トグルスイッチも!HAGS (ハグス)ショールームのおすすめアイテム

画像からオシャレなリノベーションアイテムを探せる話題のサイト「HAGS (ハグス)」に掲載されている商品を実際に見ることができるショールームが昨年末東京・恵比寿にオープン。ということでさっそくお邪魔してきました。

スタッフの野竹幸朋さんおすすめのアイテムと、レポートしてくれたアサクラさんが個人的に面白いと思ったアイテムも紹介してくれます。

細部へのこだわりが光るHAGSオリジナル「トグルスイッチ」

「国内最大級オシャレ建材サイト」を手がけるHAGSだけにショールームには個性的なアイテムがならびます。

HAGSショールーム一階

最初のおすすめアイテムはHAGSオリジナルの「トグルスイッチ」。

トグルスイッチ

アイアンの質感が際立つ、武骨なスイッチです。

「インダストリアル」とか「男前」とか言われるインテリアにぴったりマッチする人気商品ですが、野竹さんによれば5口のスイッチに特に注目してもらいたいそうです。

ふつう5口のトグルスイッチをワンプレートに収めると、トグルスイッチイメージ図

こんなふうにスイッチがアンバランスにならぶものなのですが、HAGSのトグルスイッチはレイアウトにもこだわっています。

5口のトグルスイッチ

上下段のスイッチをそれぞれに中央にならべ、左右対称の美しい見た目に仕上がりました。

スクエアプッシュスイッチ

スイッチといえば、僕はこちらの「スクエアプッシュスイッチ」が気に入りました。ボタンのようなスイッチです。

押し心地もボタンそのもので、すごく新鮮な感触。デザインはシンプルですし、おしゃれに遊び心のある空間が作れそうです。

まさかのデニムを壁材にアレンジした「デニムタイル」

壁材や床材のサンプルもこだわりのラインナップがそろいますが、中でもおすすめなのが「デニムタイル」。

デニムタイル

その名のとおり、タイル状にカットした木材をデニム生地でくるんでいます。

デニムタイル

こんなふうに異なる色の生地を組み合わせて壁材として用いるそうです。床材のサンプルも用意されているので、どんどん一緒にならべて組み合わせを試してみましょう。

デニムタイルと床材の組み合わせ

仕上がりのイメージがつかめれば「デニムタイル」のような斬新な素材も安心して採用できますね。壁材といえばショールーム内にはこんな壁もありました。

キッズスペースの壁

オークの突板を3色に塗り分けて貼りつけた壁に、大胆な切り込みが入れてあります。この山形の部分は、黒板塗装が施されていました。この壁、子ども部屋を意識したキッズスペースに設置されているもの。

キッズスペース

小物の配置なども含めてインテリアの参考になりそう。

授乳室のドア

隣には、同じ壁材を貼ったドアも。

授乳室のロゴ

こちらは授乳室でした。赤ちゃん連れでも気がねなく訪れることができますね。

絶妙な質感でDIYにもおすすめの塗料「サーフェイス」

3つ目のスタッフおすすめは、同じく地下1階に設けられた打ち合わせスペースから。

打ち合わせスペース

「これが打ち合わせスペース?」と言いたくなるおしゃれな空間ですが、注目は絶妙な質感のブルーの壁。こちらはオーストラリアでメジャーな塗料で、独特な風合いで仕上がるのが特徴です。色や風合いの種類も豊富なので、自分の好きな空間に仕上げることができそうです。

サーフェイス塗装面

野竹さん曰く「職人さんに頼むときれいに塗り過ぎてしまうので、僕が自分で塗りました」。ざっくりとしたタッチで味が出る製品なので、DIYにもおすすめなんだそうです。壁に飾られている「古材パネル」もおすすめの商品。

古材パネル

こちらはショールームの1階にサンプルが展示されています。もともと壁材として施工することを想定した商品ですが、こんなふうに額のように飾るのも面白いアイデアですね。

建材だけでなく「トータルコーディネート」のサービスも提供

こうしてショールームを拝見していると、ただ商品をならべるのではなく、どう組み合わせるかのアイデアを提供しようという熱意があちこちに感じ取れます。

ソロワークスペース

ここはHAGSのスタッフの方が集中したいときに使用する「ソロ・ワーク」のためのスペース。

ソロワークスペース

垂れ壁の代わりに設置されたガラス窓や、斜めに貼られた壁材、照明器具にいたるまで、商品を巧みに組み合わせて、心地よいワークスペースを生み出しています。

床のサイン

床に施されたサインもステキですね。野竹さんによると、HAGSでは「トータルコーディネート」のサービスも提供しているそうです。

トータルコーディネートのカタログ

おしゃれな建材をとりそろえてきたHAGSならではのノウハウを活かして、住宅はもちろん、美容室や花屋さんのようなショップやカフェ、オフィスなどさまざまなスペースをデザインしているそうです。

トータルコーディネートのカタログ

中には工務店などプロからの依頼もあるそうですから、実力のほどがうかがえます。これから家づくりを始めようと思う方は、ショールームでいろいろと相談してみてはいかがでしょうか。

HAGSショールーム外観

リノベーションに取り入れたい建材やアイテムがそろったショールーム、ぜひ遊びに行ってみてください。

【HAGSショールーム】

東京都目黒区三田2-4-4 YAMAZAKI BLDG 営業時間 10:00~18:00(不定休) 電話番号 0120-709-097

Source: 日刊住まい

オシャレ建材がずらり!HAGS (ハグス)のショールームに行ってきました

画像からオシャレなリノベーションアイテムを探せる話題のサイト「HAGS (ハグス)」に掲載されている商品を実際に見ることができるショールームが昨年末東京・恵比寿にオープン。ということでさっそくお邪魔してきました。

さすが「国内最大級オシャレ建材サイト」だけあって、リノベーションに取り入れたい注目の建材やアイテムがずらりとそろいます。ショールームのデザインも手がけたスタッフの野竹幸朋さんに案内していただきました。

実物のタイルシミュレーションが楽しめる洗面

HAGSのショールームがあるのは恵比寿ガーデンプレイスから歩いてすぐの場所。

HAGSショールーム外観

 

杉板を使用したという外観もステキです。この杉板、不燃処理がされています。国内ではかなり貴重な木材での不燃外壁材で、戸建てや店舗の外壁によく使われるんだとか。サイトで扱っているのはHAGSだけだそうです。

HAGSショールーム一階

一階が商品展示のメインとなるフロアです。まずは洗面まわりのアイテムが集まったコーナーから見ていきましょう。

※写真提供:HAGS

洗面ボウルと水栓、ミラーとタイルを組み合わせて展示しています。どれもHAGSのサイトで実際に購入できますが、実物を見て質感やサイズ感を確認できるのはショールームだからこそ。洗面下の引出しにはタイルの施工サンプルが。

タイルサンプル

タイル好きには大きめサイズがうれしいですね。小さめのサンプルとくらべて実際に施工したときのイメージがぐっと想像しやすいです。しかも!サンプルを洗面に置いて「着せ替え」てみることだってできます。

タイルサンプルの着せ替え

これなら、タイルでどんなふうに洗面の印象が変わるかが一目でわかります。

洗面タイルの比較

さしづめ実物のレイアウトシミュレーションといったところ。タイル選びに迷っている方には心強いサービスです。

「セラミックタイル・磁器質タイル×ステンレスタイル」もおすすめ。

セラミックタイル

これはセラミック製のタイルと陶器のタイルをミックスした珍しいシリーズで、海外製なんだとか。キッチンなどにも合いそうですね。

北欧風六角形タイル

ほかにも、北欧風のインテリアとマッチしそうな六角形のタイルなど、個性的なタイルがそろっています。

使い勝手も収納力も抜群のミラーキャビネット

洗面で注目なのが、HAGSオリジナルの「ミラーキャビネット」。

ミラーキャビネット

上下でミラーが分かれているのがおわかりでしょうか?下のミラーは、

ミラーキャビネット

なんと下に開きます。化粧道具などを広げながら上のミラーを見ることができるので使い勝手が抜群。さらに、上のミラーを開くと、

ミラーキャビネット

中にはペグボード(有孔ボード)が仕込まれています。洗面まわりはどうしても小物がゴチャゴチャして、キャビネットのトビラを開くと物が落ちてきてイラッとしたりすることもあります。

でも、こんなふうにフックやバーを駆使して収納できればそんな心配もありません。よく見ると、棚板の高さ位置を変えられるよう、可動棚になっています。かゆいところに手が届くアイデアが詰まった商品です。

洗面まわり小物

洗面まわりのアクセサリーも豊富なのでいろいろと比較しながらじっくり選ぶことができます。

スタッフのイチオシはオリジナルのキッチン

続いてはスタッフの野竹さんイチオシの「HAGS original kitchen」のコーナーにまいりましょう。展示されているのは「HAGS-Beat kitchen」。

HAGSオリジナルキッチン

Beatとは、”心躍る”とか”ワクワク”という意味で、ワクワクするキッチンを作りたかったそうです。取っ手やつまみから扉やカウンター素材まで自由に選ぶことができ、自分だけのキッチンが作れます。

展示品はマットな質感で塗装されたクールなバージョンでした。

キッチン収納トビラ

野竹さんによれば「職人さんがひとつひとつ手塗りで仕上げています。よく見ると、ハケの跡がわかるんです」とのこと。

塗装のハケ跡

ハケ跡とマットな色合いが相まって独特な質感を醸し出しています。ぜひショールームで実物を見ていただきたい商品です。

フロートキッチン

シンプルでコンパクトなキッチンをご希望の方には、「ムダな要素はなるべくそぎ落としてデザインした」というフロートキッチン「HAGS-float」がおすすめ。ネーミングのとおり軽やかな構造が特徴です。

ダイニングスペース

キッチンの隣には、ダイニングを意識したスペースも。六角形のタイルとフローリングの切り替えがおしゃれですね。

野竹さんは「真似できるショールームを目指しました」とおっしゃっていましたが、いたるところにそのままいただいてしまいたいコーディネートが展示されています。

ショールーム内に設置されたドアもオリジナル

いわゆる商品展示スペース以外にも、HAGSならではの工夫が盛り込まれています。たとえば、社員の集まる会議室にはこんなドアが。

※写真提供:HAGS

「バーンドア」と呼ばれる重厚な木製引き戸です。これもHAGSで扱う人気商品のひとつ。

引き戸の戸車

むき出しになったアイアン製の戸車がステキです。ショールーム内のトイレだって妥協はありません。

女子トイレの手洗い

特別に撮影させていただいた女子トイレの手洗いスペース。グレー系のカラーでまとめられた柔らかい空間にブラックのミラーが映えます。

一方、男子トイレはというと、

男子トイレ

ブラック系のタイルを多用した「男前な」空間でした。ちなみに男子トイレのドアは、黒の塗装にブルーのロゴが際立ちます。

男子トイレのドア

実はこのドアも、HAGSで扱うオリジナルの商品をカスタマイズしたもの。トイレの横には、ドアの展示もあります。

HAGSオリジナルのドア

マットな質感が特徴的なドアやパネルドアなどがあり、ハンドルもさまざまなタイプがそろっています。インテリアのイメージに合わせて、自由に組み合わせることができますね。

ショールームは「ここに来れば良いものが見つかる」場所

ショールームで見つけた商品はどれもHAGSのホームページから購入が可能ですが、やはり実物を見て確かめる楽しさと安心感は格別です。

「インテリアデザインの仕事をやってきて、良い商品を探し回っていろいろと苦労した経験があります。だから、ここに来れば良いものが見つかるというスペースにしたいんです」とは野竹さんの言葉。

ショールームはHAGSの扱う膨大なラインナップの中から選りすぐったおすすめ商品がピックアップされた場所なのです。

HAGSショールーム一階

思えば、僕も大家さんを始めたばかりの頃、どうやって建材やインテリア用品を探せばいいのか、わからず途方に暮れました。

「あのときこんな場所があったら、もっと楽できたのになあ」という思いはあります。家づくりに迷っている人にもぜひ訪れていただきたいショールームです。

【HAGSショールーム】

東京都目黒区三田2-4-4 YAMAZAKI BLDG 営業時間 10:00~18:00(不定休) 電話番号 0120-709-097

Source: 日刊住まい