成城石井に売ってる『成城石井の納豆』を食べて感じた “神の存在” と3つの衝撃

私は根っからの「おかめ派」だ。極小粒、3パック付いてて100円以下の「おかめ納豆派」だったのだが、新たな世界を知ってしまった。いや、見てしまった。いいや、踏み込んでしまったとでも言おうか。

冷やかし半分で高級スーパー「成城石井」をパトロールしていたら、ズバリのネーミング『成城石井の納豆』なる商品を発見してしまったのだ。気になるお値段は3パック入りで税込み237円。普段の2倍強の価格である。

パッケージには「北海道産大豆100%使用」という表記と共に……

北海道産『鈴丸』を使用しています。粒ぞろいが非常に良く、極小粒ながら旨味がしっかりと感じられるのが特徴の大豆。温かいご飯と一緒にお召し上がり頂きたい逸品です。」と書かれている。鈴丸、なんだか知らんが、すごそうだ。

そしてパッケージを開くと……

む……

むむ……

な……

なんと!

スルッとビニールが外れちゃった。いつもだったらこのビニール外しに苦労するのに、成城石井の納豆の場合は比較的スルリと外れてしまうのである。ネバらないとでも言おうか。さらに……

気品……!

気品ある粒ぞろいの大豆。これが鈴丸。かき混ぜるのを躊躇(ちゅうちょ)するほど、お行儀よくパッケージに収まっている。さすが鈴丸。

しかし、断腸の思いでかき混ぜると……

これまた品!

なんだろう。ピーナッツのクリームかな? いや、ちがう。よく見たら納豆だ……くらいの “非納豆感(ひなっとうかん)” があるように見えるのは私だけだろうか?

ネギを入れると、より一層、美しき。

それを “温かいご飯と一緒にお召し上がり頂きたい逸品です” と書いてある通り、ホカホカごはんの上にかけましたら……

ビューティフル……

いや……

神々しい。

神を感じた。直感的に、そう思った。しかし、いざ納豆ごはんをパックンチョしてみた直後、私の直感は正しかったと痛感した。というのも……

もしも納豆が道ならば、

私は参道(さんどう)を歩いていた。

何を言っているのかわからないかもしれないが、もしも納豆が道ならば、私は参道を歩いていたのである。いつもの納豆が草木生い茂る繁道(しげじ)だとしたら、成城石井の納豆は、心もシャンとする参道なのだ。

こんなに気品ある納豆があって良いのか。

だってだって……

納豆の匂いがほとんどしないとはどういうこと? なのに、食べたら「納豆の美味しさ」を確かに感じる不思議な納豆。本当に驚き。これが鈴丸の実力なのか……!? 納豆嫌いな人でも食べられるのではないだろうか?

そして第二の衝撃は、本当に「粒が揃っている」ということ。同じような大きさ、同じような形の大豆が、納豆のネバネバでガッチリとスクラムを組んでいるような感覚。口当たりも気持ちが良い。スゴイスゴイ!

最後の衝撃は、「納豆を食べているような気がしない」ということ。いつまでも口の中で納豆がネバりにネバることもなく、スッと喉に入ってハイ終わり的な。後腐れなく、後味が実にサッパリしているのだ。最高〜!!

もちろん私は「おかめ派」なので、これを機に「成城石井派」に鞍替えしようだなんて思っていない。しかし、普段の2倍強(237円)を払うだけで、こんな衝撃×3回分が味わえるのだとしたら安いもの。年に数回、いや、月に一回くらい鈴丸を拝んだって、きっとバチは当たるまい。

Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24


Source: ロケットニュース24

成城石井プロデュースのお店で開催されている「990円でシャインマスカット&冷製チーズフォンデュ食べ放題」に行ってみた!

読者は成城石井がプロデュースするお店をご存じだろうか? レストラン形式のワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」と、成城石井で販売する食品を調理して提供する「SEIJO ISHII STYLE」だ。

なんと今、この2つのお店で「国産シャインマスカット入り4種フルーツ&ルビーチョコレートの冷製チーズフォンデュ食べ放題!」を開催している。価格は990円(税抜)! 制限時間は60分! 期間は9月いっぱい! 神かよ今すぐ行かんと!!!

・チーズフォンデュが990円で60分間食べ放題

というわけで筆者がやってきたのは、京王線調布駅の「トリエ調布京王A館」。この1階に成城石井があり、スーパーマーケットを突き抜けて、目的地「SEIJO ISHII STYLE」に到着。まるでカフェのようなお店だ。

近づきつつある夢のような時間に、興奮した私は「フルーツ食べ放題したいっす」と奇妙な注文をした。それでも笑顔で対応した店員さんはまるで天使のようだった。ほいで待つこと5分。

これが食べ放題なのか?

中央にそびえ立つ透明な器に入っているのは、「ルビーチョコレートの冷製チーズフォンデュ」だ。「ルビーチョコレート」とは、厳選カカオ豆を原料にして作られた希少価値の高いチョコレートのこと。それとマスカルポーネチーズ、生クリーム、甘酸っぱいフランボワーズで仕立てた冷製チーズソースは、見ているだけで美味しく味わえる。

そして目下のお皿には宝石のようなフルーツが輝いて散らばっている。普段は高くて手が出ないシャインマスカットがあるのは嬉しいなぁ。

4種類のフルーツに加えて、カンパーニュとルビーチョコレートも添えられている。

それじゃあさっそくフォンデュしよう。まずは今回の目玉の1つ、シャインマスカット。

うまい!!! 生クリーム交わるチョコの柔らかい甘み。そこにチーズの風味がそっと加わる。チョコとチーズの濃厚タッグでありながら後味が爽やかなのは、どんな魔法を使ったのだろう。シャインマスカットの弾けるフルーティーなみずみずしさが、至福のひとときを演出する。

個人的に一番好みだったのは、カンパーニュだ。イメージは激ウマのチーズケーキみたいな仕上がり。

ちなみにルビーチョコレートのチーズフォンデュは、悪魔の味わいだった。一部の超甘党がどはまりしそう。

この食べ放題のポイントは、フルーツとチーズフォンデュ別々におかわりできること。ありがたい。3皿目のときはフルーツだけをおかわりした。もちろんチーズフォンデュ目当ての人は、制限時間60分いっぱい口にかきこんでほしい。ただしお残し厳禁だ!

フルーツを好きなだけ食べて、好きなだけフォンデュして、まるでこの世の王者になった気分だ。本当に夢のような食べ放題だった。

・食べ放題の留意点をいくつか説明します

今回のイベントは成城石井が展開する「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」と「SEIJO ISHII STYLE」にて行われている。注意したいのは、両者でイベントの価格が違うことだ。

「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」は、成城石井がプロデュースするレストラン形式のワインバーだ。担当者に確認すると、食べ放題のお皿は店員さんが交換してくれるという。したがってお値段は1280円+席料300円となる(どちらも税抜)。

一方、筆者が訪れた「SEIJO ISHII STYLE」はカフェスタイルの印象を受けた。ここでは注文時にレシートが手渡され、おかわりのときはカウンターに自らレシートを持っていって交換するセルフシステム。だから値段は990円(税抜)だ。

担当者によると、両者は「サービスの違い」とのこと。「盛りつけも若干違う……かも」と話していたが、少なくとも私は満足した。

さらにワンドリンクオーダー制なので、ドリンクを注文しなくちゃいけない。「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」では、期間限定で「国産シャインマスカットのゾーニンプロセッコカクテル」が楽しめる。

一方「SEIJO ISHII STYLE」では提供していないので、それも注意しよう。ちなみに筆者は「タピオカ黒糖マンゴーラテ」(Mサイズ399円税抜)を注文。もちろん美味しかった。

「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」はすでに予約が埋まり始めている。今すぐ食べ放題に行きたい人は、予約の必要ない「SEIJO ISHII STYLE」調布店もしくは新浦安店へダッシュだ。

この食べ放題で990円(税抜)は恐れ入る。ワンドリンクを注文しても、筆者の場合は1500円で済んでしまった。9月末までなので、あと2回は行きたいな。

甘いもの好きならどっぷり至福を味わえるこの機会を逃す手はない。

参考リンク:「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」「SEIJO ISHII STYLE」
Report:いのうえゆきひろ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24