【保存版】そば屋200店を食べた男が厳選する「都内最強立ち食いそば9選」がこれだ! 立ち食いそば放浪記まとめ~東京~

マクドナルドの新作バリューセットが840円する時代。外食するならそれくらい払う覚悟を持っている人も多いと思うが、立ち食いそばはそんな現代人の強い味方だ。かけそば1杯290円とかザラである。

だが、店によって味にバラつきがあり、同じ価格でもハズレから大当たりまで存在するのが難しいところだ。外観からは味が判断できないため、ぶっちゃけ初入店は “賭け” と言えるだろう。そこで、本記事ではそば屋200店を食べ歩いた私(中澤)が大当たりだけをご紹介していきたい。なお、金額は取材当時のものである。

小伝馬町『おか田』

まずは、ベーシックな良店から始めたい。小伝馬町『おか田』はそんな重大な任務を見事果たしてくれることだろう

かけそば1杯300円、カレーライスセットで600円、かき揚げ天乗せても720円! まだマクドナルドの新作バリューセットより安い。しかもしかも……

単品でも満足するくらいそばもカレーもしっかり量がある。甘めのつゆもウマく、トロッとしてスパイシーなカレーとも相性抜群! 店内も綺麗で全ての平均値が高い。その走・攻・守揃ったバランス感覚の良さは、立ち食いそば界のイチローと言える。

小川町『韃靼 穂のか』

次に、そばがウマイ店と言えばこの店を外すわけにはいかない。個人的にそう思うのが小川町にある『韃靼 穂のか』だ。トッピングに天ぷらはなし。その時点で心意気のようなものを感じるが実際食べると納得の味

キリッと辛口のつゆと美しい十割そばがキレキレなのである。その鋭さはまさに抜き身の日本刀。バッサバッサと切り捨てるキレ味の鋭さは、立ち食いそば界のダルビッシュ有と言っていい。

四谷三丁目『音威子府TOKYO』

メニューが少ないと言えば、『音威子府TOKYO』も「ざる蕎麦(税抜き880円)」「たぬき蕎麦(税抜き980円)」の2種類しかない。840円以上するそばを紹介してしまって申し訳ないのだが、この店のそばにはそれだけの価値がある

なにしろ、ここの黒いそばは「日本一ウマイ」と言われる音威子府そばを東京に持ってきたもの。音威子府は旭川から2時間北上した秘境駅で、電車の本数も1時間に1本以下なので、食べに行く労力を考えたらこの店のコスパはめちゃくちゃ良い

ちなみに、私は、本場である北海道・音威子府でも食べたことがあるのだが、あの濃厚なそばの味が確かに再現されている。ただし、つゆの味は東京の繊細な味で、そばの持つ野趣味と見事にマッチ。その二刀流の共演は、立ち食いそば界の大谷翔平と言っても過言ではない。

浅草橋『ひさご』

とは言え、立ち食いそばの良さと言えば安いこと。そこで、安くて安定の味を発揮する浅草橋『ひさご』をご紹介したい。

View this post on Instagram

暗黒きつねそば

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on Sep 3, 2018 at 9:37pm PDT

濃厚な暗黒つゆは、意外とスッキリ飲める甘さもありウマイ。そんなつゆを存分に味わうなら、きつねそば(税込350円)がオススメ。つゆの色に染まりきった油揚げは噛むと「じゅわっ」と甘辛さがあふれ出す

350円台でこの染み入る味はまさに実力派だが、外観は素通りしてしまうくらい街に埋もれているのが玉にきずだ。地味でも味のあるこの店はマニアが好みそうないぶし銀。立ち食いそば界の和田豊だ。

人形町『きうち』

味があると言えば人形町『きうち』のいかゲソ天も噛めば噛むほど味がある。フタのように丼にかぶせられた大判のゲソかき揚げ天から旨みが染み出したつゆは、モチモチ麺と相性抜群。

素材の味を活かす濃すぎないつゆは食べれば食べるほどにウマイ! その流れに逆らわない自然なウマさは落合博満のホームランのようである。

飯田橋『豊しま』

この記事を書く時に、200店の中で印象に残っている立ち食いそば屋をまず考えたのだが、忘れられないのが飯田橋にある『豊しま』だ。「元祖 厚肉そば(680円)」のマンガみたいな分厚い肉は完全に主役。忘れられない! 忘れられるわけがない!!

しかも、そんな肉は箸で持ち上げるとホロッと崩れそうになるほど柔らかく甘辛い味がしみている。記録よりも記憶に残るインパクトを持つこのそばは、立ち食いそば界の新庄剛志と言えるかもしれない。

茅場町『がんぎ』

食感のインパクトで言うと茅場町『がんぎ』も捨てがたい。プチプチ弾けるスパゲティーのような麺はそばとは思えない食べ心地

だが、鼻に抜ける風味は間違いなくそばだ。その弾ける食感とそばの風味が濃厚なつゆと合っていてのど越しもグッド。個人的には新しい食べ物のようにすら感じる。そばの新たな扉を開くこの店……立ち食いそば界の野茂英雄か

入谷『山田屋』

そばと言えば、つゆの味を置いては語れないものだ。そして、個人的に都内で最強クラスのつゆの味だと思うのが、入谷の『山田屋』。

舌に染み込むようなコク深さは、立ち食いそば屋の “もさい” イメージとは無縁で垢抜け感のようなものすら感じる。磨き上げられた技術と研究が輝くような味。その美しさは、古田敦也の職人的な守備を彷彿とさせる。

View this post on Instagram

濃いつゆが凄く美味しい。

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on Sep 27, 2018 at 6:21pm PDT

六町『そば政』

最後に、個性派そば屋を。アクセス難易度の高さと気ままな開店時間から、近所の人以外の入店ハードルが異常に高い『そば政』だ。個人的には、北海道音威子府より食べるのが大変だった。

しかし味はそんな苦労も報われるレベル。真っ白なそばと肉の旨みあふれる赤みがかったつけつゆのハーモニーはまさに激ウマである。しかも、つゆの中には「ドーン!」とチャーシューも入っており、税込480円というのが信じられない。まさにレジェンド。立ち食いそば界の長嶋茂雄だ

──以上、店や味の詳細についてはここでは書ききれないため、気になる人は各記事でご確認いただければと思う。

気づけば、200回も続いていたこの連載。100回の時点で、「さすがに200回は無理だろ」と思っていたけど、続けることができたのはひとえに読者の皆様のおかげだと思っている。いつもお読みいただきありがとうございます。

そして、東京に200店舗も立ち食いそば屋があったことにビックリだ。一体、何店舗あるんだろうか? そば屋が続く限り今後も放浪していきたい。引き続きよろしくお願いいたします。

執筆:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

「日本一ウマイ」と言われる秘境のそばが東京で! 音威子府そばを実食した男が四谷三丁目『音威子府TOKYO』に感じた “違い” / 立ち食いそば放浪記:第183回

「日本一ウマイ駅そば」と呼ばれる店をあなたはご存知だろうか。以前の記事で、私(中澤)は、蒸気機関車が走っている時代からそんな呼び声があるという『常盤軒』を取材した。

北海道の音威子府駅にあるこの立ち食いそば屋。旭川から約2時間北上するという鬼みたいな田舎だったが、そばが出てきた瞬間、その道のりも報われた気がした。黒光りする暗黒麺は田舎そばが白く感じるレベル。こんなに黒いそば初めて見た!

そんな秘境のそばが東京で食べられるという。なんと、四ツ谷三丁目に音威子府そばを出す店がオープンしたのだ! これってガチなの? というわけで、音威子府そばを実食した私が行ってみた。

・幻のそば

現在では、通販が行われている音威子府そば。しかし、調理してメニューとして出している「音威子府そばのそば屋」は非常に少ない。私が現地を訪れた際は、音威子府にも常盤軒含め2軒くらいしかなかったと思う。そもそも、音威子府が北海道で1番小さい村だし。

店も少ない。行くのも難易度が高い。まさに幻とはこのそばのことだ。そんなそばの名を冠し、2019年10月1日にオープンしたのが『音威子府TOKYO』である。

・入店してみた

いまだかつてここまで音威子府そばをゴリ推ししている店があっただろうか? このそばのために北海道の秘境まで行っている私としては、同志を見つけたような気分である。たのもー

中は、カウンター席がメインでちょっとした座敷もある小料理屋のような雰囲気。8席くらいあるカウンターの1席に腰かけると、目の前に小さなメニュー板が置かれていた。

そばは「黒」と「白」の2種類に分かれており、それぞれ「ざる蕎麦(税抜き880円)」と「たぬき蕎麦(税抜き980円)」とセットがある。白は更科そば。そして、黒は言うまでもなく音威子府そばだ

・本場で食べたメニューに近いものを

今回はここの音威子府そばがどれだけガチかを調べる目的もあるため、注文も『常盤軒』でそばを食べた時の環境に少しでも近づけたいところ。

『常盤軒』にざるそばはなく私は当時、天ぷらそば(温)を頼んだわけだが、ここには天ぷらそばがない。しかし、常盤軒の天ぷらはそもそも東京のそば屋のように、ガッチリしたかき揚げじゃなく、天かすをまとめた感じだった。

つまり一番近いのは「たぬきそば(温)」だろう。そこで注文してみたところ……

かなりガチなたぬきがやって来た。

天かす、ワカメ以外に、ほうれん草やかまぼこも入っているところが気が利いてる。もろ昔ながらの立ち食いそばである『常盤軒』の無骨さから考えると、見かけはかなり東京風になっていると言えるかもしれない

・食べてみたところ

だが、その美しい色合いはどことなく緑豊かな北海道の大地を彷彿とさせる。そんなイメージは、ひと口そばを食べた時、さらに強固なものへと変わった

錆びた線路、果てしなく続く山々、色あせた駅名板、誰もいないホーム、木造の駅舎に差し込む柔らかい陽の光、畳の匂い。野趣味あふれる味でそれらの光景が瞳の奥に流れていく。あの時の味だ

・店主に話を聞いてみた

そばは間違いなく音威子府の味。それもそのはず、店主の鈴木さんに話を伺ってみたところ「音威子府で打たれたものを空輸している」のだという。

鈴木さん「こちらで打つこともできるんですが、やっぱり水とかが違うので……現地の味をそのまま持ってきたいんです」

──なぜ音威子府そばの店を東京に出そうと思ったんですか? 音威子府出身とか?

鈴木さん「いえ、静岡出身です。キッカケは友達に音威子府そばを教えてもらったことですね。実は、この店以外に、つぼみ家というそば屋をやってまして……」

──立ち食いそば屋のつぼみ家の代表さん!? そば好きには知られている店がありながら、なんで音威子府そばの店を?

鈴木さん「17年そば屋やってます笑 で、仕事柄そばの情報が集まってくるんですが、ある時音威子府そばの話を聞いたんですね。幻のそばがあると。そこで、実際食べに行ってみたら興味が湧いて。これは個人的にやろうと

──なるほど。そばが音威子府の味なのに対して、つゆが東京っぽいコク深さがあるところが凄くマッチしていておいしかったです。

鈴木さん「つゆを東京の味に合わせるというのはこだわったポイントの1つですね。音威子府そばの味が主役になりつつも、こちらの人にも受け入れられるようにと」

──確かに、コク深くもそばの風味が中心にあって、上品な感じがします。

鈴木さん「出汁はカツオと昆布なんですが、音威子府そばと合う昆布を選ぶのに、北海道のものを全部試しましたね。今は、北海道最上級の日高昆布に落ち着きました」

──とのこと。音威子府そばを実食したことのある私は、つゆの味に本場との “違い” を感じたが、それは決して悪い意味ではなく、むしろそばとしてのクオリティーはより高い。東京のそば民用にチューニングされたその味は、『音威子府TOKYO』の名に恥じぬものであるように感じた

田舎そばが子供に見えるほど野趣味があふれる音威子府そば。本場で食べたその味は、蒸気機関車が走っていた時代に想いを馳せてしまうような荒々しいものだった。だが、そんな知る人ぞ知る幻のそばは、こういった店の誕生により令和の時代にも引き継がれていくのかもしれない。

・今回紹介した店舗の情報

店名 音威子府TOKYO
住所 東京都新宿区舟町3-6 今塚ビル 1F
営業時間 月~土11:30~14:00、17:00~23:00
定休日 日・祝休

Report:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24