ベッドをオーダーで作ったら…想像以上に快適!価格や納期は?

ホテルライクな寝室を目指していた日刊Sumaiライターのhanaさん。寝室のメインになるベッドは時間をかけて選びたいと思っていたそう。いろいろと検討した結果、オーダーで作るのがベストという考えに至りました。オーダーメイドでベッドをつくるプロセスを、プランから搬入まで詳しく紹介してもらいました。

目指すは眠りの質を上げる寝室

年々疲れやすくなっているにも関わらず、子どもが大きくなるにつれて就寝時間が遅くなり、それでいて朝は早く起きなくてはならず、睡眠時間の確保が難しくなっていることが最近の悩みでした。

限りある貴重な睡眠時間を無駄にしないためにも、リラックスできて睡眠に集中できる空間を作りたい、そんな想いを実現してくれたのがオーダー家具やリノベーションの実績が豊富なFILEです。

FILEのことはインテリアブロガーさんの記事で知り、製作をお願いすることにしました。マットレスはエアウィーブ社製を百貨店にて購入。運搬費、設置費を含むベッド一式とマットレスの費用で約95万円でした。

一戸建て、完全予約制のショールームで打ち合わせ

FILEの東京ショールームは閑静な住宅街にあります。オーナーが実際に住まわれている家がそのままショールームとなっているのでイメージもわきやすいです。

家具はもちろんのこと、厳選されたセンスの良い生活雑貨を見るのも楽しみで、行く度にテンションが上がる素敵な空間でした。

そのショールームでは、どんな雰囲気のインテリアが好きか?といったところからこちらの希望を聞いてもらい、その後ヘッドボードの高さなど詳細を詰めていき、京都の工場で製作が始まりました。

待ちに待った完成の日!

約2か月間の製作期間を経て、京都の工場から筆者宅にベッドが運ばれてきました。ヘッドボードと箱型の枠組みが4つ、引き出しなどがバラバラの状態で搬入されて筆者宅で組み立てます。

マットレスを置くすのこを設置して完了です。部屋の中は真新しい木の香りでいっぱいになりました。

ベッドの片側には、引き出しをつけてもらいました。シーズンオフの寝具などを収納するのにぴったりです。

ヘッドボードは仕上がりがとても綺麗で手触りが良く、丁寧に作られていることがわかります。ベッド幅よりも長いヘッドボードを設置したことで、部屋の印象がガラリと変わりました。

サイドテーブルにはスツールを採用

ベッドサイドのテーブルには、FILEオリジナルのスツールを採用しました。ベッドと同じくウォールナット材で作られていて姿の美しいスツールです。スツールの上には、ルイスポールセンのテーブルランプを置いています。

オーダー家具は敷居の高いイメージがありましたが、結果としてとても満足しています。マットレスも気に入った固さのものを取り入れたので眠りの質が格段に上がりました。

睡眠でお悩みの方や、寝室にぴったりのサイズ、デザインのベッドが見つからない、という方はオーダーという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい

ランドリーもLDKと一体に。ふたり暮らしにフィットするホテルライクな住まい

ともに50代のOさん夫妻は、妻の両親が住んでいた埼玉県和光市の住戸を受け継ぎました。

都心に出やすい立地で、緑も豊かな魅力的なマンションですが、建築されたのは昭和59 年。

「老朽化が目立ち始めたので、私たちふたりがもっと暮らしやすいよう、リノベーションを考えました」(夫妻)。

リノベしたのは専有面積84.99平米のうちの約3分の2 、59.40平米。

ふたり暮らしにフィットするコンパクトなスペースを、いかに機能的で快適にするかがテーマだったそうです。

寝室やランドリーもLDKと一体化で快適!

リノベの設計・施工は、オリジナル家具やキッチン、洗面台の製造・販売なども行うFILEに依頼。

雑誌を見て惹かれた住宅実例記事の内装を手掛けたのが、FILEだったそう。

工事費は1300万円(税別・設計料込み。置き家具、照明は別途)でした。

「代表の石川敬子さんに会う機会を得て相談したところ、コンパクトに暮らすための一歩踏み込んだ提案に感心して、設計から内装、家具選びまでお願いしました」。

白いキッチンはFILEオリジナル。円型のダイニングテーブルは「空間を有効に使えて、人数によってフレキシブルに対応できる」という石川さんのアドバイスで選びました。

リノベ前のLDからキッチンを見たところ

キッチンの位置は変えていませんが、リノベ前はLD側の開口部が狭くて対面キッチンのよさが半減していました。

構造上、コンロ前の壁は残りましたが、キッチンは可能な限りオープンに。

広くなったワークトップ兼カウンターには、エンボス状のアクリル系素材を採用しています。モノトーンでまとめた空間には、気品を感じますね。

キッチンとの一体感を増したLDKは、隣接していた和室を撤去して空間を拡大しました。

そしてなんと、その空間のなかにベッドコーナー、さらにランドリーコーナーまで配置!

ランドリーはカウンターに組み込んであるので、見た目もすっきりしています。

これが、夫妻のいうFILEにリノベを依頼した決め手「一歩踏み込んだプラン」というわけです。

「意外ですが、実際に暮らしてみると、驚くほど暮らしやすい」(妻)、「リビングはベッドも込みでくつろぎの空間。すぐに慣れましたし、開放感があるのもいい」(夫)。

コンパクトなつくりと内装はまるでホテル!

左はリノベ前、右はリノベ後の洗面室

洗面台はFILEオリジナル。浴室とはガラスドアで仕切り、広さを演出しました。

洗面室の入り口も廊下ではなく、LDKのなかに。すっきりとしていながら、必要な機能をひとつの空間に効率よく配したつくりは、ホテルを思わせます。

ホテルライクといえば、LDK床に採用したカーペットもそうですね。

フローリングと違い、カーペットは踏み音が静かで快適です。

カーペットは玄関ホールにも採用しています。

広々と見えるこのホールは、以前あった納戸を取り払い、さらに玄関土間との段差をなくして空間を一体化させたものです。

ゆとりがあり、大きな姿見も馴染んで見えますね。

既存のままにした部屋も室内ドアを変更して、リノベ空間との統一感を出しています。

トイレも内部を一新。英・デザイナーズギルドの紙クロスは、FILEのショップで見て気に入ったものです。

こだわりのセレクトはコレ!

FILEでは同社オリジナル家具のほか、海外メーカーのインテリアも購入しました。

ウォールナットの脚がアクセントのソファは、FILEオリジナル(41万6000円・税別)。広めの座面はくつろぎのひとときにぴったり。

3 本脚のスツールは、FILEがOさん用にデザインしたもの。ベッドサイドのテーブル代わりにもなります。

ミニシャンデリアはルイス・ポールセン社のPH2/1ステム・フィッティング。3灯で、照らすものに自然な陰影を与えます。

ハンス・J・ウェグナーデザインのYチェアは、ダイニングで使用。美しいフォルムと座り心地のよさで、日本でも人気の品です。

「本当にホテルに住んでいるみたい」とは、納得の感想ですね。

このリノベーションをもっと詳しく見たい方は、ぜひ『リライフプラスvol.29』も参考にしてみてくださいね。

リライフプラスvol.29

日本で唯一のマンションリノベーション専門誌

【巻頭特集】
大満足! なキッチン& ダイニングのつくり方

【第2特集】
イイね! 団地リノベ2018

【第3特集】
気になる! インテリアショップのリノベ

Amazone詳細ページへ

※物件価格、工事費、ご家族の年齢等は取材時のものです。

設計・施工/FILE

撮影/ 水谷綾子

Source: 日刊住まい