住まいを見直したい人に。『40代からの住まいリセット術-人生が変わる家、3つの法則-』

私が現在の家に住み始めてから、もうすぐ10年になります。その間に子どもが生まれ、モノがどんどん増えていき、購入した当初に思い描いていた住まいとは、すっかり様子が変わってしまいました。

その時々で家具を購入したり、模様替えをしたりして暮らしやすいように工夫してきましたが、最近なぜだかしっくりきません。リフォームをしたほうがいいのかもしれないと思いつつ、具体的にどうしたらいいものか悩んでいました。

そんなときに「住まいのリセット」という言葉に惹かれて手に取ったのが、今回紹介する『40代からの住まいリセット術-人生が変わる家、3つの法則-』です。本書で紹介されている内容は、私のように日々なんとなく暮らしづらさを感じている方にとって、住まいを見つめなおすよいヒントになると思います。

「とりあえずの家」を見直す

建売

ABC / PIXTA(ピクスタ)

著者の水越美枝子さんは、大手ゼネコンで商業施設やマンションなどの設計にたずさわり、バンコクでの勤務を経たのち、一級建築事務所アトリエサラを立ち上げました。住宅設計の分野で建築デザインからインテリアコーディネートまで、トータルでの住まいづくりを提案しています。

戦後の経済成長によって都市部に人口が流れ、住まいは伝統的な日本家屋から団地やマンション、建売住宅などの核家族向けの住宅になっていきました。

西洋風の家に住んでみたものの、成熟しないまま「とりあえずの家」に住んでいるのが日本の住まいの現状である、と気づいた水越さんは、この「とりあえずの家」をリセットし、居心地のよい住まいをつくることを提案しています。

私はこの「とりあえず」という言葉にギクッとしました。モノが増えると、その都度あまり考えずに「とりあえず」モノが収まる収納家具を取り入れてきたからです。

「とりあえず」と思いつつ使い続けているものが生活にしっくりくるはずがなかったのです。

人の視線を意識した部屋づくり

バンコク

jp7dki / PIXTA(ピクスタ)

バンコクで暮らしている間に、さまざまなホテルを訪れた水越さんは「美しい空間には、デザイナーが計算し尽くした「視覚のマジック」が随所に仕掛けられていたことに気づきます。

空間の中で視線が集中する「フォーカル・ポイント」を利用した空間づくりが行われていたのです。このフォーカル・ポイントを利用した部屋づくりの方法がとても参考になりました。

自分の家を見直してみたところ、見事にフォーカル・ポイントにモノが積みあがっていました。部屋に入ったときに散らかっているように感じたのはこのせいだったのか! なるほど、人を招こうという気持ちにならないはずです。

住まいのリセットは、フォーカル・ポイントを見せたい場所につくり変えることから始めようと思いました。

住まいのリセットを成功させるための3つの法則

収納

maruco / PIXTA(ピクスタ)

「動線、収納、インテリア」の3つの要素によって、住み心地のよい家が完成すると水越さんは言います。住まいのリセットを成功させるためには、「短い動線」「適所適量の収納」「自分らしいインテリア」を着実に確立していくことが必要です。

本のなかでは、それぞれを進めていく方法が説明されています。次回記事では、もう少し詳しく3つの法則について紹介します。

住まいを変えるには、新築、引っ越し、リフォーム、模様替えとさまざまな手段がありますが、本書で説明されている内容はどれをとったとしても参考になります。

新書で読みやすいので、日々暮らしづらさを感じている方に手に取っていただきたい一冊です。

Source: 日刊住まい

快適な住まいのために守りたい3つの法則

日刊住まいが、住宅にまつわる名著をピックアップ。
今回は、日々暮らしにくさを感じている私が「住まいのリセット」という言葉に惹かれて手に取った著書『40代からの住まいリセット術-人生が変わる家、3つの法則-』をご紹介します。

著者は水越美枝子さん。
大手ゼネコンで商業施設やマンションなどの設計にたずさわりバンコクでの勤務を経たのち、一級建築事務所アトリエサラを立ち上げました。
住宅設計の分野で建築デザインからインテリアコーディネートまで、トータルでの住まいづくりをサポート。

著書では、「動線、収納、インテリア」を住まいをリセットするための要素として挙げています。
この3つの要素を黄金のトライアングルにするために必要な3つの法則とは具体的にどのようなものなのか、ひとつずつ見ていきましょう。

「短い動線」で暮らしの効率をアップする

洗濯

Deja-vu / PIXTA(ピクスタ)

長年同じ家に住んでいると、不便でもそのまま暮らしていたり、そもそもどれだけ不便か気づかずに暮らしていたりすることがあります。
不便を生み出している原因は、暮らしと間取りが合っておらず、複雑な動線を強いられていることにあります。

家のなかでの移動が少なく済むように動線を見直せば、生活のなかで無駄な動きが減り、効率的に暮らすことができます。

本書では具体的に洗濯動線、洗面室の機能、キッチン動線の見直し方が解説されています。

「適所の法則」と「適量の法則」で自然に片づく住まいに

リモコン

MAPS / PIXTA(ピクスタ)

「短い動線」の実現に欠かせないのが収納です。「適所の法則」と「適量の法則」にのっとって収納を見直すと、「片づけなくても片づく住まい」が実現すると水越さんは言います。

「適所の法則」とは、動線を考えて置く場所を見直し、それを家族にも実践してもらうことです。
使う場所にモノを置いておき、かならずそこに戻す。これを徹底します。

「適量の法則」とは、モノを選別したりまとめたりすること、また収納スペースを増やすことで収納するモノを調整することです。
収納に対する基本的な考え方が解説されているので、基本に立ち返ってシンプルに考えることができるように思います。

「自分らしいインテリア」で好きな住まいを実現する

インテリアシッョプ

Ugan / PIXTA(ピクスタ)

動線と収納を整えると、とても暮らしやすくなります。そのうえで、住まいに「自分らしさ」を加えるのがインテリアです。

インテリア選びのさまざまなコツが紹介されていますが、なかでも私がぐっと来たのが「室内に置くものを選ぶ時には、いわゆる日常使いの小物にいたるまで、今このときから、妥協をしないで選ぶということをぜひ、念頭においてほしいと思います」という一文です。

目に入るものすべてが自分の好きなものであれば、それはとても幸せなことです。

ついつい「とりあえず」のモノを買ってしまうこともありますが、毎日を過ごす場所だからこそ、妥協しない。
そういうインテリアづくりを心掛けたいと思いました。

住まいをリセットする3つの法則について簡単に紹介しました。
新築やリフォームなどが具体的に決まっていなくても、住まいを少しでもよくしたいと思っている人に参考になる情報がたくさん詰まった一冊です。

Source: 日刊住まい