【聖地】あの役員会議室で弁当が食べられる! 学士会館201号室を訪ねたら、興奮しすぎて食事どころじゃなかった!!

どんな強敵相手でも怯(ひる)むことなく、立ち向かっていく勇敢なバンカー(銀行員)の活躍を描いたドラマが大人気だ。おそらく今年も新語流行語大賞に、このドラマのセリフが選ばれることは間違いないだろう。そのドラマの撮影場所が人気スポットと化している。東京・神保町の「学士会館」も撮影スポットのひとつなのだとか。

会館の201号室は平日のランチ時間に、お弁当を食べられる場所として開放している。 実はこの場所、作品に登場する超重要スポットである。あの伝説の土下座の場所なんだよ!! 実際に行ってみると、「ここがアノ場所かーー!」と興奮してしまい、食事に集中できなくなっちゃったよ~!

・201号室

学士会館は「東京大学」ならびに「日本野球」の発祥の地で、1928年に開業した歴史ある建物だ。その学士会館で、平日の11時30分~13時30分の時間限定で、お弁当の販売を行っている

この日、開放されていたのは201号室。そう、あの場所だよ! 役員会議室になってるアノ場所なんだよっ!! なお、開放される部屋は日によって変わる。ドラマファンの皆さんは、201号室が開放されている日に訪問した方が良い。だって見たいでしょ? アノ場所を。

・知っているぞ!

それにしても、館内はどこも見覚えのあるところばかりだ。初めて歩く廊下なのに知ってるぞ、この廊下! 表情豊かな横分けの役員が向こうから歩いて来そうだ

階段を見ると、メガネの同期が駆け下りて来そうじゃないか。初めてなのに、目に映るモノすべてに見覚えがある気がしてくる。ここのことはよ~く知っているぞ!!

そしてやってきた。201号室……。なぜだか分からないけど、この扉を見たら妙に緊張してしまう。中には怖そうな人達が巨大なテーブルを囲んで座っているんじゃないだろうか……

どこからともなく、1番エライ人の「入れ」って声が聞こえた気がした。私(佐藤)は思わず心の中で、「失礼します!」と言って中へと入った。

そこには巨大なテーブルはなく、怖そうな人たちの姿もない。なんかホッとした……。もちろん、上座に銀行の名前も「T」の文字もない。しかし室内の重厚さはドラマのままだ。

ここで作品が作られているのか~。あの迫真の演技は、ここで生まれたのか~……。食事に来たはずなのに、感動と興奮ですでに胸がいっぱいだ

・お弁当がうまい!

せっかくお弁当を購入したんだから食べないと……。購入したのはステーキ丼だ。

学士会館はレストラン事業だけでなく、宿泊やウェディングを行っている。さすが歴史ある一流施設、食べ物の味はたしかだ。おまけに入館料もなく、中にまで入れるなんてマジ感謝!

・次回で最後!

さて、ドラマは次回で最終回を迎える。窮地に立たされる主人公は、最後の最後に逆転劇を見せるのか? それとも……。

最終回を見逃したら、お・し・ま・い・Death!!

・今回訪問した施設の情報

名称 学士会館
住所 東京都千代田区神田錦町3-28
ランチの販売時間 平日11:30~13:30
※開放される部屋は日によって変わる。お弁当の内容は公式Twitterを確認して欲しい

参照元:学士会館学士会館Twitter
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

まるで半沢直樹を見ているかのような復讐劇! Netflixで配信中の韓国ドラマ『梨泰院クラス』がイッキ見する面白さ

いま話題のドラマといったら『半沢直樹』の続編だろう。何しろ7年ぶりの待ちに待った復活……その人気は数字にも現れており、初回から20%超えの高視聴率を叩き出し続けている。今から続きが気になりすぎる……!!

もはや毎週日曜日が生きがいの人もいるはずだが、まるで半沢直樹を見ているかのような気持ちになるドラマがあることをご存じだろうか。Netflixで配信中の韓国ドラマ『梨泰院クラス』がそうで、これがイッキ見するくらい面白い!

・壮大な復讐劇

なお、ここから先の内容はネタバレを少しばかり含んでしまっているため、これから本作を見ようとしている方は注意していただきたい。

さて、本作のストーリーをざっくりいうなら「人生をかけた倍返し」。主人公はパク・セロイという正義感の強い男で、高校から大人になって “やり返す” までが描かれる。ただ、サラリーマンの立場から倍返しする半沢直樹と違って、本作の主人公は序盤で奈落の底へと突き落とされて絶望を味わう。

というのも、主人公は大手外食産業・長家(チャンガ)グループの手によって、高校中退から父親の死、そして殺人未遂で刑務所行きとトリプル役満コースで人生を詰みかける。正直、ここまでやるかっていうくらいお先が真っ暗になるのだ。……だがしかし!

・特徴のあるキャラ

ただでは起きないからこそ面白い。主人公はそこから壮大な復讐を計画して倍返しを試みる。詳しいことは実際に作品を見てもらうとして、ここでは魅力的な主要人物について簡単に触れよう。

本作のボスと呼べる存在が長家グループの会長であるチャン・デヒ。「弱肉強食」を好きな四文字熟語というくらいなだけに、会社のためであればどんなに非道なことも辞さない冷徹さを持っている。もちろん、主人公の最大の標的は彼で「土下座して謝罪させる」ことを目的とした因縁の相手となる。半沢でいうところの大和田だ。

そしてボスの弱点ともいうべき存在が、バカ息子のチャン・グンウォン。どんな問題でも金で解決してきたワガママで、主人公が牢獄にぶち込まれるキッカケを作った。半沢で例えるならば……もはやいないほどのクズっぷり。でも、それが魅力で見れば見るほどクセになってくる。正直、推せる。

んでもって、ヒロイン的なポジションがソシオパス(反社会性パーソナリティ障害)の側面も持つチョ・イソという女性だ。インフルエンサーと現代っ子らしい設定だが、主人公と会ったことで人生観が一変。主人公の経営するお店を発展させる右腕となって、世にはびこる不合理と闘う。

もちろん、美人枠もあって主人公の初恋相手であるオ・スアは思わず「あら、いいですねぇ」の波が押し寄せてくるような美女。その美貌だけでなく、先ほどのチョ・イソとバッチバチの女の戦い……主人公を含めた三角関係の恋愛事情も見逃せない。

これだけでも魅力的なメンバーたちだが、他にもトランスジェンダーやオネエ、さらには外国人差別など、本作はいろんな方面から世相を斬っているのも興味深い。また、思わず膝を打つような展開はグイグイ引き込まれること間違いなしだ。

・盆休みでイッキ見するのもいいかも

私は、途中「えっ、そうなるの?」「それはさすがに強引な設定かなぁ」などと思うところがあるも、気がつけば全16話を3日ほどで完走。それほど痛快なストーリーで、まるで半沢直樹を見ているかのような気持ちになった。

今年の夏は新型コロナウイルスの影響でなかなか移動できないことが予想される。倍返し的な復讐ストーリーが好きな人は盆休みでイッキ見するのもいいかもしれない。『梨泰院クラス』オススメだ。

参考リンク:Netflix「梨泰院クラス」
イラスト・執筆:原田たかし


Source: ロケットニュース24