床暖房のメリット&デメリットを種類別に解説。あなたに向くのは?

「冬になると家の中が寒くて辛い」…そんな暮らしを快適にする方法の一つとして、じんわりと足元から温めてくれる床暖房があります。リノベーション会社EcoDecoが運営するサイト「大人のリノベ」担当者に、その良さや気になるコストなどについて教えてもらいました。

快適さを実感すると手放せない

S邸リビング

リノベーションされた深沢のSさんは、物件探しの段階から「床暖房を導入できるマンション」を希望されていました

暖房器具としてエアコンの次に思い浮かぶのが、床暖房。リノベの打ち合わせの際にも、床暖房を導入したいという方が一定数います。きっかけはそれぞれですが、実際に導入した方は「現在の賃貸住宅に床暖房があり、新居でもぜひ導入したい」という方や、「友人宅で床暖房がいいと感じた」という「実感したから」という方が多いのです。

床暖房は施工費が高め(詳しくは後半でお伝えします)なので、当初希望していても、結局施工を断念されるケースも少なくありません。それでも床暖房を導入した方からは、やはり「設置してよかった」と言われます。私たちが関わるのは、築30〜50年程度の中古マンションが多く、断熱が施されていない場合も多いので、体感として差を感じやすいのでしょうね。

床暖房はどうやって温める?

床暖房はどのような仕組みで部屋を温めるのかというと、床下に専用のマットを設置して床を温め、さらに空気を温めるという形式で、これを輻射熱(ふくしゃねつ)といいます。輻射熱は、温度の高いところから低いところへ広がっていく性質があるので、温風でなくてもお部屋全体を温めてくれます。

暖かさを感じるまでには少し時間がかかりますが、空気を温めるのではなく、壁・床・天井そのものを温めるため、一度温まると心地いい室温が保たれる良さがあります。オイルヒーターも同じく輻射熱で温めるので、じんわりとお部屋全体が温まります。

温風式の場合にネックになる、「温風が直接当たるのがいや」「乾燥が気になる」「部屋の隅々まで温まらない」という問題が、床暖房だと解消される良さがあります。

どんな人に向いている?

リビングの床

では、床暖房はどういう方に向いているのでしょうか。

温風や乾燥が苦手な方

エアコンやファンヒーターの温風が苦手という方、直接風が当たるのが苦手な方。

部屋が広い(容積が大きい)方

温風式に比べて、部屋のどこにいても暖かさを感じられます。

在宅時間が長い方

立ち上がりの遅さはありますが、一度温まると冷めにくい特長があるためです。

住まいを快適にするために、リノベ会社ができること

床

気になるコストは?

良いことばかりのような床暖房ですが、問題は「施工費が高い」ということ。方式にもよりますが、ヒートポンプ方式で4.5畳程度に施工した場合、40万円程度が目安です。

ただ、コスト以上に「住まいが快適であること」はとても大切だと思います。特に、大人世代の方は、身軽に動ける今のうちに温熱環境を整えることをお勧めします。

身体機能が低下した場合の住宅を考えておく

「動けるうちにやっておく」

このことは、2019年3月に国土交通省が定めた「高齢期の健康で快適な暮らしのための住まいの改修ガイドライン」でも提唱されていて、「アクティブに動けるうちに、住環境を整えましょう」というのが国の考えとなっているのです。

高齢期といわれると遠い未来のことで、あまり自分ごととして捉えられないかもしれませんが、例えば30〜40代の方は親御さんを思い浮かべてみてください。まだまだ動けるけれど、70代になってから住まいを変えることは色々と負担になるかも…と思いませんか?

あとどれくらいこのまま住み続けるかわからないし…とも思われるかもしれませんが、内閣府の集計によると、高齢になって身体機能が低下した場合でも現在の住まいに居住したいと考える方は65%に及びます。高齢になる程、動くことが心理的にも身体的にも負担になりますので、まずはご自宅の温熱環境を整えていくことを優先的に考えてみましょう。

内閣府の調査結果

 

住みながら工事ができる?

答えは、「YES」。ただし、おすすめではありません。今あるフローリングの上に施工するのか、フローリングを新しくして施工するのか、施工範囲はどうなのか…その他さまざまな条件が絡むので、絶対ではありませんが、いずれも工事期間は1週間以内が目安です。工事業者に相談しながら進めましょう。

床暖房は何を選んだらいい?

床暖房には大きく分けて3つの方法があり、それぞれ特徴があります。
表にまとめましたので、比較してみましょう。

▼床暖房の特徴比較

方式 向いている住まい 長所 短所
電気式

(ヒーター)

電気を流すと発熱するヒーターパネルで床を暖める。

オール電化や太陽光発電を完備した住まいに向いている。

使用時間が限られている方。

床暖房給湯器や室外機を設置できない状況の方。

・省スペース

・使用時間が短い

・後から簡易に設置できる

(オール電化や太陽光発電などを完備した住まい以外では)ランニングコストが高い

使用時間によっては他の形式と同程度となる

温水式

(ガス)

ガス給湯器でお湯を沸かし、床暖マット内のチューブに温水を循環させて部屋を温める。

床暖房専用の熱源器(お湯をつくる)が必要ですが、お風呂給湯器などと一体となっているタイプもあるので、設置スペースがあまりとれない家に向いている。

・暖めるパワーが強い

・床暖チューブ内「不凍液」は10年で交換(メーカー推奨)の費用がかかる

・電気式に比べると立ち上がりが遅い

・給湯器と床暖房熱源器一体型でない場合は、床暖房専用の熱源器が必要になるので設置場所などが必要になる

電気温水式

(ヒートポンプ)

空気の熱を利用して、少しの電気でお湯をつくり床暖マットを暖める。

ヒートポンプユニット(室外機)を置くスペースがある方。エコキュート利用や割安深夜電力を使用できる方などにお勧め。

・ランニングコストが安い

・初期導入の費用は他に比べるとやや高め

・床暖房ユニット(熱源器)と室外機が必要になるので、十分な設置スペースが必要

・床暖チューブ内「不凍液」は10年で交換(メーカー推奨)の費用がかかる

それぞれ一長一短があり、さらにご自宅の状況で設置ができる設備も変わってきますので、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。住まいに目を向けるきっかけになれば幸いです。

大人のリノベ
高齢期の健康で快適な暮らしのための 住まいの改修ガイドライン

Source: 日刊住まい

床がすべてモルタルだから掃除もラク!機能性重視のリノベ

LDK

Fさん夫妻は賃貸マンションに住んでいましたが、仕事の関係で夫婦揃って住めない時期などもあったそう。そのためどうせ家賃を払うならば「家を買ったほうがよいのでは」と考えるようになったといいます。

夫妻はもともと中古物件×リノベーションに興味があり、ウェブサイトで見た施工実例が自分たちのイメージと合うと感じていたEcoDecoに相談しました。EcoDecoには、物件探しからワンストップで依頼。

物件購入後、夫妻は工事費 1300万円(税・設計料込み、施主支給含む)をかけて機能性を重視したリノベを行いました。

床はすべてモルタルだから掃除もラク!

キッチン

購入したのは東京都渋谷区にある眺めのよいヴィンテージマンション。57.48平米の空間は、大きくLDKと寝室の2つに分かれています。

玄関近くはキッチンで、PS(パイプスペース)の凸凹をうまく生かしてL 型に。レンジ側の裏手にできたデッドスペースには、設計の關 恭子さんのアイディアで引き出し式の収納を設けました。

キッチン

キッチンには夫のこだわりから、ローストチキンもつくれる大型ガスレンジをビルトイン。高火力のガスコンロや、ファンの汚れがトレーに回収されるレンジフードなど、高い機能が目を引きます。
スペースの有効利用のためキッチン下部は造作し、上部には利便性が高い業務用収納を採用しました。

リビング

ベランダ側はリビングとして使用。写真右手は玄関近くに設置したミラーです。

リビングには小上がりを希望していましたが、ハイスペックな設備を採用したキッチンなどとのコストバランスを考え、ゲスト用に購入する予定のベッドで代用することに。壁の塗装もDIYしました。
「このときの見直しが、より洗練されたプランになるきっかけになりました」と妻。

LDK

「ふたりともものづくりが好きなので、汚れても掃除しやすいように」(夫妻)と床は既存フローリングを取り除いてモルタル仕上げにしました。
夫妻にとってLDKはくつろぎの場であり、アトリエであり、ときにはDIYの作業場にもなる機能的なスペースとして捉えています。

収納

躯体現しの天井の懸垂棒を使えば、LDKはトレーニング場にも。

造作で設けた収納は、すべてオープン棚になっています。どこに何が入っているかひと目で分かり、湿気などもこもりにくいのが気に入っているそう。

リビング

テレビはPSなどがあって壊せなかった壁に固定。テレビ下のモルタルはトイレの配管を通すためにつくったものですが、テレビ回りに置きたい物の定位置として重宝しています。

寝室はバックヤードのような空間に

通路

LDKと寝室の間は引き込み戸にすることで、保温時や来客時以外は空間を気軽に一体化できるようにしています。

トイレ

トイレはテレビ裏手にある構造壁に沿って配置。壊せない空間の凹凸を自然な形で利用しています。洗面室とは離れて
いるため手洗い器を設置しました。

寝室

寝室はゲストが入らない場所であり、バックヤード的なスペースも兼ねると位置づけて、クローゼット部分には仕切りを設けませんでした。コスト面の配慮もあったそうですが「広く見えるし、結果的によかったです」(妻)。

寝室

オープン棚には収納ケースを収めるなど、必要に応じアレンジして使用。右正面の引き戸を開ければ、洗面室と浴室になっています。

洗面

配管の関係で洗面室入り口には段差ができたため、引き出し式のステップを設置しました。
浴室は在来工法。手入れがしやすく高級感のあるホーローの浴槽を選び、壁をサブウェイタイルで仕上げました。洗面ボウルは幅が広いタイプとし、夫妻が並んで使えるよう配慮。

「景色がいいし、家のどこにいても過ごしやすい。極力、家にいたいと思うようになりました」とFさん。新居は忙しい夫妻のオアシスのような場所になったようです。

プロデュース・設計 EcoDeco
撮影/飯貝拓司

※物件価格、工事費、ご家族の年齢等の情報は「リライフプラスvol.34」取材時のものです

Source: 日刊住まい

日刊Sumaiライター・井上さんの団地物件探し。内見物件の満足度を公開

夫と都内の団地(賃貸)に暮らし、「団地大好き!」というライター・井上さん。団地リノベにも強いリノベ会社・EcoDecoおススメの団地物件を内見させてもらうことになりました。

井上家の希望を踏まえ案内された3物件ついて、感想や満足度を井上さん自身に紹介してもらいます。案内してくださるのは、EcoDecoの小林孝寿さんです。

井上夫妻

【イノウエ夫婦のプロフィール】
ライター・イノウエヨウコ/ナチュラルな暮らしに憧れるアラサーライター& 編集者。趣味は料理とカメラとDIY。多趣味が災いし(?)、器や調理器具から本や雑誌、木工グッズまで所持品が多いのが悩み

夫/都内勤務の会社員。ピアノとギターとPCゲームを愛する文化系男子。自室に電子ピアノと大型モニターは必須。妻の妨害を逃れ、音楽やお笑いの動画を鑑賞するのが至福の時間

内見したのはこの3件!

物件価格は2000万円以下、広さは60平米以上でエリアは東西線沿線が希望だけど千葉まで広げてOK、というリクエストに応えて選んでいただきました。

物件A:日当たり良好。ゆったり環境が心地よいザ・団地

まずは最寄り駅から徒歩20分ほどの場所にある大規模団地へ。
団地というと、同じ建物がマッチ箱のように並んでいるイメージでしたが、こちらは高層・低層・テラスハウスとさまざまなタイプの建物が集い、小さな街みたいな雰囲気。敷地内にスーパーもあり、生活しやすそう。

団地a

内見したのは8階建ての2階。玄関ホールを抜けると掃き出し窓が2つ並ぶ明るいLDKが! 妄想が膨らみます。すると、おもむろに家じゅうの壁をコンコンと叩き床をフミフミし始めた小林さん。
「リノベ時にどの壁を抜くことができるか、チェックしているんです。ちなみに古い団地ならではの太いコンクリートの梁は、現しにするとかっこいい意匠になりますよ」とのこと。床は、二重床か直床かをチェックしているのだそう。

団地a

「ここは二重床の可能性も。規約で直床にしてよければ、今2400㎜ある天井高を、もう少し高くすることはできそうですね」。2階ではあるものの、木々とテラスハウスに囲まれているため眺めもなかなか。

築年数は気になるけど、明るく広いアルコーブもポイント高し。

団地a

・エリア/千葉県内
・交通アクセス/最寄駅から徒歩20 分
・専有面積/61.28平米(2LDK) バルコニー12.46平米
・築年数/37年(昭和56 年築)
・建物規模/地上8 階建ての2 階
・物件価格/1550万円
・管理費、修繕積立金/6800円、1万4000円 計2万800円

物件B:眺望抜群の11階建ての最上階!団地というより高層マンションの趣

次に向かったのはAと同じ団地内にある11階建ての物件の最上階。見晴らしと風通しがよく、開放感抜群のLDでギターやピアノを弾いたら気持ちがよさそう!

団地b

キッチンから離れた角部屋は、夫が喜びそうな予感。

団地b

ただし、床はかなり劣化が目立ち、お風呂も狭いので全面リノベはマスト。がっつりとリノベした場合のおよその予算を尋ねてみると「平米あたり16万円で計算すると……950万円くらいでしょうか」とのこと。うぅ、これはかなり厳しいかも。

団地b

「ち、ちなみにいきなり退去勧告とかないですよね?」と尋ねたところ、小林さんがサッと取り出したのが、今後の修繕計画と収支が記載された修繕計画表。
「今のところ、大丈夫そうですよ。ちなみに収支が赤字の部分がありますが、こちらのように総戸数が500戸以上もある大規模な団地ですと、黒字回復も早いんです。ざっと見た感じですが……まず大きな問題はなさそうですね」。

エレベーター1台に対し各階2戸ずつという贅沢なつくりでプライベート感もバッチリ。お値段相応の価値は、十分にアリかも?

・エリア/千葉県内
・交通アクセス/最寄駅から徒歩20 分
・専有面積/62.84平米(2LDK) バルコニー14.08平米
・築年数/37年(昭和56 年築)
・建物規模/地上11階建ての11階
・物件価格/1730万円
・管理費、修繕積立金/1万300円、1万7000円 計2万7300円

物件C:破格の1000万円以下! 使用状態も良好で広さも十分

最後に「今回の希望の沿線からは外れますが…」と言いながら案内してくれた3件目。

団地c

お値段を聞いて「ボロボロなのでは?」と正直、期待値は低かったものの玄関ドアを開けて驚愕。状態のよいフローリングが広がる日当たり抜群の空間。
「これは、前の持ち主の方が一度リノベされた物件ですね」と小林さん。

団地c
お風呂もそのまま使えるくらい状態がよく、トイレの窓がないことはこの際どちらでもよくなってきた……。
カラフルな壁紙が貼ってある2つの洋室はパリのアパルトマンのよう。

団地c

ただし先ほどの2件に比べ収納スペースが少ないため、家具を置いたり造作するなど収納スぺースの確保はマスト。さらに、玄関を開けたらすぐにお向かいさんの玄関ドアという構造と、エレベーターがないことはネック。

キッチンが北向きのため、日当たりのいい部屋にダイニングテーブルを置くとキッチンとテーブルの距離がかなり離れてしまう間取りもやや気になるところ。しかし、それを差し引いても物件価格の安さと意外な程の贅沢感に心惹かれる物件でした!

・エリア/千葉県内
・交通アクセス/最寄駅から徒歩8 分
・専有面積/80.37平米(2LDK) バルコニー10.63平米
・築年数/38 年(昭和55 年築)
・建物規模/地上5階建ての5階
・物件価格/950万円
・管理費、修繕積立金/4300円、1万9000円 計2万3300円

各物件の満足度は?

キッチン

kou / PIXTA(ピクスタ)

物件A:星4つ★★★★

正方形に近い形なので、希望する間取りに近づけそうという結論に。そして何より明るいキッチン&ダイニングという第一希望が最も実現できそう!

物件B:星2つ★★

リノベ次第で自慢の家になりそう。しかしやや高所恐怖症気味であるがゆえに、洗濯物を干すたびにビビってしまうかも、という不安も。

物件C:星3つ★★★

コスパと周辺の環境はピカイチ。内見直後は「絶対3件目のC!」と鼻息が荒かったものの、数日間冷静に考えてみると、リノベしてもやはり間取りが使いにくそうなのと、5階でエレベーターなしは気になります。

「こうしたい!」「これできますか?」というムチャぶりに、プロとしての冷静な意見をくださった小林さん。おかげで第一印象だけにとらわれずに検討できました!

取材協力  小林孝寿さん(EcoDeco)
小林孝寿さん(EcoDeco)/リノベーションコーディネーター兼設計、宅地建物取引士。リノベに欠かせない住宅性能や住宅ローンのことも含め、分かりやすい丁寧な説明には定評がある。

小林さん

イラスト/うつろあきこ

※この記事は「リライフプラスvol.33」掲載時のものです。

Source: 日刊住まい

日刊Sumaiライター・井上さんの団地物件探し。井上家の希望5つ

夫と都内の団地(賃貸)に暮らし、「団地大好き!」というライター・井上さん。団地リノベにも強いリノベ会社・EcoDecoおススメの団地物件を内見させてもらうことになりました。

団地愛が炸裂する井上さん自身にリポートしてもらいましょう。

井上夫妻

【イノウエ夫婦のプロフィール】
ライター・イノウエヨウコ/ナチュラルな暮らしに憧れるアラサーライター& 編集者。趣味は料理とカメラとDIY。多趣味が災いし(?)、器や調理器具から本や雑誌、木工グッズまで所持品が多いのが悩み

夫/都内勤務の会社員。ピアノとギターとPCゲームを愛する文化系男子。自室に電子ピアノと大型モニターは必須。妻の妨害を逃れ、音楽やお笑いの動画を鑑賞するのが至福の時間

遂に憧れのマイ・団地を実現する日がやってきた!?

団地

momo / PIXTA(ピクスタ)

私の団地愛は子ども時代から。遡れば幼稚園児だった頃、団地に住むお友達の家に遊びに行った際に「〇〇ちゃんのお家には公園が付いてる!」と興奮したのを覚えています。

以後、団地暮らしに憧れ続けていたのも束の間、結婚のタイミングで運よく都内の団地に賃貸で住むチャンスを得たのは数年前のこと。

ところがこの団地、築40年以上ということもあり、徐々に退去勧告が入るという噂が……。浴室に換気扇がなかったり、冬場は玄関から冷気がガンガン入ってきたりと古いなりの不満は感じていたけれど、退去となるとかなり残念。

というのも、緑あふれる環境と、団地ならではのどこか懐かしい佇まいが大好きだったから。
「だったら次は団地を買ってリノベしちゃおうか!」と思い始めたそのとき、リライフプラス編集部から団地探し企画をやってみませんか、というお誘いが。

井上家の希望をヒアリングのうえ案内してくださるのは、不動産、設計の両方に精通しているEcoDecoの小林孝寿さんです。

井上家の希望は5つ

DK

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

1.自然光が入る明るいキッチン&ダイニング

家でごはんを食べることが大好きで、SNSにわが家の食卓やキッチンを載せるのがささやかな楽しみ。特に朝食は、自然光が降り注ぐダイニングテーブルで食べるのがいちばんの願い。キッチンの使い勝手は特に重視したい!

2.玄関に入る前の外廊下が広いorアルコーブ有り

同フロアの住民との距離感は気になるところ。玄関ドアが階段の踊り場と真向かいになっている構造は帰宅時の足音などが気になりそう……。玄関ポーチ付きとまでは言わずとも、外廊下の玄関部分がくぼんでいるアルコーブが欲しい!

3.もし3階以上ならエレベーターが欲しい

5階建てくらいの団地だと、エレベーターがない物件も意外と多いよう。大きな家具の搬入が困難になるだけでなく、両親が高齢になったときに遊びに来てもらうのが難しくなってしまいそうなのがやや心配。

電車内

y_seki / PIXTA(ピクスタ)

4.都心へのアクセスが1時間半以内

働き盛りの夫は仕事で帰りが夜遅くなることもしばしば。妻の実家も都内にあるため、東京から離れすぎる立地はNG。予算を考えると、都心まで1時間以内は難しいとしても、朝が弱い夫のためにも1時間半以内は死守したい。

5.風呂とトイレに換気用の小窓が欲しい!

築古の団地に住み始めた当初、いちばん悩まされたのが結露とカビ。常に換気を心掛けているものの、冬場はカビ掃除で毎年苦戦。そんな背景もあり、換気命なのでサニタリースペースは窓辺に面していてほしい。

その他、いつか猫を飼いたいからペット可、駐車場付き、近くに大型スーパー、天井が高めなど希望は尽きぬものの、ひとまず内見へ!

取材協力  小林孝寿さん(EcoDeco)
リノベーションコーディネーター兼設計、宅地建物取引士。リノベに欠かせない住宅性能や住宅ローンのことも含め、分かりやすい丁寧な説明には定評がありる。

小林さん

イラスト/うつろあきこ

※この記事は「リライフプラスvol.33」掲載時のものです。

Source: 日刊住まい