【実話】ポケモンGOのフレンドから「豚野郎!」と罵倒され続けている話

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! もうキバゴは捕れたかな? お兄さんはまだ1匹も捕れてなくて、レーダーに影すら映った試しがないよ。もしかして俺の機種にだけ実装されてないんじゃないですかー! 早くおいでよキバゴちゃん!!

それはさておき、今回はちょっとした悩み(?)をみんなに聞いて欲しいんだ。というのも、お兄さんはあるフレンドさんからほぼ毎日のように「豚野郎」と罵倒され続けているんだ。そこまでブヒブヒしたビジュアルじゃないのに豚野郎って……全くヒドい話だぜ。

・約160人のフレンド

現在、お兄さんには160人ほどのフレンドがいる。リアルな知り合いが2割、交換で知り合ったフレンドが5割、そして残りの3割がロケニューポケモンGO部の主催した「会えるフレンドを作る会」で知り合ったフレンドさんたちである。

フレンドが160人もいると正直に言ってIDと顔はほぼ一致していない。なんなら、Twitterなどの連絡先とIDが一致していないケースもちょいちょいあり、削除すべきかどうか迷っているフレンドがいることも事実だ。これはポケモンGOに限らず、ある意味でソシャゲの特性なのかもしれない。

・豚野郎問題

さて、問題の「豚野郎」についてだが、そのメッセージはギフトを通じて送られてくる。具体的に言うと、かれこれ半年以上フレンドの「Aさん」が、ほぼ毎日のようにラーメン屋の「豚野郎」のギフトを送り続けてくれているのだ。

最初は特に気にしていなかった。というか、最初はほぼこちらからギフトを開けていなかったように思う。なぜならば、後々判明したことであるが、Aさんは「会えるフレンドを作る会」の参加者であった。ちょうど私のフレンドも一気に増加した時期であり、1日20回の制限内ではAさんに限らず、こちらからギフトを開けられなかったのだ。

それがようやく落ち着いたころ「豚野郎」に気付いた。最初は「お、豚野郎だ」くらいにしか思わず、しばらくしてからも「きっと豚野郎の近所にお勤めの人なんだろうなぁ」としか思わずにいた。会社や家でポケストップを回し続けると、どうしたってギフトの種類は偏ってしまう。

ところが──。

ごく最近、ロケニューポケモンGO部のメンバー「原田」 & 「亀沢」と話をしていると、Aさんが2人ともフレンドになっていることが発覚。つまり、この時点で「イベントに来ていた人」と判明したのである。

・みんなにも「豚野郎」かと思いきや

私はすかさず言った「あの豚野郎の人でしょ?」と。だがしかし2人はキョトン顔──。まずはこちらの「豚野郎」を2人に見せ、震えながらAさんから2人に送られてきたギフトを見せてもらった。すると……。

全ッ然、豚野郎じゃねぇぇぇえええ!

そう、Aさんは「故意に」「あえて」「ピンポイント」でッッ!! ……私に豚野郎のギフトを送り続けていたのである。その意志は強靭そのもので、Aさんから豚野郎以外のギフトが送られてきたことは1度もない。数えてはいないが少なくとも100豚野郎はいただいているハズだ。





・豚野郎以外は送ってこない

思えば、いつもマメなAさんからのギフト(豚野郎)が、2~3日滞った時期があった。この前の正月である。きっとAさんは帰省でもされていて「豚野郎」を仕込めなかったのだろう。あいつには豚野郎しか送らない──。なんと力強い豚認定。もはやAさんにとって私はサンジュンじゃない、ただの「豚野郎」なのだ。

なので、もし今後Aさんとお会いする機会があるならば、私はなるべく豚野郎っぽい仕草を心がけ、豚野郎っぽい立ち振る舞いをし、そして豚野郎っぽい声音(こわね)で発声したいと思う。不意に「ブヒッ」なんて言うとAさんが喜んでくれるかもしれない。

ポケモンGOのギフト機能は、使い方次第で特定のメッセージを届けることが出来る。Aさん、仮に今後のギフトが豚野郎じゃなくなったら寂しいです。なにせ私は100回以上も罵倒され続けてきた、調教済みの豚野郎ですから──。

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24