【2020年福袋特集】ビデオ販売店チェーン「ラムタラ」で『持ってけ福袋』を買った数日後、プライベートで店を訪れたら愕然とした

「ラムタラ」に行ったことがない人に、「ラムタラ」をどう説明したらいいのか。悩んだ私がGoogle先生に相談すると、Wikipediaには「ビデオ販売店チェーン」と書かれていた。なるほど。確かにビデオ販売店チェーンである。その通りだ。

だが、ラムタラはビデオ以外に手広く色々と販売しているのもまた事実。アイドルのCDやフィギュアやプラモデルなどなど。だからこそ私はミスを犯してしまったのだが……。何が起きたのか、以下で説明したい。

・『持ってけ! 福袋』を購入した日

この記事を読んでくれている方の多くがご存知かと思うが、ロケットニュースでは年末から福袋記事を公開しまくっている。それはつまり、当サイトの編集部員およびライターは正月返上で福袋を買い漁っているということ。特に1月1日は忙しさのピークで、その日はご飯を食べる余裕すらない人だって多い。

私のタイムスケジュールをざっくり紹介すると、朝起きたらすぐに福袋を求めてお店へ。ゲットしたら別に店に行き、そこで買ったらまた別の店へ。移動中に記事を確認し……という感じで、慌ただしく元旦が過ぎていく。

そんな私が1月1日に訪れた店の1つこそ、「ラムタラ上野店」であった。ゲットしたのは、入り口付近に置かれていた『持ってけ! 福袋(税込2020円)』。お店のポップには……

「返品交換絶対不可!!! 中身については一切保証しません!!!」

──と文字が踊っている。これはいわゆるネタ的なゴミ福袋なのだろうか? しかし、“持ってけ!” というくらいだから、お宝が眠っている可能性だって高そう。どっちだ!? と気になり購入。会社にたどり着き、中身を確認すると……

【ラムタラ『持ってけ! 福袋(2020円)』の中身】

・コントローラー型FC互換機
・マーベルの長財布
・クーリングタオル × 4
・カップラーメン型ポーチ ×3
・「ガチャポン Zoo Zoo Zoo シリーズ」のフィギュア × 4
・「ガシャポン戦士f10」× 3

※福袋なので中身が異なる可能性があります

──調べるとモトは余裕で十分に取れているようだが、正直なところ私には価値が分からないものばかり。だから「よっしゃー! お宝ゲット!!」とはならなかったが、かといって「ゴミじゃねえか!」ともならなかった。

そもそも、手広く色々やってるラムタラの福袋なんだから、趣味が合う人にはお宝となる一方、そうじゃない人にとっては「?」となってしまうことは致し方ない。福袋の性質的に、そういうもんである。

〜それから3日後〜

私は再びラムタラ上野店に足を運んだ。福袋のピークである1月1日が終わり、プライベートの時間が少し出来たからだ。元旦では入り口付近しか見る余裕がなかったけれども、今日はじっくりと見て回れる。そう思っていたら……なんと!

お店の奥で別の福袋を発見したのである。

いかにも香ばしそうな福袋。その存在に気づかなかったなんて、私はなんと愚かなんだろう。いくら1月1日が忙しかったとはいえ、店の奥をしっかり見るべきだった。何より、最初からDVDの線で福袋を探すべきだった。「色々扱っているラムタラだから、福袋は雑貨だけなのかな?」と思ってしまうなんて……アホすぎる! 

──と後悔に襲われながらも、私は購入を即決。ちなみに、価格は表にあった『持ってけ! 福袋』とまったく同じ2020円(税込)。私はその “裏福袋” を片手に持って出社し……

即開封!

出てきたのは……!

おニャHooo!

おニャHooo!

小分けLotion4パック!

さらに……!

ヴィッデ〜オ!

ヴィッデ〜オ!

ヴィッッッデェェ〜オオオオ!

……

……

結局ヴィッデ〜オはテン(10)!!

全部まとめるならば……

【ラムタラ上野店の奥にあった福袋(2020円)の中身】

・おニャHooo ×2
・小分けLotion ×4
・ヴィッデ〜オ(※DVD) ×10

※福袋なので中身が異なる可能性があります

・細やかな心遣い

上記のなかで、私がもっとも感動したのは「小分けLotion」まで入れてくるラムタラの心遣いである。「それいる?」と思うかもしれないが、必要としている人は確実に存在する。ラムタラはその可能性を考えているから、入れているのだ。

まるで一流ホテルのクリーニングサービスのように、細かい点まで徹底している証拠。さすがラムタラだ。

それから、「おニャHooo」は正月らしい紅白仕様。実におめでたい。これもまた、細やかな心遣いの表れと言っていいだろう。

ただし……! ヴィッデ〜オは正直オールドスタイルな作品がちょいちょい混じっている印象も。私の記憶が確かなら、今から10年以上前に「まいちぃ」とか「マイマイ」と呼ばれて活躍していた女優の作品が普通に入っているのだから。

まぁ全部コミで約2000円ってことを考えれば、文句は言えない。むしろ、文句なんて言うもんじゃない。野暮なことは言わず、懐かしい女優と再会できたことを喜びながら、同窓会感覚で楽しむのがいい。昔からよく言われるではないか。「故(ふる)きを温めて新しきを知る」と。

参照元:Wikipedia「ラムタラ」
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【2020年福袋特集】高級洋菓子メーカー「モロゾフ」の福袋がたったの1000円! ゴディバの福袋と中身を比べてみた

高級洋菓子メーカーというと「ゴディバ」が真っ先に浮かぶかもしれないが、神戸発の「モロゾフ」を忘れてはならない。プリンもケーキも焼き菓子も、モロゾフなら間違いないというイメージを持っている人は私以外にも多いかと思う。そんなモロゾフの福袋を買ってみた。

……ってことを去年の福袋記事「高級洋菓子メーカー『モロゾフ』の福袋がたったの1000円! ゴディバの福袋と中身を比べてみた」で書いたのだが……覚えておられるだろうか? あの勝負「モロゾフ福袋 VS ゴディバ福袋」を今年もまたやってみたところ、じんわりとゲーム差が広がっていたので報告したい。

まず、先日取り上げた今年のゴディバ福袋(税込3500円)の中身を確認しておこう。

【2020年のゴディバ福袋(税込3500円)の中身】

・ニューイヤーアソートメント(6粒入)
・パールチョコレートダーク
・カレアソート(9枚入り)
・プレステージ ビスキュイコレクション レディゴディバ ノア ダークチョコレート(12枚入)

※福袋なので中身が異なる可能性があります

──上の内容について、記事を執筆したK.Masami は「2019年のゴディバ福袋(3000円)に比べてニューイヤーアソートメントの個数が減少(8個 → 6個)していること」や「今年はカレアソートが入っている点」などを指摘しつつも、「例年と比べて大きな変化がない」としている。

ただし、昨年2019年にK.Masamiが購入したゴディバ福袋は3000円。今年は3500円なので、内容に関して大きな変化がなくても価格が上がっていることは事実

もう少し詳しく言おう。食品産業新聞社によれば、百貨店や専門店で買える今年のゴディバ福袋の中で、もっとも安いのが3500円のタイプだそうだ(アウトレットでの購入をのぞく)。

一方、今年のモロゾフ福袋はというと……今年も去年と同じ1000円(税抜)。ややこしいので税込み表記にするならば、1080円であった。では、中身の方はどうなったのか? 結論を言うと、ほぼ同じである! 変化したポイントを挙げるならば、アルカディアの「ミックスナッツ」が「カシューナッツ」になったくらい。

いちおう、商品ラインアップを紹介しておくならば……

【2020年のモロゾフ福袋(税込3500円)の中身】

・ラウンドプレーン(ミルクチョコレート / 70g)
・ラウンドプレーン(セミスイートチョコレート / 70g)
・アルカディア(アーモンド ※焼き菓子 / 70g)
・アルカディア(カシューナッツ※焼き菓子/ 70g)
・ココアピーナッツ(8g×10袋)

──こんな感じなのだが、モロゾフの場合は福袋の裏を見ればいい。

バッチリ中身が書いてあり、2019年とほぼ同じであることが一目瞭然。もちろん、余裕でモトが取れる点も同じ。普通に商品を買ったら2倍近くしてしまう点も同じである。

・去年はモロゾフに軍配

ちなみに、去年の記事では「結局のところ好みの問題だろうが、私は「この内容で1000円はヤバイ」という理由でモロゾフに軍配」としている。

そして今年だ。ゴディバは「内容に大きな変化がない」なかで価格は500円アップ。一方のモロゾフは、内容・価格ともにほぼ変化なし。これはつまり、福袋のコスパ面においてモロゾフはリードを広げている……と言えるのではないか。何も変わってないように見えるが、実は変わっている……と言えるのではないか。

そもそも、昨年2019年の10月には消費税が上がり、様々なメーカーが値上げに踏みきっている。そのなかで、「変えない」ことは決してラクではないはず。時として、変わらないことも1つの大きな決断なのだ。

──福袋の話なのに、何でこんなカタいことを言うのかって? 本音を書くと、タイトルを去年の記事からコピペしたことに対して、ひとこと言い訳がしたいんだ。

参考リンク:食品産業新聞社
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【2020年福袋特集】タリーズの『1万円福袋』はコーヒー系福袋の最高峰だった / タリーズの人に「スタバの福袋をぶっちゃけどう思う?」と質問してみたぞ

今回紹介するものは、タリーズが販売する3種の福袋の中でもっともお高い。価格はなんと1万円! 「コーヒー系の福袋に1万円出せるなんて一体どこの重役だよ」と思ってしまうかもしれないが、高嶺の福袋だからこそ中身が気になる人だっているに違いない。

そんな人のために、もちろんロケットニュース 編集部は手に入れている。タリーズの1万福袋を。どうやって入手したのかというと、先日公開した3500円福袋5000円福袋と同様、タリーズが送ってくれたのだ。さて、その中身はというと……

【2020年タリーズコーヒー福袋(1万円)の中身】

・コーヒー豆5種(粉 / コロンビア・ブラジル・メキシコ・グァテマラ・ブルンジ)
・ドリップバッグ1箱
・ドリンクチケット20枚
・コーヒースクール体験チケット1枚
・ステンレスボトル
・メキシコ産オレンジハニー(はちみつ)

このコーヒー豆(粉)の量!

そしてドリンクチケットの量!

圧巻である福袋の中身に関しては事前に公開されているにもかかわらず、実物を目の当たりにすると「おぉ〜」と声が漏れた。めっちゃゴージャス。

私が思うに、これはもはや企業のトップ同士が贈り合うお歳暮だ。もしくは、大企業の重役が「部署のみんながひと息つけるように、ポケットマネーで買っといたよ」と言いながらドヤ顔して渡すヤツだろう。とにかく、一般人には豪華すぎる。

まあもちろん、どれほど豪華に映るかは本人の財政状況によって大きく変わるので、私の感想はこのあたりで止めておきたい。

・ステンレスボトルについて

そんなことより、やはり「ステンレスボトルってどんな感じ?」って点が気になる読者は多いだろうから、そこを見ていくとしよう。

容量は0.53リットル。念のためにサイズを測ると、高さが約20cmで、下部の直径(太いところ)は約7.3cmであった。

こういう系のグッズとなると、毎年スタバのものが人気を集めるが、タリーズのステンレスボトルだって全然悪くない。むしろ十分スタイリッシュだと思うのは私だけだろうか? ちなみに、3500円福袋や5000円福袋のトートバッグ内にあるドリンクホルダーにぴったり収まるぞ。

・タリーズの “中の人” に聞いてみた

さてここで、1万円福袋の中身とはちょい離れ、タリーズの “中の人” に教えてもらった情報をご紹介したい。それは私が長年気になっていたこと。何かというと……

その1:タリーズって福袋の中身を毎年どうやって決めてるの?

その2:大人気のスタバ福袋について、ライバルであるタリーズはぶっちゃけどう思ってるの?

この質問に、タリーズの “中の人” は答えてくれたぞ。回答は以下の通りだ。

【福袋の中身の決め方】

中の人「(1)干支にちなんだグッズは必ず入れます。(2)お客様のSNSへの書き込みや店舗で頂いた感想は、かなり参考にします(たとえば、過去に陶器のグッズを入れたことがあったのですが「もって帰るのに重かった」とか)。

(3)ドリンクチケットは必ず入りますが、日頃のご利用の感謝をこめますのでお得感はマストです。(4)コーヒーについては福袋でしか手には入らない種類を入れることにしています」

【スタバの福袋についてどう思う?】

中の人「スタバさんについては、中身(おしゃれですから、スタバからトレンドが分かりますので)はもちろんのこと予約などの販売方法を参考にさせていただいております」

──とのこと。やはり、王者スタバはタリーズの福袋にも影響を与えているようだ。

そんなスタバの福袋は、いよいよ明日発売開始! ……なのだが、すでにスタバ福袋は抽選が終わっているので、落ちた人や申し込んでない人にはどうすることも出来ない。その点、タリーズは入手できる可能がまだ十分にあると思うぞ。

むしろ、手に入れる労力と値段と中身を考えたらタリーズは穴場的福袋だとも感じている。本当かどうか確かめたい人は、試しに店舗へ行ってみてはどうだろうか。

参考リンク:タリーズ
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ! →「2020年福袋特集」


Source: ロケットニュース24

【2020年福袋特集】タリーズの5000円福袋をフライングゲット! 開けてお楽しみの「熊のぬいぐるみ」をすべて入手したぞ!!

あらかじめ言っておきたいが、タリーズの5000円福袋に入っている熊のぬいぐるみは2パターン。よって “全種類” といっても2種類である。「それだけかよ」と思う人もいるかもしれないけれど、このぬいぐるみを2種類とも手にする人間は、そこまで多くないはずだ。

なぜなら、熊のぬいぐるみは「どっちが出るかは開けてからのお楽しみ」的な感じで入っているため、2つを確実にゲットするには最低2回は同じ福袋を買う必要がある。福袋の価格(5000円)を考えたら、これはなかなかハードルが高いだろう。

にもかかわらず、その2つを私がいま手にできているのは、タリーズが当編集部に福袋を送ってくれたおかげ。転売とかで手に入れたものじゃないよ〜と説明したところで、中身の紹介といこう。

【タリーズ福袋(5000円)の中身】

・コーヒー豆2種(粉 / コロンビア・ブラジル)
・ドリップバッグ1箱
・ドリンクチケット8枚
・ベアフルマント(マントを羽織ったクマのぬいぐるみ / 2種のうちいずれか1つ)
・オリジナルトートバッグ(ネイビー&サックスブルー)

個人的な印象を言わせてもらうならば、ドリンクチケットとトートバックだけで十分に元が取れるだろう。なんなら、福袋の中身がスッカラカンだったとしても、トートバッグだけのために5000円払う人だっているような気がする。

それほど、このバッグは使い勝手がいい。ポケット的なのがいっぱい付いており、ビジネス使いもできそう。そして何より、見た目がいい。「福袋の袋オシャレ選手権」があったら、最終候補にノミネートされること必至のスタイリッシュさである。ちなみに、スタバに持って行ってもしっくり来るぞ♪

というわけで、お得かどうかを論じてもあまり意味がない気がするから、ここはもう2種類の熊ちゃんをフィーチャーしまくってもいいのではないか。干支のネズミと熊ちゃんの絶妙な絡みを、みんなもっと見たいのではないか。そうだろう?

──と考えたので、以下で「熊ちゃん写真集」をお届けしたい。おっと、熊ちゃんの正式名称は「ベアフルマント」と言うようだ。

・大きい熊ちゃん

このベアフルマント、背丈は28cmで、横幅は23.5cm。本来 “ちょこんと座るタイプ” の熊ちゃんの足を伸ばしながら測ったので、多少の誤差はご勘弁いただきたいが、とにかく3500円の福袋に入っていたミニ熊ちゃん(干支ミニテディ)よりかなり大きい。

なお、タリーズの “中の人” に確認したところ、「基本的に福袋限定の商品」とのことだぞ。

・熊ちゃん写真集

まあウンチクはこれくらいにして、熊ちゃんに登場してもらおう。ベアフルマントくん〜カモ〜ン! さぁみんな〜! これを見て、今年の辛かったことを全部忘れようぜ!!

[完]

参考リンク:タリーズ
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ! →「2020年福袋特集」


Source: ロケットニュース24