【100均検証】ぷるぷる美肌になるという『スチームフェイスマスク』を使ったら元も子もない結論に達した

誰もがソレを見た瞬間に「あ、これはもう絶対に気持ち良いでしょ」と思うであろう商品を、どこかの100円ショップで発見した。どこかは忘れた。ダイソーではなかった気がするが、ともかく商品名は『スチームフェイスマスク』だ。

パッケージの写真を見る限り、ホットなスチームが顔面を覆うことにより、かんたんに「ぷるぷる美肌」になるのだとか、ならないのだとか……とにかくそんな商品だ。さっそく開封してみると……

穴の空いたダオルがそこにはあった。

んで、使い方はいたって簡単。

水に濡らしてよく絞って〜、

レンジでチンして、

ホカホカ状態で顔にのせると……

当たり前だが、気持ちいい。

だが、すぐに……

欠点が見えてきた。

どうにもこうにもホカホカ状態が短すぎるのだ。計ってみたら、約30秒で冷たくなっちゃう。「よく絞る」を「ゆるく絞る」にしたら、もう少しホカホカが続くかな……と思い試してみたが、さほど変わらず。おそらくのところ、生地が「薄い」から「すぐ冷たくなる」のだ。

ためしに……

使い古したタオルを用意して……

真ん中で折って……

濡らして絞る。

そして1分チンして……

あっちっち!

んで、鼻を出して折りたためば……

最高やん……!

ちなみにホカホカ状態は約2分間も続いた。『スチームフェイスマスク』の約4倍! しかし、ひとつ欠点がある。それは、パタパタと折りたたむのが少しムズいということ。アタフタしている間に、どんどん冷めてくるし……ということで!

畳んでから……

ハサミで鼻の穴を空けてみた。

そして先ほどと同じく濡らして絞って……

1分チン……

アチチチチ……

ほっ……

滞りなく完了……

ていうか……

めちゃくちゃ最高じゃん……

これ以上ないってくらいに最高じゃん……! ちなみに、この場合もホカホカ状態は約2分。もう、これでいいじゃん……!! もしも不要なタオルがあったら、ホカホカ4倍の『スチームフェイスマスク』的に改造しちゃうってのもアリかもね。ミシンで縫ったりしたら、なお良しかも!?

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】春が来たので衣替え! ダイソーの「吊れる圧縮袋」でダウンを片付ける季節がやってきた!!

お〜い、みんな〜! 春が来たぞ〜!! だって桜が咲き始めてる! だって暖かい! 空気も春! もう春でしょ! となると冬のダウンとかはもういらない! 衣替え! 早めにクローゼットに片付けたい! いつやるの? 今でしょ!!

ということで今回紹介したいのは、ダイソーの「吊れる圧縮袋」である。価格は300円ながら、はっきり言ってお買い得! なぜならコレ……

約2年前、5枚で2500円という価格で買った「ハンガー付き圧縮袋」とほぼ同じ商品だからだ。あのころはコレ、そんなに売ってなかったんだよ。それはさておき……

どのように使うのかを簡単に解説しておこう。

開封すると、袋&フックが入っている。

今回のターゲットは2枚のダウンで……

ハンガーのまま入れちゃう。

なおこの時、袋の内部のフックにハンガーをひっかけておくことを忘れずに。

そしてチャックを閉じて……

吸気口に掃除機をあてがい……

吸引すると……

ぺっちゃんこ〜!!

んで、吸気口に「フック付きのフタ」をキチキチと回しハメれば……

\(^O^)/ 完成〜! \(^O^)/

とにかく圧縮率がハンパない!

クローゼットもスッキリ〜!!

……てな感じの商品だ。ちなみに同様の商品は、300円ショップ「3COINS」でも、第4の100円ショップ「ワッツ」でも売られていたのを見たことあるが、ついにダイソーでも売られるようになったか……と感動ひとしお。一気に身近な存在になった感じがする。良き!

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】デスクまわりのコード類をスッキリ収納できる「ケーブルクリップ」を使った翌日に役立たずと判明

うちのデスクまわり、常にコードが3〜4本は出ているのよ。MacBook Proの電源コードでしょ。スピーカー直結のオーディオケーブルに、iPhoneの電源コード。あとは最近、USB3.0のケーブルも仲間入りかな。

それはさておき、困ることもあるのね。それは……「コードが机の向こう側に落ちちゃう現象」ね。机の上に、あ、ない! と思ったら、落ちちゃってるわけ。そのたびに机の下にもぐって、コードを探して……ってやってたんだけども、もうそんなことしなくてもよくなった! なぜなら……

ダイソーに、デスクまわりのコード類をスッキリ収納できる「ケーブルクリップ」ってのが売ってたから!

ミゾの付いたゴムに……

両面テープが付いていて……

こいつを机に……

ペタッと貼れば……

デスクまわりのコード類をスッキリ収納!! これでもう、コードが脱走して机の向こう側に落ちることもないっ!

こいつぁ

いいもん

\(^O^)/手に入れた!\(^O^)/

ところが翌日──

ん?

あーっ!

はがれてる!!

<完>

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】ダイソーに売ってた不思議な鏡「インフィニティミラーライト」に感じた “ダイソーの革命的変化”

今日、ダイソーで面白いものを見つけてしまった。その名も「インフィニティミラーライト」。これって、もしかして……鏡の向こうに、ずーっとライトが点いている──みたいな! 無限に続いている……それすなわち “無限鏡” みたいな!!

言葉だとイマイチ伝わらないので、実際に試してみると……

一見、普通の鏡だが……

電池を入れて、スイッチONすると……

ライトが光って……

無限に続く〜!!

パイナップル型のほうも……

無限に続く〜!!

これはハマる〜〜!

……てな商品なのだが、ひとつ気になることがあった。それは、価格とメーカーである。まずこちらの商品、ハート型もパイナップル型も、どちらも……

500円。

これは今の時代のダイソーだと、そう珍しいことではない。300円の商品もあれば、600円、はては1000円の商品だって売っているのがダイソーだ。しかし今回、もっとも違和感を覚えたのが販売元のメーカーである。

ダイソーではなく……

グリーンオーナメントなのだ。

グリーンオーナメントといえば、100均界では “電気製品に強いメーカー” としての印象がある。爆光で有名な『12 SMD&1 LEDランタン』も、ロングセラー商品『SMD電球ペンダントライト』も同社の商品だ。今回の商品も、実にグリーンオーナメントらしい商品と言えよう。

だが、ここで、私は「アレ?」となった。

私の経験上、ダイソーに売っている “100円を超える高額商品” は、どれも「ダイソーの商品(ダイソー印)」だった気がする。今回みたいな「100均メーカー」の「高額商品」は取り扱っていなかったと思う。

逆に、「100均メーカー」の「高額商品」を取り扱う100円ショップといえば、『ワッツ(ミーツ、シルク)』が思い出される。

つまり!

かたくなに100円を崩さないセリアとキャンドゥ。高額な「ダイソー商品」も売っている100円〜(から)のダイソー。そして、ありとあらゆるメーカーの高額商品も自由気ままに取り扱うワッツ。このような棲み分けになっていた感があるのだが、今回の商品によって……

高額な「ダイソー商品」も売っている100円〜(から)のダイソー

ありとあらゆるメーカーの高額商品も自由気ままに取り扱うダイソー

……になる!?

それすなわち究極(アルティメット)であり……

もはや制限なしの……

インフィニティ(無限大)……!!

これはまさしく……

レボリューション(革命)……!

もしかしたら今後、ダイソーに置かれる商品が変わっていくかもしれない。どんどんカオスになっていくかもしれない。ダイソーが生まれ変わるかもしれない。そんな予感がビンビンにする。今日という日は、無限大記念日。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】いろんな100円グッズでマスクを作ってみた!

マスクが軒並み売り切れである。ビックリするほど売っていない。新型コロナウイルスへの対策としてマスクをしたいけど売っていなくて困っている……なんて人もいるだろうし、花粉症の方々も困っているかと思われる。

ということで今回は、100円ショップのダイソーに売っている「マスク以外のモノ」で様々なマスクを作ってみたゾ! どれも価格は100円で、その数ざっと9商品。それではさっそく見ていこう٩( ‘ω’ )و

・道具と作り方

ちなみに、道具は「ハサミ」と「ホッチキス」を使用してみたが、より丁寧に作るのであれば、ホッチキスではない方が肌に優しいかと思われる。縫い込んだりね。

また、どの自作マスクも、「素材をマスクの大きさにする」 → 「ゴム紐をホッチキスでとめる」 → 完成! というシンプルな手順で作ってみた。

その1「ペーパータオル」

素材はパルプ100%。大きさ的にもマスクとほぼ同じ。結論から言うと、最も簡単に仕上がるうえ、最も「マスクらしい」と思った作品がコレ。ちゃんと呼吸もできるし密着感もある。しかも150枚も作れるときた。代用品としては最もアリな気がする。文句なしでオススメだ!!






その2「ペーパーナプキン」

ペーパータオルと同じようなもんだろ……と思っていたが、いざ付けてみると全然違った! まずサイズが小さい。子供か女性でないと正直キツい大きさだ。そして最も致命的なのが、呼吸がしにくいということ。すんごく苦しい。ペーパーナプキン、マスクには不向きかもしれない。








・その3「梱包用不織布袋」

かなり縦長の不織布の袋だったので、3つ折りにしてからホチキスでゴム紐を付けてみた。装着してみると……けっこうデカい。が! イイ……!! まず、ものすごく呼吸がしやすい。なのに、しっかりとマスクしている感がある。6層に折り重なった不織布がおりなすミルフィーユマスク。イイ!







・その4「油こし紙」

四角ではなく「丸いマスク」を目指してチョイスしたのがコチラ。思ったよりも薄いフワフワの紙だったので2枚を1度に使ってみた。鼻と口の曲線に合うように折り曲げてホッチキスでパチン。それなりにドーム的なマスクにはなったが、いかんせん作りにくい。なお、呼吸はしやすい。







その5「換気口粘着抗菌フィルター」

今回いちばんの失敗作がコチラ。「抗菌」の文字に釣られてチョイスしたが、いざ作ってみたらシースルー。見た目的には完全に変態だ。抗菌かもしれないが、めちゃくちゃ薄いのでツバ等も余裕で貫通。しかも「粘着」なのでベタベタしているし、もっともマスクには適さない素材であった。






その6「コーヒーフィルター」

口を覆う形状が「PITTA」のようだなと思い購入。ゴム紐をつけてみたところ……悪くない! 性能はさておいて、装着感、密着感、そして呼吸のしやすさ……すべてにおいてパーフェクト! なお、タテ・ヨコ両方作ったが、圧倒的に呼吸がしやすいのは「タテ」だった。ヨコは苦しい。同じ素材なのにこうも違うのは発見だった。












その7「銀イオン エアコンフィルター 外付け専用」

いったいなぜ、「エアコンの側に付けるフィルター」をチョイスしたのかというと、パッケージに「抗菌」「花粉」「ホコリ」「粉じん」と書いてあるからである! んで、期待しながら作ってみたのだが……装着感はまあまあであった。なお、この商品で14枚のマスクを作ることができる。







その8「銀イオン エアコンフィルター 内付け専用」

エアコンのカバーを開けて出てくる「フィルター」に付けるフィルターがコチラ。チョイスの理由は上記と同じで、内容的にも同じだった。よって装着感も上記と同じで、「まあまあ」だ。唯一違うのはサイズであり、こちらをチョイスすれば、16枚のマスクを作ることができるという点。








その9「銀イオン 換気扇フィルター」

何か違うのかな……と思ったが、なんてことはない、エアコンフィルターと全く同じ商品だった。なお、こちらの商品は30x30cmのフィルターなので、どうがんばってもマスク10枚。よって、自作マスク目的で「銀イオン」シリーズを選ぶなら、16枚とれる「エアコン内付け」一択だ。







──以上9商品。個人的にオススメなのは、「ペーパータオル」と「梱包用不織布袋」だ。両方組み合わせたら、さらに良いものができるかも?

いずれにしても、このようなマスクを作る必要がないくらい、日本全国にマスクが行き届いてくれることを切に願うばかりである。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】まるでベランダストッカー! 無骨でカワイイ「ふた付きボックス」がセリアに100円で売ってたよ〜

通称「ベランダストッカー」と呼ばれる収納箱が大好きだ。タフなうえに、雨もしのげる。もちろん我が家でも4つのベランダストッカーを愛用中で、その中には星の数ほどの100円グッズ(検証前)が入っている。

そんな我が家のベランダストッカーによく似た箱を、なんと100円ショップのセリアにて発見! 一瞬、我が目を疑った。だって、だって……

かわゆす〜〜〜!!

もちろん買った。

そして “ホンモノ” と並べてみると……

かわゆす〜〜〜!!

もう、なんだ……

何をしても……

かわゆす〜〜〜!!

ちなみに製造メーカーはプラボックスには定評のある「ヒマラヤ化学工業所」で、驚くべきことにメイドインジャパン。そしてサイズは117x176x115mmだ。

−20度〜120度まで耐えてくれるのでベランダで使っても良いかと思うが、

サイズ的に、小物入れや……

調味料入れ。はたまた、お化粧品を入れるのとかに使ったら良いのではないかと思った次第だ。

それにしても、出来が良い。本当にベランダに置いてある巨大ストッカーをスモールライトで小さくしたみたいな出来栄えである。こういった箱はセリアが強い。こんなのが100円で手に入るなんて うれしす〜〜〜!!

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】ダイソーの「うんち化」が止まらない。ついにはメガネまでウンチに

一体どうなっているのだ。そんなに売れているというのか。よく店内に「売れています」ってポップが掲げられているけれど、ここまで次から次へと新商品を投下してくるってことは本当に売れているのだろう。何の話って……

ダイソーの「うんち」シリーズのことだ。

これまで当連載ではダイソーの「うんち商品」について、幾度となく紹介してきた。詳しくはタグ「ダイソーのうんち」にまとめてあるが、すでに7つも紹介していたので、今回が8つ目のうんち商品。その名も……

うんちパーティーメガネ」(100円)……。

なんでもかんでも うんち化 しやがって……!!

ちなみにこれ……

玩具ではありません」……!!

こんなフザケた形をしたメガネが玩具(オモチャ)でないなら何なんだと問い詰めたくもなるのだが、ダイソー的にはオモチャではないとのことなので、あくまでこれはメガネなのだ。それもパーティー用のメガネなのだ。

ともあれ開封してみると……

なんと……

(><)な顔したうんち君が……!!

なんという細かな演出……! こんなんダイソーうんちファンだったら狂喜乱舞マチガイナシじゃん……。これだけでも、ダイソーがどれだけ「うんちシリーズ」に力を入れているのかがおわかりいただけるであろう。

それはさておき……

モノとしては良い感じ。

裏面なんてトレー的になっており、そのまま絵の具のパレットとしても使えそうな雰囲気だ。しかしながら、これは絵の具のパレットではなく、オモチャでもなく、あくまでも「パーティー用メガネ」である。

なお、パッケージに描かれているサツマイモ色したうんち君が、

「パーティーで盛り上がる!?」とチャラけた無責任発言をしているのが腹立つが、心を落ち着けて装着してみると……

あ……

あれ……?

なんか……

かっこよくね?

ためしに、ちょうど外から帰ってきた部下の原田にも かけさせてみたが……

よくね?

Yoshioも……

COOLじゃね?

和才なんて……

なじみすぎてね……?

なんなんだこれは……!?

なぜみんな、変に似合ってしまうんだ……!?

──てな感じで、結論としては「どういうわけだかカッコよく見えてしまう」うえ、「みな謎に似合ってしまう」という奇跡のサングラスだったのである。おそらくこれならパーティーでも盛り上がる。またしても100円以上を楽しんでしまった。ダイソーのうんち商品にハズレなしだ!

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】ダイソーの「ソーラーガーデンライト(長角型)」は100円ソーラーライト界の最高峰! サイズ感、デザイン、ギミック、ぜんぶ良き!!

突然だが、これは買い。家にソーラーライトが30個以上はあるソーラー狂の私が言うのだから間違いない。これまで買ってきたソーラーライトを含めたら、間違いなく100は超える私が言うのだから間違いない。あっぱれだ!

売っているのはダイソーで、名前は「ソーラーガーデンライト(長角型)」。1つ100円と安価ながら、間違いなくコレは100円ソーラーライト界の最高峰。もしも実際に灯っている写真を一度でも見てしまったら……

きっとみんなも欲しくなる。

まず最高なのはサイズ感。高さは10cmで、まさに「100円のソーラーライト」な大きさだ。

カクカクした四角デザインも非常にグッド。ここまで角ばったデザインのソーラーライトも珍しい。

なにげに吊り下げフックが付いているのも好印象。どこかにぶらさげて使うことも可能だが、なんといってもこの商品の持ち味は……

箱にも描かれている……

「影」だろう。

光源は、むきだしのLEDが「1つ」だけ。

しかし……

ケースの底面に入っている「反射板のピラミッド」に光が反射するおかげで……

見事に「光」と「影」が四方に広がるのである。こういう “工夫だけで何とかするギミック”、大好きだ。

ちなみにバッテリーは単4サイズの充電池。

説明書には「炎天下、日光に8時間以上充電すると、夜間に6〜8時間は光る」と書いてあるが……

……実際、そのくらいは光り続けていた。

また、実際は、この記事の写真よりもやや暗い感じだが(キレイに写りすぎた)、映える写真が撮れることには違いないので問題なし。まずは1つ購入して、様子を見てみるのもアリだろう。私は10個購入したぞ〜٩( ᐛ )و

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】第4の100円ショップ「ワッツ」に売っていた『LEDの光り物アイテム』を駆使したら会議室がとんでもないことになった

なにげに「ワッツ」が好きだ。ワッツというのは、ダイソー、セリア、キャンドゥに次ぐ “第4の100円ショップ” とも呼ばれている100円ショップチェーンで、「meets.」や「シルク」も同じグループ。

そんなワッツの魅力は、なんといっても「雑多」な雰囲気と、大手3社では絶対に取り扱わないであろう “やや高価な商品” の充実度。そんなワッツをパトロールしていたところ、なんとも魅力的な「光り物」を発見!

価格は300円〜600円で、ざっと見たところ6種類のLED光り物系商品が並んでいる。ワッツの魅力は、まさにこの価格帯の商品だ。

購入したのは「ランタン」を2種類と、ミラーボール的な商品を4種類。なお、すべての商品は共通して「単三電池×3本」が必要になるので別途用意しておこう。

まずはランタン。

税別500円の「3D TWINKLE LANTERN」のほうは……

ランタンの中で複数の星がピカピカと煌めいている。本当に星が中に入っているように見える(3D的に見える)のが実に不思議。

続いて、税別600円の「LED FIRE LANTERN」は……

まさしくランタンの中で炎が揺らいでいる的な演出だ。実は私、この「炎系のLED」が大好きで、10個以上もの炎LEDライトを家でバリバリ使っているのだが、600円でこのレベルの商品が買えるのはお買い得と言えよう。

続いては300円の「LED TWINKLE CRYSTAL BALL」。

2種類あるのだが、基本性能は同じで、それぞれ「キラキラする光の色や演出」が違うだけだ。たとえば、電源ONで光ると同時に……

ドーム部分が回転して……

会議室がスゴイことに!!

もうひとつの方も……

色違いで、これまたスゴイ!

ダブルで回したら……

とんでもないことに!

一方、600円の「3D TWINKLE PROJECTOR」と「3D TWINKLE HANABI」は……

一番最初に紹介したランタン「3D TWINKLE LANTERN」と、300円の「LED TWINKLE CRYSTAL BALL」が合体したような構造になっているが……

キレイなんだけど、正直、迫力的にはイマイチなので、もしもこれらLEDの光り物を買おうとしているのであれば、300円の「LED TWINKLE CRYSTAL BALL」のほうをオススメしたい。これは完璧。小さいのにスゴイんだぁ。

最後に、ぜんぶ一気に点けてみた。

わぁ〜っ!

すんごい!

<完>

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】いろいろ100円ショップの縄跳びを使ってきたけど最強なのはダイソーのコレ

もしも「100円の縄跳びが欲しい〜!」という人がいたら、迷うことなくダイソーに行くことをオススメしたい。セリアとかキャンドゥではなくダイソーだ。なぜならば、最強の縄跳びが売っているからである。

私が推す最強の縄跳びとは、その名もズバリ「縄跳び」である。ロープの長さは2メートル80センチ。子供用ではなく「大人用」で、青とピンクの2種類がリリースされている。これが最強。ホントに最強。980円くらいの価値はある。

実はこの「ダイソーの縄跳び」に行き着くまで、様々な100円縄跳びを使ってきた。ジムで使うので子供用のなわとびはナシとして、大人用に見える100円縄跳びを数種類使ってきた。しかし、どれもイマイチだった。

セリアで買ったとある縄跳びなんて、飛んでる最中に柄がスッポ抜けて、キックボクシングのジムの会長の頭にロープの端っこがムチのようにヒットしそうになったりも。あの時は本当に焦った。当たらなくてよかった。

その点、ダイソーのコレは構造的にスッポ抜ける気配もない。かなりハードにジムで3カ月以上も酷使してきたが、切れる気配も一切なし。ロープの長さも、持ち手の細さも丁度よい。なんて最高な縄跳びなんだろう!

もしも「縄跳びが欲しい〜!」と思ったら、迷うことなくダイソーへGOだ。すさまじくタフで使いやすい縄跳びが、なんと100円で売っているのだから。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24