【2020年福袋特集】タリーズの『1万円福袋』はコーヒー系福袋の最高峰だった / タリーズの人に「スタバの福袋をぶっちゃけどう思う?」と質問してみたぞ

今回紹介するものは、タリーズが販売する3種の福袋の中でもっともお高い。価格はなんと1万円! 「コーヒー系の福袋に1万円出せるなんて一体どこの重役だよ」と思ってしまうかもしれないが、高嶺の福袋だからこそ中身が気になる人だっているに違いない。

そんな人のために、もちろんロケットニュース 編集部は手に入れている。タリーズの1万福袋を。どうやって入手したのかというと、先日公開した3500円福袋5000円福袋と同様、タリーズが送ってくれたのだ。さて、その中身はというと……

【2020年タリーズコーヒー福袋(1万円)の中身】

・コーヒー豆5種(粉 / コロンビア・ブラジル・メキシコ・グァテマラ・ブルンジ)
・ドリップバッグ1箱
・ドリンクチケット20枚
・コーヒースクール体験チケット1枚
・ステンレスボトル
・メキシコ産オレンジハニー(はちみつ)

このコーヒー豆(粉)の量!

そしてドリンクチケットの量!

圧巻である福袋の中身に関しては事前に公開されているにもかかわらず、実物を目の当たりにすると「おぉ〜」と声が漏れた。めっちゃゴージャス。

私が思うに、これはもはや企業のトップ同士が贈り合うお歳暮だ。もしくは、大企業の重役が「部署のみんながひと息つけるように、ポケットマネーで買っといたよ」と言いながらドヤ顔して渡すヤツだろう。とにかく、一般人には豪華すぎる。

まあもちろん、どれほど豪華に映るかは本人の財政状況によって大きく変わるので、私の感想はこのあたりで止めておきたい。

・ステンレスボトルについて

そんなことより、やはり「ステンレスボトルってどんな感じ?」って点が気になる読者は多いだろうから、そこを見ていくとしよう。

容量は0.53リットル。念のためにサイズを測ると、高さが約20cmで、下部の直径(太いところ)は約7.3cmであった。

こういう系のグッズとなると、毎年スタバのものが人気を集めるが、タリーズのステンレスボトルだって全然悪くない。むしろ十分スタイリッシュだと思うのは私だけだろうか? ちなみに、3500円福袋や5000円福袋のトートバッグ内にあるドリンクホルダーにぴったり収まるぞ。

・タリーズの “中の人” に聞いてみた

さてここで、1万円福袋の中身とはちょい離れ、タリーズの “中の人” に教えてもらった情報をご紹介したい。それは私が長年気になっていたこと。何かというと……

その1:タリーズって福袋の中身を毎年どうやって決めてるの?

その2:大人気のスタバ福袋について、ライバルであるタリーズはぶっちゃけどう思ってるの?

この質問に、タリーズの “中の人” は答えてくれたぞ。回答は以下の通りだ。

【福袋の中身の決め方】

中の人「(1)干支にちなんだグッズは必ず入れます。(2)お客様のSNSへの書き込みや店舗で頂いた感想は、かなり参考にします(たとえば、過去に陶器のグッズを入れたことがあったのですが「もって帰るのに重かった」とか)。

(3)ドリンクチケットは必ず入りますが、日頃のご利用の感謝をこめますのでお得感はマストです。(4)コーヒーについては福袋でしか手には入らない種類を入れることにしています」

【スタバの福袋についてどう思う?】

中の人「スタバさんについては、中身(おしゃれですから、スタバからトレンドが分かりますので)はもちろんのこと予約などの販売方法を参考にさせていただいております」

──とのこと。やはり、王者スタバはタリーズの福袋にも影響を与えているようだ。

そんなスタバの福袋は、いよいよ明日発売開始! ……なのだが、すでにスタバ福袋は抽選が終わっているので、落ちた人や申し込んでない人にはどうすることも出来ない。その点、タリーズは入手できる可能がまだ十分にあると思うぞ。

むしろ、手に入れる労力と値段と中身を考えたらタリーズは穴場的福袋だとも感じている。本当かどうか確かめたい人は、試しに店舗へ行ってみてはどうだろうか。

参考リンク:タリーズ
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ! →「2020年福袋特集」


Source: ロケットニュース24

【衝撃展開】富士そばで「コロッケ1万円分」をトッピングしたらこうなった

全ては計算し尽くされたハズだった──。この記事を書き始めるにあたり、私(P.K.サンジュン)はそう振り返らざるを得ない。もちろん誰にでも失敗はあるものだが、自称「偏差値600万」の私がまさかあんな罠にハマるなんて……。なので先に謝っておこう「ごめんなさい」と──。

今回、大人気シリーズ「1万円トッピング」に登場するのは日本最大級の立ち食いそばチェーン店「富士そば」である。富士そばでコロッケを1万円分トッピングしようと試みたところ、まさかのトラップにハマってしまったのだ。

・富士そば全面協力

手前味噌な言い方で恐縮だが「1万円トッピングシリーズ」はメチャメチャ人気がある企画である。それなのに滅多に登場しない理由はただ1つ……「挑戦させてくれる企業(店舗)がほとんどないから」だ。コンプライアンス第1のこのご時世、それも致し方あるまい。

そんな中、即決で「いいですよ」と返事をくれたのが富士そばである。さすが庶民の味方、富士そば。さすが狂気のメニュー「タピオカ丼」を販売した富士そば。さすが、俺たちの富士そばである。とどのつまり、今回の1万円トッピングは富士そば全面協力のもと行われた。

・コロッケしかない

では、その富士そばで1万円分トッピングするなら何だろう? 肉? わかめ? かき揚げ? 答えはいずれもNOだ。富士そばでトッピングするならばコロッケ一択。味については言うまでもなく「富士そばらしさ」を最も感じさせるメニューはコロッケ以外にあるまい。

富士そばの担当者によると「実はうちが元祖のメニューじゃないんですけど、何年も前からゴリ押ししています」とのことだから、やはり1万トッピングにはふさわしいメニューであろう。もちろん、コロッケを1万円分もトッピングしたことは「記憶にない」とのことであった。

・計算上は可能なハズ

さて、富士そばのコロッケそばは1人前430円。そしてコロッケ単品は120円だから、80個トッピングすると合計で1万30円ということになる。というか、そもそもコロッケ80個が丼に乗り切るのか? その疑問に対し、私はある秘策を用意していた。

その秘策とはズバリ「花びら作戦」──。コロッケを花びらのように並べていき、コロッケがコロッケ同士で支え合うように並べていけば80個も余裕で可能。なんなら200個くらいならイケる。IQ2億の私の頭脳はそう計算していた。

ところが──。

出てきたコロッケやべぇぇぇぇえええええ!!

床やないかッッッ!

とはいえ、計算通りなら80個のトッピングは可能なハズ。そして思惑通り、コロッケの花は順調に巨大化していった。コロッケは意外と強度が高い。これならイケる……! そう確信して30個目に突入した時のことだった。

根元が崩壊──。

なんと鉄壁かと思われていた衣が汁を吸いまくり、フニャフニャになってしまったのである。土台が崩れたコロッケタワーがそびえ立つハズもなく、結局コロッケは27個、つまり3240円分のトッピングが限界であった。1万円分注文した意味……ナッシング。

・味は最高

ただし、富士そばのコロッケのウマさは鉄板であったことは記述しておきたい。なめらかな舌触りのじゃがいもはクリーミーで、素朴で飽きの来ないウマさであった。4個目くらいで何屋に来ているのかわからなくなったことはさておき、やはり富士そばのコロッケはウマい。

また、なんとかコロッケの山をかき分けて辿り着いたときに味わった “そばと汁” のウマさは異常であった。これまで数えきれないくらい富士そばで食事をしてきたが、ここまでそばをウマいと思ったことは初めてである。逆説的ではあるが、コロッケを8個くらい食べてからそばを食べるのが、富士そばのそばを最も美味しく食べる方法……なのかもしれない。

・協力してくれる企業を大募集中

まとめると、今回わかったのは「トッピングできるコロッケは27個が限界」だということと「富士そばはコロッケもそばもウマい」ということ。付け加えるならば「コロッケは猛烈なスピードで汁を吸う」といったところだろうか。人生、やってみないと分からないことがある。

というわけで、久々の登場となったものの厳密には1万円分トッピングできなかった本シリーズ。飲食チェーン店の中で「うちでやってもいいよ!」という勇気ある企業の方はぜひご連絡ください。夢とロマンを追い求めたいです──。

取材協力:富士そば
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24