【コーヒー検証】もっともコスパが高い「税込み700円」の組み合わせメニューはどれ? スタバ・タリーズ・ドトールで比較してみた

700円検証シリーズの第6弾はコーヒーチェーンだ。これまで、持ち帰り弁当ハンバーガー牛丼カレー、そして蕎麦と検証を重ねてきた。

そして今回はコーヒーチェーン。スターバックス・タリーズ・ドトールの3社、価格設定に開きがあるが、各社1フード・1ドリンクで購入できる組み合わせを検証してみた。

・比較が難しい

正直に言うと、今回の比較が今までで1番難しかった。なぜなら、値段の開きが激しく、700円で購入できるセットメニューがドトールにしかなかったからだ。タリーズにもあるにはあるが、モーニングを除いてもっとも安いフード(スイーツ)セットが780円からとなっており、今回の条件に合わなかった。

それを踏まえて、まずはドトールから見て行こう。

・ドトール

最近タピオカドリンクで話題になっているドトール。タピオカにそこまで興味のない私(佐藤)だが、店頭で売り切れになっているところを見ると、ちょっと飲んでみたいと思ってしまった……。

それはさておき、比較3社のなかでもっとも価格帯の低いドトールは、デザートのセットメニューが充実している。6種のケーキ、それぞれSドリンクのセットがあり、価格は570~610円。今回注文したのは、ドトールの看板メニュー、ミルクレープのケーキセットである。

ミルクレープセット570円 + カフェラテ(+20円)+ Lサイズ(+100円)

ミルクレープのケーキセットに、アイスのカフェラテ(+20円)。さらにそのアイスラテをLサイズに変更(+100円)。これで合計690円である。

定番商品を注文できるうえに、ドリンクのサイズアップまでできてしまう、高コスパのセットメニュー。

さすが庶民の味方。もっともコスパが高かったのは、予想通りドトールだった。

・タリーズ

次にタリーズ。高いコーヒーチェーンというとスタバのイメージが強いのだが、タリーズもなかなかいいお値段。「チョコリスタ」や「スクイーズ」などのオリジナルメニューがあるものの、これらが微妙に値が張り、700円の範囲内でフードと組み合わせることがやや難しかった。

バウムクーヘン(240円)+ カフェオレスワークル(ショート430円)

本来はケーキをオーダーしたかった。もしくはアイスクリームとドリンクを組み合わせてタリーズの個性を出したいところだったが、やはり高くて700円の範囲では収まり切らない。そこでやむなく、バームクーヘンにフードをランクダウン。

その代わりに、スタバのフラペチーノに相当するスワークルを注文した。スタバとの差別化でメニューの充実を図っているタリーズだが、価格的にスタバと同等となると、やや分が悪いように感じるのは気のせいか?

・スターバックス

最後にスターバックス。スタバが高いのは想定内ではあったが、こちらもフードとドリンクで700円以内に収めるのが難しい。フードのなかでも最も安い部類に入るアメリカンスコーン「チョコレートチャンク」で、なんとか凌いだ感じだ。

チョコレートチャンク(260円税別)+ スタバラテ(トール380円税別)

スタバが厄介なのは、表示価格が税別であること。メニューを見た段階では「余裕で700円以内に収まる」と思ったら、会計時に691円と言われて少々ヒヤッとした。

接客のホスピタリティや、店舗の居心地の良さなどを考えると妥当な価格ではあるが、金額に上限を設けて比較すると、その付加価値が仇になるとも感じられた。

・まとめ

コーヒーチェーン比較の場合、700円という価格の縛りが思いのほか大きく響く。これが1000円で比較となった場合、スタバ・タリーズにもより多くの選択肢がもたらされるのではないだろうか。スタバ・タリーズで700円縛りを試す時は、組み合わせは諦めて、単品オーダーでカスタムを楽しんだ方がいいのかもしれない。

参考リンク:ドトールスターバックスタリーズ
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【そば検証】もっともコスパが高い「税込700円」メニューはどっち? 名代富士そばと小諸そばで比較してみた

700円検証シリーズの第5弾は、そばである。これまで、持ち帰り弁当ハンバーガー牛丼、そしてカレーと検証を重ねてきた。

そばのチェーン店といえば、この2社。「名代富士そば」と「小諸そば」である。価格範囲700円で、どっちの方がコストパフォーマンスが優れているのか? それぞれ持ち帰ってたしかめてみた。

・躍進目覚ましい「ゆで太郎」

実のところ、今回比較検証するに当たって、いくつか困ることがあった。まず1つが、店舗によって持ち帰りができたりできなかったりすること。購入した商品のすべてを並べて、見た目のボリュームを比べたかったのだが、同日に商品をそろえることができなかった。

もう1つ困ったのが価格。運営会社の都合により、店舗によって価格が異なるケースがある。したがって、今回は私が比較した2つの店舗の価格であることをご了承頂きたい。

さらに付け加えると、店舗数だけを比べれば、急成長する「ゆで太郎」が業界トップに躍り出ている。ゆで太郎を踏まえた比較は、また別の機会に行うとする。それぞれの店舗のメニューから、税込700円以内で取り選べるもっともコスパの良さそうの組み合わせを紹介しよう。

さて、前置きが長くなったが、本題に入ろう。商品を購入した店舗は富士そばの三光町店と、小諸そばの代々木店である。

・富士そば

富士そば三光町店は、すべての商品をテイクアウトすることができる。そのなかで良さそうな組み合わせはコレ。かけそばで注文した。

ミニカレー丼セット(530円)+ 天ぷら(120円) + 温玉(30円)

富士そばはセットメニューが豊富。このミニカレー丼セットのほかに、とろろ丼・かき揚げ丼・塩だれ豚丼・おろし豚丼・炭火焼親子丼・かつ丼・海老天丼、これらすべてをミニのセットにすることが可能だ。

さらに、天ぷらなどの揚げ物を券売機とは別に現金で購入することもできる。トッピングも種類が多く、自分好みのそばにカスタムできるのも大きな魅力。店舗ごとにオリジナルメニューを提供していることも、富士そばのユニークなポイントである。

・小諸そば

小諸そばにもセットメニューは存在する。今回購入したのは次の品々だ。冷たいそばで注文した。

鳥から丼セット(560円)+ いなり(2個・140円)

セットメニューの種類だけで見れば、富士そばに軍配が上がる。種類もさることながら、ミニを注文できる点も評価できる。小諸そばは、その点、「大盛り」に強みがある。

富士そばが大盛り100円であるのに対して、小諸そばは大盛り(1.5倍)が30円。2枚盛り(そば2倍)は60円である。120円で2枚盛りの倍食える。これはお得と言わざるを得ないだろう。

・まとめ

取り選ぶ選択肢が多いのは富士そば。量を食いたいなら小諸そば。お腹の空き具合と相談して、2つのそばチェーンを使い分けると良いだろう。

参照元:名代富士そば小諸そば
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【牛丼検証】もっともコスパが高い「税込700円」の組み合わせメニューはどれだ? 吉野家・松屋・すき家で比較してみた

700円、それは高すぎず安すぎない金額である。昼食に使うには、少々奮発している感のある微妙な価格だ。これまでに持ち帰り弁当ハンバーガーチェーンでコストパフォーマンスについて検証したが、今回は牛丼チェーンで比較してみたいと思う。

吉野家・松屋・すき家の3チェーンで、700円で買えるメニューの組み合わせを比較して、もっとも “整って” いるのはどこなのか? 比べてみたところ、興味深い結果を得ることができた。

・価格の変動が激しい

牛丼チェーンはハンバーガーチェーンと同じく、キャンペーンを頻発するので、コスパを見極めるのは非常に難しい。時期によって価格の変動があり、ある時はA社がお得。またある時はB社がお得といった具合に、タイミングによって異なってくる。今回もそのワナにハマった可能性がある。それも考慮して、本稿を参考にして頂きたい。

なお、今回はできるだけ公平を期すために、牛丼並盛は必ず購入するものとしている。

・吉野家

吉野家は最近、フィットネスグループの「ライザップ」と提携して、ご飯の入っていない商品「ライザップ牛サラダ」を提供している。当編集部でも絶大な人気を誇る商品だ。今回購入したのは……。

牛丼並盛(380円) + 牛小鉢(180円) + ごぼうサラダ(140円)

今回の3社検証で、並盛を購入する条件のなかでちょうど700円になったのは吉野家だけだ。牛丼に180円で肉(牛小鉢)を追加できるのはうれしい。ちなみに松屋は牛皿並盛が240円、すき家は牛皿のミニが220円なので、200円を切る価格で肉をプラスできるのは吉野家だけである。

牛小鉢を牛丼の上に乗せれば、アタマの大盛りの完成だ。

肉も野菜もしっかり食べられる点において、この組み合わせはポイントが高い。

・松屋

松屋の組み合わせを紹介する前に、私(佐藤)はひとつ見落としていた点があることをお伝えしなければならない。松屋には通常の牛めし(並盛320円)とプレミアム牛めし(並盛380円)がある。

当初通常の牛めしを軸にして、組み合わせを考えていた。牛めし+創業カレー(並盛370円)、松屋らしい組み合わせだと考えていたのだが、店舗に行ってプレミアム牛めしがメニューにないことに気が付いた。実は関東地方の店舗では、プレミアム牛めししか販売していないのである。その構想は崩れ、次の組み合わせになってしまった。

プレミアム牛めし(並盛380円) + プレミアム牛皿(並盛300円)

肉 + 肉 のパワータッグになってしまった。できれば、これにサラダをつけたいところだったが、残念ながらその願いは叶わなかった。並盛に牛皿を乗せると、ボリューム満点! アタマの大盛りを超えるスタミナめしが出来上がった。

これからの季節にガッツリ食いたいときに、最良の組み合わせかもしれない。

・すき家

最後にすき家だ。すき家は今回の検証でもっとも品数が多かった。というのも、セットメニューが充実しており、なおかつ期間限定で今回注文した「とん汁おしんこセット」が通常250円ところを200円で提供していたのである。冒頭とお伝えした通り、今の時期はすき家がコスパ的に有利となってしまった。購入した商品は以下の通りだ。

牛丼(350円) + とん汁おしんこセット(200円(期間限定価格)) + サラダ(140円)

500円でとん汁とおしんこまで付いてくるのは、かなりコストパフォーマンスが高い。通常価格でも並盛 + とん汁 + おしんこで550円だから、低価格競争ではすき家が頭1つ抜けているといっても大げさではないだろう。

その気になれば、700円以内でデザートまで用意できるところがすき家の強いところではないだろうか。

・まとめ

牛丼並盛の価格は、吉野家・松屋が380円、すき家が350円となっている。安さだけを見れば、すき家に分がある。今回のコスパ検証でも品数と考えると、すき家圧勝の感はある。だが、吉野家・松屋は顧客のニーズをうまく汲み取り、魅力的なメニューの開発に努めている印象がある。実際先に挙げた吉野家はライザップ牛サラダ、松屋は「ゴロゴロチキンカレー」などで利用客を惹きつけている。

すき家には残念ながらコレといった魅力的メニューが乏しい気がする。メニュー自体は豊富なのに、看板になりそうなヒット商品がない。そうなると、やはりこのまま低価格路線を歩まざるを得ない状況が続きそうだ。いずれにしても三者(社)三様、それぞれの特色の出た検証ではないだろうか。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24