フランス育ちの妻が街に開いた小さなベーカリー

東京・吉祥寺の大通りから少し入った場所、繁華街と住宅街との境目にオープンしたベーカリー「L’île aux pains(リールオパン)」。

住まいの外壁からぽこっと突き出した円筒形が愛らしい、小さなお店です。

自らパンを焼き、店番も務めるのは島岡令央奈さん。

20年以上フランスで暮らした令央奈さんは、日常的に愛される「街のパン屋さん」を目指しています。

フランスで暮らした経験を生かす仕事を

パン屋さん

朝9時半にお店が開くと、ご近所さんがひとり、またひとりと買い物に訪れ、棚に並ぶパンがどんどん減っていきます。

聞けば、オープン間もないながらすでに毎日訪れる常連客も増えているそう。

令央奈さんひとりで店番をしながら、合間にパンを仕込みます。

「朝4時半頃に起きて12~13時間立ちっぱなしですが、全然つらくはないです」

パン屋さん

幼少時から20年以上、フランスで暮らしていた令央奈さん。

23歳のときに「日本で仕事をしてみたい」とフランスの企業の日本支社に就職しましたが、次第に「フランスで育った自分にしかできないことは何だろう」と感じるように。

フランスから日本に来た自分が恋しく思うものを考えるとパンとチーズだったことから、「パンなら自分でつくれるのでは」という思いに至りました。

パン屋さん

フランスには日本のコンビニくらいの割合で街に1軒は小さな個人商店があり、毎日食べられる定番のパンが売られているそう。

そうした懐かしい味を再現したくて自分でつくってみるうち、「老若男女が毎日食べるようなパンを地域の人々に届けたい」と、ベーカリーを始める夢が膨らんでいきました。

同時に「フランスの街角に立つパン屋さんのように、お客さんが店員と会話を楽しめる店にしたい」との思いも。

パン屋さん

結婚し今の土地に新築の計画が持ち上がったとき、店舗スペースも併設することを決めました。

「もう少し修行や準備をした方がいいのでは」と迷う気持ちもあったそうですが、設計を依頼したニコ設計室の西久保毅人さんが背中を押してくれたことも決め手に。

「西久保さんがつくる住宅は一角に店があってもおかしくないデザインで、設計が進むにつれ『ここで今お店をしなかったら、いつ、どこでするんだろう』という気持ちになりました。出産のため開店時期は少しずらしましたが、あまり遅らせると年齢やモチベーションの変化で勢いを逃してしまうから、やっちゃえ(笑)と」

街の視線を遮り、道ゆく人の視線を北へ誘う

敷地は西側が公園の美しい竹林に面している一方、すぐ南に駐車場があり、その南側はビルが建つ商業地域。

北側は、低層の住宅が並ぶ住宅地が広がっています。

西久保さんは「南からの視線はカットする必要があるけれど、北の住宅地から見たとき要塞のようにならないよう、南は大きく北は縮め、駅から帰宅する人の視線も自然と低い北側に向かうように」と、台形状のプランを提案しました。

パン屋さん

こちらが通りから見た全景。

左手に商業地が迫り、右手には低層住宅地が続きます。

店舗の右手奥が住まいの玄関。

東側の道路に面して突き出すように設けた円筒型の愛らしい店舗は、焼き杉の板壁の住まいとコントラストを描く左官仕上げです。

プライバシーを守りつつ外とつながる感覚に

室内は竹林の借景や中庭の緑を取り入れ、各部屋をスキップフロアでおおらかにつなぐことで、繁華街と住宅地のはざまに建つ家の内部にグラデーションのような変化が楽しめる空間を生み出しました。

パン屋さん

ダイニングからは西の窓越しに公園の竹林を眺め、パンをこねられる人造大理石カウンターを造作したキッチン正面の窓からは、中庭の緑を眺めます。

パン屋さん

2階のダイニングから半階下がったリビング(写真左)は天井が高く、現した梁が伸びる開放的な雰囲気。

公園に面したテラスと中庭に面した両側の開口部は全開でき、気持ちよく視線が抜けます。

住まいを象徴する曲面の左官壁の奥は、上がブリッジでつながる子ども室、下が書斎。

ダイニング正面の壁は大谷石を用いてアクセントに(写真右)。

一方で、左手の壁は鮮やかなパープルにペイントしています。

玄関

広い玄関ホールにも曲面の左官壁。

天井はレッドシダー羽目板張りで、外の軒天も同材を張って連続性を持たせています。

和室

客間として使う和室の壁は、和紙職人ハタノワタルさんが手掛けた3種類の和紙を貼って質感豊かに仕上げました。

キッチン

2階の洗面室のタイルは、1色では在庫が足りなかったため遊び心あふれる2色使いに(写真左)。2階の洗面室とトイレ、パントリーをつなぐスペース上部にはトップライトがあり、正面の格子戸も開放して風を通すことができます(写真右)。

奥様

今後は、「朝食のテーブルに乗るように、朝7時の開店を目指したい」と令央奈さん。

「街のパン屋さん」として、子どもを持つ母親として、自分らしい働き方を探っています。

もっと詳しく見たい方は、ぜひ「住まいの設計2018年5・6月号」も参考にしてみてくださいね。

※物件価格、工事費、ご家族の年齢等は取材時のものです。

設計/ニコ設計室
撮影/伊藤美香子

Source: 日刊住まい

芋女がTwitterフォロワー数2万人超のアニ髪美容師に「完全お任せ」したらガチでオシャレヘアーになれた!

美容院に行くのって、正直面倒くさい。流行もよく分からないし、似合う髪型も分からない。芋くさい筆者は、オシャレな美容師さんとの会話に緊張する……。どこかに緊張せず、丸投げオーダーしてもオシャレヘアーにしてくれる美容師さんはいないかな?

それがなんと——いた。なんと、アニメの髪型を再現する「アニ髪美容師」としてTwitterなどで大人気の井上佳祐さんが、完全お任せオーダー大歓迎だというのだ。マジか!? 早速、ガチで完全お任せしてきたぞ!

・完全ノープランで丸投げ

井上佳祐さんは、「人間の頭髪では再現不可能では」と思われる二次元ヘアーを次々と人毛マネキンで再現し、その動画をUPしているTwitterアカウント(@pecoHASEO)のフォロワー数が2019年6月時点で2万人を超えている大人気美容師さん。

老若男女問わず綺麗にし、海外から通うお客さんもいるとか。美容雑誌で特集を組まれたりもしている、凄いお方なのだ。そんな井上さんに「完全お任せ」で予約し、迎えた当日。白を基調としたオシャレ感満載の店内へ入ると、すぐに席へ案内された。

ついに井上さんとご対面。爽やかオシャレ美容師さんじゃないか! マズイ、ちゃんと会話出来るだろうか……。

緊張気味に挨拶をした後、早速カウンセリングへ。学校や仕事の関係で出来ない髪型はないか、今後やりたい髪型はあるか、などを聞きながら、髪を丁寧に見てくれる。

前回のカット・カラーから3カ月ほどが経ちプリン頭になり、親や友人から「深夜の某ディスカウントストアにいそう」「変なカスタムした四角い軽自動車に乗ってそう」などの評価をされていた私の髪型は果たして、どうなるのだろうか。

じっくりと生えグセや髪の状態を見た後、井上さんに

「赤みのあるプリンになってるんで、根元も均一な色になるようにブリーチして、色落ちが綺麗なカラー入れるのが一番良いと思います!」

と爽やかに言われ、完全お任せモードの私は快諾。その場合、カットが5500円・カラーが7000円、基本のブリーチが5500円で、オススメの痛みにくいブリーチ剤に変更するために2000円プラスして、税金を含めたら合計2万1600円かかると電卓を見せながら説明され、この内容と金額で良いかをきちんと確認してくれた。

完全お任せとはいえ、この時点でもし予算が合わない場合は、限られた予算の中で最大限に綺麗になるメニューを考えてくれるそう。安心だ。

色の希望を聞かれたが、「全然流行とか分からないので、イケてる色でお願いします」とお伝えすると、肌の色と現在の髪の色をじっくり見た後「ラベンダーとベージュを混ぜた色」にすることが決定した。丸投げの極み。

・リラックスしながらの施術

オシャレ系美容師さんじゃん、緊張する……。と思っていたが、「(井上さんの)どの動画を観て来店したか」から会話が始まり、好きな漫画やアニメの話を自然に出来て緊張がほぐれていく。

ブリーチをして……

真っ黄色になった髪に、ベイブレードの話で盛り上がりながらカラーリングが施され……

完全お任せなので、どんな色になるのかワクワクしながら……待つ!

オススメのヘアセット法を教わりながら丁寧にセットしてもらい……

ついに完成〜!!

おお〜! 綺麗な髪色になったせいか、肌が明るく見えるような。

芋臭い奴が完全ノープランで乗り込んで、ただただお任せしている間に、こんなオシャレヘアーにしてもらえたぞ。垢抜けた気がする!

井上さんによると、今回のヘアカラーはだいたい1カ月ほど色落ちによる変化を楽しめるらしい。バイオレットっぽい色から色落ちでグレージュっぽい色へ変化し、ミルクティー色を経て、やがて「汚く見えないイイ感じにくすんだ金髪」になるらしい。どんな色になるのか楽しみ〜!

次も完全お任せでお願いするか、それとも今度はやってみたいキャラクターの髪型をお願いするか、悩むところだ。

・今回訪問した店舗の情報

店名 Sorcier(ソルシエ)
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-12 藤彩ビル2F
営業時間 【平日・土】 10:00〜20:00 【日・祝】 10:00〜19:00
定休日 火曜日(ただし祝日の場合は営業)

参考リンク:井上佳祐さん TwitterInstagram
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24