三十路の男でも「シルバニアファミリー」は楽しめるのか / 癒されたくてシルバニアデビューしてみたら “世界” を見た話

癒されたい。生き馬の目をボコボコえぐり抜く現代社会、過酷な嵐の中でほっと安らげる時間が欲しいと、1度は心に浮かべたことのある方も多いだろう。かく言う筆者も折に触れて「癒されたい」と願う日々を過ごしている。

そんな筆者の脳裏に、先日とあるおもちゃの記憶がふとよみがえった。何かと言えば「シルバニアファミリー」だ。子供の頃TVアニメに挟まれるCMでよく見かけた、癒しの化身のごときおもちゃ。今まで実物に触れたことはないが、手に取ってみれば十割十分癒されるに違いない。

確信めいた予感を抱く一方で、こうも思った。果たして三十路のおっさんである自分が、女児向けのそれを楽しめるものなのかと

・「シルバニア」を知る

玩具メーカーのエポック社から発売されている、ドール系おもちゃ界の重鎮「シルバニアファミリー」。筆者の子供時代から人気も知名度も抜群だった。可愛いとは思えど手は出せなかったあの頃から約20年、今さらシルバニアデビューは可能なのか

不安やためらいが心を鈍らせる。しかし「癒されたい」という欲求と、そもそも実際に眺めるシルバニアファミリーはどんなものなのかという好奇心がそれらを凌駕した。

ただ、シルバニアデビューにあたってまだ足りないものがあった。それは下調べである。一口に「シルバニア」と言っても種類はさまざま。そこで調査の末に購入したのは、「はじめてのシルバニアファミリー」と呼ばれる商品だ。

こちらのセットには、ウサギの女の子一匹と家屋に加えて、家具やキッチンなども同梱されている。スターターパックとして手を出しやすく、価格もAmazonで2571円(2019年12月11日現在)とお手頃。筆者のような人間にはうってつけである。

商品の外箱を見ると、「シルバニア」の世界観に関する説明が記載されていた。深い森を抜けた先にある、世界のどこよりも美しい村。そんなシルバニア村に住む、世界で一番心優しい仲間たち、シルバニアファミリー。癒される気しかしない。

さらに説明を読み進めると、どうやらウサギの女の子はショコラウサギという種族らしいことがわかった。100点満点のネーミングではなかろうか。

ちなみにこの商品、対象年齢は3歳以上だ。三十路なので余裕で満たしている。考えようによっては、単純計算で10倍楽しめるとも解釈できるだろう。

・「シルバニア」を楽しむ

浮かれた試算もそこそこに箱を開けたところ、すでに組み立て済みの家屋、パッケージされた状態の家具、そしてショコラウサギが登場した。

もうこの時点で大概可愛い。思わず顔がにやけてしまう。三十路の男とショコラウサギ、初めての接近遭遇である。

とはいえ、まだ目の前のおもちゃは完成形ではない。外箱に載っている画像と照らし合わせながら、取り出したパーツたちを家の中や周囲に配置していく。

前述の通り何かを組み立てる必要などないので、数分とかからずに出来上がった。

うら寂しい男1人の部屋に……

温かな「シルバニア」の風が吹いた。

可愛い……!

可愛すぎる。何だこれ。すごい。猛烈な勢いでドーパミンが分泌されているように感じるし、完全に気のせいなのだが甘い匂いもしている。おそらく運気も上がっている。全てを良い方向に向かわせるような、そんな圧倒的な可愛さがある。

ただショコラウサギ一匹に自室を間借りされただけなのに、この衝撃だ。「場が華やぐ」とはこういうことかと齢30にして思い知る。

子供の頃にTVで見ていた「シルバニア」と約20年越しに出会ったことで、不思議な感慨も湧いている。すでにだいぶ満足してしまったのだが、もちろん「シルバニア」は眺めて終わりというだけのおもちゃではない。むしろここからが本番だ。

「シルバニア」の醍醐味。それはショコラウサギや家具を使った人形遊びにほかならないだろう。というわけで、今だけは自分の年齢を忘れて全力で遊んでみることにした。

起きた~。気持ちのいい朝~。

朝食のオムライスを作って……

もぐもぐ。おいしい~。

今日は休みだしゴロゴロする~。

たまに少したそがれてみたり……

蛍光灯替えたりもする~。

夜になったし寝ようと思ったら、なんかポタポタ音がする~。

やっぱり水道の蛇口締まりきってなかった~。

楽しい……!

可愛いし楽しい。何だこれは。思わず夢中になってしまった。スターターパックであってもパーツの数が充実しているし、それぞれのパーツが独立しているので、思っていたよりも遊び方に幅がある。

極端なことを言えば、「ベッドの上に鎮座するオムライスを見つめるショコラウサギ」といった、わけのわからない遊び方までできてしまう。

当然パーツやショコラウサギを買い足せば、いっそう遊びの可能性は広がるだろう。「シルバニアファミリー」ってすごい。

だがそれにしても、内容が充実しているというだけでここまで没入できるものだろうか。これほど「シルバニア」の世界に引き込まれるのは、何か他に重大な理由があるからに違いない。

・「シルバニア」を読み解く

そう考えた筆者は観察の目で癒し空間を眺めていたのだが、ほどなく「理由」は見つかった。ずばり、リアリティである。ファンタジーでありながら、しかし「ここがシルバニアだ」という現実味を抱かせるリアリティが確かに漂っているのだ。

そして、そのリアリティを支える要素は2つある。まず1つは作り込みだ。例えば今回購入した「シルバニア」の家屋や家具には、そこかしこに花の模様が丁寧にあしらわれている。

ダイニングテーブルや椅子にも……

玄関のドアにも……

窓の扉にも……

とにかくいたるところに、ちょっと見とれてしまうレベルの精緻さで刻まれている。のっぺりしているパーツは1つもない。こうした細部まで手抜きのないクオリティが、ユーザーを引き込むのに一役も二役も買っているように思う。

「手抜きのない」と言えば、キッチンパーツの下部の扉を開けたらちゃんと排水管が配備されていた時は普通に驚いてしまったし……

ショコラウサギのスカートの裏地にまで細かな装飾が施されていたのにも、変な意味ではなく目を見開いてしまった。本当にどこに視線を向けてもこだわりにあふれているのだ。

作り込みに加え、もう1つ特筆しておきたいのは質感である。それが最もわかりやすく表れているのは、家屋の床面だろう。

真新しくピカピカというわけではなく、やや年季の入った見た目だ。時間の経った木材特有の、白くかすれたような色味が認められる。

床面だけでなく、柵のパーツも……

キッチンの水道も……

ほどよい古めかしさ、絶妙な経年感をまとっている。そこにはショコラウサギがこの家で過ごしてきたであろう時間が降り積もっているのではないかと、そう思えてならない。

・「シルバニア」をまとめる

作り込みと質感。この2つの要素が支えるリアリティによって、「シルバニア」は単なるおもちゃではなくなっている。シルバニア村のショコラウサギが確実に目の前にいる、のどかな暮らしを営んでいると、そんな風に感じさせてくれる “世界” そのものだ。

だからこそ、幼い子どもたちのみならず、こうして三十路の男までも夢中にさせることができてしまうわけである。今なら自信を持って言える。シルバニアデビューに遅すぎるなんてことはない。年齢も性別も関係ない。

皆さんの中にも未体験の方がいたら、ぜひこの手の込んだエンターテイメントを味わい、そして存分に癒されてほしい。美しい「シルバニア」の世界は、心優しい「シルバニア」の住民は、決して我々を拒んだりはしないはずだ。 

参照元:エポック社「シルバニアファミリー」公式HPAmazon「はじめてのシルバニアファミリー」
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

三十路の男が初めて「ラピュタ」を視聴した結果、深い絶望を味わうことになった

国民的支持を得ているアニメ制作会社スタジオジブリ。その初の映画作品である『天空の城ラピュタ』は特に人気が高いように思う。実際、再放送のたびに老若男女問わず多くの人々が沸き立っている。日本を代表するアニメ映画と表しても過言ではないだろう。

だがしかし、驚くべきことに私(西本)はそんな『ラピュタ』を観たことがない。30年間生きてきて今まで1度もである。さすがにそろそろ観ておかねばと焦燥感が募り始めていたのだが、先日、折よく再放送があったのでようやく初視聴にこぎつけることができた。そして私は、『ラピュタ』を通じて深い絶望を味わうことになったのだ。

・ジブリと自分

本題に移る前に、「どのジブリ映画なら観たことあるの?」と思われた方もいるかもしれないので、一応私のジブリ遍歴を記しておこう。鑑賞済みの作品は以下の通りだ。

『となりのトトロ』

以上である。実を言うと『トトロ』のみなのである。「ジブリあんまり好きじゃないの?」とか「『トトロ』以外観たら死ぬ人なの?」と思われた方もいるかもしれないが、特に事情があったわけではなく、ただ観る機会もなく素通りしてきてしまったのだ。

とはいえ、作品に関して完全に無知というわけではなかった。『ラピュタ』で言うなら、「空から女の子が落ちてくるらしい」とか「 “バルス” という呪文があるらしい」とか「あの地平線が輝くのはどこかに君を隠しているかららしい」とか、そういった断片的な知識はあった。

そしてそれゆえ「どんな物語なのだろう」と気になってもいたし、「そろそろ観ておかねば周りと話も合わせづらい」という気持ちも年々膨張の一途をたどり、その結果、前述の通り今回の再放送での視聴に至ったわけである。

・問題はパズー

前置きはこのくらいにして、ここからはそんな超絶ジブリビギナー三十路男が『ラピュタ』を観て何を感じたかについて書いていきたい。当然ながらネタバレがあるので注意してほしい。また大いに主観が入っている点もご了承いただければ幸いだ。

『ラピュタ』という作品が面白かったか面白くなかったかと聞かれれば、「ハチャメチャに面白かった」と答える。主人公パズーとヒロインのシータを含めたキャラクターたちが活き活きと動くさま、壮大なスぺクタクル、今なお色あせぬ映像美。1986年の映画だというから驚きだ。

シータが本当に空から舞い降りてきた時はどうしようもなくワクワクしたし、有名なバルスのシーンを観た時は感慨深くなったし、エンディングで主題歌『君をのせて』が流れた時は涙腺が緩んだ。名作と呼ばれるのも頷ける。1回の視聴で『ラピュタ』ファンになってしまった。

だがしかし、混じり気なしに心から没入して視聴できたかと言えば、答えは否だ。さまざまな要素に心打たれながらも、一方で、没入を妨げる作中の「どうしても気になる部分」に脳の一部を占められていたのだ。その「気になる部分」というのは──

パズーという男、天然タラシすぎやしないか?

これである。言わずもがな『ラピュタ』はボーイミーツガール物であり、冒険の中でパズーとシータが親密になっていくさまが描かれるわけだが、その際パズーは圧倒的なパフォーマンスを発揮し、シータの信頼を信じがたい速度で獲得していく。

 

具体的に彼らが恋仲になったという描写はないが、私の目にはパズーはシータに恋心を抱いていたように映ったし、そしてシータは彼に完全に堕ちていたように見えた。

心に甘く寄り添う言葉をさらりと口にし、危機に陥ろうともシータを優しくかばう──そんな年若い少年のナチュラルプレイボーイぶりと、それを観る現実の自分のダメ三十路人間具合……そのギャップに私はショックを受け、打ちのめされてしまったのだ。

・タラシの証

「パズーってそこまで言うほどのキャラだったっけ?」と思われたかもしれないので、彼の人間性について、より深く掘り下げていこう。

まず最初に衝撃を受けたのは、パズーとシータの出会いから一夜明け、シータが目を覚ましたあとのシーンである。パズーの家の屋根の上で、彼はシータにハトのエサを渡し、群がるハトに笑顔を浮かべる彼女を見て言い放つ。

安心した。どうやら人間みたいだ。さっきまで、ひょっとすると天使じゃないかって心配してたんだ

彼女が飛行石の力で空から降りてきたことに、そう言及する彼。この台詞を聞いた時、私は「コイツ上級者だ……」と驚嘆した。普通なら単に「空から降ってきたから驚いたよ」だけで済ませるところに、耽美極まる表現を平然と差し込んできたのだ。

しかし文字だけで見るとキザな台詞も、パズーが口にすると全く鼻につかないから不思議である。おそらく彼は特に何も意識せず、変に飾り立てたつもりもなく本心から言ってのけたのだろう。

その後、パズーはそうした持ち前の人当たりの良さで、彼女と互いに笑い合うまでに打ち解ける。初めて言葉を交わしてから約2分半後のことである。恐るべきコミュニケーション強者だ。初対面の人とそんな風に打ち解ける自信のないコミュ弱者の私は、羨望を抱かずにいられなかった。

・さらなるタラシの証

シータに至高の第一印象を与えたパズーだったが、彼の「無意識の口説き」はもちろんこれだけでは終わらない。初会話の場面以上に衝撃を受けたのは、海賊ドーラ一家や軍隊に追い詰められ、2人が地下の洞窟に落ちてしまったあとのシーンだ。

アクシデントにも全く動じず「さあ行こう」とシータを先導する成熟加減にも驚くが、続く彼の言動には度肝を抜かれた。自分のせいで巻き込んでしまったことを謝るシータに、パズーは気にすることないというように笑ってから、

君が空から降りてきた時、ドキドキしたんだ。きっと素敵なことが始まったんだって

またしても自然に、優しく朗らかにそう返すのである。これには「コイツ仕上がりすぎだろ……」という感想を禁じえなかった。何を経験したらそんな甘い台詞を吐けるようになるのか。

彼の言葉によってシータは笑顔を取り戻す。天性のモテ男パワーと言うほかない。

・まだまだタラシ

イケメンパズーのシーンはまだまだある。ムスカに捕らわれたシータを助けるためドーラに協力を仰ぐ際、自分に力があれば彼女を守ってあげられた、ラピュタの財宝なんて要らないから彼女を守りたいと話すパズーの姿は、目がくらむほどまぶしかった。

そして救出に成功し、凄惨な出来事の連続に泣きじゃくるシータを、声をかけずに黙って抱き締め続ける彼。行動力と思いやりがありありと表れているシーンだ。あまりにイケパズすぎて涙が出そうになった。

ドーラの手下の1人が、シータを抱くパズーを見て「いいなぁ……」と羨ましげにつぶやくのだが、画面の前の私は完全にその手下と心がシンクロしていた。なぜそんなにも完成されたモテボーイなんだパズー、なぜ私はパズーじゃないんだと、胸の内で叫んでいた。

この辺りから、パズーに対する気持ちが羨望を通り越して、ねたみやそねみに変わっていた。私が独身男性であることとその変化は密接に関係していたように思う。

・タラシすぎてもう

私の心が醜さを帯びていくにつれ、パズーとシータは目に見えて睦まじくなっていった。ドーラの飛行船の見張り台で、パズーのマントに2人でくるまりながら彼らは語り合う。ラピュタ文明の力におびえ、飛行石を持ち出すべきではなかったと話すシータに、

違うよ。あの石のおかげで、僕はシータに会えたんだもの。

パズーはロマンティックな言葉で応じ、彼女を安心させる。さらに彼は、何も心配は要らないとばかりに「全部片付いたら、きっとゴンドア(シータの故郷)へ送っていってあげる」と約束し、こう続ける。

見たいんだ。シータの生まれた古い家や、谷や、ヤクたちを

受け取りようによっては告白にも聞こえる台詞に、「ああっ、パズー……!」と喜びに震える声を発するシータ。その会話を伝声管越しに聞いていたドーラの手下がうんざりした顔をするが、私の顔も完全に手下とシンクロしていた

・終わらないタラシ

物語は終盤に差しかかり、ついに念願のラピュタ上陸を果たす彼ら。2人をつないでいたロープをほどけず困っていたシータを、いとも自然にロープごと抱き上げるパズー。そのまま崖まで走っていき、ラピュタの光景を目の当たりにすると、2人そろって歓喜にはしゃぐ。

勢いあまってバランスを崩し、2人は転んで草原に倒れてしまう。至近距離で見つめ合い、そして笑い合う。私はそんな彼らを「ご結婚おめでとうございます」という投げやりな思いで見ていた。

パズーに対するねたみは、自分に対する絶望に変わっていた。私もパズーみたいな人間になりたかった。でも、なれない。努力で追いつけるレベルでもない。次元が違いすぎる。生まれ変わったとしても厳しい。

自分はパズーにはなれないという絶望。もっと早く、それこそ子供の頃にでもこの作品を観ていれば、純粋に物語に没入できただろうに、今はもう叶わないという絶望。

エンディングになり、『君をのせて』が流れだした時も、作品の美しさに感動を覚える一方で、「このあとパズーはシータの家に行ってイチャコラするんだろうな」という思いが頭から離れなかったのだった。

・それでも何回も観たい

というわけで、ここまで『ラピュタ』を通じて私が感じたことを長々と書き連ねてきたが、いかがだっただろうか。要は「非モテのひがみ」でしかないのだが、私への共感は得られなくとも、パズーの天然タラシスーパーモテボーイぶりは伝えられたのではなかろうか。

パズーが無自覚に繰り出すテクニックに、それを直接浴びていたシータが堕ちないわけがない。ボーイミーツガールどころか、ボーイゲッツガールであったような気がしなくもない。

ただ、こんな風に書いてはいるが、上でも述べたように私は今や『ラピュタ』のファンだ。たとえパズーになれなくとも、絶望を味わおうとも、これまで観てこなかった分、この作品を繰り返し観ていこうと思っている。 

子供の頃であれば抱かなかったであろう感情を今の私が抱いているように、10年後、20年後に再視聴したら、また別の感情を抱くに違いない。『ラピュタ』という作品には、そんな無限の天空のような広がりが秘められていると思うのだ。

執筆:西本大紀
イラスト:マミヤ狂四郎中澤星児稲葉翔子


Source: ロケットニュース24

【ベルばら】中年男性(37)が生まれて初めて少女漫画を読んだらドハマりした話 / あるいは『キングダム』マニアの視点で考察する『ベルサイユのばら』

少女漫画の一体どこが面白いのか? 付き合ったとか、別れたとか、イケメン転校生と席が隣とか、教科書見せたら手紙渡されたとか、両親が海外に行っているから実は家で2人きりだと判明とか、友達以上恋人未満とか、F4とか、大っきらいとか、やっぱり大好きとか……どうでもええねん! 

──と思ってる男性、世の中に一定数いるはずだ。かくいう私がまさにそうで、37年もの間少女漫画を敬遠して生きてきた。ところが先日、ふとしたきっかけで『ベルばら』こと『ベルサイユのばら』を読むことになり……って話を紹介したい。

・『キングダム』マニアの目線

最初に言っておきたいのだが、私は漫画『キングダム』の熱烈なファン。その目線で『ベルばら』の素晴らしさを紹介しているため、キングダムのことをよく知らない人はなに言ってるかサッパリ分からない可能性がある。あらかじめご了承いただきたい。

ちなみに、私がどれくらい『キングダム』を好きかというと、木曜日発売のヤングジャンプを待ちきれず、水曜の夜にコンビニに行き、店員さんが棚に陳列し始めるタイミングで購入するレベル。近所のコンビニの “ヤンジャン陳列タイミング” は完璧に把握している。

もう1つ言うならば、「キングダムのような歴史系の漫画は他にないか?」と検索しまくり、見つけたら片っ端から読みまくり……。やがて読むものが無くなったので、少女漫画に手を出すレベルだ。

・Kindle版の1巻を購入

つまり、私が『ベルばら』を知ったのは歴史ものを探していたら引っかかったから。それだけの理由で、ひとまず購入はしたものの……正直に言って私の中の期待値は激低だった。なにせ少女漫画だし。

大変失礼な話なのだが、「つまらない可能性大だから、買うのは1巻だけにしとこう」という気持ちでKindle版をダウンロードした。

そして、読み始めたところ……

オスクウァァァァアアアアアル!

アンドゥゥゥレレレレレェェェェ!!

マリーアントゥゥワヌェエエットゥゥゥゥ!!!!

──気がつけば、全巻制覇していた

さらに、同作の作者・池田理代子先生の他の作品も読みたくなり、ダウンロードしまくったところ……

Kindleパンクすますた。

・なぜ面白いのか?

こうして、「少女漫画はつまらない」という自分の考えが完全に間違っていたことを痛感したわけだが、同時に、私はこう思った。「ベルばらはキングダムのようだ」と。

なぜか? それはなにも、両漫画ともに歴史的事実をベースにアレンジを加えた作品というだけではない。ジャンル的に似ているとかそういう話ではなく、また、類似しているとかパクリとかそういう恐れ多い話ではない。

ただ、『キングダムマニア』の視点で『ベルばら』を読んでいくと、なんでも『キングダム』に当てはめて考えてしまうということだ。たとえば、冒頭部分は……

・『ベルばら』に漂(ひょう)がいる

『キングダム』の読者ならご存知の通り、序盤で登場する漂(ひょう)は非常に重要な存在である。漂がいるからこそ、主人公の信(しん)が天下の大将軍を目指す理由がはっきりするからだ。なんなら、読者が信や飛信隊を応援しちゃう理由の多くは、漂がもたらしたものと言えるかもしれない。

そんな “漂的” 存在、『ベルばら』にも登場するように思う。マリー・アントワネットのお母さん、マリア・テレジアだ。同作の序盤では、マリア・テレジアがマリー・アントワネットを心配するシーンが描かれており、だからこそ多くの読者が物語に引き込まれるのではないだろうか。

というのも、あの序盤のシーンで、読者は「マリー・アントワネットは母親に愛された1人の人間」という印象をいやが応でも抱いてしまう。だからこそ、読んでいる方はマリー・アントワネットを見捨てられない。政治能力的には問題がある人物と思っても、応援しちゃう。

そんな応援を無視するかのように、マリー・アントワネットは無茶苦茶する。考えられないようなことを、やりまくる。「もっと空気読めや!」と思いつつも、読んでいる方はハラハラ……。え、どうなっちゃうの? 気になるんですけど!? マリー・アントワネットが死ぬのは嫌なんですけど……!!

──って気持ちに読者がなっちゃう要因の多くは、マリア・テレジアが生み出している……という気がするのだが、どうだろう。

もちろん異論はあるだろうが、私はマリア・テレジアが出てきたとき、「こりゃあ漂だな」と思わずにはいられなかった。ほかにも、オスカルは羌瘣(きょうかい)。黒い騎士は当然ながら王翦(おうせん)。苦労をしていて、頭の切れるロベス・ピエール李牧(りぼく)。

オスカルの演説は、蕞(さい)での政(せい)のようだし、ヴァレンヌ事件は、紫夏(しか)と政のエピソード……。このように、全部キングダム当てはめて考えてしまったのは、マリア・テレジアが、キングダムファンの私にとってはあまりにも漂だったからだ。

──と、キングダムを知らない人にとってはさっぱり意味が分からないこと(もしかしたら同作を知っていても意味が分からないこと)を長々と語ってきたが、とにかく本記事で私が言いたいのは……

「ベルばらはマジで面白いぞ〜! 歴史ものが好きな人はハマる可能性だぞ〜! 特に男子〜! 少女漫画だからって敬遠すんなよ〜! 食わず嫌いはもったいないぞ〜!」

ってことだ。今まで自分が少女漫画を敬遠していた反省を込めて、これを締めの言葉とさせていただきたい。記事は以上! ……よし、これから『ママレード・ボーイ』読むぞ〜!

参考リンク:Amazon「ベルサイユのばら(1)」、「キングダム(1)
Report:和才雄一郎
イラスト:稲葉翔子
Photo:RocketNews24. / Wikimedia Commons.[1][2]


Source: ロケットニュース24