洗面室のスツールがズボラ対策に!ラク以上によいことって?

女性の方はとくに、洗面室で髪を乾かしたりメイクをするとき、ちょっと座れるといいなと思ったことはありませんか?
ライターのshiga asakoさんは洗面室にスツールが欲しいと思うようになり、家具ショップやネットショップを探し回ったそう。

洗面室にスツールがあるといい理由と、見つけたおすすめのスツールを紹介してもらいます。shigaさんの場合は、ズボラ対策にもなったといいます。

40代になり洗面室で「座りたい」という欲求が

洗面所

ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

洗面室では洗顔や歯みがきのほか、髪のセットやメイクもしているという人は多いと思います。

筆者は40歳を過ぎたころから、洗面室でちょこっと「座りたい」と感じるようになりました。座りながら優雅な気分で身支度を、というのではなく「加齢による体力減退」がその理由。情けないですが体は正直です。

パイプ椅子

そこでまず導入したのが、このパイプ椅子です。
ホームセンターで1000円前後とリーズナブルでした。でもリフォームでモノトーン調にまとめた洗面室に置くと、微妙な色や全体に漂う安っぽさが「悪目立ち」してしまうのが気になってきました。

パイプ椅子

使わないときは、このようにたためるのもパイプ椅子のメリットでしたが、たたんで立て掛けた姿もなんだかイマイチ。
掃除中に掃除機をぶつけてしまい、バタンと倒してしまったことも数知れずです。

洗面室に椅子があることのメリットとは?

スツール

Pojcheewin / PIXTA(ピクスタ)

デザインがイマイチとはいえ、洗面室に椅子がある暮らしをしばらく体験してみて「体がラク」という以外に以下のようなメリットを感じました。
・ゆったりとした気分でメイクができる
・歯みがきをしっかりできる(早めに切り上げないようになる)
・ドライヤーでしっかり髪を乾かせる(半乾きで切り上げないようになる)
・お風呂上がりに、足の爪を切るときに便利(座って切ることも、立ったまま座面に片足をのせて切ることもできる)
・洗面室の天井にある、換気扇のフィルター掃除のときに役立つ(気づいたらすぐに椅子にのって掃除ができる)

歯みがきやドライヤーを早めに切り上げなくなる、というのは筆者ならではかもしれませんが、ズボラ対策にも洗面室の椅子は効果大と分かりました。

洗面室にぴったりのスリムなスツールを発見!

マッシュルームスツール

デザインも満足できる、洗面室にぴったりのスツールが欲しい! そう思い立ってからは、家具ショップやネットショップでスツールばかりチェックする日々。

そして、探しに探して見つけたのが、旭川の家具メーカー「匠工芸」のマッシュルームスツールです。
木肌を生かした仕上げのものがメインですが、筆者はインテリアショップ「SEMPRE」でブラック(税込18,700円)を購入。

職人さんの手によるしっかりとした木製家具という点もさることながら、いちばんの決め手になったのは「サイズ」でした。SSからLまでの4サイズ展開で、筆者が購入したLサイズは、座高65cmと洗面台で使うのにぴったりの高さ。

マッシュルームスツール

丸い座面の部分は直径22.5cmしかなく(本体の幅&奥行きは各33cm)、とにかくスリムなデザインなのです。

マッシュルームスツール

洗面室にスツールを置こうとすると「使わないときに邪魔」なのがいちばんのネックになりますが、このスツールの場合、片隅に置いておいてもそれほど圧迫感がありません。

スツールはキッチンでも大活躍

スツール洗面室はもちろん、スツールはキッチンでも活躍。野菜の皮むきなどの作業がラクな姿勢でできます。
とくに対面式キッチンの場合、スツールに腰掛けられるようにしておくと、ホームパーティなどで料理中に「1人だけ立ちっ放しにさせて悪い」とゲストに心配をかけなくて済みます。

さまざまな場面で活躍してくれるスツールは、筆者の場合はとりわけ洗面室で威力を発揮してくれました。洗面室にスツールを置いてみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい

リネン庫って知ってる?メリットと設置場所を女性一級建築士が解説

リネン庫って、ご存知ですか?

マンションに住んでいたり、家を建てたことのある方はご存知かもしれませんが、まだまだリネン庫を知らない人も多いようです。

今回は、洗面室にあると便利なリネン庫のメリットと、最適な設置場所についてのお話です。

リネン庫とは?

リネン庫

リネン庫とは、主に洗面脱衣室内にあるタオルやハンカチなどの収納スペースのことを言います。

スペースの限られているマンションには、多くの場合、機能的な収納スペースとして、洗面室にリネン庫が設置されています。

しかし戸建ての洗面室の場合、いまだにリネン庫が設置されていない間取りも多いのが現状です。

 

 リネン庫の役割とメリット

リネン庫は、もともとはお風呂から上がったときのために、体を拭くタオルなどを収納する場所として設置されました。

しかし最近ではタオルだけでなく、下着類やハンカチ・パジャマなどをしまう場所として、その存在価値を高めています。

リネン庫の設置されていない洗面室では、収納家具などを設置して、タオルやハンカチなどを収納する必要があります。

しかし、洗面室にある程度の広さがないと、家具を置くことで、狭く使いにくい空間になってしまいます。

はじめからリネン庫を間取りに取り入れれば、収納の問題も解決し、すっきりした使いやすい洗面室になります。

 

 

 リネン庫の最適な設置場所

あると便利なリネン庫ですが、その最適な設置方法・設置場所は、大きく分けて4つほど。

1. 洗面室の壁に設置

リネン庫

 

洗面室が横方向に広い場合は、洗面台横に設計します。

リネン庫は、オープンでもよいのですが、扉を付けて壁との一体感を出すと、空間がスッキリして圧迫感もなくなります。

また、洗面室が縦方向に広い場合は、洗面台に対する壁に設計します。

扉をつけても良いのですが、洗面台の鏡にリネン庫が映るので、あえてオープンに見せる収納にして、おしゃれ感を演出することも可能です。

 

 

2.洗濯機周り

リネン庫

洗面室に十分な広さがない場合は、洗濯機の上部の空間を利用します。

窓は小さくなりますが、この部分に棚を設置することで、リネン庫として機能します。

洗濯機があるため、扉はつけず、オープンなままのほうが収納しやすくなります。

 

3. リネン庫つき洗面台を選ぶ

リネン庫

最近では洗剤や化粧品を置くスペースとは別に、リネンスペースの組み合わせができる洗面化粧台が販売されています。

洗面化粧台にリネン庫を組み合わせて、洗面室にセットするのも良い方法です。

しかし、洗濯機との間にムダなスペースができてしまう、というデメリットもあります。

 

4.家事室/ファミリークローゼットとつなげる

家事室/ファミリークロゼット

最近は共働きが増えた影響で、洗濯物を干したりたたんだりする家事室や、家族の衣類をまとめて収納するファミリークローゼットなどが人気です。

この家事室やファミリークローゼットと洗面室をつなげて、その間にリネン庫を作る間取りも増えています。

リネン庫を設置すれば、雑然とした洗面室がすっきり片付けやすくなりますし、パジャマや下着を個室に取りに行くという手間も省けます。

洗面室の広さに合わせてリネン庫を設置し、機能的な洗面室を実現してくださいね。

(しかまのりこ)

Source: 日刊住まい