【傑作の予感】映画「ジョーカー」最新予告解禁 / 劇場に行く前に知っておくべきたった1つのこと

ハッキリ言って傑作の予感がする。2019年10月4日に公開される映画『ジョーカー』の最新予告動画を見たら、きっと多くのアメコミファンたちは震えが止まらないハズ。傑作の予感がするどころか、ここまで「傑作の予感しかしない映画」は非常に稀だ。

悪のカリスマ「ジョーカー」はこれまで幾度となく映像化されてきたが、もしかしたらホアキン・フェニックスが演じるジョーカーは、あの伝説のジョーカーに肩を並べる存在になるかもしれない。そう、今は亡き “ヒース・レジャー” が演じたジョーカーに。

・サイコパス中のサイコパス

そもそもはDCコミックスの超人気タイトル「バットマン」に登場するチンケなヴィラン(悪役)だったジョーカー。当初は1話のみで死ぬ予定だったことは、アメコミファンの中では有名なエピソードだ。

ジョーカーの宿敵・バットマンと比べた場合、肉体的な強さも経済力も比べものにならないほどジョーカーが劣っているが、彼の持つ狂気は全てを凌駕する。シンプルに表現するならば、サイコパスの中のサイコパス──。それが「ジョーカー」だ。

・傑作の予感しかしない

そのジョーカーは、ヴィランながらカリスマ的な人気を誇っており、これまでも「ジャック・ニコルソン」や「ヒース・レジャー」「ジャレット・レト」らがジョーカーを演じている。中でも映画『ダーク・ナイト』での “ヒース・レジャー・ジョーカー” は、映画史に残る神懸ったジョーカーであった。

予告編を見る限り、今作でジョーカー役を演じる「ホアキン・フェニックス」の “ホアキン・ジョーカー” は、過去のジョーカーに勝るとも劣らない怪演を見せている。善良な男が徐々に壊れていく様子や、常にただよう妖しさと色っぽさは必見だ。

・知っておくべきこと

一点、映画『ジョーカー』をご覧になる前に、知っておいて欲しいことがある。DCコミックスは現在進行形で「ワンダーウーマン」や「ジャスティス・リーグ」など「DCエクステンデッド・ユニバース」を展開しているが、今作はそれらと世界観を共有しない作品である。

つまり、ジョーカーは単独のジョーカーであり、例えば「スーサイド・スクワッド」のジョーカーとは別物として捉えていただきたい。続編があるのかどうかは現時点では不明だが、本作はジョーカーに関する予備知識がなくても十分に楽しめるハズだ。

公開まで約1カ月に迫った、映画『ジョーカー』。ここ数年、アメコミ映画はマーベルの独壇場が続いているが、アメコミを代表する悪のカリスマがストップをかけられるのか? 注目したい。映画『ジョーカー』は、2019年10月4日公開だ。

参考リンク:映画「ジョーカー」公式サイトYouTube
執筆:P.K.サンジュン
Photo:(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics


Source: ロケットニュース24