【100均検証】ダイソーの旅行用「エア枕」3種類を比べてみたら楽しい気持ちになってきた

今一番したいことは何ですか? ハイハイハイハイ! 旅行です。海外旅行です! ベトナムかタイかハワイかケニアに行きたいです! そう私のように思う人も多いのではないだろうか。一体いつ行けるのだろうか、海外旅行……。

ただ、暗くなってもしょうがない。きっといつかは行けるはず。前向きに考えよう! 次の海外旅行はここに行こう。次の海外旅行ではこうしよう……と妄想するのも楽しいぞ。ダイソーで買った「エア枕」を使ったりしつつね。

前から気になっていたのだが、ダイソーには3種類の「エア枕」が売られている。すべて100円。一体どれが良いのだろう? と。きちんと事前に使い心地を確認しておいたほうが良いかなァ〜と、そう思っていたのである。

まずは「エア枕」から見ていこう。

膨らますと……

まあ普通。そして使い心地は……

ちょっと窮屈(きゅうくつ)かな〜と思った。女性や子供なら良いかもしれないけれど、成人男性が使うには、ちょ〜っと小さいかな〜と思った次第。

次に「エア枕 ヘッドレスト付」を使ってみよう。

膨らますと〜

おっ! 商品名のまんまだが、さっきの「エア枕」に「ヘッドレスト」が付いた形状になっている! これが吉と出るか、凶と出るか……

吉! ヘッドレストが最高である。単なる「エア枕」よりも、自分の首との “一体感” を感じる形状。非常に非常に心地よい。気づいたらスヤスヤしてそうだ。

そして最後は、「らくらくエアー枕」である。ダイソーのロゴを見る限りでは、こちらの商品が最も新しい。んで、何が「エア枕」と違うのかというと……

サイズである。ビミョーに、この「らくらくエアー枕」のほうが「エア枕」よりも大きいのである。さらに、四角ではなく「丸」な形状。して、その使い心地は……

極楽かよ〜! 答えは出た。成人男性なら、この「らくらくエアー枕」一択である。まさしく “包み込まれる” ような極楽がそこにはあった。間違いなくコレなら寝られる。

ということで、私が順位を付けるなら、1位は「らくらくエアー枕」で、2位は「エア枕 ヘッドレスト付」、3位「エア枕」となるわけだが、もしも女性だったら「エア枕」が1位になる可能性も秘めているし、「エア枕 ヘッドレスト付」の一体感を推す人もいるかと思う。

つまり、似たように見えた3種類のエア枕だが、見事にそれぞれ長所のある、三者三様のエア枕だったのである。

私のオススメは、3つを買うこと。な〜に、3つ買っても300円だ。そして自分だけの決勝トーナメントを開催し、見事1位になったエア枕を、いつか来るであろう海外旅行のお供にする……と妄想しながら楽しむのである。はやく海外に行ける日が来るといいな。オレセリ!

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む

▼これまでの100均検証リンク集はこちら

これまでの【100均検証】リンク集


Source: ロケットニュース24

【100均検証】ダイソーの「スマホでキレイに撮れる花火」をスマホで撮影してみたら…嬉しいことがたくさんあった!

これはうまいこと考えたな〜と思ったねぇ。見た瞬間、誰もが「おっ……」っとなる商品名。その名も『写真がキレイに撮れる手もち花火セット』。クゥ〜ッ! こんなの絶対買うしかないっしょ〜。

でもちょっとまって。「写真」って、どうせ一眼レフとかでしょぉ〜……と少し不安に思った人。残念! デカデカとパッケージに「スマホでキレイに撮れる花火で夏の思い出を作ろう」と書いてある! クゥ〜ッ!! ここまで断言されたら、買わない理由がないっしょ〜って〜!

袋の中には3種類の花火が入っとりました。「スパークラー」と呼ばれる花火が2種類と、まいどおなじみ「線香花火」のセットでやんす。

まぁ、どんなもんかと、まずは「スパークラー」から火をつけてみたんですが、

すでにスマホで……

キレイに撮れてるゥゥゥゥゥ〜〜〜〜!

マイった! マイったね今夜だよコレ。私のiPhone11Proがスゴイって話もあるけれど、こんなにもキレイに撮れるなんて、憎い・くらい・悩ましい! んで……

線香花火でシメたいのですが……

パッケージに……

線香花火はスローモーション動画撮影がオススメ」とか書いてあるから……

iPhone片手にスロー撮影を試してみたところ……

素晴らしいっしょこれ〜!!!!

嬉しいねぇ〜。たったの100円で、こんなに楽しめちゃうなんて、嬉しいねぇ〜。でも、それよりもなによりも嬉しかったことがあるんです。パッケージの裏に書いてあったんです。実は私も初耳なんですが……

8月7日は「はなびの日」らしいのです……!

8月7日といえば、ドラえもんののび太くん、ちびまる子ちゃんの花輪くん、プロレスラーのマサ斎藤の誕生日として有名ですが、あとは「鼻の日」くらいが関の山。ところがそこに、極めて華やかな「はなびの日」も加わるだなんて……嬉しいです! 私(GO羽鳥)の誕生日は花火の日!!

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】ダイソーの「ハンディ扇風機うんち」から推測する “うんちビジネス戦略” についての考察

もう小学校の低学年じゃあるまいし、たかが「うんち」でキャッキャと喜んでいる場合ではないと思う40歳の今日このごろ。一体全体、「うんち」だから何だと言うのだ。私としたことが “うんちごとき” で騒ぎすぎたゼ……なんて思っていた矢先、どうしても看過できないうんち商品を発見してしまったので報告しておきたい。その名もズバリ……

ハンディ扇風機うんち

ついにダイソーは、ソヨソヨと心地よい風を発生させる「扇風機」までをも、いつもどおり「うんち」にしてしまったのだ。そう、いつもどおりに……。だが、私はこの『ハンディ扇風機うんち』から、ひとつの “狙い” を察知してしまったのである。

これまでダイソーが商品化してきた「うんち」については、タグ「ダイソーのうんち」にまとめてある。様々な「うんち商品」がダイソーには売られているが、私が記事にしたのは8点のみ。

しかしそれら8点のうんちをじっくり見てみると、どれもこれも「遊びのためのうんち」であることがよくわかる。平たく言えばパーティーグッズであり、ちびっ子たちが狂喜乱舞して遊ぶための「うんち」なのである。

しかし、今回の商品は……

わりとガチ……。

電池不要の超実用的な扇風機であり……

シャコシャコすると……

めちゃんこ涼しいときて……

デザインも3種類から選べるうえに……

手に取りやすい100円という価格……!!

私はこの『ハンディ扇風機うんち』を店頭で見た時、「ついに始まるぞ」と感じたのだ。いいや、正確には、「ついに始まったぞ」である。一体何が始まったのか? 簡単に説明しよう。ズバリ……

ダイソーの本格的な「うんちブランディング」だ。

以前、私は「ダイソーの『うんち化』が止まらない」というジャーナリスティックな記事を書いた。その中で「なんでもかんでも “うんち化” しやがって」との感情的なセリフを述べている。

しかし、その思いは、あながち間違っていないと今となっては確信している。なぜなら、ついに遊ぶための「パーティー用品」を超えてきたのだ。シャレではなく、ガチの路線に入ってきたのだ。

そして、それが何を意味しているのかというと、「ダイソー=うんち」という印象づけ(キャラ付け)、すなわちブランディングであると私は見ている。

ディズニーならミッキー。任天堂ならマリオ。セガならソニック。サンリオならキティちゃん……という感じのイコールにするべく、「ダイソーならうんち」という舵取りをとったと私は勝手に予想しているのである。

もちろん、印象付け(ブランディング)のためだけではなく、そんなの関係なしに「うんち商品が実際に売れている」のも事実であろう。でなければ、ここまで精力的に次から次へとうんち商品をブッ込んでこないはずだ。

いずれにしても、私の予想が正しければ、おそらくこの先、さらなる勢いで「ダイソーのうんち化」が加速する。私のレビューも間に合わないレベルのスピードで、次から次へと「うんち商品」を投入してくると予想している。こりゃ忙しくなるぞ。気合を入れて、奮(フン)闘せねば。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】ダイソーに「キャスター付き折りたたみバッグ」が300円で売っていた! 使ってみたけど合格点!!

その商品を見た瞬間、私は軽い “デジャブ” におそわれた。こんな商品、見たことあるぞ……いいや、使ったことある、ていうか記事にもした! 今から約5年前、北海道は函館で発見した、伝説の「白い恋人キャリーバッグ(税込1008円)」のようなものなのでは……!!

実際に使ってみたところ、それはそれは「白い恋人キャリーバッグ」の実力には及ばなかったが、300円にしてはイイ線いってる! 何って、ダイソーの「キャスター付き折りたたみバッグ」のことである。

まず、封を開けると、デカいサイフのような、電子レンジで作るポップコーンの袋みたいな、そんな形状の物体が入っている。

\あれ、それセカンドバッグですか?/

なんて言われても違和感のない物体だ。

しかし、

パタパタと開くと……

車輪が入っているうぅぅ!!

だが!

そのまま使うのもアリだろう。キャスターや金具のぶん重いけど、ふつうにトートバッグとしても使えてしまう。

んが!

さらにパタパタと展開したら……

キャスター付きのバッグに大変身というわけだ!

実際にバッグの中にマクラを入れてコロコロと動かしてみたが、非常にグッド! 途中、片方の車輪とナットが外れるハプニングがあったものの、すぐに修理可能な簡単設計。ちょっと車輪あたりのつくりが雑かな〜と思ったりもするが、300円なら致し方ないかとも思う。

ちなみに、中に入れる荷物の重量やバランスにもよるとは思うが、しっかりと自立も可能である。いいぞ〜、いいぞ〜、いいぞコレ〜。

強いて言うなら、バッグの口にチャックを付けて欲しかったかなぁ〜と。ベリっとした面ファスナーでも良いので、しっかりと口を閉じたかったなぁ……てな感じであるが、300円でコレなら合格です! 買い物時の強い味方になりそう!!

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】ここ数カ月におけるダイソーの「マスクコーナー」の変化を見ると、様々なことを思い出す

もちろんコロナは終わっていない。世界的に見たら依然として緊急事態な状態だ。しかし日本はつい先ほどの2020年5月25日18時、緊急事態宣言が全国で解除された。まだまだ油断は禁物ながら、ひとつの “区切り” が発表されたのである。

そんなことを考えながら、私の iPhoneの中に入っている「近所のダイソーに行くたびに撮っていたマスクコーナーの写真」を眺めていたら、ここ数カ月の “変化” が克明に写し出されており、様々なことを思い出した。

もちろん、振り返るには、まだ早い。しかし、日本が次の段階に入った今日、ダイソーのマスクコーナーを眺めながら、ここ数カ月の日常(非日常)を思い返してみたいと思う。

・見続けて来たのは近所にある2軒の「小型店」

なお、私がウォッチしてきたダイソーは、我が家から徒歩で行ける2軒のダイソー。ともに規模は「小型店」だ。まず、私が世の中の変化を感じ取ったのは1月下旬のことだった。そしてその頃、すでに「マスクコーナー」ができていた。

【2020年1月30日】

この日に撮影した1枚の写真からは、さまざまな情報が読み取れる。まず、「マスク品薄につきお1人様1点まで」と書かれていること。すでに品薄の波が “来ている” のだ。しかし、写真をよ〜く見ると……

マスクや除菌シートは、まだまだ十分に陳列されている。それこそ売るほどの種類が陳列されている。とどめとばかりに圧巻なのは……

花粉、細菌、ホコリにも対応したノーズワイヤー付きの「ブラックマスク30枚入り」が100円で売られていたこと。そういえば こんなのあったなぁ……。30枚100円で、しかも黒でカッコイイ……。正直、いま、欲しい。

【2020年2月24日】

約1カ月後には、完全に世間からマスクというマスクが無くなっている状態。ウェットティッシュやガーゼの類は、まだギリギリ売っていて、ダイソーは「キッチンペーパー」を使った簡易マスクの作り方を掲示していた。ゆえに、まだキッチンペーパーの在庫もかろうじてある感じだ。

ちなみにこの写真を撮影する4日前の2月20日、私(羽鳥)はダイソーに売られている「マスクになりそうな商品」をかき集め、自作マスクの記事を書いている。

また、ロケットニュース24編集部では、その2日前の2月18日にテレワークが開始された。世間的にも、だいたいこのあたりからテレワークが始まっていると思われる。本格的な「外出自粛」が始まった時期だ。

【2020年2月29日】

もう完全にマスクは無い。ガランとしたコーナーに掲げられていたのは、布を使った「自作マスクの作り方」の紙と「はぎれ」。使い捨てマスクではなく「自作の布マスク」が徐々に浸透してきている雰囲気だったと記憶している。実際にミシンを使って自作して記事にもしたが、完成したのは下手くそすぎるシロモノだった。

【2020年3月15日】

翌月3月にもなると、世間ではトイレットペーパーが品薄になり始まりつつ、お店の店頭に「消毒スプレー」が置かれ始めたような感じ。あらゆるモノが品薄になっていく中、ダイソーではキッチンペーパー(ペーパータオル)ですら「お一人様1個まで」になっていた。

ちなみに、私の日記を読み返すと、3月28日には、まだラーメン屋さんの店内で食事をしていたが、このあたりから急激に世間の緊張感が一気に高まった感がある。翌3月29日には東京で雪が降り、3月30日に志村けんさんの訃報が報じられた。

【2020年4月19日】

星野源が「うちで踊ろう」をアップしたのが4月3日で、4月7日に緊急事態宣言が発令。小池都知事が記者団に対し「密です」「ソーシャルディスタンス」と発言したのは4月10日……と、毎日があわただしく過ぎていく。いっぽうダイソー店内はというと……

なんと、トイレットペーパーが復活していた! 割高ながら、トイレットペーパーがダイソーでも手に入るようになったのだ。これを入手した私は、トイレットペーパーにおける “品薄の解消” を強く感じ、記事にもしている。トイレットペーパー争奪戦は、もう完全に終わったのだ。

【2020年4月27日】

トイレットペーパーに続き、私が「マスク復活」の息吹を感じたのも、偶然ながらダイソー店内だった。いまだ世間はマスク不足。シャープがマスクを抽選販売し始めたのもまさに4月27日だった。

しかし、そんな同日……! ダイソーのマスクコーナー(感染対策コーナー)に行ってみると、ななな……なんと!

「100円で3枚入り」のマスクが売っているではないか! この光景を見た私は、心の底からホッとした。まだまだマスク不足ではあるけれど、こうして「100円3枚」のマスクも若干数ながら戻りつつある。慢性的なマスク不足も、もうついに終わるのだな……と感じたものだ。

ちなみにこの日、同コーナーの脇には、3組200円のショートソックスと共に、「靴下で作る自作マスク」のPOPが掲げられていた。なお、私のもとに通称「アベノマスク」が届いたのは、この3日後の4月30日だった。

【2020年5月11日】

もうなんだかダイソーにもマスクがあったりなかったり。そんな中、ダイソー店内のコーナーに展示されていたのは、「下敷きを使った手作りフェイスマスク」と、

「コーヒーフィルター簡易マスク」の作り方だった……。たしかに、まだ世間的にもマスクは品薄。しかしながら、もう「コーヒーフィルター」を使ってマスクを作るような緊急すぎる状態は過ぎているのでは……と思ったりもした。でも一応、自作はした。クオリティはアップしていた。

【2020年5月12日】

もう完全に余裕。売ってる売ってる。マスクケースも売ってるし、余裕でマスクが手に入る〜みたいな状態だ。3枚100円なので安くはないが、買えるといえば買えるのである。あとは、伝説の「ブラックマスク30枚入り(100円)」が戻って来れば完全復活。

しかし……

【2020年5月23日】

つい先日のこと。この日もダイソーのマスクコーナーをチェックしてみると、なんと箱のマスクが売っているではないか! ところが、価格をよく見ると……

50枚2000円……。

どうした。どうしたんだダイソー。2000円って……。私はひどく心配である。たしかに世間的に見れば、「50枚」の箱が2000円なら「適正価格」という印象もある。しかし、ここはダイソーである。伝説の「ブラックマスク30枚入り(100円)」が売っていたダイソーである。

そもそも、比較的手に入りやすい「3枚100円」のマスクで50枚ぶんの価格を出してみたら1665円。それより高い「50枚2000円」で、しかもダイソー……。なんなら私が見たダイソー商品の最高額。これ、需要あるのかな……と正直思ったりしたのであった。大丈夫かダイソー!?

いずれにしても、ここ数カ月におけるダイソーの「マスクコーナー(感染予防コーナー)」の変化は凄まじいものがあった。写真を見ると、様々なことを思い出す。今後もダイソーに行った際は、マスクコーナーを注視していきたい。引き続き、密やソーシャルディスタンスには気をつけつつ。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】反射光をコントロールする「PLフィルター(偏光レンズ)」がキャンドゥに100円で売っていた〜!

お〜っと、これはマニアック! これまでスマホ用のクリップ式「広角レンズ」や「魚眼レンズ」、あるいは「マクロレンズ」なんかは100円ショップによく売られていたが、まさか「PLフィルター(偏光フィルター / 偏光レンズ)」が100円で売られる日が来るなんて……!

100円でPL(偏光)。100円で……!! すごくない? だってだって一眼レフ用のPLフィルターなんて、サイズによるけど5000円くらいするんだよ!? それが100円……おったまげ〜! もちろん即買い。とりあえず水面を撮ってみた!

・PL(偏光)フィルターとは何か

カメラに詳しい人から厳しく突っ込まれそうなので究極レベルの簡単な説明で済ませようと思うが、PL(偏光)フィルターとは、ずばり……反射光をコントロールするレンズのことである。

反射光をコントロールするとは、はたしてどんなことなのか? とりあえず、うちにある水槽をスマホで撮ってみよう。

うん。ライトの光が水面に反射している。しかし……

今回購入したPLフィルター(偏光レンズ)をスマホのカメラレンズに装着して……

クリクリとレンズを回して「乱反射光カット量」を調整すると……

水面の反射がなくなった〜!!

ビフォー・アフターを見れば一目瞭然!

……もう1回いこう。

水面に景色が映りこんでいる。しかし、PLフィルター(偏光レンズ)で撮影すると……

む……!?

水中に沈んだ猫ちゃんが浮かび上がってきた〜\(^O^)/ ……みたいな感じで、これを海とかで撮影したら、めちゃくちゃキレイに撮れるのだ。本当は今回も海とか川とか公園の池とかを撮りたかったのだが、外出自粛な今日このごろ、うちにある「水面」で申し訳ない。

ちなみに水面だけではなく、山とかそういう景色も、光の反射をコントロールすることによって色が鮮やかになるため、この商品のパッケージにも書いてある……

被写体をより鮮明に!」な状態になるわけだ。「景色」を撮るシーンがあったら、ぜひともポッケに忍ばせておきたいアイテムである。

早くコロナがおさまって、海に山に、いろんなところを撮影しに行きたいな〜。今は家でじっくり、その日が来るのを心待ちにしよう。100円のレンズを眺めながら、いつかの海に思いを馳せて。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】日本の牛乳に思いを馳せつつ、ものすごくオシャレ意識の高い「牛乳パック用カバー」を使ってみた

定期的に通っている病院の帰り道に、キャンドゥがあるので寄ってみた。すると、なにやら見たことのない商品が……! どうやら牛乳などの「パック」に使う商品であるもよう。

牛乳パック、いいじゃない。牛乳がらみ、ちょうどいい。ちょうど農林水産省が、日本の牛乳を救う「プラスワンプロジェクト」を緊急スタートしていることだし……と、いっちょ買ってみたのである。

ちなみに我が家、先述の「プラスワンプロジェクト」を知ってからは、常に牛乳2パック体制。えっへん! 同プロジェクトの詳細については農林水産省のページを参照してほしいが、酪農家さんたちを助ける意味でも、みんなも牛乳やヨーグルトを「もう(モ~)1パック」買うようにしようゼ!

それはさておき、購入した商品である。名前は「ドリンクパックカバー」で、どうもブログ『love HOME 収納&インテリア』のMariさんとキャンドゥのコラボ商品であるもよう。

んで、商品自体は実にシンプル。ツルツルしたプラスチック製の紙みたいなのと、クリップが付いているだけ。

説明書通りに組み立てて……

牛乳パックを入れると……

オシャレに見えるという商品だ。

西友で買った「みなさまのお墨付きシリーズ牛乳」が……

モノトーンのオシャレな牛乳パックに早変わり!

オシャレな意識を保つためには、冷蔵庫の中の牛乳にまで気を使わなければならないのか……と少し気が遠くなったりもしたが、とにかくスタイリッシュに牛乳パックを収納できるというわけだ。

なお、すでに口が空いている牛乳パックであっても大丈夫。ちゃーんと、口が開く設計になっている。よくできてるなぁ〜。

しかし、よくよく冷静に考えてみると、「そもそも牛乳パックの口のところをクリップで挟んでるというのはスタイリッシュではないのではないか?」と思ったりもするし、

牛乳パックの口を空けたら、どうがんばってもツルツルっとクリップがズレて、より「はたしてこれは……」という状態になってしまう……ということであるが、

細かいことは気にせず、「クリップが付いているところも込みでオシャレ(※むしろクリップが付いているからオシャレ)」と考えれば良いかと思う。てな感じで、冷蔵庫の中の牛乳パックのノーマル柄に耐えられない人は試してみると良いだろう。

また、できることならこの商品、2つ買っておくことをオススメしたい。なぜなら今、何度も言うけど日本の牛乳を救う「プラスワンプロジェクト」の真っ最中だから! もう(モ~)1パックだよ〜!! 忘れないようにね!

参考リンク:農林水産省「プラスワンプロジェクト」
Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】ダイソーに売っていたトイレットペーパー「リセラ2ロール」に感じた “品薄の解消”

よく「明けない夜はない」と言うが、「うちのトイレの紙もない」のである。正確にはラス3くらいで、もうそろそろ要補充のタイミング。またドラッグストアに並ばなきゃならないのかな……と地獄を覚悟していたのだが、いつのまにか夜は明けていたようだ。

そう、うちの近所ではずいぶん長いこと姿を消していたトイレットペーパーも、ようやく品薄解消の兆しが見えてきたのである。それを真っ先に感じたのはダイソーだった。

・数カ月ぶりの対面

もうかれこれ数カ月、「トイレットペーパーは品切れです」という張り紙がしてあるのがデフォだった。そもそもトイレットペーパーなんて売っていたっけ……と記憶が怪しくなってくるほど、長いことトイレットペーパーは商品棚から消えていた。

ところが……!

あったのだ。それも、十分に、あったのだ! 我が身、ラス3。1つ購入。

メーカーは「株式会社オサダ」で、商品名は「リセラ2ロール」。再生紙100%の「2枚重ね」とのことなので、ダブルの25メートルということになる。それが2つで100円ということは、1ロールあたり50円。けっこう高いな……と思いつつも、並ばないで買えるのは非常に非常にありがたい。

──と喜びながら帰宅している最中、ドラッグストアの前を通ったら……

なんとここでもトイレットペーパーが売っている! しかも私が心から愛する、記事にするほど愛用する『3倍長持ちトイレットティシュー』が売っているではないか!! 75メートルのやつが4ロール入っているやつ! なんという幸運……!!

むろん、購入。これで我が家は単なる「ラス5」から、一気に「ラス9(5+4)」に見せて、実は「ラス17ぶん(5+12)」という鉄壁の備蓄要塞に生まれ変わった。籠城上等(ろうじょうじょうとう)! 17あれば初夏までイケる……!!

・トイレットペーパーから戻ってきた

ちなみにその数日後、食材の買い出しついでに、スーパーの2階にあるダイソーに寄ってみると、まだまだ十分に『リセラ2ロール』は売られていた。おそらく近所のトイレットペーパー品薄状態が解消されたため、割高な100均トイレットペーパーを買う人も少なくなったのであろう。

依然としてマスクは売っていないし、液体のハンドソープも品切れの店が多い。しかし、明けない夜はないのである。もうすこし辛抱していれば、必ずや日常が戻ってくる。乾いた荒野に白い花が咲くがごとく、こうして舞い戻ってきたトイレットペーパーのように。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】ぷるぷる美肌になるという『スチームフェイスマスク』を使ったら元も子もない結論に達した

誰もがソレを見た瞬間に「あ、これはもう絶対に気持ち良いでしょ」と思うであろう商品を、どこかの100円ショップで発見した。どこかは忘れた。ダイソーではなかった気がするが、ともかく商品名は『スチームフェイスマスク』だ。

パッケージの写真を見る限り、ホットなスチームが顔面を覆うことにより、かんたんに「ぷるぷる美肌」になるのだとか、ならないのだとか……とにかくそんな商品だ。さっそく開封してみると……

穴の空いたダオルがそこにはあった。

んで、使い方はいたって簡単。

水に濡らしてよく絞って〜、

レンジでチンして、

ホカホカ状態で顔にのせると……

当たり前だが、気持ちいい。

だが、すぐに……

欠点が見えてきた。

どうにもこうにもホカホカ状態が短すぎるのだ。計ってみたら、約30秒で冷たくなっちゃう。「よく絞る」を「ゆるく絞る」にしたら、もう少しホカホカが続くかな……と思い試してみたが、さほど変わらず。おそらくのところ、生地が「薄い」から「すぐ冷たくなる」のだ。

ためしに……

使い古したタオルを用意して……

真ん中で折って……

濡らして絞る。

そして1分チンして……

あっちっち!

んで、鼻を出して折りたためば……

最高やん……!

ちなみにホカホカ状態は約2分間も続いた。『スチームフェイスマスク』の約4倍! しかし、ひとつ欠点がある。それは、パタパタと折りたたむのが少しムズいということ。アタフタしている間に、どんどん冷めてくるし……ということで!

畳んでから……

ハサミで鼻の穴を空けてみた。

そして先ほどと同じく濡らして絞って……

1分チン……

アチチチチ……

ほっ……

滞りなく完了……

ていうか……

めちゃくちゃ最高じゃん……

これ以上ないってくらいに最高じゃん……! ちなみに、この場合もホカホカ状態は約2分。もう、これでいいじゃん……!! もしも不要なタオルがあったら、ホカホカ4倍の『スチームフェイスマスク』的に改造しちゃうってのもアリかもね。ミシンで縫ったりしたら、なお良しかも!?

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】春が来たので衣替え! ダイソーの「吊れる圧縮袋」でダウンを片付ける季節がやってきた!!

お〜い、みんな〜! 春が来たぞ〜!! だって桜が咲き始めてる! だって暖かい! 空気も春! もう春でしょ! となると冬のダウンとかはもういらない! 衣替え! 早めにクローゼットに片付けたい! いつやるの? 今でしょ!!

ということで今回紹介したいのは、ダイソーの「吊れる圧縮袋」である。価格は300円ながら、はっきり言ってお買い得! なぜならコレ……

約2年前、5枚で2500円という価格で買った「ハンガー付き圧縮袋」とほぼ同じ商品だからだ。あのころはコレ、そんなに売ってなかったんだよ。それはさておき……

どのように使うのかを簡単に解説しておこう。

開封すると、袋&フックが入っている。

今回のターゲットは2枚のダウンで……

ハンガーのまま入れちゃう。

なおこの時、袋の内部のフックにハンガーをひっかけておくことを忘れずに。

そしてチャックを閉じて……

吸気口に掃除機をあてがい……

吸引すると……

ぺっちゃんこ〜!!

んで、吸気口に「フック付きのフタ」をキチキチと回しハメれば……

\(^O^)/ 完成〜! \(^O^)/

とにかく圧縮率がハンパない!

クローゼットもスッキリ〜!!

……てな感じの商品だ。ちなみに同様の商品は、300円ショップ「3COINS」でも、第4の100円ショップ「ワッツ」でも売られていたのを見たことあるが、ついにダイソーでも売られるようになったか……と感動ひとしお。一気に身近な存在になった感じがする。良き!

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24