【ポケモンGO】伝説レイドに『コバルオン』復活! 特別なわざ「せいなるつるぎ」の性能次第でガチ案件になるかも…

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今月のシャドウのスペシャルリサーチは終わったかな? お兄さんはほとんどレイドをこなせてなくて、ようやく「レイドバトルを5回する」が終わったところだよ。こんな状況が続いてると、外に出るのが億劫(おっくう)になっちゃうよね!!

それはさておき、2020年3月18日(水曜日)から3月23日(月曜日)までの6日間、伝説レイドに『コバルオン』が登場する。つい数カ月前にも登場していたコバルオンだが、注目は2つ。「色違い」と特別なわざ「せいなるつるぎ」だ。

・早すぎる再登場

イッシュ地方の中では伝説レイドにトップバッターで登場したコバルオン。冒頭でもお伝えした通り、昨年の11月以来の登場だからわずか3カ月ちょいでの復活ということになる。ここまで短いスパンで再登場した伝説のポケモン(準伝説ポケモン)は、おそらく初めてではなかろうか?

こんなことを言うと怒られるかもしれないが、なぜわざわざコバルオンなのか──? 色違いの実装だけなら、ディアルガでもパルキアでもギラティナオリジンでもいいわけで、ぶっちゃけ当時もそこまでのガチ案件ではなかった。

それでもポケモンGOの神様がわざわざコバルオンをぶっ込んで来るには、何か理由があるハズ。4カ月前と現在を比較した場合、明らかに違う環境はただ1つ……そう「GOバトルリーグ」である。

・ステータス的にはPVP向き

「はがね / かくとう」タイプのコバルオンは9つのタイプに耐性があり、またステータス的にも防御力に秀でたPVPで活躍できるポケモンである。だがしかし、ノーマルアタック、スペシャルアタック共にわざがイマイチのため、トレーナーバトルではほとんど見ることはない。

……んが、仮に今回が初実装となる「せいなるつるぎ」の性能次第では、一躍主役級の座に躍り出る可能性も大いにある。だってそうじゃないか……! じゃないとこのタイミングでわざわざコバルオン出してこないでしょ……!! 意味深すぎるじゃんよ……ッ!!

現段階でその性能は不明だが、原作では「相手のバフ・デバフ(能力の変化)に関係なくダメージを与える」という、せいなるつるぎ。ポケモンGOでどのように再現されるかわからないが、メッチャ強力なわざの予感がしてならない。そもそも名前が超カッコいいもの、“聖なる剣” なんてさ──。

・ガチ案件になるかも

なお、期間中コバルオンは伝説レイドのみならず、GOバトルリーグの報酬としても出現するので、おうちポケ活でもコバルオンのゲットチャンスがある。育成にかかるアメのことを考えて、GOバトルリーグもきっちりこなしておきたいところだ。

というわけで、もしかしたら色違いゲット後もガチ案件になる……かもしれないコバルオンの伝説レイド。弱点の「ほのお」「かくとう」「じめん」タイプをズラリと並べて伝説レイドに挑戦しよう。それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】今日から報酬がギラティナ! GOバトルリーグがピリつく一方で広がりを見せる「優しいプレイ」とは?

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! おうちポケ活しているかな? お兄さんはちょいちょいおこうを使ってプレイしているんだけど、晴れブースト中はあんまりいいポケモンが出ない気がするね。噂だと強風ブースト中が熱いらしいから、みんなも狙ってみてくれよな!!

それはさておき、本日2020年3月13日8時から「GOバトルリーグ」の報酬として『ギラティナ(アナザーフォルム)』が登場する。ハイパーリーグでは主役級の強さを誇るギラティナだけに、みんな全力でバトルに挑むことかと思うが、実は最近「GOバトルリーグ」で密かに広がりの兆しを見せている “優しいプレイ” をご存じだろうか?

・ギラティナアナザー登場

3月13日(金曜日)8時から3月16日(月曜日)の 22時まで、GOバトルリーグの報酬として『ギラティナ(アナザーフォルム)』が登場する。現在日本では歩かなくても、そしてポケコインを使わなくても25戦までは戦えるから、1日最大5回のゲットチャンスがある……というワケだ。

つまり、先週開催された「ダークライ」と同様のイベントなので、どなた様もはりきってGOバトルリーグに挑んでいただきたい。すでに色違いは実装されているものの、ハイパーリーグ用にギラティナを育てたいトレーナーも多いハズ。マジでギラティナ強いもの……

・優しいプレイとは?

さて、ダークライにせよ、ギラティナにせよ、多くのトレーナーが夢中になってパスを使って2勝、もしくはノーマルで4勝を目指すことかと思うが、みなさんはこんな経験をしたことがないだろうか? ピリつきながら「いざ決戦!」と鼻息をフンフン言わせていると、

相手があっさりギブアップ

……なんて経験が。実はコレ「もう2勝(4勝)してるから、勝ちをお譲りします~」という意味合いのプレイだそうだ。特に報酬のいいポケモンが出る期間中はこんなトレーナーが多いようで、お兄さんも今まで3回ほど当たったことがある。や、優しい……! ありがてぇ……!!

サイヤ人ほどではないにせよ、戦闘種族のお兄さん的に「GOバトルリーグ」のピリつく空気感はたまらないものがある。一方で「できれば戦いたくない」と考えるトレーナーがいることも事実であり、報酬目当てに戦わざるを得ない現実に苦しんでいる人も意外と多いのではなかろうか?

・戦わざるを得ないトレーナーもいる

ポケモンGOの神様の言う通り「ポケモンGOの楽しみ方はトレーナーの数だけある」だと思う。また、レイドバトルやフレンド機能などは「トレーナー同士が助け合う機能」であり、他のゲームと比べても、より協力し合えるところがポケモンGOの良さである。

であるならば、今後さらにこの「優しいプレイ」が増えていく気がしてならない。お兄さんは実力が伴わないレーティング3250なので、だいたい最終戦までもつれるのだが、万が一先に2勝ないし4勝したら「優しいプレイ」をしてみるつもりだ。だって、この前の1勝マジでありがたかったから──。

なお、だからと言ってガンガンやり合うプレイを非難するつもりは一切ないことは記述しておく。楽しみ方は人それぞれ。特に高レーティングのトレーナーたちは力の限りを尽くしてプレイして欲しい。そしてコツとかを下手っぴな僕らに伝授してください。

とにもかくにも、16日22時まではギラティナアナザーがGOバトルリーグの報酬として登場するから、トレーナー諸君は全力で頑張るように! んで、余裕があるなら「優しいプレイ」を試してみてもいいのではなかろうか? それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「ハイパーリーグ用に育てたいパーティ」第2弾

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日も色違いポケモンが欲しくてたまらないかな? あまりにもお目当ての色違いポケモンが出ない時ってさ、普通のをタップしても「キタかも!?」って目と脳が錯覚しちゃうよね!! ヒポポタスで何回見間違えたかわからないよ!

それはさておき、つい先日実装された「GOバトルリーグ」はみんな楽しんでいるだろうか? 現在は「ハイパーリーグ」のプレシーズンが開催されているが、やはり育成なしに勝利は難しい。今回も「ハイパーリーグ用に育てたいパーティ」を紹介するから、ぜひ参考にしてくれよな!

・ガチパをカウンターするパーティ

スーパーリーグと比べるとやや盛り上がりに欠ける感のあるハイパーリーグだが、それでもアイテムやほしのすな、さらに報酬のポケモンは全トレーナーが欲するところだろう。ならばやるべきことはただ1つ……ポケモンを育てるしかない

とはいえ、CP2500が上限のハイパーリーグはアメもほしのすなもメチャメチャかかるので、手を広げにくいこともまた事実。そこでオススメしたいのが、育てるポケモンを数体に絞った「とりあえず戦えるパーティ作り」だ。

ハイパーリーグもスーパーリーグと同様に「そこで輝くポケモン」が存在する。前回の記事でご紹介した「ギラティナ(アナザー)・レジスチル・カビゴン」は多くのトレーナーが使用してくることが想定されるので、今回はそのカウンターパーティをご覧にいれよう。

・トレーナーバトルの鬼が推薦

さて、今回も話を聞かせてくれたのは “トレーナーバトルの鬼” ことAさんである。育成したポケモンのスペシャルアタックは、2本ゲージわざが左側に来るようイチイチ整えるというAさん。いや、こだわり強すぎるだろ! 芸術家気質かよ!!

それはどうでもいいとして、先述の通り今回ご紹介するのは「ギラティナ(アナザー)・レジスチル・カビゴン」の “ガチパ” に対抗するカウンターパーティとなっている。以下で鬼のコメントと共にご覧いただこう。

・クレセリア

「防御とHPがメチャメチャ高く、スーパーリーグでも超強いクレセリアはハイパーリーグでも超強いです。むしろデオキシス(ディフェンス)がいない分、ハイパーリーグの方が活躍の場が多いかもしれません。ハイパーリーグ最強ポケモンの一角と言っていいでしょう。

サイコカッターでぐいぐいゲージが溜まるのもそうですが、フェアリーわざの “ムーンフォース” がギラティナに刺さるのがイイですね。もう1つのスペシャルアタック “みらいよち” は強力なわざなので、等倍でも多くのポケモンにそれなりのダメージを与えられます。

注意したいのはレジスチル相手だと手も足を出ないことです。相手は等倍で攻撃を入れてきますが、こちらはイマイチなのでどんどん差がついて行きます。また、アメもほしのすなも大量にかかるので育成の難易度は高いかもしれません。とはいえ、(能力の)下げ交換をしなくても十分強いので、ぜひ育てたいポケモンの1つです」

・ハガネール

「はがね / じめんタイプのハガネールは、ドラゴン・フェアリー・はがね……などなど、10種類に対して耐性があります。レジスチルに “ロックオン” が実装されるまでは、ハイパーリーグのはがねタイプはハガネールの独壇場でした。

ステータスも非常に優秀なんですが、レジスチルと比べるとわざの回転が遅いんですよね……。なので、レジスチルを育てている場合は育成の必要はないかもしれません。また、みずタイプが弱点なのはやや痛いです。

とはいえ、ギラティナ対策としては今でも十分に使えます。スペシャルアタックの “かみくだく” はギラティナに刺さり、“じしん” はレジスチルに刺さります。ノーマルアタックは “ドラゴンテール” 一択で。ベスト個体値は100%なので、キラ交換したイワークを進化させて育てると ほしのすなが半分で済むのでオススメです」

・ニョロボン

「クレセリアやハガネールほどではありませんが、ニョロボンもステータスは良好です。ニョロボンが素晴らしいのは使えるわざと回転の早さですね。ノーマルアタックを “マッドショット” にしておくと、ゲージが物すごいスピードで溜まっていきます。

スペシャルアタックは “れいとうパンチ” と “ばくれつパンチ” の2つ。ギラティナには “れいとうパンチ” を、レジスチルとカビゴンには “ばくれつパンチ” を当てていきましょう。

ただし、ニョロボンは弱点が5種類もあるので当てるポケモンには注意してください。ハイパーリーグだと特にクレセリアは天敵です。上限近くまで育てる必要があるので ほしのすなはそれなりにかかりますが、使い勝手の良さと回転の早さが非常に気持ちイイポケモンです」

実際のところ、ハイパーリーグでは「ギラティナ(アナザー)」と「レジスチル」をよく見かける。この2体を攻略せずして勝利を掴むことは難しいから、対策ポケモンの育成は必須だろう。ちなみにお兄さんはスーパーリーグでニョロボンをよく使っているが、本当に回転が早くて最高だ。ハイパーリーグ用も……育てるしかない。

・Tomorrow魂で挑め

また何度でも言うが、トレーナーバトルは負けた分だけ強くなる機能である。Tomorrow、すなわち「涙の数だけ強くなれるよ」が本当に通じるジャンルなので、ぜひ負けを恐れずに挑戦し続けていただきたい。相性がある以上、どれだけの猛者であろうと負けるときはアッサリ負ける。なので負けを怖がる必要はない。明日は来るよ、君のために。

というわけで、今回もトレーナーバトルの鬼から思わず育てたくなるポケモンを3種類紹介してもらった。前回紹介した3体と組み合わせつつ、自分流の最強パーティを編成してみよう。それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24