座りすぎ防止!スタンディングデスクをイケアグッズで激安簡単DIY

ダイニングテーブルにスタンディングデスクをセット

長時間、座り続けてパソコンや机に向かう作業は、腰痛や肩こり、運動不足など体への負担もかかります。そこで、最近注目されつつあるのが、立ったまま仕事ができるスタンディングデスク。家事の合い間にちょっとパソコンを使ったりするときなど、家にあっても便利そうです。

そんなスタンディングデスクをイケアのグッズで簡単につくるアイデアを、ライフオーガナイザーで整理収納のプロ・田川瑞枝さんに提案してもらいました。

運動不足の解消にも!スタンディングデスク

通常のダイニングテーブルでは座ったままの作業に

最近は、テレワークの導入で、オフィスに出勤せず、家で仕事をする人も増えていると聞きます。専用の書斎があるお宅なら問題ありませんが、リビングやダイニングで仕事をしていたりすると、とくに小さなお子さんがいる場合は、机の上のモノを触られて仕事の邪魔になったりと、なにかと不便なこともありそう…。

そんなケースでも、スタンディングデスクだったら、お子さんの手が届きにくく安心です。

キッチンカウンターはちょうどいい高さですが…
キッチンカウンターなど高さのある場所にパソコンを置くと、立って仕事をするのにちょうどいい高さです。ただ、ここは調理などのときには邪魔になるので、ずっと使うわけにもいきません。

実際のオフィスでも、立ったまま仕事をしたり会議をしたりするスタイルも増えているようで、専用のスタンディングデスクも販売されています。でも、実際に試してみないと使い心地もわからないですし、気にはなっているものの買うまででもないかな、と思っている方も多いのでは…。

イケアのキッチングッズでスタンディングデスクをつくる

そこで、イケアのアイテムを使ってつくってみることにしました。ダイニングテーブルを簡単にスタンディングデスクに使う方法です。

イケアの「ヴァリエラ シェルフインサート」

そろえるのは、イケアで人気のグッズ2点。

1つ目は「VARIERA(ヴァリエラ)シェルフインサート」(サイズ幅32×奥行28×高さ16㎝)。食器棚の中に入れて収納スペースを増やし、お皿などをしまいやすくするための棚ですが、ダイニングテーブルにのせると、ちょうどよい高さのテーブルになりました。

イケアのまな板「ホーグスマ」

次にそろえるのは、まな板「HÖGSMA(ホーグスマ)」(サイズ42×31×厚さ1.6㎝)。

棚にまな板をのせる

棚の上にパソコンを安定させてのせるために、まな板を置きます。

すべり止めシートを敷く

まな板が滑らないように、すべり止めシートを敷くと安定します。また、キーボードをタッチしたときの振動も防いでくれます。

マウスを置く用の100均ボックス

マウスを使う人は、100均の収納ボックスを置いて、使いやすい高さに合わせます。写真は、ワッツの収納ボックスですが、家にある箱でも十分代用できます。

準備はこれでOK。ダイニングテーブルをスタンディングデスクに使えます。これなら、仕事用のデスクをわざわざ買わなくてもいいですし、ご飯を食べるときにはさっとよけるだけですみます。

100均グッズをプラスしてさらに使いやすく

ノートPCスタンド

ノートPCスタンド

さらにパソコン作業をラクにしてくれるアイテムを100均で発見!「ボール型ノートPCスタンド」です。

ノートPCスタンドを後ろ側に置く

ちょうどいい角度がつく

ノートパソコンやタブレットの下に置いて角度をつけることで、タイピングの負担を軽減し、放熱効果もアップします。実際に使ってみたところ、すべりにくいゴム製なので、安定感も抜群です。

ダイニングテーブルをスタンディングデスクに

立って仕事をすることのメリットとして、すぐに行動できるのもひとつ。座っていると、立ち上がるのに体に負担がかかりますが、立っていると素早く動けるので、時間のロスも減らせます。

デスクワークや座った姿勢での家事仕事にお疲れの方、ぜひ一度、スタンディングワークを試してみませんか?

Source: 日刊住まい

ワトコオイル、オスモカラー、ブライワックスの違いをプロに聞く

木材の仕上げにどんな塗料を選べばいいか、DIY好きには悩ましい問題です。代表選手といえる木部用塗料は、ワトコオイル、オスモカラー、ブライワックスの3種。基本的な特徴と違いについて、DIYの建材やパーツ、リノベなどのアイデアが見つかるショールーム「toolbox」のスタッフに聞きました。

toolboxのミキシングバーで木部用塗料を体験

ワトコオイル、オスモカラー、ブライワックスといえば、どれも木材の質感を残して自然な風合いに仕上げることができる塗料です。でも「それぞれにどんな特徴があってどこがちがうのか」はプロに聞かなければ、なかなかわからないと思います。

そこで、訪れたのが昨年リニューアルした東京・目白にあるtoolboxのショールーム。

toolboxのショールーム

こちらには木部用のオイル塗料やワックスを素材サンプルに実際に塗って試すことができる「ミキシングバー」という専用コーナーがあるのです。

toolboxミキシングバー

スタッフの佐古加奈子さんのレクチャーを受けながら、ワトコオイル、オスモカラー、ブライワックスの3種を塗りくらべさせていただきました。

ワトコオイル、オスモカラー、ブライワックスを塗りくらべ

3種の塗料にはそれぞれ独自のカラーバリエーションがありますが、なるべく色味をそろえるためにクリアー/ナチュラル系の色でくらべてみることにしました。

ワトコオイルはサラサラなので初心者でも簡単に塗れる

まずはワトコオイル(WATCO OIL)の「ナチュラル」から。

ワトコオイルの「ナチュラル」

ワトコオイルは、スポイトで移せるくらいのサラサラとした質感が特徴です。

サラサラとした質感のワトコオイルを容器に

塗装にはハケを使います。

ワトコオイルをハケに

容器のフチで余分な塗料を落としてから塗りましょう。

ワトコオイルを塗る

スーッと伸びていき、とても塗りやすいです。

余分なワトコオイルをふく

光を当ててみて少し塗料が多い箇所があれば、布で余分な塗料をふき取るとよいそうです。

ワトコオイル塗装後

スタッフの佐古さんが「ワトコオイルは木枠や建具の細かい部分を塗るのに便利です」とおっしゃっていましたが、今回試した3種のなかでは、いちばん塗りやすいと感じました。

ただし、3種の塗料のなかでは乾くまでの時間が長く、完全乾燥までに24時間以上が必要です。塗装後の使用は翌日以降がいいでしょう。

ワトコオイルの缶

ワトコオイルは小さめの缶もあるので気軽に入手できるのもポイントです。

ワトコオイルは異なる色を混ぜて自分だけの色が作れる

ここで少し脱線して、ワトコオイルの特徴である「調色」についてもご紹介しましょう。toolboxのショールームでは色ごとに瓶に入れられて並べられており、さまざまな組み合わせを実際に試すことができます。

ワトコオイルを調色するためのミキシングバー

このコーナーが「ミキシングバー」と名付けられているゆえんです。今回は、スタッフの佐古さんおすすめの「通称:ラワン色」を作ってもらいました。混ぜるのは、赤みが強い「チェリー」とスタンダードな茶色の「ミディアムウォルナット」。

「チェリー」と「ミディアムウォルナット」

これらを1:1で混ぜて、赤みがかった茶色を調色します。

ワトコオイルを混ぜる

塗装した木材サンプルがこちら。

ワトコオイルを塗装したサンプル

左が「チェリー」、真ん中が調色した「ラワン色」、右が「ミディアムウォルナット」です。赤みがかったブラウンはちょうど両者の中間の色。

最近、あまり出回ることのない昔のラワン材の色をイメージしているそうです。こんなふうに自分だけの色を調色できるのはワトコオイルならではの特徴なのです。

オスモカラーは防汚・撥水性や安全性が魅力

さて、比較に戻って次はオスモカラー(OSMO COLOR)の「フロアクリアー 3分つや」を試します。

オスモカラーの「フロアクリアー」

本来は缶に入っていますが、今回はサンプルパウチから容器に入れます。

オスモカラーを容器に

ごらんのとおり、先ほどのワトコオイルとくらべると、白濁してドロリとしています。

オスモカラーをハケに

ハケの毛先にちょこんと塗料をつけます。つけすぎに注意。

オスモカラーを塗る

粘度が高いぶん、塗装の際にはムラができないように気をつける必要があります。ワトコオイルとくらべると、筆にやや抵抗を感じ、若干塗りにくい印象です。

塗料の粘度が高いこともあり、細かい木目の中に塗料が入っていきにくいこともあります。ときどきハケを立ててあげたりすると、塗り残しができにくいかなと思いました。

オスモカラー塗装後

色合いとしてはワトコオイルと大きなちがいはなさそうですが、「オスモフロアクリアーは防汚と撥水の性能に長けているので床におすすめです」とは佐古さんの言葉。塗装サンプルで面白い実験をして見せてくれました。

塗装後に水をたらしてみました。しっかりと水をはじいているのがわかります。

オスモカラーに水をたらす

2分ほど待ってふき取りましたが、跡は残りませんでした。

一方、ワトコオイルを塗ったサンプルで、同じように水をたらして2分待ってふき取ると…

ワトコオイルの色落ち

水を垂らした箇所がほんの少し跡になっているのがわかりますか?ダイニングの床のような場所なら、オスモフロアを選ぶほうがいいかもしれせん。

また、オスモカラーは自然塗料としての安全性にも定評があります。佐古さんによれば「自然由来の成分からできた塗料は他にもありますが、オスモカラーは安全性をしっかり検証しているので安心です」。子ども用の家具や木のおもちゃなんかを塗るのにも良さそうですね。

ブライワックスは磨いてツヤを出すのがポイント

3番目に試すのはブライワックス(BRIWAX)の「クリアー」です。

ブライワックスの「クリアー」

固まったハチミツのようなワックスは、先の2つのオイル系塗料とはかなり見た目が異なります。

ブライワックスの見た目

佐古さんによると「木の中に浸透するオイルとちがい、ワックスは表面にもとどまって油膜を張ってくれる」のが特徴なんだそうです。

ブライワックスをウエスに

半固形状なのでハケではなく、ウエス(不要になった綿Tシャツなどで可)に塗料をつけて木材に塗り込んで塗装します。

ブライワックスを塗る

木目に沿って延ばしていきましょう。固形ですが、思ったよりムラはできにくいです。

ブライワックス塗装後

先ほどのワトコオイルやオスモカラーにくらべて濡れ色が薄めで、よりナチュラルな色づき。ついでに、個人的に気になっていた「チーク」も試させてもらいました。

ブライワックス「チーク」

「クリアー」とは異なり、しっかりとした茶色がつきました。さて、ブライワックスはここからが大事。タワシを使って、表面をゴシゴシと磨くのです。

タワシで表面を磨く

すると、美しいツヤが出てきます。

ツヤがでた表面

左:チーク/右:クリアー(ともにタワシで磨いた後)

これがブライワックスの魅力。ただし「ツヤが出しやすい反面、強くこすると色移りすることもあるので、床材には向いていません」とのこと。長所は短所でもあるんですね。

3つの塗料の長所&短所のまとめ

最後に、塗装後の木材をならべてみました。

塗装後の木材。左からブライワックス、ワトコオイル、オスモカラー

左からブライワックス、ワトコオイル、オスモカラーです。同じ木材に塗りくらべてみると、塗装方法や道具、仕上がりのちがいがはっきりわかり、ぐっと理解が深まりました。

あらためてそれぞれのメリット&デメリットを簡単にまとめてみます。

【ワトコオイル】
長所:サラサラで塗りやすい、色を混ぜられる、少量から買える
短所:撥水性が弱い、完全乾燥までに24時間以上が必要

【オスモカラー】
長所:防汚と撥水に優れている、安全性も検証済み
短所:少量では買えない、塗り方にコツがいる

【ブライワックス】
長所:磨くことでツヤが出る、乾燥時間が短い
短所:強くこすると色移りする、広い面積だと磨いて仕上げるのが大変

初心者は、これらの特徴を理解して自分に合った塗料を選ぶのが大事でしょう。でも、デメリットを受け入れれば、あえての塗料選びもOK。

たとえば、佐古さんはご自宅のキッチンカウンターにワトコオイルを塗っているそうですが、水濡れによる色落ちはあまり気にせず、ラフに使っているんだとか。

塗料を選ぶ前にミキシングバーで体験してみるべし

言われてみれば、ツヤや質感、汚れなどは、人によって感じ方が異なるもの。ぶっつけ本番ではなく、事前にサンプルで試すのが断然おすすめです。

toolbox「ミキシングバー」

今回ご紹介したtoolboxのミキシングバーでは、塗料の特徴に精通したスタッフが相談にのってくれるので、気になったことをどんどん質問しながら塗料を試すことができます。

自前の木材の持ち込みもOKだそうですから、サンプル持参で訪れるのもいいですね。

toolboxの床材

toolboxでは床材も豊富にラインナップしていますから、それらのサンプルを選んでその場で塗ってみるというのもアリです。ワトコオイル、オスモカラー、ブライワックスのちがいをぜひご自分の目で感じてみてください。

【toolboxショールーム】
東京都新宿区下落合3-14-16
営業時間 火~土曜 13時~17時(日・月曜・祝日 定休)

Source: 日刊住まい

ダイソーのキッチングッズを簡単リメイク!「フラワーバスケット」を作ろう!

フラワーバスケット

春の草花で空間を鮮やかに彩る「フラワーバスケット」。バスケットに草花を挿すだけで、窓辺のインテリアをフレッシュに装ってくれます。

こちらの「フラワーバスケット」の作り方を、ハンドメイド雑貨やインテリアに関する著書もあるpinkoさんに聞きました。ダイソーのキッチングッズを使って簡単に作れるそうですよ!

材料はダイソーのキッチングッズ

色彩豊かな草花たちは、春をイメージしたインテリアユースにぴったり。バスケットに挿すだけなので、フラワーアレンジが苦手という方にもおすすめです。

ダイソーのワイヤーカトラリースタンドと50cmほどの長さの端布

材料として使うのが、ダイソーの「ワイヤーカトラリースタンド」。洗い終わったカトラリーを入れておく、おなじみのキッチンアイテムをベースに使います。これに50cmほどの長さの端布を1本用意しましょう。

塗るだけ簡単DIY!フラワーバスケットの作り方

「塗って布をくくるだけ」でOK!誰でも簡単に作ることができます。

ステップ1 カトラリースタンドをペイントする

カトラリースタンド全体をペイントします。今回は「ミルクペイント(クリームバニラ)」という塗料を使って、明るいクリーム色に仕上げてみました。ミルクペイントはマット調(つや消し)に仕上がるので、落ち着いたイメージの作品作りにおすすめです。

カトラリースタンドをミルクペイント(クリームバニラ)で塗装

ステップ2 端布をくくりつける

カトラリースタンドのハンドル部分に、端布をくくりつけます。あまり難しく考えず、ラフに結ぶのがポイントです。これがバスケットの「吊り紐」になります。

カトラリースタンドのハンドル部分に端布を結ぶ

バスケットの中に草花を入れ、ハンガーフックやS字フックに吊り紐をかければ完成!あっという間におしゃれなフラワーバスケットができあがりました。

完成したフラワーバスケット

フラワーバスケットのレイアウトアレンジ

完成したフラワーバスケットのレイアウト例

インテリアのアクセントカラーとして取り入れたい春の草花。花器に入れて飾るだけでなく、バスケットに挿して吊すことでレイアウトの幅がグンと広がります。

フラワーバスケットを卓上置きにアレンジ

バスケットを棚上に置いたスタンドディスプレイもおすすめ。シンプル&コンパクトなバスケットは、置く場所やテイストを選びません。

フラワーバスケットをプレゼントに活用

おしゃれなフラワーギフトとしてプレゼントしてみても。ユニークなフラワーバスケットは、贈りものとしても喜ばれること間違いなしです。

今回はダイソーのキッチンアイテムを使った「フラワーバスケット」の作り方をご紹介してみました。100均アイテムを様々な角度から見ることによって、本来の用途と全く違うユニークな作品を生み出すことができます。

みなさんも自由な発想でオリジナリティー溢れる作品作りを楽しんでみてください!

Source: 日刊住まい

玄関土間にモザイクタイルを貼るメリット&デメリット

リノベーションの際に人気なのが、壁や床にモザイクタイルを使用すること。東京・世田谷で大家をしているアサクラさんも、マンションの部屋をリノベするたびに玄関土間にモザイクタイルを貼っているそう。

実際の施工事例をアサクラさんに見せてもらいながら「どんなタイルを貼る?」「施工にはいくらかかる?」「メリット&デメリットは?」という疑問に答えてもらいました。

玄関の印象を明るく変えられるのがメリット

玄関土間にモザイクタイルを貼るいちばんのメリットは、なんといっても見た目の明るさでしょう。うちのマンションでは、もともとはこんな感じのモルタルや、

モルタルの土間

「長尺シート」と呼ばれる防水シートが貼ってありました。

長尺シートの土間

どちらも「いかにも築古マンション」といった感じのちょっと暗い雰囲気です。ここにタイルを貼ると印象がガラリと変わります。

タイルを貼った土間

選んだのは六角形の茶色のタイル。

六角形の茶色のタイル

玄関はドアを開けて最初に目に入るところですから、タイルで飾ってあげると第一印象が格段にアップします。

タイルのかたちや色を選ぶのも楽しい

モザイクタイルは種類が豊富なので、選ぶのも楽しいです。

モザイクタイルを貼った土間

これはグレーの六角形のタイルを貼った例。入居者さんのリクエストで選んだタイルですが、個体差が模様のように見えるのが面白いです。

グレーの六角形のタイル

茶色の目地と合わせたので、落ち着いた仕上がりになりました。

モザイクタイルを貼った土間

これは25ミリ角のブルーのタイルにダークグレーの目地を合わせた例。

25ミリ角のブルーのタイル

ブルーとブラウンが混ざった独特の色合いが魅力です。同じ四角形でも大きめのサイズになると、印象も随分変わります。

タイルを貼った土間

グレーのタイルに白目地はオーソドックスな組み合わせですが、清潔感を感じさせます。

グレーのタイル

表面につぶつぶとした質感があるのも気に入りました。
事務所として使用している部屋では、三角形のタイルを2色ミックスで。

モザイクタイルを貼った土間

複数の色を組み合わせると柄にリズムが生まれます。

三角形のタイルを2色ミックスで

毎回リノベーションのたびに異なる種類のタイルを貼っていますが、どれも内見にいらっしゃった方々の反応は上々。賃貸のプチリフォームにもおすすめです。

予算を抑えたいならDIYがおすすめ

やっぱり気になるのは予算です。モザイクタイルのいちばんのデメリットが施工にかかる費用が高額だということ。業者さんに見積もりをお願いしてでてきた費用が、一式で「55,000円」でした。

タイル施工費用の見積もり

小さな玄関土間にこの費用をかけるのはちょっと…とためらう金額です。
そこで、うちのマンションでは費用削減のためにDIYでタイルを貼ることにしています。自分で施工した場合の費用の一例を挙げましょう。

タイルDIYの施工費用

プロに頼んだ場合とくらべて4分の1~5分の1ほどで済みました。難易度も、垂直な壁や形の複雑な洗面などとくらべるとかなり低めで簡単。玄関土間はたいてい四角いので、タイルの収まりも考えやすく初心者も作業しやすいと思います。

スキマを埋めるためのハーフタイル

三角形や六角形のタイルでも、半端なスキマを埋めるためのハーフタイルも用意されていることが多いので、タイルをカットしなくても対応は可能。さらに、キッチンや洗面とちがって、目を近づけて見ることがない場所なので、失敗が目立たないのもうれしいです。

タイルDIY失敗例

これはセメント目地の水分が多すぎて、乾いた後にヒビが入ってしまった失敗ですが、足下なのでぜんぜん気になりません。

実際に使用してみて気づいたデメリットいろいろ

強度に不安あり?

まず、一般的にいわれるデメリットは、タイルが割れるかもしれないこと。施工会社によっては「靴で歩く土間にはモザイクタイルは貼れません」と言われるかもしれません。

実際に3~4年間暮らしてみた感じでは、この点はあまり心配ないと思います。モザイクタイルはかなり硬いので、ヒールでガツンと踏んだり、携帯電話を落としたくらいでは傷もつきません。実際、うちのマンションで土間のタイルが割れたという話を聞いたこともありません。

汚れが目立つ

むしろ、注意したいのは汚れでしょうか。タイル目地は白を選ぶことが多いですが、当然、汚れが目立ちやすくなります。タイル本体も白や明るめの色を選ぶと、ホコリや砂がどうしても目立ってしまいます。

タイルの上の汚れ

タイルは汚れに強いので掃除すればまったく問題ありませんが、汚れが気になる方は色が濃いめのタイルと目地を合わせることをおすすめします。

濡れたときは滑りやすい

個人的にいちばんのデメリットは若干滑りやすくなってしまうことです。

タイルの表面の光沢

表面がツルっとした光沢のあるタイルは、こんなふうに光があたると反射してきれいに見えるのですが、靴底の材質によっては濡れていると滑りやすくなります。雨の日には注意が必要ですね。

我が家の玄関は1m×1mにも満たないほどの広さなので、万が一のときは壁やドアに手をつくことができますが、広めの玄関では転倒する危険もあります。広さや家族構成にも配慮して選ぶといいと思います。

モザイクタイルを貼った土間

玄関の雰囲気が一変するモザイクタイル、検討する価値ありです。

Source: 日刊住まい

100均「木材」の活用法!これからの季節にぴったりな「春色シェルフ」を作ろう!

春色シェルフ

清々しいフレッシュカラーの「春色シェルフ」。春を感じさせるブルー×ホワイトの色合わせは、これからの季節にぴったりです。

今回はこちらの「春色シェルフ」の作り方を、ハンドメイド雑貨やインテリアに関する著書もあるpinkoさんに聞きました。本格的なつくりですが、100均の木材を活用して作るそうですよ!

材料は100均の木材だけ!

春色シェルフ

小皿やカップなどがぴったりと収まるコンパクトな卓上シェルフ。見た目も爽やかで、収納とディスプレイを同時に楽しむことができるお役立ちアイテムです。

木材

材料として使うのが100均の木材。長さはすべて45cmですが、幅の違う2種類の木板を使います。
・合板(45cm×30cm)×1枚
・木板(45cm×12cm)×5枚
木材は全てセリアで購入しました。

100均木材だけで本格的!春色シェルフの作り方

100均の木材だけでも、本格的なシェルフを簡単に作ることができます。

ステップ1 木板をカットする

12cm幅の木板2枚を、合板の短辺と同じ長さ(30cm)になるよう糸ノコでカットします。木材のカットは、この2カットだけでOKです。

木板をカット

ステップ2 シェルフの枠組みを作る

カットした木板2枚と残りの木板3枚(どちらも12cm幅)を組み合わせて、シェルフの枠組みを作ります。短い木板を両端に立て、間に長い木板3枚を渡すようにしてボックス型にします。

板は木ネジを使ってしっかりと固定しましょう。

シェルフの枠組み

ステップ3 ボックスの背面を作る

できあがったボックス型の枠組みに合板を貼り付け、背面を作ります。合板と枠組みは木工用の瞬間接着剤を使って固定すればOKです。

これでシェルフ本体が完成です。

ボックスの背面

ステップ4 シェルフをペイントする

完成したシェルフをペイントします。今回は内面を明るいホワイトで、外面を淡いブルーでペイントし、春らしさを表現してみました。

使った塗料
・ミルクペイント(クリームバニラ)
・ミルクペイント for ガーデン(クラウディーブルー)

ペイント

これで、これからの季節ににぴったりの「春色シェルフ」が完成です! 天板も使えば3段のラックレイアウトができる、おしゃれで便利な収納ラックができました。

春色シェルフ

春色ラックのレイアウトアレンジ

春色シェルフのアレンジ

ホワイト×ブルーの春色カラーが、見慣れたキッチンをフレッシュに彩ってくれます。コンパクトながら、小皿やカップなどをきちんと収納することができる実用性の高さもポイントです。

春色シェルフのアレンジ

鮮やかな草花をレイアウトした、春のガーデニング使いにもぴったり。ブルーとホワイトのエコロジーカラーが、色彩豊かな春の草花たちを可憐に引き立ててくれます。

100均の木材を活用した、「春色シェルフ」の簡単DIYレシピをご紹介しました。こんな本格的なシェルフも、100均の木材だけで作ることができるんです。

みなさんも作ってみてはかがでしょうか。

※荷重や強度に気をつけて使いましょう

Source: 日刊住まい

100均まな板でメイク道具をおしゃれに収納できる「ボックス&ラック」を作ろう!

細々とした道具や小物を収納するのに便利な「ボックス&ラック」。ごちゃつきがちなメイク道具も、コンパクトにスッキリかわいく収まります。

今回はこちらの「ボックス&ラック」の作り方を、ハンドメイド雑貨やインテリアに関する著書もあるpinkoさんに聞きました。なんと、「まな板」を材料に使って作るそうですよ!

材料は100円ショップの2アイテム

ボックスとラック(棚板)が一体となった、便利でおしゃれな収納アイテム。どちらもオープンになっているので使いやすく、レイアウトを活かした「見せる収納」も楽しめます。

材料として使うのは「桐まな板」と「ウッドケース桐」の2アイテム。まな板はキャンドゥで、ウッドケースはセリアで揃えました。まな板とウッドケースのフタの横幅が、ぴったり同じサイズというところがポイントです。

ネジ止めだけの簡単DIY!ボックス&ラックの作り方

使う道具はネジとドライバーだけでOK!誰でも簡単に作ることができます。

ステップ1 ウッドケースを分解する

ウッドケースの本体からフタの部分を取り外します。接続部は竹串のような細い丸棒で繋がっているだけなので、丸棒をカッターで切断すれば簡単に取り外すことができます。

ステップ2 まな板とウッドケースを接着する

垂直に立てたまな板に、ウッドケースの本体を接着して固定します。(写真上)

次に、ウッドケースのフタ部分をまな板の真ん中あたりに合わせ接着します。(写真下)

どちらも仮固定なので、しっかりとした強度で接着しなくてもOKです。

ステップ3 全てのパーツをネジ止めする

まな板の裏側から、ウッドボックス本体とフタ部分をネジ止めします。ネジを入れる板厚が薄いので、直径2mm程度の木工ネジを使うとうまく固定できます。これでボックス&ラックの本体ができあがりました。

ステップ4 全体をペイントする

ボックス&ラックの本体を、好みのカラーにペイントします。今回は「オールドウォーターワックス ウォーターベースコード(チーク)」と「ミルクペイント(クリームバニラ)」の2色を使い、清涼感のあるフレンチカラーにペイントしてみました。

塗料をしっかりと乾かせば、おしゃれな「ボックス&ラック」の完成です。

ボックス&ラックをインテリアアレンジしてみよう

ごちゃつきやすいメイク道具をおしゃれに収納。取り出しやすく、どこに何があるのかが一目で分かるので実用性も抜群です。メイク道具をインテリアの一部のように、おしゃれに収納することができます。

お気に入りの小物をレイアウトする、インテリアユースにもぴったり。フレンチカラーの大人びた色合いが飾るものの魅力を引き立て、繊細で美しく見せてくれます。

100円ショップの2アイテムを組み合わせて作る、「ボックス&ラック」をご紹介しました。長さや幅がぴったりと合うものを組み合わせることで、まだまだ色々なアイデア雑貨を作ることができそうですね。

みなさんもぜひ作ってみてください!

Source: 日刊住まい

冬の乾燥対策も。タオルスタンドを100均ワイヤーネットで簡単DIY

お部屋の乾燥が気になるこの季節。夜寝るときにちょっと加湿したい…。

そんなときは、湿ったタオルを干しておくのもおすすめ。100円ショップでも手に入るワイヤーネットで、簡単にできるタオルスタンドのつくり方を、ライフオーガナイザーとして活躍する片づけのプロ・安尾香奈さんに教えてもらいました。

就寝中の加湿にもバッチリ。便利なタオルスタンド

寝ている間の乾燥対策に、濡れたタオルを干しておける方法を考えました。イメージしたのは、旅館やホテルにある、タオルを数枚干せるスタンド。これを100均のワイヤーネットでつくってみることに。

使ってみると…予想以上に便利!移動もカンタン、使わないときは折りたたんでしまっておけるのもメリット。

お風呂で使ったタオルを濡らして、枕元に干しています。濡れたままのタオルを置きっぱなしにするのも、洗濯カゴに湿ったまま入れておくのも抵抗があったので、それも解決できました。

材料は100均アイテムのみ!

【用意するもの】
・ワイヤーネット
・結束バンド
※必要であればテープ

どちらもダイソー。写真のワイヤーネットは約29.5×62㎝。かけたいタオルの大きさに合ったものを選んでください。

つくり方は超簡単!結束バンドで固定するだけ

2枚のワイヤーネットの両端を結束バンドで結びます。端から1つ目と2つ目のマスあたりを結ぶといいです。同じように下部の端も結びます。このとき、かたく結びすぎても稼働しにくく、ゆるすぎても自立しにくいので、2枚を動かして、折りたたみ方を確認しながら締め具合を調節してください。

とびだしたバンド部分は、切ってしまうと断面がタオルに引っかかったりもするので、テープで固定するのがおすすめです。

これで完成です!ワイヤーネットを2枚つなげたものと、3枚つなげたものをつくりました。

ちょっとした室内干しにも。使わないときはコンパクトに

タオルに限らず、室内干しとしても大活躍。場所をとりがちなズボンやバスタオルなども干せます。大物を干すときは、角度をつけて置くと倒れにくいです。

使わないときは、折りたたんでしまっておけるのもいいところ。

カーテンの裏に置いておけば、生活感も出ません。必要な数だけつなげて、簡単につくれる便利なタオルスタンド。ぜひ試してみてください。

Source: 日刊住まい

竹串と空き瓶、無印アロマで!リードディフューザーが2分でできた

訪問先でほのかに良い香りがすると癒され、招く側のおもてなしの心を感じるものです。
なかでもアロマボトルにスティックが挿してあるディフューザー(リードディフューザー)は見た目もお洒落。場所を取らず、熱源も不要なので気軽に楽しめます。

プチDIYが好きなライターのKumikoさんは「これは家にあるもので簡単に作れそう」とひらめいたとか。人気の無印良品のオイルを使った、リードディフューザーの作り方を紹介してもらいましょう。

空き瓶、竹串、材料は家にあるものばかり

竹串

小さな瓶の場合は爪楊枝でも代用できます

市販のリードディフューザーのスティックを眺めていて、料理に使う竹串で作れる!と思った筆者。中途半端に残ってしまった竹串をここで大量消費できます。

用意するもの

・無印良品のインテリアフレグランスオイル60ml(ハーバル)
・薬瓶や精油の空き瓶(洗って乾かしておく)
・竹串
・好みのマスキングテープまたはラベルシール
・ハサミ
・古布
・ティッシュペーパーまたはウエットティッシュ
・その他、小さい漏斗(ろうと)があると便利です

空き瓶

材料選びのポイント

薬瓶や精油の空き瓶がおすすめなのは、口が小さいため竹串(スティック)のまとまりが良く、香りが強くなり過ぎないためです。

無印良品は4種のアロマブレンドオイルを展開しているので、心地良いと感じる香りをお選びください。

アロマオイル

作業時間2分であっという間に完成!

材料が揃ったら半分完成したようなもの。切る、注ぐ、貼るだけの簡単な工程です。

ステップ1 空き瓶に竹串を入れ、竹串の長さを確認

竹串は1瓶に対して5本程度にすると、まとまりが良く収まります。

ステップ2 竹串の先端をカット

先端をカットすることで表面積を増やし、オイルを吸収させやすくします。
この時、ハサミで一気に竹串を切ると先端が飛び散る可能性が高いため、下の画像のように、ハサミで竹串に印が付く程度に傷を付けてから手で折ります。

竹串に傷を付ける

手で折る

ステップ3 瓶にフレグランスオイルを注ぐ

古布を瓶の下に敷き、オイルがこぼれた場合の対策をしておきます。
筆者はオイルの瓶の口にウエットティッシュを巻いて注ぎましたが、小さな漏斗をお持ちの方は使うとキレイに注ぐことができます。

オイルを注ぐ

オイルの量は多いと香りが強すぎると感じる場合があり、万が一の転倒も考えて瓶底から1センチ程度にとどめておきます。オイルが減ったら都度補充するようにしてください。

ステップ4 カットした竹串を瓶に入れる

竹串は放射状に入れたほうが見映えが良いです。これでほぼ完成!

ほぼ完成

茶色の瓶はこれで完成としましたが、透明な瓶はココで手を止めずにもう一工夫したいと思いました。いよいよ最終工程です。

ステップ5 シールやマステでデコる

瓶に置きたい場所のインテリアに馴染むデザインを施したり、好みのマスキングテープ(マステ)やラベルシールを貼ります。

マステの準備

筆者は大好きなミナペルホネンの花柄マステを使いました。

マステで装飾

5つの工程を紹介しましたが、作業時間は瓶1つにつきわずか2分でした。3つまとめて作っても5分程度で作れます。

リビング、玄関、トイレ 部屋の香りを統一し癒しのおうち時間を

玄関にディフューザーを置いたところ

小瓶で作ったリードディフューザーは、部屋の小さなスペースに気軽に飾ることができます。
オイルが少量でも初日はかなり香りますが、2日目以降は香りが落ち着いてきます。季節ごとに香りを変えるのもおすすめです。

「香りでおもてなし」はゲストだけでなく、何よりも自分自身が癒されます。身近な材料ですぐに作れますので、試してみませんか。

※フレグランスオイルの取扱説明書を良く読み、特に小さなお子様、ペットがいるご家庭は使用方法や設置場所にお気をつけください

Source: 日刊住まい

カインズのジグソー(電動ノコギリ)が評判。3000円以下で初心者にも

DIYが好きな人に、耳寄りな情報です。「ホームセンター・カインズのオリジナルブランド『kumimoku』が、今、DIY好きのあいだで話題沸騰中!」。そう教えてくれたのは、インテリアライターとして活躍する遠藤舞衣さん。

シリーズの中でも、遠藤さんがぜひおすすめしたいというのが「ジグソー」。その理由と使い心地をレポートします。

kumimokuのジグソー

「kumimoku」がDIY初心者におすすめなワケとは?

カインズのオリジナルブランド「Kumimoku」は、「安い」「デザインがいい」「使いやすい」と3拍子そろったDIYツールのシリーズです。これからDIYに挑戦してみたい!という初心者には、とくにおすすめ。工具以外にも塗料やウォール材など、ラインアップが豊富なところも魅力です。

軽量なので女性が持っても安定感がある

なかでも、今回ご紹介したいのは、「ACジグソー KT-06」2980円(税込)。木材をカットする工具にもいろいろありますが、ジグソーは、電動ノコギリや丸ノコより安全性が高く、女性やDIY初心者が扱いやすい工具です。

価格帯は、6000円〜1万5000円程度のものが多いですが、「Kumimoku」のジグソーは、なんと3000円でおつりが! これだけコスパがいいと、気になるのは性能です。早速チェックしてみました。

切断能力は十分

まずは「切断能力」。切れるものの厚さの限界は、木材が50㎜、鉄が3㎜とのこと。5㎝の厚さの木材が切れれば、DIYに使う工具としては十分だと思います。

便利機能も充実

切り口を斜めに切る「傾斜切断機能」や、「ワンタッチ替え刃機能」、木屑の飛び散り防止や手指の怪我を防ぐ「ブレードカバー」など、便利機能もたくさんあって使いやすい印象です。

切断スピードは比較的ゆっくりめ

切断スピードが調整できる「オービタル機能」や、線をまっすぐに切るための「直線ガイド」はなし。オービタル機能がないため、切断スピードは比較的ゆっくりですが、むしろ初心者向きともいえます。

軽量で扱いやすい

なによりうれしいのが、その軽さ。とくに女性にとっては、重さが1.4㎏というのは魅力的。片手で持っても安定感があります。

「Kumimoku」のジグソーを使って木材を切ってみた!

ジグソーの使用感を確認するために、作業デスクに置く引き出しをつくることにしました。

引き出しの材料・木材

引き出し用つまみ

ダイソーの水性ニス

材料は、家にあまっていたSPFの1X4材に、セリアの引き出し用つまみ。木材には、ダイソーの水性ニス・ウォールナット色を塗りました。引き出しのサイズに合わせて、木材をジグソーでカットしていきます。

 

音はやや大きめ

ジグソーは高速で刃を上下に動かし、木を切断するので、カットしている間はそれなりに音が出てしまいます。スイッチを入れた途端に、「ヴィーーーーーン!!」というモーター音が響き、ちょっと大きめかな、という印象。木をカットすればさらに音がプラスされます。ご近所迷惑にもなりかねないので、早朝や夜間の使用は控えたほうがよさそうです。

切断スピードはゆっくりめ

1分間で3000回、16㎜の幅で刃が上下に動きます。この数字は決して遅いほうではないのですが、幅15cm、厚み19㎜の板を1カットするのに、やや時間がかかるように思いました。

木屑はやっぱり舞う

ブレードカバーのアップ

「Kumimoku」のジグソーには、ブレードカバーがついています。手指を怪我しないためのものですが、木屑の舞い散り防止にもある程度の効果が。実際に使ってみたところ、細かい粉塵がかなり舞ったので、やはりマスクやゴーグルをして作業するのがおすすめです。

カットした木材で引き出しをつくる

木材にボンドをつける

カットした板を組み立て。ボンドで仮止め後、ビスで固定していきます。

木材を組み合わせて引き出しに

さらに、引き出し手前部分の板につまみを取りつけ、こちらもボンドとビスで固定。

引き出し完成

これで完成です。

作業デスクに引き出しをセット

多少、いびつなところもありますが、机にセットしてしまえばゆがみも目立たず、使い勝手は上々!

コスパも使用感もいいカインズのジグソー。ホームセンターでは、木材を斜めにカットする作業は受け付けていないところもあるようですが、このジグソーがあれば、DIYの幅も広がりそうです。

せっかくDIYをするのなら、木材のカットも自分でできると安上がりですよね。興味がわいたらぜひ試してみてください。

Source: 日刊住まい

洗面所のリフォームで12万…もし、メルカリやDIYを駆使したら?

洗面所はトイレやお風呂とちがって、住みながらでもリフォームすることが可能です。東京・世田谷で大家をしているアサクラさんが運営するマンションでおこなった工事を例に「洗面所をまるごとリフォームしたら、一体いくらかかるのか?」を具体的に解説してもらいました。

故障した一体型洗面台を処分して「15,000円」

洗面所をリフォームしたきっかけは、以前から事務所に設置してあった古い一体型の洗面台が故障したこと。

一体型の洗面台

一体型の洗面は基本的な機能に加えて照明や収納までオールインワンとなっている利点がありますが、個人的には野暮ったいデザインのものが多く好きになれません。

今回、水栓に故障が発生し、蛇口をひねるたびに台の内部で少しずつ水漏れが起きてしまう事態が起きたのですが「メーカーに部品がない」と言われました。予想以上に修理代金がかかりそうだったので、これを機に洗面をフルリフォームすることに。

まずは古い洗面台を撤去してもらいます。解体と撤去と処分にかかった費用は「15,000円」でした。

大工さんに洗面カウンターを作ってもらって「25,000円」

撤去してみると、こんな感じになりました。

撤去後の洗面の壁

マンションが建てられたときに貼られたと思しきタイル壁が出てきました。ここにカウンターを造作してもらい、洗面ボウルをのせます。

大工さんに作ってもらったカウンターがこちら。

洗面カウンター

これにかかった費用は「30,000円」。料金には別の部屋でお願いした細かい工事も含まれているので、ここでは「25,000円」と考えることにしましょう。

DIYで壁とカウンターにモザイクタイルを貼って「20,000円」

壁とカウンターにはモザイクタイルを貼ります。経費削減のためDIYでおこないました。

モザイクタイルDIY

壁には、人気のランタン型タイル(名古屋モザイクの「コラベル」)を、カウンターには淡い色合いが魅力の25ミリ角のタイル(toolboxの「水彩タイル」)を貼りました。

モザイクタイル施工後

我ながらなかなか上手にできたと思います。かかった材料費ですが、ランタン型タイルが「約10,000円」、水彩タイルが「約4,000円」、接着剤や目地材などの副資材におよそ「6,000円」がかかりました。

タイルDIYにはざっくり「20,000円」かかった計算になります。業者さんに見積もりを取ったわけではないので詳しくはわかりませんが、プロに頼めばあと数万円は余計にかかったのではないでしょうか。

洗面設備と設置費を加えて、費用の合計は「12万円」

水栓や洗面ボウルは種類によって価格が大きく異なりますから、設備選びは予算を大きく左右します。今回は経費削減のため、ヤフオクで入手し(サンワカンパニーの「ハトリアニド」)、施主支給しました。

洗面ボウル

定価なら2万円はするものですが、およそ半額で入手できました。水栓と排水金具は業者さんに用意してもらい「25,000円」。洗面設備の合計は「35,000円」となりました。

さらに、これらを水道屋さんに設置してもらう取り付け工事費用がかかります。うちの場合は「25,000円」でした。かくして洗面のフルリフォームが完了しました。

リフォーム完成写真

気になる合計金額はトータル「12万円」。

合計金額

なお、タオルかけや鏡、照明器具などは含まれません。

もっと予算を削減するにはどうすればいいか?

古ぼけた洗面がきれいに生まれ変わって仕上がりには満足です。

洗面ビフォーアフター

でも、できれば10万円くらいに収めたかったというのが本音。やや予算オーバーしてしまったという反省の気持ちはあります。

では、どうすればもっと予算が削減できるのでしょうか?まず考えられるのは、カウンターの造作をやめ、壁に直付けの洗面台を選ぶという選択。

壁付けの洗面

狭めの洗面ならカウンターがなくても利便性が大きく変わることはありません。これでカウンターの造作費用は削減できます。

さらに、洗面ボウルだけでなく、水栓や排水金具もヤフオクやメルカリで入手し、施主支給してしまうという選択もあります。

洗面の水栓

水栓などについては初期不良のリスクもありますし、組み合わせをしっかり考慮する必要があるので大変ではありますが、かなりの経費削減が期待できます。

ミニマムに収めれば8万円強でリフォームが可能に?

参考までに別の部屋で工事した例をごらんください。

洗面

この洗面はTOTO製のオーソドックスな洗面ボウル・水栓・排水金具を組み合わせたものです。手元にあるデータを元に、「メーカーの定価」と「見積もりに記載された価格」と「実際にヤフオクやメルカリで入手した価格」を比較してみると…価格の比較表

定価は参考程度に考えるとしても、業者さんが手配した場合の価格とヤフオク&メルカリを駆使した場合の価格を比較しても、およそ半額になります。これはなかなか大きいですね。この価格差を踏まえてミニマムに絞った場合の合計金額を算出してみると…

合計金額ミニマム版

これなら、タオルかけや鏡などを追加しても10万円以内に収まりそうです。タイルをあきらめて塗装に切り替えてDIYすれば、あと1万円くらいは下がるでしょう。でも、せっかくのリフォームですし、個人的にはデザイン性も大事にしたいので譲りたくはありません。

洗面所などの部分的なリノベを検討中の方の参考になれば幸いです。

※ご紹介した工事費用はあくまでうちのマンションの事例です。お願いする業者さんによって増減する可能性は十分にあります。また、DIYを挟むと工期は伸びがちになり、業者さんとの調整に手間がかかることもご承知おきください。

Source: 日刊住まい