【完売必至】ローソンストア100の最終兵器「100円おせち」がついに発売! 4つの新商品が加わりさらにパワーアップ!! 売り切れる前に買え!

いつもワケの分からない商品ばかり発売して我々を驚かせてくるローソンストア100。「ななめ上いくパンシリーズ」など今年もいろいろとやらかしてくれた。しかし、毎年恒例の「100円おせち」だけはガチ言わざるを得ないだろう。

本日2019年12月25日より発売される「100円おせちシリーズ」は、累計550万個を売り上げたというローソンストア100屈指の人気商品である。今年は新たに4つの新商品が仲間に加わるらしく、その実物が編集部に届けられたため詳細をお伝えしたい!

・いよいよ発売

今年の100円おせちは史上最多となる32種類。そのうち4種類が新商品である。ちなみに私(あひるねこ)は去年、このシリーズをすべて食べて記事にしているのだが、ローソンストア100によるとこの中でもっとも売れたのが『伊達巻』だったそうだ。

・注目の新商品

次いで『御蒲鉾 赤板』『御蒲鉾 白板』『厚焼きたまご』『黒豆』というランキングになっているぞ(全国版)。やはり定番が強い印象だが、今回の新商品はユーザーから寄せられた要望を内容に反映させているとのこと。それでは一気にご紹介しよう!

豚の旨煮

お煮しめ

海鮮サラダ

くるみ甘露煮

念のため言っておくが、すべて税抜100円である! 安ッ!! せっかくなので一つの皿に盛り付けてみたところ……。

なんかこれだけで十分な気がしてきた。

・充実の内容

やはり何と言っても『豚の旨煮』の存在がデカイ。おせちに不足しがちな肉要素は、これと同じく100円の『炙り焼き 合鴨スライス』である程度カバーできるのではないか。量は少なめだが厚く切られているので食べ応えがある。

続く『お煮しめ』は、まあぶっちゃけただの煮物である。とは言え鶏肉、レンコン、人参、しいたけ、タケノコなど安定感ある内容で味付けも良し。このまま皿に盛るだけで成立するという意味でも使い勝手のいい一品だろう。

コスパ面で言うなら『海鮮サラダ』はなかなか優秀だ。エビとカニカマがたっぷり入っているので色的にも鮮やか。オードブルに使ってもいいし、個人的にはこれ単体と日本酒でしばらく戦えそうである。

“ちょっと欲しいけどそんなにいらない系” は、作るよりもやはり買ってしまった方が早いのではないか。『くるみ甘露煮』もその類の料理だと思われるが、味・歯ごたえともに良好なので買って損はないはず。

以上、新たに登場した4つの新商品についてお伝えした。蒲鉾や伊達巻、数の子といった重鎮を一通り揃えた後に、これらの商品をオプションとして利用すればさらに華やかな おせちが完成するはずだ。組み合わせを考えるのも楽しそうである。

・完売必至

ただし! 聞くところによると100円おせちシリーズは、発売から3~4日で店舗から消えてしまうほど人気があるらしい。マ、マジかよ……。なので お目当ての商品がある人は今すぐお店に走るべし! 間に合わなくなっても知らんぞォォォォオオオオ!!

参考リンク:ローソンストア100
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

ダイソーの「クリスマスツリー」が超コスパ良い!! 2000円あれば豪華に作れるっ…!

2019年も12月となり、今年も大イベントがやってきた。そう、クリスマスだ! そして、クリスマスを象徴するものといえば「クリスマスツリー」。

ただ、「クリスマスツリー」は意外と値段が高い。ちょっとの時期しか置かないのに、高い値段を出すのは何だかもったいなく感じてしまうもの。そこで今回は、値段が高くて迷っている人にオススメの安すぎる「クリスマスツリー」を紹介しよう!

・ダイソーのクリスマスツリー

知らない人からすると驚きだろうが、今回紹介するのは100円ショップでお馴染みダイソーの「クリスマスツリー」。これは棚やテーブルに置くような小さいものではなく、床に置くことができる大きめのサイズのもの。

さすがに値段は100円では無いものの、90センチで税抜300円、120センチで税抜500円。他で買ったら、90センチの「クリスマスツリー」なら大体2000円から1万円ほどする。120センチだと、1万円を超える物も珍しくない。

相場からすると破格なダイソーの「クリスマスツリー」。商品名は『クリスマスヌードツリー』と言い、その名の通り裸のツリーなので装飾などのセット類は無いのが特徴だ。

しかし!!  ダイソーでは「クリスマスツリー」の装飾を単体で販売しているから、自分で好きな物を選び、組み合わせて作ることができる。

装飾の種類だって豊富。オーナメントやライトはひと通り揃っており、同じ形でも色違いで何種類かある。可愛らしいデザインから大人っぽい物まであるので、こだわって自分の理想とする「クリスマスツリー」を作ることが出来るのだ。

・約2000円のオリジナルクリスマスツリー

私は120センチの「クリスマスツリー」1つと、てっぺんの星1つ、ツリーに巻くタイプの飾りが2つ、ライトが3つ、その他の飾り6個を購入。300円のライトが1つ含まれていたので、ツリーと飾り類で合計1900円(税抜)となった

装飾まで買ったにもかかわらず、相場よりもまだまだ安い。なら相場のものと比べてどうなのか? 完成した1900円の「クリスマスツリー」の出来栄えは……

100均で買った「クリスマスツリー」には全然見えないッッッ!

ツリーにも装飾にも、安っぽさはない。むしろ、12点もの飾りはボリューミーでキラキラしまくり。近くで見ても葉はスカスカなんてことないし、モロそうな部分もない。とても500円とは思えない見た目で、ゴージャスな「クリスマスツリー」となった!

ちなみに、ツリーの大きさと自分を比較してみると……163センチある私のお腹付近が、ツリーのてっぺんの星の位置。街中にあるような「クリスマスツリー」に比べたらコンパクトに感じるが、リビングに置いておくのにはちょうどいい大きさだと思う。

・装飾類はバランスを考えて購入すべし

さて、ここからは作ってみて分かった注意点や、装飾を選ぶポイントについて話していく。今回は12種類の装飾品を購入したが、これはツリーに対して十分すぎるほどの装飾だった。

セットで売られているツリーであれば、バランスよく装飾品がついてくる。しかし今回のように自分で全ての装飾品を選ぶ場合は、どれくらい買えばちょうど良いのかが分からない。

好みがあるのであくまで参考程度にしてほしいが、シンプルに飾りたい場合はてっぺんの星1個、ツリーに巻くタイプの飾りが1つ、ライトが1、2個、その他の飾りは4つくらいあれば足りる感じた。

ボリューミーな飾りつけにしたい場合なら、今回ぐらいあってもいいとは思う。ただ多すぎるとゴチャついてしまうので、あまり装飾を買いすぎない方が良い。

なお、個人的にかなり気に入っている装飾品はライト。今回使用した3つのうち、100円のライト2種類は豆電球タイプで、「クリスマスツリー」によく使われるもの。300円のライトはスノーボールライトといって、白くて丸いライトが10個連なっている。こちらはなんと光り方が8パターンも選べるのだ。

どちらも乾電池式で、乾電池部分はツリーの内部などに潜り込ませて置けるから、配線などで見栄えが悪くなることがない。ちなみに、ライトと乾電池は別売りなので注意。

・安く買いたい人にはオススメ

「クリスマスツリー」は、年中置くものではない。だからこそ見られる時期は、わくわくした気持ちで過ごさせてくれる。これまで、値段がネックになって購入をためらっていた人はダイソーの「クリスマスツリー」がオススメだ!

また、これだけ安ければ外用として使ってしまうのもアリだろうし、よりオリジナルを求めるならばDIYなどしてアレンジするのも良さそう。クリスマスまでもう残りわずか。悩んでいる人はダイソーへ行ってみてはいかがだろうか。

Report:mai
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【数量限定】100円ローソンの福袋(1000円)を買ってみた!

商品のほとんどを100円で提供する「ローソンストア100」。通称は「100円ローソン」または「100ロー」と呼ばれたりするが、スーパー要素も強く、食材や日用品までも多く取り扱っている。コンビニ、100円ショップ、スーパーの良いところを取ったような便利なお店なのだ。

2019年6月6日から3日間、100円ローソンでは「大総力祭」というものを開催している。簡単にいうとお得なセールなのだが、今回この「大総力祭」で「1000円の福袋」が登場したので気になる中身と一緒に紹介していく。

・100円ローソンの福袋

調べてみると、100円ローソンでは今までも福袋が置かれたことがあるらしい。主に新規店舗が開店のとき、お正月や新元号変更のときなど、お祝いの際にはたびたび福袋が登場するようだ。ただし店舗によっては、取り扱っていない場合もあるとのこと。

また、この福袋は中身もそれぞれ違う。なのでこれから紹介していく中身は、参考程度に見てほしい。

・「1000円の福袋」の中身

【食品 9品、掃除用品 2品、その他 1品 計12品】

・ポップコーンしお味
・ポテトチップス サワークリームオニオン味
・塩レモンタブレット
・サバ缶
・大盛りねぎラーメン
・スパゲッティ
・トマトガーリック
・ひとくち揚小丸
・あたりめ
・ウェットティッシュ
・メラニンスポンジ
・絆創膏

・品数が多く値段以上

嬉しいかどうかは、人によって分かれそうなラインナップ。品数から触れさせてもらうが、値段以上の品数は入っている。全て通常だと100円の商品なので、単純計算だと200円ほどはお得だ。

個人的には食品だけでなく、お掃除用品なども入っていたのには、絶妙なセンスを感じた。あと絆創膏も入っていて、そんなものまで100円ローソンから出しているのかという驚きもあった。

そして食品だが、私は可もなく不可もないという印象を持った。福袋に入っているため、物持ちの良い食品を入れてくれているので、すぐに消費する必要はないものばかり。そのあたりは、どの家庭でも嬉しいのではないだろうか。

ローソンが推している商品ということなので、食べてみないと美味しさの意外性は気付けないが、この時点ではまあまあ良い福袋だと感じた。SNSで他に買っている人を調べてみたが、大きく中身が違うことはなさそうだったし、損ではないと思う。

・100円ローソンの福袋はわくわくした

私はたまたま福袋を見つけたのだが、久しぶりにわくわくして即買いしてしまった。コンビニの福袋なんて目にしたことがないし、袋は大きくて重い。しかも1000円で買える。それがなんだか、見つけた時にとてもお得のような気がしたのだ。

中身にとてつもなく感動するものはなかったが、それで当たり前だろう。あくまで100円ローソンの「1000円の福袋」なのだから。この福袋は売り切れ次第終了と言うことなので、興味を持った人は100円ローソンに今すぐ急ごう!

参考リンク:ローソンストア100
Report:mai
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24