昔懐かしのココアシガレットでくわえタバコ…昭和時代にタイムスリップできる「オリオンのおかしばこ」

駄菓子はコンビニで買うものになって久しいが、私たちの子どもの頃から……どころかお父さん、お母さんの子どもの頃から同じ駄菓子を作り続けている大阪のお菓子メーカー「オリオン株式会社」

そんなオリオンのお菓子が詰まった玉手箱みたいなセットがあるぞ。箱のコンセプトは昭和を感じる「お道具箱」。新しいお菓子が生まれては消えていくお菓子業界ではあり得ない奇跡が今ここに……。おなまえ欄もあるからちゃんと記入して、さっそく中を見てみよう!

・ココアシガレット

オリオンを代表するお菓子といえば文句なく「ココアシガレット」だろう。1951年(昭和26年)発売、その前身になったお菓子の誕生は1948年だというから、軽く半世紀超えだ!

「タバコごっこができる子ども向けお菓子」なんて今なら完全アウトだろうが、筆者の子ども時代にはタバコは「大人の証」であり、自立や労働を象徴するかっこいいものだった。行き先もわからぬまま、盗んだバイクで走り出す時代である。

くわえタバコを真似したくてココアシガレットを買ったものだが、正直なところ味はハッカ臭くて好きではなかった。甘いだけでもない、ミントのさっぱりでもない、なんともいえない微妙な味……。美味しいからではなく、完全に背伸びして買っていた。

今回、数十年ぶりに食べてみたのだが……

思っていたほど不味くない。商品開発のたまものか、あるいは筆者の口が大人になったのか……。

大人って仕事しながらタバコ吸ったりしてかっこいい、と思っていた当時の自分に言ってやりたい。いざ自分がなってみると、働かなければ1円も入ってこないわ病気がちになるわ老後が不安だわ……大人って悲しい生き物だよ、と。

・ミンツシリーズ

ミンツシリーズから梅ミンツとミニビタミンツ。梅ミンツは1973年(昭和48年)発売。

なんと、タバコをモチーフにしたココアシガレットに対して、ライターをモチーフにしたお菓子として開発されたんだとか! 知らなかった〜! だからこういう形なのね。

ココアシガレットとミンツはセットで買わなければいけない。覚えておこう。

・ミニシリーズ

ミニシリーズからミニサワー、ミニコーラ、ミニピーチ、ミニビタC。ミニコーラは1978年(昭和53年)発売。

缶飲料を模していて、プルトップの開け口がついている。今考えるとココアシガレットと同じく「大人の真似をしたい」という子ども心をよく捉えている。好きなだけ缶ジュースを買うことはできないけど、駄菓子屋でミニコーラなら買えるもんなぁ。

中には小さいラムネが入っている。口の中で溶ける柔らかいラムネじゃなく、ガリガリかじるタイプで大好きだ。

・バラエティシリーズ

バラエティシリーズからコーヒー味チョコ、ミルク味チョコ、ハローキティいちごDe Chu。最後のは誤植じゃないよ、「いちごでちゅ」なんです。

昔懐かしテトラパックの牛乳、ということなんだけど筆者は知らない。1960年代に全国に広がり、学校給食で使われたものの、積み重ねにくさなどから次第にブリックタイプ(四角いタイプ)に変わっていったらしい。中身は粒チョコレート。

・クレヨンしんちゃんラムネチョコビ

「クレヨンしんちゃん」は筆者的にはまったく懐かしくなく、「ごく最近の漫画じゃん」という感じだが、同社のラインナップに加わったのは1998年。生まれた子が成人する月日が流れている。いつのまに……。

チョコビといえばバンダイのものがメジャーだけど、元々は作中で出てきた架空のお菓子なのでオリオン版も全然あり。各社から何度か商品化されているらしい。

・その他いろいろ

その他として「いちごdeEカラ」「メタモルシール」「サワーシガレット」など「時期によってお菓子内容やおまけの内容は異なります」とのことだがお菓子が15種入っている。すべて違う種類で、ダブっているものは1つもない。

「ビヲフェロモン」は「どこかで見たことのあるお薬のパッケージをパロディ化しました」という「おくすりやさんカプセルラムネ」のシリーズ。パロディのオリオン、本領発揮。

「ゴージャスフェロモンで異性がむらがります」「飲み過ぎると化粧が落ちることがあります」と注意書きがある。どこまでも大阪のノリである。

おまけとしてミニサワーのストラップがついていた。ストラップは全3種類で、どれか1つが同梱。ミニサワーのほかにはミニコーラとココアシガレットがあるようだ。

・オリオンよ、永遠なれ

創業当時からの商品を大切に育てつつ、それと同時に攻めたパロディで駄菓子業界の最先端を行くオリオン。攻め過ぎてクレームが入ったり、訴訟になったこともあるらしい。これからも臆さず独自の道を突っ走って欲しい。

「オリオンのおかしばこ」(税込648円)は、公式オンラインストアのほか、全国の雑貨店で購入可能だ。「全然知らない」という場合は、お父さんやお母さんにプレゼントすれば喜ばれるかもしれない。懐かしい方も新鮮に感じる方もぜひどうぞ。

参考リンク:オリオン株式会社Bplatz
Report:冨樫さや
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

13坪の狭小地に建つ、地元で評判のショコラトリーの家

大阪府大阪市にある3方を囲まれた住宅密集地に建つ奥田さん夫妻の家。敷地は約13坪と狭小で、建坪わずか9坪の木造3階建てです。周囲にも似たような縦長の住宅が並んでいますが、この家だけちょっと違うのは、1階の道路側に大きなガラス窓とガラスの扉が設けられているからです。

狭さを開放的なデザインに変換

店舗外観

チョコレートとフィナンシェの店「ヴァルワール」は、ショコラティエの夫が妻とともに2014年にオープンしました。東京の有名店や大阪の大手製菓会社で腕を磨いた夫の独立を機に店舗併用住宅をつくることを目指した夫妻は、プロデュース会社「ザウス」に土地探しから相談したそうです。

夫は「店舗といってもふたりだけでやろうと決めていたので、イートインスペースもショーケースも不要で、カウンターが置ければ十分。予算的にも狭小になるので、狭小住宅が得意なところにお願いしたかった」といいます。こうして奥田さん夫妻の家づくりがスタート。木造3階建ての建物は、狭小住宅に大空間を実現する門型フレームを採用し、1階にガラス張りの開放的な店舗を実現しました。

地元で評判のショコラトリー

道行く人がふと足を止めて見てしまうガラス張りの空間は、狭小住宅の中に設けられた小さなチョコレートショップ。広さは2.5坪ほどしかありませんが、白を基調とした空間は明るく開放的で、洗練された雰囲気に包まれています。

開放感のある店内

カウンターの奥に見える螺旋階段も、軽やかさを演出。その奥は、夫がチョコレートづくりに専念するアトリエになっています。高級チョコレートショップには、重厚な雰囲気で明かりも抑えめなところが多いですが、「ヴァルワール」はコンパクトだけど開放的で、清潔感にあふれています。

カウンターから見た店内

カウンターから店内を見たところです。お客さんとの距離も近く、道行く人とも目が合うことも。店頭での接客は主に妻が担当しますが、夫がお店に立つことも。独立するまでは直接お客さんと接する機会がなかったので良い刺激を受けているそうです。厨房には何度か来店した人を忘れないように、特徴などを書き込んだメモがびっしりと貼られています。

3階建ての店舗併用住宅

間口はわずか4m弱。大きなショーケースも目立つ看板もなく、一見しただけではチョコレートショップとは分からないかも。外壁はショップカラーのネイビー。1階はチョコレートとフィナンシェをつくるアトリエと店舗で、2・3階が居住スペースです。

3階の明るいLDKで5匹の猫と暮らす

明るいLDK

螺旋階段を上ると2階には寝室とホテルライクな洗面、浴室が配されており、3階に住まいのメインとなるLDKがあります。LDKは門型フレームを生かした大空間で、その明るさに驚かされるほど。

「住宅密集地でも周囲からの視線を遮りつつ光と風を取り込むため、ギザギザのノコギリ型の屋根を採用し、南向きに高窓を複数設置しました」と、設計を担当した藤原誠司さん。白で統一した室内に、高窓からの光が降り注ぎます。

キャットステップ

明るく広々としたLDKは、同居する5匹の猫たちにとっても、居心地のいい空間。キャットステップや梁を利用したキャットウォークが設けられて、5匹の猫たちは縦横無尽に動き回り、思い思いの場所で優雅にくつろいでいました。

ダイニングテーブルを兼ねたキッチン

建築家によるオリジナルデザインのキッチンとレンジフードも印象的です。オレンジ色のモザイクタイルをアクセントに用いたキッチンはダイニングテーブルを兼ねているので、コンパクトかつ機能的。レンジフードは、猫が登れないように斜めの形状に工夫されています。

階段によって店舗と居住空間を明確に分離

「1、2階には螺旋階段を採用し、店舗に軽やかな印象を与えました。一方、プライベートな空間につながる2、3階は通常の箱階段とし、目的に合わせてエリアを明確に分離。さらに、二重、三重に扉を設けて、万一にも猫が1階に下りてしまわないように工夫しています」と藤原さん。温度と湿度管理が重要となる1階の製菓アトリエはフィックス窓にして、近隣への漏れ出る音やニオイにも配慮しています。

二重、三重に扉を設置

「妻は平日は勤めに出ているので、私は〝シェフでシュフ(主夫)〞。店舗併用住宅は仕事とプライベートが曖昧になる部分もありますが、自分でコントロールしつつ、マイペースで楽しんでいます」と夫。2階は寝室とサニタリーが配置されていますが、1階の店舗と3階のプライベートスペースとの緩衝地帯にもなっているそうです。

バス&サニタリーは、来客が使用することも想定し、ホテルライクな高級感漂う空間に。浴室は、猫のシャンプーもできるようにとゆったりとしたスペースを確保しました。

将来はカフェにする構想もあるそうで、小さな店舗併用住宅を拠点に大きな夢が広がっています。

SHOP DATA
VALOIR(ヴァルワール)
大阪府大阪市淀川区西宮原2-6-37
電話 06・6335・7640
金 12:00~18:30、土・日・祝11:00~17:00
※情報は「住まいの設計2018年5-6月号」掲載時のものです。
プロデュース・写真提供/ザウス

Source: 日刊住まい