【そば検証】もっともコスパが高い「税込700円」メニューはどっち? 名代富士そばと小諸そばで比較してみた

700円検証シリーズの第5弾は、そばである。これまで、持ち帰り弁当ハンバーガー牛丼、そしてカレーと検証を重ねてきた。

そばのチェーン店といえば、この2社。「名代富士そば」と「小諸そば」である。価格範囲700円で、どっちの方がコストパフォーマンスが優れているのか? それぞれ持ち帰ってたしかめてみた。

・躍進目覚ましい「ゆで太郎」

実のところ、今回比較検証するに当たって、いくつか困ることがあった。まず1つが、店舗によって持ち帰りができたりできなかったりすること。購入した商品のすべてを並べて、見た目のボリュームを比べたかったのだが、同日に商品をそろえることができなかった。

もう1つ困ったのが価格。運営会社の都合により、店舗によって価格が異なるケースがある。したがって、今回は私が比較した2つの店舗の価格であることをご了承頂きたい。

さらに付け加えると、店舗数だけを比べれば、急成長する「ゆで太郎」が業界トップに躍り出ている。ゆで太郎を踏まえた比較は、また別の機会に行うとする。それぞれの店舗のメニューから、税込700円以内で取り選べるもっともコスパの良さそうの組み合わせを紹介しよう。

さて、前置きが長くなったが、本題に入ろう。商品を購入した店舗は富士そばの三光町店と、小諸そばの代々木店である。

・富士そば

富士そば三光町店は、すべての商品をテイクアウトすることができる。そのなかで良さそうな組み合わせはコレ。かけそばで注文した。

ミニカレー丼セット(530円)+ 天ぷら(120円) + 温玉(30円)

富士そばはセットメニューが豊富。このミニカレー丼セットのほかに、とろろ丼・かき揚げ丼・塩だれ豚丼・おろし豚丼・炭火焼親子丼・かつ丼・海老天丼、これらすべてをミニのセットにすることが可能だ。

さらに、天ぷらなどの揚げ物を券売機とは別に現金で購入することもできる。トッピングも種類が多く、自分好みのそばにカスタムできるのも大きな魅力。店舗ごとにオリジナルメニューを提供していることも、富士そばのユニークなポイントである。

・小諸そば

小諸そばにもセットメニューは存在する。今回購入したのは次の品々だ。冷たいそばで注文した。

鳥から丼セット(560円)+ いなり(2個・140円)

セットメニューの種類だけで見れば、富士そばに軍配が上がる。種類もさることながら、ミニを注文できる点も評価できる。小諸そばは、その点、「大盛り」に強みがある。

富士そばが大盛り100円であるのに対して、小諸そばは大盛り(1.5倍)が30円。2枚盛り(そば2倍)は60円である。120円で2枚盛りの倍食える。これはお得と言わざるを得ないだろう。

・まとめ

取り選ぶ選択肢が多いのは富士そば。量を食いたいなら小諸そば。お腹の空き具合と相談して、2つのそばチェーンを使い分けると良いだろう。

参照元:名代富士そば小諸そば
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24