態」とも言える品・豊臣秀吉から伊達政宗に贈られた甲冑は、後期スタートから少しズレた10月16日から展示が開始される。戦いの中で進化していった甲冑の行き着く先が見たい方は、ぜひ。

・今回紹介したイベントの詳細情報
イベント名 特別展 「侍 ~もののふの美の系譜~ The Exhibition of SAMURAI」
開催場所 福岡市博物館 2階 特別展示室 (福岡県福岡市早良区百道浜3丁目1-1)
開催期間 2019年9月7日(土)〜11月4日(月・振休)
営業時間 9:30〜17:30(入場は17:00まで)
休館日 月曜日休館 月曜日が休日の場合は翌平日が休館
入場料 一般1500円、大学・高校生900円(当日券)、中学生以下無料

参照元:侍展Twitter侍展グッズコーナー情報Twitter福岡おもてなし武将隊Twitter
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.
※本記事内画像の無断転載はご遠慮ください。


Source: ロケットニュース24