IKEAのパーツ3万円でこんなに変わる。収納&照明を便利でおしゃれにグレードアップ

IKEAで購入した収納パーツ
IKEAは、雑貨や家具だけでなく収納パーツ類も充実しているのをご存知でしょうか。日刊住まいライターが、IKEAの収納パーツを活用して部屋をグレードアップしたそうです。

筆者は賃貸マンション経営をしています。今回アップグレードしたのは、空室となったそこの一室。大家の仕事を始めたばかりの6年ほど前に、初めてリノベーションした部屋です。

合計金額は3万485円。「利便性とデザインの両立」を目指した、という室内はIKEAの収納パーツでどのように変わったのでしょうか。

収納が足りない玄関に折りたたみフックと収納棚を

空室となったのは6年前に大家の仕事を始めたばかりの頃に初めてリノベーションした部屋。

収納を設置する前の室内

それなりの費用と知恵を投じたおかげか、現在でも古臭いインテリアという印象は受けません。とはいえ、改めて室内を眺めると「ここに収納があったら、もっと便利に暮らせるのに」と感じる部分がいくつかありました。

収納を設置する前の玄関

まずは玄関から。設置前はスイッチだけが設置されたシンプルな状態でした。ここにIKEAのアイテムを2種類設置します。

BOTKYRKA(ボッシルカ)とBJARNUM(ビャーヌム)を付けた玄関

ドアの上に収納棚の「BOTKYRKA(ボッシルカ)」(3999円・税込み)を、壁には折りたたみフック「BJARNUM(ビャーヌム)」(3個入り・1499円・税込み)を2個取り付けました。

この部屋のシューズボックスはやや小さめなので、入りきらない靴などを収納できる棚ができて便利になりました。

BJARNUM(ビャーヌム)にハンガーを掛ける

ビャーヌムは使用時だけ開いて使えるスマートなフックで、うちのマンションでは定番のアイテムです。シンプルなインテリアのままで使いやすい玄関になりました。

洗面と洗濯機まわりにも収納棚を追加

収納を設置する前の洗面

続いて洗面です。設置前、気になっていたのは頭上に設置されていたタオル棚。

サイズが大きくて便利なのですが、そのぶん圧迫感があるので、小さめのタオル棚「BROGRUND(ブログルンド)」(1299円・税込み)に交換しました。

タオル棚として取り付けたBROGRUND(ブログルンド)

既存のタオル棚と比べて奥行きは半分ほど。

BROGRUND(ブログルンド)を取り付けた洗面

棚のサイズを小さくしたおかげで頭上が広くすっきりしました。

収納を設置する前の洗濯機まわり

こちらは洗濯機まわり。洗剤やタオルなどの置き場所がまったくないのは困りますよね。

洗濯機の上のデッドスペースに「DYNAN(ディナン)を設置

洗濯機上のデッドスペースに「DYNAN(ディナン)」(2999円・税込み)を設置しました。オープン収納なので取り出しがラクで使いやすそう。

収納を設置した後の洗濯機まわり

色がホワイトなので見た目もうるさくありません。ちなみに壁の左手の棚は、先ほどの洗面から取り外して移設したタオル棚です。結果的にかなり収納力がアップしました。

棚と有孔ボードでキッチンの収納不足を解消

もっとも多くの収納パーツを追加したのがキッチンです。

収納を設置する前のキッチン

ご覧のとおり設置前は簡素過ぎるくらいの空間。当時はこの「ミニマルな雰囲気」が気に入っていたのですが、レンジフードの横や壁などのスペースがガラ空きなのはさすがにもったいないと感じました。

インテリアを損なわないように注意しつつ、収納力のあるアイテムをなるべく多めに付け足すことに。

収納を設置した後のキッチン

壁に設置したのは有孔ボード「SKADIS(スコーディス)」のシリーズ。

有孔ボードSKADIS(スコーディス)をキッチンの壁に設置

56㎝角のボード(1枚1999円・税込み)を専用パーツ(199円・税込み)でタテに連結しました。同じく「スコーディス」シリーズのフックや小物入れなどを活用すれば、自分好みの収納にアレンジできます。

有孔ボードSKADIS(スコーディス)

キッチン右手の壁には36㎝×56㎝のボード(1499円・税込み)を。有孔ボードは壁を有効活用できるので、うちのような狭小物件にぴったりです。

KUNGSFORS(クングスフォルス)の棚板を設置

レンジフードの右横の空きスペースには「KUNGSFORS(クングスフォルス)」の棚板(2999円・税込み)を二段設置し、棚下には同じく「クングスフォルス」の収納レール(599円・税込み)を3本連結して設置しました。これで調理器具もたくさん置けるはず。

リビングの照明はスマート電球にチェンジ

リビングでは照明を改善しました。

既存のシーリングライト

古い照明はオーソドックスなシーリングライトだったのですが、今見るとデザイン的にいまひとつ。IKEAのスマート電球「TRADFRI(トロードフリ)」のリモコンセット(1999円・税込み)と交換しました。

TRADFRI(トロードフリ)のリモコンセットを設置

かなりシンプルな電球ですが、この部屋の躯体現しにしたラフな天井にマッチしています。

リモコン操作で温度や明暗がコントロールできる

リモコン操作で色温度や明暗のコントロールができます。

TRADFRI(トロードフリ)のリモコン

マグネットで着脱できる台座でリモコンを壁付けできるのもおしゃれ。価格がリーズナブルなのも嬉しいポイントです。

IKEA製品の設置にはちょっと注意が必要

組み立て中の棚

リーズナブルで便利なIKEAのアイテムですが、組み立てや設置には注意が必要な場合も。例えば、洗濯機の上に取り付けた収納「DYNAN(ディナン)」の組み立てには六角レンチが必要でした。

今回ご紹介した収納パーツは壁にネジで固定するものがメインでしたが、ネジが効かない素材でできた壁には取り付けられない場合があります。

日本のメーカーの商品だと「木部用にネジ、石膏ボード用にピン」と下地ごとに固定金具が付属している場合もあり、設置に関する説明も丁寧です。

ですが、IKEAの商品にはそもそも固定用のネジが付属していないことも多く、その場合、壁の下地に合わせて自分で用意しなければなりません。

また、金属製で重量のある棚は持ち上げるだけでもひと苦労で、知識のない素人がDIYで設置すると落下の危険もあります。

棚を設置する大工さん

今回は、すべて大工さんに設置してもらいました。下地をチェックして設置可能かどうかの判断もお任せで、必要に応じてネジを追加して補強もしてくれました。

棚を固定する大工さん

DIYに自信がない方や、安全性を重視したいという方はプロに設置をお願いした方が良いかもしれません。

ちなみに、今回購入した収納用品は合計で3万円強でしたが、大工さんに1日がかりで設置してもらった費用は2万9000円でした。

IKEAの商品はリーズナブルですが、ものによっては本体以上の設置費用がかかることもあるので、購入前によく確認した方が良いと思います。

IKEAの収納パーツでグレードアップしたキッチンと玄関

ご覧のように、キッチンと玄関の収納力がアップし、インテリア的にも満足できる仕上がりとなりました。収納不足にお悩みの方の参考になれば幸いです。

Source: 日刊住まい

毎日使うバッグの置き場は?100均グッズですっきり使いやすく解決

吊るしたバッグとアクセサリー
毎日のように持ち歩くバッグを収納するのは、なかなか悩ましいものです。いちいち収納場所に片づけるのはちょっと面倒。かといって玄関や床に置きっぱなしにしていると、部屋が雑然とした印象になってしまいます。

「バッグ収納に使えるアイテムは100均でも簡単に手に入ります。うまく使ってスッキリ!取り出しやすく管理しましょう」
そう語るインテリアブログを主宰するワトコさんに、おすすめのアイテムと使い方を教えてもらいました。

100均アイテムで吊り下げ収納

セリアの鴨居フック

100均の鴨居フックでバッグ収納

まずは100均で購入した鴨居フック。付けられる場所の幅が広く、鴨居だけでなく家具にも使うことができます。飾り棚の雰囲気に合ったバッグなら端っこに収納場所をつくっても良いですね。

玄関やクロゼットのある部屋など、お出かけ準備から出発までの動線に置き場所をつくると便利です。

キャンドゥのバッグハンガー

キャンドゥのバッグハンガー

100均などで購入できるバッグハンガーもおしゃれなものが多いです。インテリアに馴染むものを使えば違和感なくバッグ置き場をつくることが可能。

キャンドゥのバッグハンガーにバッグを吊るして収納

私が今使っているバッグはモノトーンでリビングのインテリアに合うため、リビングに収納場所をつくっています。シンプルなデザインのバッグを選ぶと違和感なく「見せ収納」しやすいです。

朝の時短がかなう!お出かけセット収納

セリアの木製フックでお出かけコーナーを

セリアの木製フックに吊るしてバッグと帽子を吊るして収納

木製フックにお出かけアイテムをまとめておくのもおすすめ。

バッグと帽子、ネックレスなど使用頻度の高いものを常備させておきます。また、寝る前に翌日のコーディネートをつくっておくと、朝の忙しい時間を無駄にすることがありません。

レジカゴにまとめる

レジカゴにバッグを収納

「見せ収納」したくないデザインのバッグや、重さが気になり壁掛けをしたくない場合におすすめなのがこちら。レジカゴに入れるだけの簡単収納です。

例えば、買い物に行くときに持っていくハンドバッグや予備のエコバッグなどをセットにしてカゴにイン。部屋の隅っこにスタンバイさせておけば、出かける前にあちこち探さなくてすみます。

明日の準備コーナーをつくる

ラックに翌日のコーディネートを用意

寝室などのプライベートルームでは、ラックを使ってオープン収納にするのも便利です。翌日着る洋服とバッグをコーディネートしてかけておけば、朝の準備はあっという間に、時短ですみます。

ニトリのすべりにくいバッグ・スカーフハンガーが優秀

すべりにくいバッグ・スカーフハンガーにバッグを吊り下げ

毎朝、洋服を取り出すクローゼットの中に、フックで定位置を決めるのもオススメ!ニトリのすべりにくいバッグ・スカーフハンガーが便利です。名前のとおり、すべりにくい素材でできているため、フック部分でバッグの持ち手をしっかりとキープできます。

ちなみにこのハンガーは2本入りで税込み203円。リーズナブルなのに優秀なアイテムです。

家のあちこちに置きっぱなしの家族のバッグをなんとかしたいなら、今回ご紹介したアイデアをぜひ試してみてください。使いやすさと見た目のスッキリ感が同時にかないますよ。

●教えてくれた人/ワトコさん
WEBライターとしてインテリアや収納に関する執筆を行う。「ワトコさんのDIYでカフェインテリア」で、インテリアにまつわる情報を発信中

Source: 日刊住まい

衣替えは要不要を見直すチャンス!適量のキープで収納がスムーズに

そろそろ衣替えの季節。冬から春、夏から秋に季節が変わるタイミングで年に2回行う方も多いようです。

「面倒なイメージのある衣替えですが、実は衣類整理をするには絶好のチャンス!」と話すのは、整理収納アドバイザーのtakaさん。

衣替えする際に抑えておきたいポイントや収納のコツを教えてもらいました。

衣替えは衣類見直しの絶好のチャンス

衣替えするメリットは?

衣替えするいちばんのメリットは、衣類整理ができること。オフシーズンの衣類をしまう前に、衣類の見直しをする習慣をつけることで不要な衣類を手放すことができます。

オンシーズンの衣類を出す際も要不要を再度見極めるようにすると、本当に着たい衣類だけが残り適量もキープできます。

収納グッズの手入れ

衣類を全部出すことで、掃除がしっかりできるので清潔も保てます。

オンとオフを分けて収納するのがコツ

オンシーズンの衣類は取り出しやすいよう収納

オンとオフの衣類を分けて収納する場合は、オンシーズンをクローゼットや普段着替えをする場所の近くに、オフシーズンを押入れや使いにくい場所に収納します。

わが家では家族5人のオンシーズンの衣類をウォークインクローゼットに、オフのものを押入れに収納しています。

子どもの衣類はサイズ別に収納

子どものオフシーズンの衣類やサイズ待ちのお下がりなどは、サイズごとに収納しておくのがおすすめです。子どもの成長に合わせて使いたいときにスムーズに出せます。

衣替えのタイミングで中身を把握

衣替えのタイミングで靴や小物も見直す習慣をつけておくと、持っているものを把握でき、適量を保てます。

衣替えしないという選択肢もあり

オンシーズンとオフシーズンの衣類を、同じ収納場所にしまえるスペースがある場合、衣替えは断然楽になります。

その際は一定の量を守ることを意識して、空間をオンとオフに分けて収納するのがポイントです。

吊るす収納は目線から腰の高さに掛ける

引き出しは胸より下の高さで収納

衣類は、使いやすい位置(吊るす収納なら目線から腰の高さに掛ける。引き出しなら胸より下の高さで取り出しやすい位置もしくは手前側)にオンシーズンのものを収納。

オフシーズンの衣類は収納の上の棚へ

オフのものは使いにくい位置(高さがあるスペースなら台がないと届かない場所、奥行きがあるスペースなら奥側など)に収納。衣替えのタイミングでオンとオフを入れ替えればOKです。

外部の保管サービスを利用するのもおすすめ

ネットで申し込める保管サービスも便利

かさばる冬物の収納は外部委託がおすすめ

冬物のコートやニットなどかさばる冬物の衣類は、宅配クリーニング店で長期保管してくれるサービスを利用するのもおすすめです。最近はインターネットで申し込めて、玄関先でやりとりできるサービスも増えていて、わが家も毎年活用しています。

衣類や収納スペースを増やしてしまうと、その分、衣替えの負担も増えます。収納スペースを安易に増やさず、オフシーズンの衣類をしまうタイミングで出番の少なかった衣類は手放す、同じようなデザインのものがいくつもあるなら数を絞るなどして、まずは衣類を増やさないよう意識することが大切です。

着るかどうか迷う衣類は、無理に手放さずにしまっておき、次の衣替えのタイミングで要不要を判断しましょう。

Source: 日刊住まい

ニトリの収納アイテムで狭いキッチンを使いやすく!方法を詳しく解説

キッチンが狭い、収納が使いにくい…と嘆いている方、多いですよね。

そんな悩みを解決するアイテムが、ニトリにありました!インテリアブログを主宰するワトコさんに、使いやすさのポイントと収納アイデアを紹介してもらいます。

狭いキッチンは収納を工夫して使いやすく

キッチン収納にはニトリのアイテムが外せない!

キッチンを使いやすくする収納アイテムは、ニトリのものがダントツで優秀。サイズのラインナップが豊富なので、組み合わせて使うとスペースを無駄なく活用できるうえ、コストパフォーマンスもよく、揃えやすいのでおすすめです。

Nインボックス

ニトリのNインボックス

ニトリの収納ケース「Nインボックス」は大きさが4種類。別売りでキャスターやフタもあります。持ち手が3方向についているので、縦横どちらの向きでも使えるところもポイントです。

A4ファイルケース

ニトリA4ファイルケース

ニトリの「A4ファイルケース」は、普通サイズとワイドタイプの2種類。

たとえばワイドタイプにはお鍋など厚みのあるものを、スリムなタイプには蓋を入れて、並べて置くと便利。調理器具を取り出しやすく収納するのに向いています。

ニトリアイテムで使いやすい収納をつくるポイント

収納の深さや高さをフルに使う

深さや高さがあってたっぷりしまえる収納は、その深さがかえって使いにくかったり、高さを活用しきれないこともあります。そんなスペースこそ、今回紹介したニトリグッズの出番です。

「Nインボックス」なら、積み重ねて使うことで、高さをフルに活用できます。シンク下の引き出しなど、深さのあるところには「ファイルケース」を入れれば、その深さを有効に使えるようになります。

取り出しやすさを第一に

ファイルケースを引き出し収納にイン

引き出し収納には「ファイルケース」をサイズ違いで並べて、お鍋や蓋を取り出しやすくしています。

収納をするときは見栄えだけを考えてしまいがちですが、取り出しやすさも同じくらい重要なポイント。片付けやすい仕組みにしておかないと、キレイなのは一瞬だけで続かない…ということにもなりかねません。使う人の目線で、取り出すときにストレスがないような収納をつくりましょう。

 

グルーピング収納を心がける

Nインボックスでグルーピング収納

使いやすさを考えるなら、よく使うもの、同じ系統のものなど、カテゴリーごとにまとめるグルーピング収納がおすすめ。このケースにはこれが入っている、と覚えやすくなるので、定位置管理がしやすくなります。このグルーピング収納には「Nインボックス」が最適です。

できるだけシンプルな収納にしておくと、キッチンをあまり使わない家族にもどこに何があるかわかりやすいので、お手伝いも頼みやすくなります。

 

ラベリングをしてわかりやすく

非常食や食品のストックもNインボックスに収納

さらに「Nインボックス」を活用して、非常食や食品の在庫もまとめて収納。重ねたり蓋をしてしまうと何が入っているかわからなくなるので、ラベリングするのが好ましいです。

ゴミ箱も表に出さずに収納する

Nインボックスをゴミ箱に

生ゴミ以外のプラ・ペットボトル・缶用のゴミ箱はコンロ下の引き出しを定位置に。「Nインボックス」を2段重ねて、下には普段使わないものを収納。上をゴミ箱にしました。

引き出しの中にゴミを収納すると、汚れや虫などが心配…なため、必ずキレイに洗って乾かしてから捨てるようにしています。

狭いキッチンを広く見せるコツは?

キッチンには最小限のものしか置かない

狭いキッチンは背の低い収納と床を広く見せる工夫を

キッチンの狭さを解消するためには、できるだけ床を見せるようにすると、空間が広く感じられます。先ほど紹介したゴミ箱収納も効果的です。

さらに、わが家では食器棚は背の低いものを選び、圧迫感も抑えています。食器棚が小さいと、自ずと手元におく食器も厳選しなくてはなりません。数をたくさん持てないのですが、本当にお気に入りだけを大事に使う、好きなものに囲まれる暮らしというのもいいものです。

どんなに狭くても、収納を工夫すれば、家事が楽しくなる使いやすいキッチンはかないます。ぜひ試してみてください。

Source: 日刊住まい

狭いクローゼットにも!ニトリ&無印&イケアの優秀3アイテム

狭いクローゼットでの洋服管理は大変!手持ちの服をどう収納しようかと、頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか?押入れやクローゼットで手軽に使える便利な収納アイテムを3つ、インテリアブログを主宰するワトコさんに紹介してもらいました。

狭いクローゼットの味方!「ニトリのNインボックス」

ニトリのNインボックス

手頃なサイズ感が狭いクローゼットにもピッタリ。組み合わせが自在でいろんな置き方ができるのが、ニトリの「Nインボックス」です。

縦横どちらの向きでもOK

持ち手が3面についているため、縦横どちらの向きでも使うことが可能です。

バリエーションが豊富

カラーはホワイト・クリア・ブラウン・グレー・ターコイズブルー・ローズ・クリアグレーの7種類。サイズも4種類あり、バリエーション豊か。アイデアしだいでいろいろに使えます。

キャスター・フタが付けられる

さらに別売でキャスターやフタも販売されているので、クローゼットの大きさや好みに合わせてマルチな使い方ができます。

洋服を色分け・素材分けしやすい

ニトリのNインボックスは服を仕分けるのにジャストサイズ

Nインボックスは通常の衣装ケースより小さいため、細かく分けて収納できるのが特徴。セーター・Tシャツなど季節を分けて収納しておくと、ボックスの位置を変えるだけで衣替えが終了するのでとても便利です。

変わらない人気!「無印の衣装ケース」

 

無印のPP衣装ケース

 

ニトリのNインボックスとは違い、容量の大きな衣装ケースとして優秀なのが、無印良品の「ポリプロピレン収納シリーズ」。こちらも様々な大きさがあるので、クローゼットの奥行き・高さに合わせて組み合わせやすい仕様になっています。

好みの雰囲気にDIY!

カラーはクリアのみなので、外から中身が見えないようにしたい場合は、インテリアシートなどを使ってDIYする必要があります。

100均のインテリアシートと、mtのマスキングテープを使って好みの雰囲気にしてみました。

ブックスタンドを使って仕切ると便利

ニトリのブックスタンドで仕切って使いやすく

大きな収納ケースでは、ものをとり出してスペースがあくと中身が崩れがち。その防止策として優秀なのがニトリのブックスタンドです。引き出しは、収納アイテムを上手く使って整理するとよいでしょう。

ハンガーパイプがないときは「イケアのフレーム収納」

イケアのアルゴートシステム

収納スペースによってはハンガーパイプが設置されていないこともあります。突っ張り棒を使うのもいいですが、重量が心配…。そういうときは組み立て式が簡単に設置できて便利です。

おすすめはイケア「ALGOT(アルゴート)システム」。わが家で使っているものは、最新ではなくデザイン変更前のものですが、 このシリーズはクローゼットだけでなく、洗面所などあらゆるところで組み立てて使える優れもの。棚板やレール、バスケットなどパーツもいろいろあるので、自分好みにカスタマイズできるのも魅力です。

ハンガーラックにおさまるように買い物する

狭いクローゼットで手持ちの服を上手に収納するコツは、やはり適量を意識すること。かわいい!と思ったらすぐ買うというスタイルではなく、ハンガーラックに少しゆとりを持って収納できる枚数を心がけるのがベストです。

ハンガーを統一すると見た目がきれい

ハンガーを全て同じものにすると統一感が出ます。無駄なスペースも生まれないため、より多くの服をかけることができます。

クローゼットの収納に役立つ3つのアイテム。新生活のスタートや、衣替えで洋服収納を見直す機会にぜひ!活用してみてください。

Source: 日刊住まい

収納扉を手放して負担をラクに。家事を抱えむ人こそ見直しを

収納スペースの扉はあって当然。そんな常識を、思い切って手放してみませんか? 扉がなくなることで、じつはさまざまなメリットがあるのです。軽やかに家事を回すために、日々試行錯誤しているお宅を取材してみました。

ダイニングテーブル

「直感的にものを探し当てられる。家族の誰が見てもわかりやすい。そんな収納システムをつくるのが目標でした」

そう語るのは、3LDKのマンションで、夫と二人の子供と暮らす髙橋さん。現在は専業主婦で、将来働くようになった際もスムーズに家事が回るようにと、試行錯誤をしたそう。その結果たとどりついたのが、ものをしまうにあたり、収納扉にはこだわりすぎないことでした。

さっそく、髙橋さんのアイデアを紹介していきましょう。

家族にわかりやすくするため、収納扉を手放す

下駄箱
下駄箱の扉はなし!家族の靴が一目瞭然で把握できるように。おかげでぐんと使いやすくなったそう。「家族が自分で出し入れしやすくすれば、結局は、自分もラクになれます」。
タオル収納
扉を外したことで、お風呂上がりに、各自が自然とタオルを取り出してくれます。「今までは『取って!』と言われていたので、本当にラク」。

洗剤の収納
収納棚の目立つ場所を、柔軟剤はなくして洗濯洗剤一本に。「これで、夫がひとりのときも迷うことなく洗濯ができるはず」。

廊下の収納
重くてじゃまだった扉をなくすと、ものの出し入れがスムーズになりました。見た目も広々。ちなみに引き出し収納には、夫の愛用品のストックや、日用品を収めています。

扉のない収納!オープンにしまって、効率的にものを使う

コップの収納
家族がよく使うコップなどは引き出しにしまい込まず、キッチンのワークトップに取りやすく配置。

ワークトップの収納
ただし、散らかることを防ぐために、置くものの総量は決めています。

冷蔵庫横の収納
ハサミやメモパッドなど、こまごまとしたものは冷蔵庫脇にマグネットで管理。

ダイニングテーブル上のカトラリー
テーブル上にカトラリーを置くことで「お母さん、取って!」もなくなりました。

自分の不在が、収納を見直すきっかけに

なにを出すにも「あれとって」と呼ばれ、出してあげれば出しっぱなし…。そんな状態の収納を見直すきっかけになったのは、娘さんの入院でした。

「必要なものを夫に持ってきてもらおうにも、夫は着替えのある場所がわかない。洗濯を頼みたくても、洗剤がどれなのか知らない…。家事をするのは私だけだから、自分だけわかればいいとそれまでは思っていました。でも、結局これって、自分ひとりで抱え込んでいたんだということに気づいたんです」

ひとりでやらなくちゃ、という思い込み。それを手放せたことが、髙橋さんの家事を見直す最初の第一歩になりました。

今回の記事では、収納扉を中心にお伝えしましたが、じつは手放していいものはまだまだたくさんあります。
天然生活別冊『暮らしのまんなか』(扶桑社)では、さまざまな「手放していいこと」を紹介。身軽に日々を過ごしたいと考えている人は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

取材協力/天然生活編集部

Source: 日刊住まい

引き出し収納のつくり方。見やすく使いやすいから、開けるのが楽しい

部屋の片付けをするとき、あらゆる引き出しがパンパンになってしまうという悩みを抱えている方、意外と多いのでは? 急いでいるときに引き出しを開けてもどこに何があるか分からない!一見部屋が片付いたように見えても、それでは意味がありませんよね。

今回は、使いやすいのはもちろん、開けるときにワクワクするような引き出しの収納法を、インテリアブログを主宰するワトコさんに教えてもらいます。
引き出し収納は7割までに

引き出しの中をキレイに保つコツは?

引き出し内に余裕をもたせる

引き出しの中はものを詰め込みがちですが、入るだけしまっては使いにくくなってしまいます。すっきり見渡せるほどの量を使いやすく配置するのがコツ。

隙間があって、新しくものを買ってもまだ入るスペースがあるというくらいがちょうどよいです。私は多くても7割ほどの分量を心がけて収納しています。

これを習慣づけていくと、自然にものを買うときに収納スペースについて考えられるようになります。引き出しがいっぱいでキレイに入りそうにないのに新しいものが欲しい場合は、古いものを処分するなどして場所を確保しましょう。

 

開けるのが楽しくなるような配置を心がけて

ひと目で見渡せる引き出し収納

引き出しを開けたときに何がどこにいくつあるかが一目で分かり、なおかつ誰かに見せたくなるようなディスプレイを心がけるとよいです。

中に入れるものを統一したり、キレイに並べることで開ける度にワクワクする引き出しを作れば、片付けるときもキレイに戻したくなります。

なんでも放り込めるブラックボックスとしてではなく、お気に入りの箱と考えるとよいかもしれませんね。

引き出し収納におすすめのアイテム

クリアタイプのボックス

100均ショップには引き出しの中を整理するのに役立つアイテムがたくさんあります。その中でも便利なのは透明のボックス。

セリアのクリアケース

セリアのクリアケースという商品で、このように重ねて収納しても中に何があるか分かりやすいので、整理整頓しやすいです。

イケアのブログルンドシリーズ

イケアのブログルンドシリーズもおすすめ。

イケアのブログルンド・蓋付き

こちらは同じシリーズの蓋付き。蓋を閉めると重ねることもできるので、高さのある引き出しで活躍します。カラーがグレーなので透明ですが落ち着いた印象を与えてくれます。

蓋も容器になるものを使う

蓋も容器として使う

蓋も容器として使えるものを選ぶと、コストパフォーマンスがよくなります。2つボックスを買うだけで4つに仕切ることができるので数を揃えやすいです。

引き出し収納のアイデア

引き出し収納が得意ではないという方は、まず自分のお気に入りのアイテムをキレイに並べるように収納してみましょう。

 

お気に入りのネイル収納

私は自分でネイルをするのが好きなので、ネイル用品をたくさん持っています。
見ているだけでワクワクするアイテムを入れた引き出しなので、キレイに保ちたい気持ちが強く働きます。

文房具の収納

文房具も引き出し収納に向いているアイテムです。同じ種類のものはまとめるように収納していき、取り出しやすく片付けやすい配置にするのがおすすめです。

引き出し収納が上手くなるとものにしっかりと定位置が生まれ、片付けるクセがつきます。そうすると不要なものを買わなくなったり、スペースを考えて処分することもできるようになるので、家が片付くよいループが生まれます。

片付けが苦手という方は、まずは引き出しの整理収納からはじめてみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい

バス&寝室の非日常感がすごい!アジアンリゾートみたいな家

調布市にあるKさん夫妻の家は都内近郊の駅から徒歩数分。共働きなので駅近を優先した結果、敷地は約62平米と狭小になりました。この家はダイビング好きな夫妻の好みを取り入れて、しっとりとしたアジアンリゾートの空気を漂わせています。 キッチンはLDと緩やかにつながっていて一体感を保ちつつ、小さくても集中して作業がはかどる工夫が満載です。

今までで最も狭いけど いちばん快適なキッチン

「さほど広さは望まず、機能的かつ趣味を反映させた家を希望しました」と夫。

夫妻はスキューバダイビングが趣味で、何度も訪れているタイのリゾートホテルの雰囲気を家に思い描いたそうです。設計を依頼したのはMDS一級建築士事務所の森清敏と川村奈津子さんです。

「タイのホテルの写真を見せていただきイメージを共有しました。帰りたいと思える家であること、緩やかにつながる内部空間、などの要望も伺いました」(森さん)。
そこから導き出された形は、奥から手前に徐々に小さくなる家型を連ねた外観の2階建て。内部の意匠にも家型をそのまま反映させています。子どもが描くような家型の仕切りは、海辺のコテージを連想させるようです。また床には段差をつけたことで小さな空間の中に多様な風景が展開し、豊かな表情を与えています。
メインの生活空間は2階。ダイニングとキッチンはひとつながりの空間で、複数の家型で緩やかに仕切られ空間の奥行きを感じさせます。

外に見せてもOK ! のオープン収納で作業が快適

キッチンは人が立つと窮屈さを感じるくらい小さな空間ですが、間口をフル活用して壁には上下段のオープン棚もつけるなど、使い勝手のいい工夫がいっぱいです。鍋やフライパンの類は、正面の壁を活用した3段の造作棚に収納。「オープンな収納を望んでいました。サッと取り出しやすく、片付けもラク」と妻も満足しているよう。
縦長のスリット窓からは風景が眺められるので外の気配を感じ、また外からは窓から内部の気配が感じられ暮らしの温かさが伝わってくるようです。

ワークトップはL字型にして広さを確保しました。何かと汚れがちな加熱機器回りを、ダイニングから視界に入らない側面に配しています。ワークトップのコーナー部に、家電などモノを置きやすいのもL字型のメリットですね。

「体の向きを変えるだけで移動が少なく、さらにテーブル背後のカウンターの活用で、皿の受け渡しもラクです。今まで住んだ家で最も狭いキッチンですが(笑)、使い心地は格別です」と妻。

レンジフードはオリジナルで製作し、ここでも家型デザインをモチーフに。家の中に家がいくつ ? などと数えるのも楽しそう !

冷蔵庫も家型ボ ックスにすっぽりと覆われ、生活感を抑えるのに成功しました。

ワイングラスの収納棚も冷蔵庫の裏側を活用した家型デザインです。 内部に仕込んだ照明が、バーのような大人っぽい雰囲気を醸し出しています。

キッチンとダイニングの間に設置したカウンターの下部を食器棚に活用しました。「調理中にも取り出しやすい位置で助かって います」。

アジアンフードはK家の人気メニューです。この日のランチは、野菜たっぷりのタイ風カレーとサラダ、ローストしたカボチャとヘルシーなメニューです。

ダイニングには、窓際に造り付けベンチを設置。横に手を伸ばせばワイングラスがすぐ取り出せる工夫で、ゲストのもてなしにもぴったりです。

豊かな素材使いで 非日常の雰囲気を

リビングは床と同じウォールナットのフローリング材を壁や天井に張った意外性のあるデザイン。印象的な空間に仕上がりました。特に天井は張るのに手間がかかり、面も広いため、職人さん泣かせだったとか。

しかし仕上がりを見ると、切妻状の天井部の収まりなどは思わず見入ってしまうほどの精緻さ。「天井の美しさを重視して、照明はダウンライトなどをつけず、必要最小限としました。夜は自然に眠くなり、朝は自然に目が覚めるんですよ」

ソファ側から見たリビングルームです。正面の造作TVボードはベンチ兼用。中に客用の寝具などが収められています。写真の右側は、建物とのすき間を活用したテラスになっています。プライバシーを確保しつつ、採光や外の気配を取り込んでいます。

自然石の質感がリゾート感をプラス

ふたり暮らしだからこそできる平面構成、それもK邸の持ち味です。特に反映されているのが、寝室と水回り、クロゼットをワンフロアでまとめた1階です。バスルーム正面の壁は外構などでよく目にする石貼りで、隣り合う寝室の端まで贅沢に施しています。非日常のテイストを取り入れてホテルライクなつくりと、ガラスの仕切りで視線が途切れることがないため、開放感とリラクゼーション効果を同時に味わえます。

浴室隣の寝室。室内の一部に自然の石を用いたいとの夫妻の希望をかなえました。自然石ならではの質感が独特の雰囲気を演出しています。バスル ームと寝室は一部スリット状のガラスで仕切り、双方をシースルーの仕上がりに。

ガラス壁でつながる寝室とバスルームです。「バスルーム側のガラスは透明感をキープするため、毎晩入浴後の拭き取り掃除をがんばっています」と夫。

洗面コーナーには奥行きの浅い棚板を設置し、コロンなどのボトル類の定位置にしました。木製のカウンターは内装の雰囲気にもよく馴染んでいます。

バスルームは、玄関ホールから続く廊下の突き当たり。家に入った瞬間、贅沢な石貼りの仕様が視界に入るのも魅力的ですね。
階段はスケルトンなので、2階からの自然光が階下にまで届きます。廊下の左側には大容量のウォークインクロゼットを造作しました。

屋根型の連なるデザインで、奥行き感を演出した外観です。限られた敷地のなかで、駐車場の確保と出入りしやすい玄関の配置などに腐心したそうです。念願をかなえ、南国のリゾートホテルライクな暮らしを手に入れたK夫妻の小さくて豊かな家を拝見しました。

撮影/川辺明伸
設計/MDS一級建築士事務所
プロデュース/ザ・ハウス
※情報は「住まいの設計2017年5-6月号」掲載時のものです

Source: 日刊住まい

100均まな板でメイク道具をおしゃれに収納できる「ボックス&ラック」を作ろう!

細々とした道具や小物を収納するのに便利な「ボックス&ラック」。ごちゃつきがちなメイク道具も、コンパクトにスッキリかわいく収まります。

今回はこちらの「ボックス&ラック」の作り方を、ハンドメイド雑貨やインテリアに関する著書もあるpinkoさんに聞きました。なんと、「まな板」を材料に使って作るそうですよ!

材料は100円ショップの2アイテム

ボックスとラック(棚板)が一体となった、便利でおしゃれな収納アイテム。どちらもオープンになっているので使いやすく、レイアウトを活かした「見せる収納」も楽しめます。

材料として使うのは「桐まな板」と「ウッドケース桐」の2アイテム。まな板はキャンドゥで、ウッドケースはセリアで揃えました。まな板とウッドケースのフタの横幅が、ぴったり同じサイズというところがポイントです。

ネジ止めだけの簡単DIY!ボックス&ラックの作り方

使う道具はネジとドライバーだけでOK!誰でも簡単に作ることができます。

ステップ1 ウッドケースを分解する

ウッドケースの本体からフタの部分を取り外します。接続部は竹串のような細い丸棒で繋がっているだけなので、丸棒をカッターで切断すれば簡単に取り外すことができます。

ステップ2 まな板とウッドケースを接着する

垂直に立てたまな板に、ウッドケースの本体を接着して固定します。(写真上)

次に、ウッドケースのフタ部分をまな板の真ん中あたりに合わせ接着します。(写真下)

どちらも仮固定なので、しっかりとした強度で接着しなくてもOKです。

ステップ3 全てのパーツをネジ止めする

まな板の裏側から、ウッドボックス本体とフタ部分をネジ止めします。ネジを入れる板厚が薄いので、直径2mm程度の木工ネジを使うとうまく固定できます。これでボックス&ラックの本体ができあがりました。

ステップ4 全体をペイントする

ボックス&ラックの本体を、好みのカラーにペイントします。今回は「オールドウォーターワックス ウォーターベースコード(チーク)」と「ミルクペイント(クリームバニラ)」の2色を使い、清涼感のあるフレンチカラーにペイントしてみました。

塗料をしっかりと乾かせば、おしゃれな「ボックス&ラック」の完成です。

ボックス&ラックをインテリアアレンジしてみよう

ごちゃつきやすいメイク道具をおしゃれに収納。取り出しやすく、どこに何があるのかが一目で分かるので実用性も抜群です。メイク道具をインテリアの一部のように、おしゃれに収納することができます。

お気に入りの小物をレイアウトする、インテリアユースにもぴったり。フレンチカラーの大人びた色合いが飾るものの魅力を引き立て、繊細で美しく見せてくれます。

100円ショップの2アイテムを組み合わせて作る、「ボックス&ラック」をご紹介しました。長さや幅がぴったりと合うものを組み合わせることで、まだまだ色々なアイデア雑貨を作ることができそうですね。

みなさんもぜひ作ってみてください!

Source: 日刊住まい

「とりあえず置き」をなくす3つの法則!みるみる片づく家に

しまうのが面倒だから、とりあえず置いておこう。どこに片付けていいか分からないから、とりあえず入れておく。そんな「とりあえず」を繰り返して、部屋の中にものが散乱したり、使いたいものがどこにあるのか分からなくなったり。そんな困った経験、ありませんか?

家が散らかる元凶ともいえる「とりあえず置き」。それを防ぐ解決策を、整理収納アドバイザーのtakaさんに教えてもらいました。

とりあえず…で散らかる原因は2つ

「とりあえず」と、ついついものを置きっぱなしにしてしまうのには、2つの原因があります。1つはものの住所=定位置が決まっていないから。

もう1つは、定位置を決めているけど、一緒に暮らしている家族が把握できていないから。あるいは、片付けるまでの工程が面倒だからです。

その解決策は、家族みんなが片付けしやすい場所に定位置をつくること。出しやすさよりも「しまいやすさ」を意識して収納をつくると、とりあえず置きは減らせます。

片付く収納をつくるための、3つのポイントを以下に説明していきます。

ポイント1:使うものを使う場所に

ダイニングに学習用品の収納をつくる

使う場所と収納場所が離れていると、とりあえず置きが起こりやすいです。家族がどこで使っているかを観察し、動線を意識して定位置をつくりましょう。

子どもがダイニングで勉強するなら、ダイニング近くに学習用品を収納します。

荷造り用のグッズはひとまとめにして収納

荷造りで使うハサミ・紐・ガムテープなど、一緒に使うものはまとめて収納しておくと便利です。

ポイント2:片付けるまでの工程を減らす

リビングの収納

使う場所に定位置をつくっても、片付ける工程が多いと片付けるのが面倒になり、とりあえず置きが起こります。

たとえば、子どもがリビングでよく使うスタンプを黒いボックスに入れ、近くにあるチェストの中に定位置をつくったとします。

子どもがよく使うスタンプの収納

スタンプを出すまでに、「①チェストの扉を開ける」「②上にのっている箱をどかす」「③フタを開ける」「④取り出す」と、4つも工程があったら、出すのも面倒ですし、片付けるのはさらにおっくう。きっと子どもは使ったあと元に戻せず、チェストの上にとりあえず置くようになります。

スタンプを取り出しやすく収納

よく使うものは、出し入れする工程をなるべく減らすことが大切です。「①扉を開ける」「②取り出す」なら、なら、片付けるのも楽。小さなお子さんほど、きれいな収納よりもざっくり収納にし、その場所に戻せることを第一に考えるといいですよ。

ポイント3:ラベリングしてものの住所を明確にする

ラベリングして定位置を分かりやすく

使ったものをどこに戻すか分からない…。そんな迷子をなくすためには、誰が見てもしまう場所がすぐ分かるようにしておくのがポイント。ラベリングすることで、その場所にものがなくても、迷わず元に戻せるようになります。

例外として、とりあえず置き場があってもいい場合

ダイニングに置かれたままの本

使っている場所に収納をつくれない場合は、とりあえず置き場をつくってもOK。

とりあえず置き場をつくる

たとえば、本棚が寝室にあるため、リビングに読みかけの本が積み重なってしまうなら、カゴをひとつ用意してとりあえず置き場をつくり、そこに避難させるのもひとつ。

おたよりやテストの一時置き場

子どもが持ち帰るおたよりやテストなども、とりあえずの場所をつくって、そこに入れてもらいます。ラベルをつけておくと分かりやすく、子どもも進んで入れてくれるようになります。

ただし、とりあえず置き場をつくったら、定期的にリセットすることを忘れずに。毎日寝る前、週に1回、月に1回などタイミングを決めて、無理のない範囲でとりあえず置き場を片付けるようにしましょう。

とりあえずを解決することで、家もスッキリ! ものを探す時間が減り、暮らしも楽になります。ぜひ試してみてください。

Source: 日刊住まい