【衝撃】熟しすぎた柿に “ある粉” をかけると「わらびもち」の味になる / 魔法の粉『おちらし粉』とは

そろそろ柿のシーズンも終盤。「柿、熟しすぎ問題」だ。完熟柿は懐石料理のデザートにもなるほどだが、実は私はじゅくじゅくの柿の食感と甘さがちょっと苦手。プリンにしたり、スムージーにしたりと手を換え品を換え消費していたが、なんかもうめんどくさい……。

そう思っていたときに聞いた話がこれ。完熟柿に「ある粉」をかけると「わらびもち」のようになる。何それ気になる! 一体何の粉なのだろう?

・熟しすぎた柿を「わらびもち」にする粉

熟しすぎた柿を「わらびもち味」にする粉、その名は『おちらし粉』だ。なんじゃそりゃ? おちらし粉は北陸での呼び名で、またの名を『はったい粉』『麦こがし』。と、ここでピンと来た人もいるだろう。

大麦やはだか麦を炒って挽いた粉で、徳川家康も好んでいたと言われるものだ。これを柿にかけて食べる!

・実際に食べてみた

おちらし粉は香ばしいかおりで、ちょっときな粉のような雰囲気もありつつ、甘味もある。

柿にかけて食べてみたところ、香ばしい粉が柿の甘さと柔らかな食感と相まってたしかに、わらびもちの味だ!

個人的には、じゅくじゅくの状態の柿より断然食べやすい。これがあったら「柿、熟れすぎ問題」はもう問題じゃない。というかわざわざ熟すのを待ちたいくらいである。

・昔は「アイス代わりに食べていた」

「柿×おちらし粉」の食べ方は石川県能登地方で聞いたのだが、調べた範囲では、金沢などの加賀地方、隣接する富山県氷見市、また福井県でも広く食べられていることがわかった。

さて実際に「柿×おちらし粉」を子どもの頃から親しんでいるという男性(70代)に聞いてみたところ「よく食べていました、昔は甘いものが少なかったからね」「お風呂上りにアイスのように食べていた」とのこと。

あ~それは美味しそう! たしかに柿は体を冷やすというし、お風呂上りの火照った体をスッキリさせてくれそうだ。

「今は美味しいものがたくさんあるから、食べないでしょう」と言われたが、決して市販のお菓子に劣ることはない。甘く、優しく、そして罪悪感控えめな味わいなのだった。

・完熟した渋柿にかけるとより美味しい

「柿×おちらし粉」は丸くて甘い「甘柿」にかけても美味しいが、本来は、完熟した渋柿にかけて食べるものなのだそう。ためしに甘柿と渋柿とで食べ比べてみたところ、たしかに完熟した渋柿の方がキリッとした味わいで、より和菓子感があった。

これらの食べ方を紹介してくれた方は、完熟しないと食べられない渋柿をさして「ここまでして食べようとするなんて、いじきたないよねえ(笑)」と笑っていたが、とても素敵な知恵だと思う。もうシーズンも終盤だが、完熟柿を手にいれた方は試してみてはどうだろうか?

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

カネヨ『パンケーキにかける醤油』を食べてみた! 醤油のチカラってすごい! スイーツにかけたら100円の商品が4倍増しの味になった

日本人の醤油好きは異常。外国人の目には「何でも醤油味にしたがるよね、そして“刺身用”とか“卵かけご飯用”とか細分化までして、どんだけ醤油好きなのよって思う(笑)」と映るらしい。

変わり種の醤油はさまざまだが、先日、『パンケーキにかける醤油』なるものを発見! 醤油好き民族としては、気にならないわけがない。実際に購入してみた。

・『パンケーキにかける醤油』

『パンケーキにかける醤油』は石川県羽咋郡志賀町にあるカネヨ醤油の商品だ。みりんと醤油でカラメルソースができちゃったりもするしなぁ。なんとなく味の想像はつくかも? ……と、一瞬でも思った自分に喝を入れたい。ただの甘い醤油ではなかったのだ。

・香りはビター! まるで「○○」

香りはビター。スイーツ用なので、メープルシロップのような甘い香りを想像していたのでそのギャップに驚いた。醤油の香りが芳醇で奥深く、匂いだけならまるで辛口の焼き鳥のタレだ。

・前情報ナシに食べてみた

完全におかずの香りだが、これをスイーツにかけたらどうなるのだろう。まずは成分表を見ずに、先入観ナシで食べてみた!

まずはパンケーキにかけてみる。一般的な醤油より粘りはあるものの、メープルシロップやハチミツほどのトロミはなく、かけた途端にパンケーキにシューっと吸収されていく。

だが、これがちょうどいいトロミ! かむと、中に吸収された醤油がジュワ~っと口の中に広がるのだ。味はというと、醤油がかなり強い。


そのなかにフンワリした甘味がある。強めの塩分がパンケーキが元々持つ甘さを引き出し、フンワリした醤油の甘さが華を添えている感じだ。そして最後にキリっとしたコクがあるのが特徴だ。

・ただの醤油風味の甘いソースではなかった

味わったところで原材料を確認すると、使われているのは濃い味の本醸造醤油、能登産はちみつ、能登産りんご100%のりんご果汁、そして能登ワインの赤が使われているそう。どうりで醤油が濃い、そして甘さが上品に整っているわけだ!

アイスにかけると、醤油味が先にくることでアイスの後味がよりスッキリ。


そして、最も醤油の美味しさを感じたのがみたらし団子への追いソースだ。3本100円のみたらし団子が一気に高級な雰囲気に! 1本120円くらいの味に変わったぞ! 味わいが約4倍もアップだ。

ただの醤油風味の甘いソースかと思ったら、予想以上に醤油、予想以上に奥深い味だった。甘じょっぱいスイーツが好きな人には超オススメ。また外国人にも「日本人の醤油へのこだわりはココまできてるよ!」とプレゼントしたいものである。

ちなみに私は志賀町にある「道の駅とぎ」にて800円(税抜)で購入。そのほか羽咋(はくい)の道の駅でも販売しているそう。現在、オンラインショップでは一時的に取り扱いがお休みになっているが、復活も切望だ!

参考リンク:カネヨ醤油『パンケーキにかける醤油』
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【麻辣】8番らーめんの「野菜麻辣らーめん」がウマすぎた! 香り高いシビ辛味と甘め肉味噌のコラボが神 / これは日本風麻辣の最高峰だ

おーい! みんなマー活してるかーッ!? 2018年頃よりブームがきた「麻辣(マーラー)」。一言でいうと「中国・四川の味」。花山椒の痺れる辛さ「麻:マー」と唐辛子の辛さ「辣:ラー」が合わさったシビ辛味のことだ。

私(沢井メグ)も麻辣を愛する者であり、麻辣をうたう新商品を食べては「目を閉じれば中国」だの「ビジネス麻辣は滅ぶのみッ!」と、つぶやき続けていた。麻辣にはウルサイ方だと自負している。そんなある日、めちゃくちゃ感動した麻辣に出会ったので報告したい。それは8番らーめんの「野菜麻辣らーめん」だ!

・8番らーめんとは

まず8番らーめんについて簡単におさらいしておきたい。以前の記事でも紹介したように、8番は石川発、富山、福井、長野、愛知、飛んで岡山で展開を持つラーメン屋だ。


「なんでやろ8番」というキャッチフレーズのとおり、「他にウマイものはあるが、なぜか食べたくなる」と思わせる味。特に北陸民にとってはいわばソウルフード的存在だ。野菜たっぷりなのが特徴で、素直にウマイ。

・野菜麻辣らーめん

さて、そんな8番らーめんがついに、ついに麻辣ブームに波乗りピカチュウ! ピークからはやや遅れてきた感じはするが、逆に期待できる点もある。それは急いでブームに乗ったヤツらにはできないこと……マーラーリストたちの欲求を研究しつくした可能性があるということだ。

期待を胸に、野菜麻辣らーめん(790円)の説明を見てみると、

「四川赤花椒の強烈な痺(シビ)れと華やかな香りに、ぶどう山椒の爽やかな柑橘系の香りを加えた、香り高いらーめんです」

「「痺れる(麻)・辛い(辣)」だけでなく、トッピングした肉味噌の旨みと、麻辣オイルの香ばしさで味の奥行きを感じられる、8番ならではの特徴ある商品に仕上げました」

とのこと。聞いただけで美味しそう! さらに+40円で追い麻辣も可能となっている。これは嬉しい。

・食べてみた → 感動!日本式麻辣の最高峰


では待ちに待った実食だ。まずは追い麻辣せずにプレーンでいただく。……好吃(ハオチィィィィッ / おいしい)。

クリアな香りの麻辣スープに、甘めの肉みそが溶けだし、「麻(マー)」「 辣(ラー)」「 甜(ティエン:甘い)」の 3方向に味が広がっていく。これだけでも十分なのだが、そこに8番らーめんならではの野菜炒めの油と旨味が混ざり合い……このウマさ、マジで神。横にいた息子のことを忘れるほどウマイではないか!


さらに追い麻辣を2つ追加すると……ああああ、ぽい! 中国っぽい!! ベースが8番らーめんなので、8番と言えば8番で、中国の食堂の味ではないのだが、上質な麻辣の味わいに私の麻辣心はすっかり満たされていった。いわば日本式麻辣の最高峰である!

ちなみにこの追い麻辣オイル、餃子につけて食べるとこれまた美味しいのでオススメだ。

・8月中旬までの期間限定

ローカルすぎると言われるかもしれないが、あまりにも美味しく、全国のマーラーリストたちに伝えたかったので許してほしい。ほら、これから帰省や旅行シーズンだしさ!

なお、この野菜麻辣らーめんは8月中旬までの期間限定商品だ。8月中旬まで……ッ! ちょうどお盆の時期だ。北陸と言えば寿司だけど、麻辣好きなら8番も要チェックである。

参考リンク:ハチバン「野菜麻辣らーめん」
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【NBA】八村塁選手がチームメイトに日本のローカル菓子を配る → ウマすぎと大絶賛! その『白えびビーバー』を食べてみた / 買える場所も聞いてみた!

2019年6月21日(現地時間20日)、日本人初のNBAドラフト1巡目指名でワシントン・ウィザーズ入りした八村塁選手。デビュー戦でさっそく豪快なダンクシュートを決めて大いに沸いたのも記憶に新しい。

さて、そんな八村選手がまたまた注目されている。というのも、彼がチームメイトに日本のローカル菓子をシェアしたところ「めちゃくちゃウマイ」と大絶賛! そんな海外アスリートをも魅了したお菓子『白えびビーバー』を実際に食べてみた! 

・白えびビーバーとは!

ウィザーズのトロイ・ブラウン・ジュニア選手が Instagram に載せたことから話題となったという『白えびビーバー』。こちらは、石川県金沢市の北陸製菓が製造している米菓『ビーバー』シリーズの1つだ。ビーバーは1970年に誕生、

「1970年に開催された大阪万博カナダ館のビーバー人形の歯と2本並べたカタチが似ていた事が商品名の由来。(パッケージより引用)」

と遊び心あり、歴史ありな北陸のお菓子なのだ。

白えびは、日本では ほぼ富山湾でしか採れないえびのことで、その稀少性から「富山湾の宝石」とも呼ばれている。「甘えびより甘く、それでいてしつこさがない爽やかな味わい」と評されることが多い。『白えびビーバー』は “宝石” が使われているお菓子ということである。

食べた結果……

私自身、ビーバーはお初ではないが、改めて味わってみると……ああ美味しい。

サクサクとした食感に、ほんのりした塩加減から引き立つ濃厚なえび甘さがたまらない。そして、奥深い昆布の旨味……ッ!!!! 北陸には、白えび味のお菓子が数多(あまた)存在するが、さらに昆布入りという仕様はそう多くない印象だ。

その奥行きのある味がビーバーの個性を輝かせているのではないだろうか。まさに唯一無二の「北陸の味」、富山出身の八村選手が愛し、さらに文化を越えてウィザーズの選手たちをも魅了するのも納得だ!

・メーカーに聞いてみた!

さて、ウィザーズの選手が『白えびビーバー』を絶賛した件は、海外メディアも取り上げるほど注目されているが、世界レベルで “バズった” ことについて北陸製菓に聞いてみたところ

北陸製菓「ありがたいというところと、本当にビックリしているような状況です」

とのこと。話題になって以来、とても多くの注文が寄せられ、現在、生産体制を整えている最中だという。反響は相当だったようだ。

そして、もうひとつ聞きたいことがあった。名前の由来が「形がビーバーの歯に似ている」というなら、アレをやってみたい。ビーバーの歯に見立てたビーバーポーズをやってみたい。やってもいいでしょうか!?

北陸製菓「ありがとうございます、ぜひぜひ!」

よかった……! 「フザケンナ」と怒られるかもしれないと、ずっと心に秘めていたのだが、オフィシャルにOKいただきましたーッ!

インスタ映えるかはわからないが、わかる人にはわかるネタだ。この波に乗りたい人はやってみよう!

・『カレー味』や『のどぐろ味』も / どこで買える?

ちなみに、ビーバーはプレーン味や話題の『白えび』のほかに『カレー』、『のどぐろ』もある。それ、どこで買えるの?

北陸製菓の方によると、ビーバーはこれまで北陸限定だったところ、ちょうど6月3日よりプレーン味の全国展開が始まったばかりとのこと。プレーンは全国のスーパーや輸入食材店などで購入できるそうだ。

その他の味は、実店舗だと基本的に北陸エリアでの販売となるという。ただし、白えび味に関しては北陸新幹線の車内販売でも取り扱いがあるので、気になる人はチェックしてみよう!

参考リンク:北陸製菓、Twitter @BR_NBAUSA Today(英語)
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24