【第2回】子供と乗り切るテレワーク / 超簡単「白玉だんご作り」で娘と遊んだら…

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。ついに今週から我が家でも「保育園なしのテレワーク」が始まりました。まだ数日しか経過していませんが、改めて保育士さんたちにお礼を言いたい気持ちです。日本全国の保育士さんたち、いつも本当にありがとうございます。

さて、この『子供と乗り切るテレワーク』は、保育園や幼稚園に行けない子供も大人と同じくらいストレスを抱えているハズ、そのストレスを愛と知恵でどうにかしよう! ……という、ぜひ親御さんにご覧いただきたい企画です。テレワーク中のお父さんお母さんたち、知恵を出し合ってこの状況を乗り切りましょう。

・簡単で子供が楽しめる催しを

我が家の状況や企画の趣旨については第1回目の記事をご覧いただきたいのですが、簡単に説明すると「テレワーク中の親でも簡単にできる、子供が楽しめるグッズやイベントを伝える企画」がこの『子供と乗り切るテレワーク』です。

毎日のように子供向けのイベントを催すには “簡単な” というところが非常に重要ではないでしょうか? 週末ならまだしも、たんまり仕事がある平日にガッツリ子供に避ける時間がある人はそう多くないハズです。簡単じゃないとこちらが長続きしないと思うんですよね。

正直、我が家では娘にテレビや動画を観させておく時間が少なからずあるのですが、それでも娘が眠りにつく際「今日は〇〇やったよね」と記憶に残る “〇〇” を残してあげたいのです。その “〇〇” の部分を私と同じ状況の親御さんたちにシェアできればなー、と考えている次第です。

・粘土感覚で楽しめる

さて、今回紹介するのは白玉粉を使った「白玉だんご作り」をご紹介しましょう。我が家で試してみたところ、娘は大喜びで白玉だんご作りに取り組んでくれました。大してコストもかからないうえ1時間あれば終わりますし、とにかく簡単なのがいいですね。さらにおやつになるので言うことはありません。

白玉粉に少しずつ水を加えて練る行程は、子供が大好きな「粘土遊び」そのものです。3歳の娘は白玉を上手に丸めることは出来ませんでしたが、それもまた味があってイイのではないでしょうか。とにかく「手でこねくり回す作業」そのものに熱中していました。

白玉を茹でたり冷ましたりする作業は見学させる程度でしたが、それでも娘は興味津々。仕上げのフルーツ缶と白玉の盛り付けを、張り切ってやってくれました。自分で作ったものは美味しいのか、たくさん食べてくれたことは言うまでもありません。

・大きさにだけ気を付けて

ちょっと余裕があれば、色を付けたりしても楽しいと思います。食べ方のバリエーションを増やしてもいいでしょう。ただ、うちの場合は「こねくり回し」だけで満足度が高かったようです。先述のように “粘土遊び感覚” で楽しんでいました。

一点、 白玉の大きさを子供サイズにすることをお忘れなく。あたり前ですが餅ってノドに詰まりやすいので、かなり小さめにしてあげた方が安心かと思います。決して1人で食べさせず、食べ終わるまで横にいてあげてくださいね。

というわけで、第2回『子供と乗り切るテレワーク』は白玉だんご作りをオススメしました。「今日、子供にやらせることがないなー」なんて親御さんはぜひお試しください。また「これがオススメだよ!」なんてものがあれば、Twitterやインスタグラムにコメントをもらえると助かります。まだまだ先は見えませんが、なんとかこの状況を乗り切りましょう!

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

ベタつきづらいと豪語する「粘土のハンドクリーム」をガチで検証してみた

寒くなってくると、やたらと乾燥するようになる。じめじめしているより良い気もするが、手が乾燥して荒れてしまうのは難点だ。ハンドクリームが手放せなくなる、という人は多いだろう。そして現代社会を生き抜く上で、新たな悩みを抱えているのではないか。そう、ハンドクリームを塗るとスマホの画面が指紋だらけになるという悩みだ。

「スマホなどを触っても指跡が目立たない」とうたうハンドクリームも多いが、あまり効果を実感できずにいた。そんな中、また新たにベタつきづらいと豪語するハンドクリームが発売された。正直もういいよと思っていたが、なんと主成分が「粘土」だというのだ。粘土、すなわち土──塗り込んだら余計ベッタベタになりそうなのに、ベタつかないって本当? 超気になる。ということで、さっそく検証してみた!

・粘土って凄い

「粘土のハンドクリーム」、正式名称は「モンモリロナイトと果実と花のハンドクリーム(税込1400円)」。聞き馴染みのない「モンモリロナイト」とは一体何だ? と思いきや、これが粘土のことだという。

この「モンモリロナイト」は水分と油分を抱え込み、皮膚の表面をサラサラさせたまま保湿し、保護してくれる……らしい。そのため、しっとりするのにスマホを触ってもベタつきづらく、画面に指の跡が残りにくいというのだ。百聞は一見にしかず。検証のため、さっそく塗ってみた!

粘土らしい灰色のクリームを手全体によく塗り込んでいると、ハンドクリームを塗っているにもかかわらず、乾燥してきたのかと錯覚するほどに手がサラサラになっていく。でも、手触りはカサカサしていない。不思議な感覚に気をとられつつも、しっかりなじませて容赦無くスマホを触る!

縦横無尽にスマホの画面上へと指を走らせるよ〜! ベタベタベタ。あれ、めっちゃ指の跡ついてる……? 期待していたのに、もしかして今までの「指跡が目立たない」とうたいながらも微妙だったハンドクリームたちと変わらないのでは? 他のハンドクリームと比較してみなければ!

手を石鹸で入念に洗い、消毒用エタノールをすり込んで「粘土のハンドクリーム」をしっかり落とした後、まずは特に「ベタつきづらい」とうたっていない「普通のハンドクリーム」で、同様の検証をしてみる。

「普通のハンドクリーム」を手全体に塗り込んで、容赦無くスマホ画面を触ると……ベッタベタだ〜! なるほど、確かに「粘土のハンドクリーム」の方が跡が薄かった気がする。しかし、これは想定内だ。気になるのは、これまでの「指跡が目立たない」と言われてきたハンドクリームたちとの違いだ。

・粘土のハンドクリーム VS 手汗対策ハンドクリーム

そこで、これまでに販売されてきた「指跡が目立たない」ハンドクリームの中で、筆者が最も指跡が気になりづらかったハンドクリームと比較してみる。2019年3月に発売され、「手汗が気にならなくなる」として話題になったことのあるものだ。先ほどと同じく、しっかりと前のハンドクリームを落としてから、新たに塗り込んでいく。

一切遠慮することなく思いっきり画面を触りまくってみたところ、この「手汗対策ハンドクリーム」も普通のものと比べると指跡が薄い気がする。果たして、指跡が目立ちづらかったのは「粘土のハンドクリーム」と「手汗対策ハンドクリーム」のどちらなのか。

検証写真を比較してみると、どれも指跡はついているものの、「粘土のハンドクリーム」が一番薄い……! 同じように縦横斜め、画面上に指を滑らせてみたが、結果を並べて見ると顕著に差が出ていた。「粘土のハンドクリーム」で触った部分は、一部が写真に写らないレベルの薄さだったのだ。これはなかなか凄いのでは!?

ちなみに、手のサラサラ具合は「粘土のハンドクリーム」と「手汗対策ハンドクリーム」とではそこまで大差なかった。スマホの指跡は気にしないが、手がベタつくのが嫌! という方は、どちらを選んでも良いと思えた。どっちもサラッサラにしてくれたよ〜!

・現在はバラエティショップで販売

粘土が主成分のハンドクリーム、と聞いて出オチ感満載のイロモノ系かと思ったが、実際に使ってみると、画面を触っても指の跡が目立たず、おまけに手もしっとりしているのにサラッサラに保てるという何とも嬉しい使い心地だった。

2019年10月29日現在はまだ東急ハンズ・LOFTの一部店舗でしか取り扱いがないが、粘土を手に塗り込んでみたい方はぜひお試しあれ。

参照元:粘土科学研究所KURUMU(粘土科学研究所のスキンケアライン)公式Twitter
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24