財布と環境にやさしい暮らしのコツ9つ。捨てるものを減らしたり、手軽に再利用したり

シリコン蓋

最近よく耳にする、サステナブルという言葉。地球の未来のために、資源を大切に使い、環境にやさしい暮らしを目指そうという考え方です。SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」という取り組みをご存じの方もいるでしょう。

小さなステップかもしれませんが、家庭でも取り組めることはいろいろあり、実際に始めている人も多いようです。今回は、インテリアブログを主宰するワトコさんが実践していることを紹介してもらいました。

よく使うものほど使い捨てをやめる

ラップの代わりにシリコンのフタを使う

IKEAのシリコンフタ「クロックレン」

当たり前のように使い捨ててきたラップも、シリコン製のフタを使えば洗って繰り返し使うことができます。これはIKEAで販売されている「クロックレン」というシリーズのもの。

耐熱温度は220℃なのでフライパンにも使えるし、容器にのせて上から押せば密閉できるので、サラダ用ボウルなどにも使えます。たとえば、出かける前にサラダの野菜をカットして、帰ってから食事の支度をするときも、ラップいらずになりました。

食品保存用袋の代わりにガラス容器を使う

ガラス製の保存容器

食品保存用袋もかわいいデザインが増え、ついつい欲しくなってしまいますが、ここもサステナブルな意識をもち、できるだけガラスなどの容器を使うようにしています。

密封型のものや、フタをしたまま電子レンジにかけられるものなど、いくつかそろえておくと便利。入れるものに合わせて使い分けると、調理時の手間を省くことができます。

プラスチックゴミ袋の代わりに紙箱を使う

紙製のゴミ入れ

ゴミ箱にセットするゴミ袋の代用に、とレジ袋を買っている人も多いのでは。

わが家では洗面所にゴミ箱を置くのをやめ、チラシでつくった紙のゴミ入れに切り替えました。時間のあるときにたくさん折っておきストックしています。洗面所くらいならこの小さなゴミ入れで十分!たまったらそのまま捨てられるところも気に入っています。

ゴミを減らす工夫で節約にも貢献

ペットボトルの代わりにマイボトルを使う

ホームコーディのマルチボトル

暑い時期の水分補給は大事。こまめにコンビニでお茶を購入するという方も多いと思いますが、マイボトルを使えば節約にもなります。気軽に買えるリーズナブルなものからこだわりの極小サイズまでいろいろ販売されているので、自分のスタイルに合わせて選んでみるのも楽しいですよね。

私はイオンの「HOME COORDY(ホームコーディ)マルチボトルスクエア」を愛用しています。

ティーバッグの代わりに茶こしつきポットを使う

茶こしつきティーポット

私は緑茶が好きでよく飲みます。以前はティーバッグを使っていました。こちらも使ったあと、即ゴミになってしまうもの。ステンレスの茶こしつきポットを使うようにして、ゴミを減らしています。

電池を充電池に変える

充電池

電池も「使う→捨てる」から「使う→充電」へ。災害用に置いてある一般的な乾電池以外は、すべて繰り返し使える充電式のものに変えました。一気に変えるのは大変という方は、よく使う大きさのものだけ変更するのでもよいかもしれません。

捨てる前にリサイクル・リメイクを考える

フリマサイトでリサイクル

リサイクルを考える不用品

買ったものの使う機会がなかったものや、わが家では不用品だけどまだ出番がありそうなものなどは、捨てる前に一度、リサイクル・リメイクを考えるようにしています。簡単なのはフリマサイトでの販売。慣れれば数分で出品作業が終わり、プチ収入にもなって手放せるので一石二鳥です。

紙袋をブックカバーにリメイク

紙製のブックカバー

不用な紙袋はゴミ袋に使ったり、だれかにものを返したりするときなどに使いますが、それでも余ることが多いです。そんなときはブックカバーにリメイクしてみるのも楽しいです。これなら気軽に取り替えられて、簡単に気分を変えることもできます。

衣類やタオルは掃除用クロスにリメイク

ダスターにリメイクしたタオル

くたびれた衣類も、捨てる前にひと働きさせてから。掃除用クロスにしてストックしておいてもいいですし、クロスがたまってしまうのがいやな場合は、即使ってしまうのがおすすめ。普段あまりふかないようなところをサッと掃除するよい機会になります。窓のサッシやドアのレール、洗濯機の溝部分など、見逃しがちなところをふき上げて処分します。

毎日のなにげない習慣のなかにも、少しの工夫で「環境によいこと=サステナブル」につながることはいろいろあります。ものや資源を大切に使うシンプルな暮らし、楽しんでみませんか?

●教えてくれた人/ワトコさん
WEBライターとしてインテリアや収納に関する執筆を行う。「ワトコさんのDIYでカフェインテリア」で、インテリアにまつわる情報を発信中

Source: 日刊住まい

住まい全体にも水回りにも!2つの「回遊動線」を設けた大満足リノベ

子育てを考慮して対面式にしたキッチン

リノベで根強い人気があるのが「回遊動線」を取り入れた間取り。行き止まりがなく、ぐるっと1周できるため、「家事がしやすい」「朝の身支度がラク」「風通しがいい」など、暮らしやすさに直結するメリットがあるといわれています。

今回ご紹介するN邸は、リノベで住まい全体にも水回りにもそれぞれ回遊動線を採用。「ストレスなし」という快適な住まいをご紹介します。

玄関からLDKをつなぐ2つの通路がある住まい

玄関とLDKを2つの通路が結ぶ間取り

玄関を入ると、LDKまでの通路が2つあるN邸。一方は玄関土間からつながる書斎スペースを兼ねた通路、もう一方は寝室や収納の扉が並ぶ、いわゆる「廊下」としての通路です。廊下側はスッキリと仕上がり、書斎側はカジュアルな雰囲気と、メリハリも効かせることができました。

多用途に使える夫念願の玄関土間

玄関土間は夫の念願だったスペースです。多用途に使え、スポーツ好きな夫のトレーニングスペースとしても大活躍。「ランニングが日課なのですが、暑い季節、汗だくで帰ってきても、土間やルーフバルコニーで涼めるので助かっています」と夫。

天井に懸垂用のバーを設置した玄関土間

天井には懸垂用のバーも設置しました。背面の窓の先には、50㎡超の広いルーフバルコニーがあり、開放感も満点です。

書斎スペースも兼ねる玄関土間

玄関土間は、同じく夫の念願だった書斎も兼ねたスペースです。ネイビーブルーのアクセントクロスのおかげで、空間がギュッと引き締まった印象に。デスクは置き家具で、壁には造作で棚を設置。「帰宅すると玄関からここへ寄り、カバンや小物を置いてからリビングに向かいます」と夫。

書斎側の通路からLDKを見たところ

書斎側の通路からLDKを見たところ。通路には造作の本棚も設けました。妻は第1子を出産予定で、広々としたリビングの一部は、将来、子ども部屋にあてることも考えているそう。「もし2人目を授かったら、書斎を明け渡さざるを得ません(笑)」と夫。

天井を板張りで仕上げた廊下

一方のこちらは、寝室のドアや収納扉が並ぶ廊下側の通路。天井を板張りで仕上げ、白っぽい空間にアクセントをプラスしました。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫33歳 妻30歳

▼リノベを選んだ理由
賃貸から持ち家への住み替えを検討するようになり、住み慣れていて通勤にも便利な同じ市内で物件探しをスタート。リノベーションに興味があり、リノベ前提で中古マンションに絞って物件を探し、現在の住まいを購入した。

▼住宅の面積やコスト
専有面積/72.63㎡ 工事費/1200万円(税、設計料込み。施主支給品含む)

水回りにも回遊動線を採用して家事や身支度をラクに

コンクリートと木を組み合わせた対面キッチン

キッチンはコンクリートと木を組み合わせた対面式。背面側には棚とカウンターをつくりつけ、妻のPCコーナーも組み込みました。右手には、洗面室とつながる白い引き戸があります。

引き戸でキッチンとつながる洗面室

キッチンと引き戸でつながる洗面室。手前側には廊下に出られる動線もあり、1つの住まいに2つの回遊動線が設けられたN邸。機能的な間取りになっています。

キッチンとも廊下ともつながる洗面脱衣室

廊下側から見た洗面室。右手に浴室があり、白い壁の奥には収納棚も設けました。床は水に強く掃除もしやすいフロアタイル仕上げに。

造作の木製キャビネットにIKEAのパーツを合わせたキッチン

生まれてくる子どもを見守れるように、キッチンは対面式を希望したNさん夫妻。カウンターに立ち上がりをつけて、手元が見えないようにしています。キッチンは造作したオリジナルで、内部にIKEAのユニットを組み込んでいます。設備の大半は施主支給で調達。コストダウンに貢献しました。

パイプスペースになじませて設けたキッチンのパントリー

パイプスペースになじませて設けたパントリー。キッチン同様、IKEAのユニットや市販のカゴを駆使して使いやすく収納しています。

色味を合わせた家具が並ぶリビングダイニング

家具の色味を合わせて統一感を持たせたリビングダイニング。梁だけ躯体現しにして、食とくつろぎの空間をゆるくゾーニングしているのもポイントです。

廊下側には寝室やトイレを配置

コンパクトな広さにして収納を充実させた寝室

北側の寝室は、内部でベッドスペースとウォークインクローゼットに分かれたつくり。ベッドスペースをコンパクトにしたぶん、十分な収納スペースを確保できました。

位置を移動し、設備は施主支給したトイレ

位置を移動し、出入り口はドアから引き戸に変更したトイレ。キッチン同様、トイレ設備も施主支給品で、木枠のミラーを合わせました。

植物を置いたリビングのワンコーナー

施主支給品も含め、工事費は約1200万円だったN邸のリノベ。「広い土間、廊下の板張り天井、幅の広い床材、オリジナルのキッチン、ウォークインクローゼットなど、かなえたかった要素はすべて取り入れてストレスなし。大満足です」とNさん夫妻。行き止まりのない回遊動線を採用した間取りも、快適な暮らしを後押ししています。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図リノベーション前

リノベーション後の間取り図リノベーベーション後

プロデュース・設計/EcoDeco
リノベーション業界のパイオニアとして、中古物件探しからリノベーションまでのトータルコーディネートサービスをいち早く展開してきた。設計者を自由に選べるだけでなく、施工会社はコンペで決定でき、すべての過程でコーディネーターが相談に乗ってくれる。

撮影/山田耕司 ※情報は「リライフプラスvol.23」取材時のものです

Source: 日刊住まい

IKEAの大人気ワゴン「ロースコグ」の音問題を解消してくれるマットを発見

IKEAのロースコグワゴン

IKEAの大人気ワゴンRÅSKOG(ロースコグ)は気軽に移動できるとても便利な収納アイテムです。暮らし評論家の大木聖美さんも愛用していますが、ものを置くたびに「カチャン」と音がするのが気になっていたそうです。使い古したタオルを敷くなどしていましたが、ÖVERSIKTLIG(オーヴェルシクトリグ)というワゴンの表面を保護し、音を抑えるマットを敷くようになってから、安心してものを置けるようになったそうです。

長年愛用してきたけど「カチャン」と音がするのがストレス

ちょっと収納を増やしたいときに便利なワゴン。中になにが入っているか一目瞭然で、目的のものをパッと取り出せるのが魅力です。

IKEAのRÅSKOGは、中段のみ好きな位置で固定できるので、収納するものに合わせて高さを自分仕様にできます。デザイン性はいうまでもありませんが、キャスターの動きがスムーズで、ストレスなく移動できるのもお気に入りのポイントです。

リビングに置いたローススコグワゴン

筆者宅ではリビングに置き、一番上の段にはリモコン類を集中収納しています。その下の段は、以前はブランケットや新聞・雑誌を収納、その後子ども達の勉強道具の収納場所となり、今はトレーニンググッズや筆者の仕事道具の指定席となっています。

長年RÅSKOGを愛用してきましたが、ちょっぴりストレスに感じていた部分もありました。それは、ものを置くたびに「カチャン」と音がすることです。仕事用のノートパソコンを置く際もかなり気を使うので、使い古したタオルを下に敷いてしのいでいました。

専用マットを敷いたら音が気にならない&出し入れしやすく超快適

フェルト素材のランチョンマットをワゴンにセット

なにかいいものはないかと探していたときに見つけたのが、IKEAのÖVERSIKTLIGというフェルト素材のランチョンマット。IKEAの公式サイトにも「ロースコグ ワゴンの中敷きにぴったり」と書かれています。フェルトはちょうどいい緩衝材となり、ものを置くときの衝撃を吸収してくれるし、音も気にならなくなりました。

IKEAのÖVERSIKTLIG (オーヴェルシクトリグ)

角のR部分もワゴンと同じようにカットされているのでピタッとはまります。

裏には小さな滑り止めがついているので、ワゴンを移動した際に中のものがずれてしまうことがありません。色はライトグレーのみ。落ち着いたトーンなので、どんな色のワゴンにも取り入れやすそうです。1枚だと税込299円ですが3枚セットだと699円とお買い得価格になっています。

リモコンやトレーニンググッズなどを気兼ねなく置ける

フェルトマットの上にリモコンやトレーニンググッズを置く

ÖVERSIKTLIGを敷いてからは、リモコンやトレーニンググッズを置くたびに気になっていた大きな音がまったくしなくなり、出し入れもとてもラクになりました!

フェルトマットの上にノートパソコンを置く

以前は古いタオルを敷いて置いていたノートパソコンも、そのままポンと置けるように。家族もストレスなく使えるようになったと喜んでいます。RÅSKOGはおしゃれで便利だけど音がちょっと、という方は試してみてくださいね。

●教えてくれた人/大木聖美さん
横浜在住の暮らし評論家。整理収納アドバイザー、防災備蓄2級プランナーなどの資格を持つ。片付け・掃除・家づくりなど暮らし全般の情報を日々ブログ「我が道ライフ」にて発信中

Source: 日刊住まい

みんなで一緒に料理している気分になる家。IKEAキッチンがいい仕事してる

家族の会話がはずむオープンキッチン

「ゆとりある暮らし」をテーマにして、約100㎡の住まいをリノベーション。とくにキッチンにこだわり、料理する人が孤立せず、リビングダイニングにいる家族を見渡せるオープンなキッチンに。鮮やかなグリーンの塗装がアクセントになっています。

家族を近くに感じられるオープンキッチン

IKEAで統一したⅡ型キッチン

既存は独立型のキッチンでしたが、家族とのコミュニケーションが円滑にとれるよう対面式のⅡ型に変更。収納が豊富なうえ、カウンターや作業スペースが広いので、何人かで料理をするときもゆとりがあります。

鮮やかなグリーンで塗装したキッチン

キッチン本体とカウンターはIKEAのものをカスタマイズしました。「なるべく重苦しい雰囲気にしたくない」という理由から、作業台のステンレスはできるだけ薄いものを選び、木の質感を生かしたつくりに。

「細かいことかもしれませんが、仕上がりの雰囲気がまったく違いますね」(夫)

食器は見せる収納に

料理が趣味という夫が中心となり、壁の色、インテリア、動線、収納などを工夫し、夫婦で協力して理想のキッチンをつくり上げました。旅先で買うことが多いという個性的な器は、扉なしの見せる収納に。出し入れのしにくい大きな鍋類も、あえて見せる収納にすることで、使いやすさをアップさせています。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫40代 妻40代 長女

▼リノベを選んだ理由
子どもが生まれたことがきっかけで、自分たちの住まいを持ちたいという思いが出てきたため。また、夫婦そろって建築が好きなので、自分たちで好きなようにできるフルリノベをしたかったから。

▼住宅の面積やコスト
専有面積/94.62㎡ 工事費/1680万円(税・設計料込み)

広々リビングは本棚でゆるく仕切りを

躯体現しのままの天井

二面採光の明るいリビング。大きな窓から光が差し込み、空間にさらなる開放感をもたらしています。

LDKとオープンスペースを仕切る本棚

LDKはワンルームのような大空間で、リビングの一角を本棚でゆるやかに仕切っています。

リビングの一角にあるオープンスペース

現在はおもに子どもの遊び場として活用していますが、将来は独立した個室にすることもできます。

将来は2部屋にもできる寝室

窓際から奥に進むと、寝室があります。街路樹が見える大きな窓を生かした、シンプルでゆったりとした空間です。現在は寝室の一角をワークスペースとしても活用しています。

ゆとりある玄関まわりとシンプルなサニタリー

ベビーカーもゆったり収納できる玄関土間

広々とした玄関土間。子どもの自転車やバギーなども難なく収納できるスペースを確保しました。

廊下の洗濯機はルーバー扉でカバー

配管の関係で廊下から動かせなかった洗濯機は、ルーバー扉でさりげなく目隠し。

カラータイルが鮮やかな洗面室

壁面にカラータイルを取り入れて、遊び心をプラスした洗面室。収納棚はキッチンと同じバーチ材を用いて、統一感を出しました。

ミニマムデザインのトイレ

トイレは清潔感を重視してミニマムデザインに。

複数人でも調理がしやすい作業台

仲介からプランニングまでを担当したリノベーション会社・EcoDecoの岡野真弥さんには、物件の内見にも同行してもらいました。「その場でどんどん提案してくれて、リノベーションでできること、できないことがすぐに分かり、助かりました」 と夫妻。希望のインテリアも実現することができ、大満足のリノベーションになったようです。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図リノベーション前
リノベーション後の間取り図リノベーション後
プロデュース・設計/EcoDeco
中古マンションリノベのワンストップサービスのパイオニア。全コーディネーターが不動産探しから設計まで一貫して担当。不動産と設計のプロとしての知識と経験を併せ持ち、内見時には両方の視点からアドバイスができる。施工会社はコンペ形式で、公平性がある。福岡オフィスもあり。

撮影/小川 聡 ※情報は「リライフプラス vol.39」掲載時のものです

Source: 日刊住まい

本当に便利なキッチン収納グッズを一挙公開!悩んでる&過去失敗した人はマネて買うべし

収納のプロが実際に使っている収納グッズ

ネットにも店頭にも便利そうな収納グッズがあふれています。しかし、いざ収納を見直そうと選ぶ段になると、どんな収納グッズを使えばよいのか迷ってしまいます。結果、適当に購入して失敗したというケースも。

はたして収納のプロといわれる人たちは、どんなものを愛用しているのでしょうか?今回は整理収納アドバイザーでキッチン収納コンサルタントでもある岩佐弥生さんに実際に使っている、おすすめ収納グッズをご紹介してもらいました。

しまい込むのではなく、取り出しやすく整理しやすい便利な商品は、要チェックです!

収納グッズはしまい込むために買うのではない。選ぶ前に意識を変えて!

ものが増えてきたら収納ケースやカゴを買ってしまうあなたはちょっと待った!です。なぜならそれはものをまとめているに過ぎないから。

まったく使っていないものは外に出してあげない限り、ものは永遠に増えていきますし、使いづらさはもちろん、収納グッズを購入しても探し物をするという問題は解消されません。

ということは、収納グッズは使わない方がよいの?と思われるかもしれません。収納グッズはものを使いやすく戻しやすくしたり、ものの管理もしやすくなったりと賢く使えばとても便利なグッズなのです。

ものをしまい込むために収納グッズを買うのではなく、「使いやすく戻しやすくするために使うアイテム」と意識しましょう。

次に選ぶポイントです。キッチンは水を使うシーンが多く、調味料や粉類などで収納グッズが汚れる場合がよくあります。そこで、水に濡れても大丈夫な素材を選ぶことも重要。掃除もしやすく清潔に使えて安心です。

どんなにおしゃれでもキッチンでは清潔に使えないと意味がありません。濡れぶきんでサッとふけて、水洗いできる素材の収納グッズがプロには好まれています。

ではさっそく筆者も使っている商品をご紹介しましょう。

取り出しづらいカトラリーの収納はJEJとTOTONOが優秀

スプーンやフォーク、はしなどがトレーの中でぐちゃぐちゃ…。あふれてしまって、見つけづらく取り出しづらい!そういうときは、カトラリーはアイテムごとにトレーで分けると使いやすくなります。

最近は、重ねられたりスライドできたりと、収納量をアップできるカトラリートレーが登場。さまざまなサイズがある小物類も収納できてプロにも人気です。素材は水洗いできる材質のものを選びましょう。

まるで陶器のような輝き!パズルのように組み合わせられる「JEJカトラリートレー」

JEJカトラリートレーはいろいろなサイズがあって組み合せ自由自在

日本製で、まるで陶器のような輝きのある質感が安っぽく見えません。サイズもさまざまでパズルのように組み合わせたり、重ねたりして自由に使うことができます。

重ねられるタイプは収納量がUPしますね。ネットでも購入できます。カラーはホワイトとブラックがあります。

サイズ展開は以下のとおりです。

  • サイズS:幅88×奥行88×高さ32㎜
  • サイズM:幅175×奥行88×高さ32㎜
  • サイズL:幅263×奥行88×高さ32㎜
  • サイズLL:幅263×奥行263×高さ32㎜

 

傾斜になっていて取り出しやすさを意識したTOTONO「引き出し用カトラリーポケット」

キッチンの引出し収納に特化したブランド「TOTONO」のカトラリーケース

TOTONO(トトノ)はキッチンの引出し収納に特化したブランド。こちらのカトラリーケースは新商品。傾斜になっていて取り出しやすさを意識しています。カトラリーはもちろん、小物類の収納にも便利です。ネットでも購入できます。

サイズ展開は以下のとおりです。

  • サイズS:幅70×奥行210×高さ44㎜ ※ジョイントつき
  • サイズM:幅105×奥行280×高さ44㎜ ※ジョイントつき
  • サイズL:幅210×奥行280×高さ44㎜ ※ジョイントつき

お皿の収納、取り出しやすさでIKEA、TOTONO、山崎実業に注目

お皿の収納は取り出しやすさがポイントです。また、棚板の高さを変えることで、さらに限られた収納スペースを有効に使うことができます。

重ねても安定感があり空間を有効活用できるIKEA「variera シェルフインサート」

IKEAの「ヴァリエラ シェルフインサート」は何枚もお皿を重ねても安定感がよく超便利

IKEAのスチール製のコの字ラックは何枚もお皿を重ねても安定感がよく超便利です。2サイズの展開があり、大は「大皿」、小は「長皿」の収納に便利です。コの字ラックを使えば、上と下で別のお皿を収納でき、空間を有効活用できます。プロもよく使うアイテムです。価格帯も魅力の一つです。

サイズ展開は以下のとおりです。

  • 小:幅320×奥行130×高さ160㎜(279円・税込み)
  • 大:幅320×奥行280×高さ160㎜(479円・税込み)

大皿1枚1枚が取り出しやすいTOTONO「ディッシュスタンドL」

皿収納にはTOTONO「ディッシュスタンドL」が便利

大皿収納にはTOTONOが便利です。その魅力は、1枚1枚区切られていること。お皿を取り出す際に隣のお皿が倒れてくる心配もありません。取り出しやすさ、戻しやすさの両方が兼ね備えられています。

サイズ:幅280×奥行210×高さ140㎜

引出し・開き扉タイプどちらでも使える山崎実業tower「ディッシュラック プレートS」

山崎実業tower「ディッシュラック プレートS」

こちらは、引出し・開き扉タイプどちらでも使うことができます。

山崎実業のtowerシリーズはモノトーンカラーが特徴で、スタイリッシュなデザインも魅力。収納や片づけのプロが商品企画をしているのでは?と思うほど使いやすいです。これ以外にも日頃の片づけの悩みを、解決してくれる商品が多数あります。

サイズ:幅115×奥行120×高さ140㎜

ほかには、無印良品の「アクリル仕切り棚」を使っているプロも多くいます。

フライパンを引き出しにしまうなら100均グッズを活用すべし!

最近は、引出しキッチンが主流になってきています。引出しの中に入れて使うなら、タテ収納がマストです。探しやすく取り出しやすくなります。

100均グッズ

フライパンの収納には100均に便利なものがある

100均のケースでも安定感のあるケースが売られていたらチェックです!安く簡単に収納をつくることができます。

とくに手前がカーブして低くなっているタイプは柄を引っ掛けておくことができ便利。こちらは、開き扉キッチンでも便利に使えます。

サイズをうまく測れない…。そんな方は、簡単に「幅を調節できるプライパンスタンド」がおすすめです。ざっくり計測でも心配なしです。さまざまなメーカーから販売されており、ウェブでも購入できます。

食品やストック品の収納は四角い形状のものを選ぶと空間にムダが生まれない

ストック品の収納は、どんな食品を入れるか?どれくらいストックするか?で収納グッズのサイズを考えるとよいでしょう。また、引出しの中や扉内に入れることが多いので四角い形状のものを選ぶと空間にムダが生まれません。

ケースで区切ると散らかり防止に!IKEA「ヴァリエラボックス」

さまざまな食品をストックに活躍するIKEA「ヴァリエラボックス」

袋に入った乾物やチューブ式の調味料、オイルなど、さまざまな食品をストックできちゃいます。引出しに直接食品を入れると散らかりの原因になるので、ケースで区切ると散らかり防止にもなります。

サイズ:幅240×奥行170×高さ105㎜(299円・税込み)

扉を開けるたびに気分が上がる!ナチュラルキッチン「WECK木箱」

食品のストックも木箱にするだけでかわいい

おしゃれ女子に人気のショップが「ナチュラルキッチン」。リーズナブルな価格でありながらおしゃれさも忘れていない商品が多数あり、見ているだけでも楽しいお店です。

食品のストックも木箱にするだけでかわいいですよね。扉を開けるたびに気分が上がります。

サイズ展開は以下のとおりです。

  • L:幅360×奥行250×高さ150㎜(1100円・税込み)
  • M:幅300×奥行220×高さ115㎜(550円・税込み)

他には、ワイヤーバスケットも便利です。中身が見やすく、最近ではさまざまなサイズのものや積み重ねできるものもあり、プロもよく愛用しています。雑貨店やウェブでも購入できます。

スタンダードとワイドの使い分けでスッキリ!無印良品「A4ポリプロピレンファイルボックス」

キッチン収納でも不動の人気!無印良品のファイルボックス

不動の人気を誇っているのが無印良品のファイルボックス。
四角い形状なので、キッチンカウンター下にもきれいに収まります。缶詰や乾麺などさまざまな食品をストックできますね。

また、無印良品のファイルボックスは「ワイドタイプ」もあるので、入れたい量や食品サイズに合わせて使い分けができるのも人気のポイントです。ラベルを貼ると、さらに見つけやすくなります。

サイズ展開は以下のとおりです。

  • スタンダードタイプ:幅100×奥行320×高さ240㎜(490円・税込み)
  • ワイドタイプ:幅150×奥行320×高さ240㎜(690円・税込み)

透明なので中身が見やすい!無印良品「重なるアクリルCDボックス」

透明で見た目も美しい無印良品の「重なるアクリルCDボックス」

もうひとつ無印良品。こちらはCDボックスですが、食品ストックとしても便利に使えます。

透明なので中身が見やすいのもうれしいポイント。表に出しても、引出しや扉に入れても使える万能選手です。透明アクリルは見た目も美しいですよ。

サイズ展開は以下のとおりです。

  • 小:幅126×奥行252×高さ40㎜(690円・税込み)
  • 中:幅126×奥行252×高さ80㎜(890円・税込み)
  • 大:幅126×奥行252×高さ160㎜(1190円・税込み)

※各ハーフサイズもあり

おうち時間が長くなり、キッチンに立つ時間も増えた方も多いと思います。収納グッズは賢く使えば暮らしを快適にしてくれるアイテム。プロもよく使う収納グッズ、ぜひキッチン整理の参考にしてください。

●教えてくれた人/岩佐弥生さん
整理収納アドバイザー、キッチン収納コンサルタント。収納用品を賢く使い、見た目も大事にしながらも絶対にハードルをあげない「シンプル」で「上質」な暮らしをモットーに活動。「happy storage」という収納雑貨店もオープン

Source: 日刊住まい

IKEAのパーツ3万円でこんなに変わる。収納&照明を便利でおしゃれにグレードアップ

IKEAで購入した収納パーツ
IKEAは、雑貨や家具だけでなく収納パーツ類も充実しているのをご存知でしょうか。日刊住まいライターが、IKEAの収納パーツを活用して部屋をグレードアップしたそうです。

筆者は賃貸マンション経営をしています。今回アップグレードしたのは、空室となったそこの一室。大家の仕事を始めたばかりの6年ほど前に、初めてリノベーションした部屋です。

合計金額は3万485円。「利便性とデザインの両立」を目指した、という室内はIKEAの収納パーツでどのように変わったのでしょうか。

収納が足りない玄関に折りたたみフックと収納棚を

空室となったのは6年前に大家の仕事を始めたばかりの頃に初めてリノベーションした部屋。

収納を設置する前の室内

それなりの費用と知恵を投じたおかげか、現在でも古臭いインテリアという印象は受けません。とはいえ、改めて室内を眺めると「ここに収納があったら、もっと便利に暮らせるのに」と感じる部分がいくつかありました。

収納を設置する前の玄関

まずは玄関から。設置前はスイッチだけが設置されたシンプルな状態でした。ここにIKEAのアイテムを2種類設置します。

BOTKYRKA(ボッシルカ)とBJARNUM(ビャーヌム)を付けた玄関

ドアの上に収納棚の「BOTKYRKA(ボッシルカ)」(3999円・税込み)を、壁には折りたたみフック「BJARNUM(ビャーヌム)」(3個入り・1499円・税込み)を2個取り付けました。

この部屋のシューズボックスはやや小さめなので、入りきらない靴などを収納できる棚ができて便利になりました。

BJARNUM(ビャーヌム)にハンガーを掛ける

ビャーヌムは使用時だけ開いて使えるスマートなフックで、うちのマンションでは定番のアイテムです。シンプルなインテリアのままで使いやすい玄関になりました。

洗面と洗濯機まわりにも収納棚を追加

収納を設置する前の洗面

続いて洗面です。設置前、気になっていたのは頭上に設置されていたタオル棚。

サイズが大きくて便利なのですが、そのぶん圧迫感があるので、小さめのタオル棚「BROGRUND(ブログルンド)」(1299円・税込み)に交換しました。

タオル棚として取り付けたBROGRUND(ブログルンド)

既存のタオル棚と比べて奥行きは半分ほど。

BROGRUND(ブログルンド)を取り付けた洗面

棚のサイズを小さくしたおかげで頭上が広くすっきりしました。

収納を設置する前の洗濯機まわり

こちらは洗濯機まわり。洗剤やタオルなどの置き場所がまったくないのは困りますよね。

洗濯機の上のデッドスペースに「DYNAN(ディナン)を設置

洗濯機上のデッドスペースに「DYNAN(ディナン)」(2999円・税込み)を設置しました。オープン収納なので取り出しがラクで使いやすそう。

収納を設置した後の洗濯機まわり

色がホワイトなので見た目もうるさくありません。ちなみに壁の左手の棚は、先ほどの洗面から取り外して移設したタオル棚です。結果的にかなり収納力がアップしました。

棚と有孔ボードでキッチンの収納不足を解消

もっとも多くの収納パーツを追加したのがキッチンです。

収納を設置する前のキッチン

ご覧のとおり設置前は簡素過ぎるくらいの空間。当時はこの「ミニマルな雰囲気」が気に入っていたのですが、レンジフードの横や壁などのスペースがガラ空きなのはさすがにもったいないと感じました。

インテリアを損なわないように注意しつつ、収納力のあるアイテムをなるべく多めに付け足すことに。

収納を設置した後のキッチン

壁に設置したのは有孔ボード「SKADIS(スコーディス)」のシリーズ。

有孔ボードSKADIS(スコーディス)をキッチンの壁に設置

56㎝角のボード(1枚1999円・税込み)を専用パーツ(199円・税込み)でタテに連結しました。同じく「スコーディス」シリーズのフックや小物入れなどを活用すれば、自分好みの収納にアレンジできます。

有孔ボードSKADIS(スコーディス)

キッチン右手の壁には36㎝×56㎝のボード(1499円・税込み)を。有孔ボードは壁を有効活用できるので、うちのような狭小物件にぴったりです。

KUNGSFORS(クングスフォルス)の棚板を設置

レンジフードの右横の空きスペースには「KUNGSFORS(クングスフォルス)」の棚板(2999円・税込み)を二段設置し、棚下には同じく「クングスフォルス」の収納レール(599円・税込み)を3本連結して設置しました。これで調理器具もたくさん置けるはず。

リビングの照明はスマート電球にチェンジ

リビングでは照明を改善しました。

既存のシーリングライト

古い照明はオーソドックスなシーリングライトだったのですが、今見るとデザイン的にいまひとつ。IKEAのスマート電球「TRADFRI(トロードフリ)」のリモコンセット(1999円・税込み)と交換しました。

TRADFRI(トロードフリ)のリモコンセットを設置

かなりシンプルな電球ですが、この部屋の躯体現しにしたラフな天井にマッチしています。

リモコン操作で温度や明暗がコントロールできる

リモコン操作で色温度や明暗のコントロールができます。

TRADFRI(トロードフリ)のリモコン

マグネットで着脱できる台座でリモコンを壁付けできるのもおしゃれ。価格がリーズナブルなのも嬉しいポイントです。

IKEA製品の設置にはちょっと注意が必要

組み立て中の棚

リーズナブルで便利なIKEAのアイテムですが、組み立てや設置には注意が必要な場合も。例えば、洗濯機の上に取り付けた収納「DYNAN(ディナン)」の組み立てには六角レンチが必要でした。

今回ご紹介した収納パーツは壁にネジで固定するものがメインでしたが、ネジが効かない素材でできた壁には取り付けられない場合があります。

日本のメーカーの商品だと「木部用にネジ、石膏ボード用にピン」と下地ごとに固定金具が付属している場合もあり、設置に関する説明も丁寧です。

ですが、IKEAの商品にはそもそも固定用のネジが付属していないことも多く、その場合、壁の下地に合わせて自分で用意しなければなりません。

また、金属製で重量のある棚は持ち上げるだけでもひと苦労で、知識のない素人がDIYで設置すると落下の危険もあります。

棚を設置する大工さん

今回は、すべて大工さんに設置してもらいました。下地をチェックして設置可能かどうかの判断もお任せで、必要に応じてネジを追加して補強もしてくれました。

棚を固定する大工さん

DIYに自信がない方や、安全性を重視したいという方はプロに設置をお願いした方が良いかもしれません。

ちなみに、今回購入した収納用品は合計で3万円強でしたが、大工さんに1日がかりで設置してもらった費用は2万9000円でした。

IKEAの商品はリーズナブルですが、ものによっては本体以上の設置費用がかかることもあるので、購入前によく確認した方が良いと思います。

IKEAの収納パーツでグレードアップしたキッチンと玄関

ご覧のように、キッチンと玄関の収納力がアップし、インテリア的にも満足できる仕上がりとなりました。収納不足にお悩みの方の参考になれば幸いです。

Source: 日刊住まい

北欧でのIKEAアイテムの使い方。密閉容器をお弁当箱代わりにする人も

IKEAのイメージ

北欧で暮らす人たちはIKEAのアイテムをどのように活用しているのでしょうか。
IKEA発祥の地・スウェーデンの隣にあるノルウェー在住で、大学院に在籍中のイラストレーター・スズキカホさんは「家具やカーテン、密閉容器に至るまで、IKEAのアイテムを使っていないお宅はない、と言っても過言ではないくらいです」といいます。
どんなアイテムを、どんなふうに使っているのか、詳しくレポートします。

ノルウェーでもIKEAは超定番

IKEAで揃えた家具のある住まい

筆者が暮らすノルウェーの友人たちはIKEAが大好き、という人が多いです。IKEAのアイテムをひとつも所有していない人はいないと言っても過言ではないほど、定番中の定番です。

中でもよく見かけるのは、やはり家具。シンプルなデザインからカラフルなデザインまで、幅広く展開しているので、それぞれのお宅に合ったデザインを見つけられるのも人気の秘訣なのかもしれません。

上の写真は筆者の知人のお宅。ダイニングテーブル、椅子、デスクライトはすべてIKEAのもの。周りに観葉植物を置いてうまくコーディネートしています。

知人はこの家に引っ越す際、1日でほぼすべての家具や家電をIKEAで買い揃えたそうです。こうしたことが可能なのもIKEAの魅力のひとつ。筆者が暮らす学生アパートでも、新学期が近くなるとIKEAのトラックが行き来するのをよく見かけます。

カラフルなデザインが北欧で愛される理由

IKEAの生地で手づくりしたカーテン

こちらは先ほどご紹介した知人宅のベッドルームのカーテン。IKEAの生地で手づくりしたそうです。鮮やかな柄が部屋の印象をパッと明るくしています。

北欧の冬は暗くて長いので、部屋の中にこういった明るい色や柄のものを取り入れるお宅が多いようです。

こちらのお宅では、IKEAのベッドカバーやクッションカバーを、季節ごとに変えて楽しんでいるそうです。リーズナブルな価格だから、こうした模様替えを気軽に楽しめるのもIKEAのいいところです。

IKEAの密閉容器をお弁当箱代わりにする人も

IKEAのキッチンツールのイメージ

インテリアだけではなくキッチンやバスルームなどでもIKEAのアイテムをよく見かけます。ある知人宅ではキッチンツールだけでなく、レンシーフードもIKEAのものを使っていました。

また、筆者の通う学校ではIKEAの密閉容器にランチを入れて持参する人がたくさんいます。筆者も愛用中です。

こちらでは日本でよく使われているようなお弁当箱はなかなか売っていないので、とても重宝しています。ただ、同じ密閉容器を所有している人が多いため、校内で混同してしまうこともしばしば…。

IKEAのタオル類もよく見かけるアイテムのひとつです。今のところ、筆者が訪れた現地のすべてのお宅でIKEAのタオルを目にしました。

カラーバリエーションが豊富なので、インテリアに合わせた色やデザインのものを選んでいるようです。家族ごとに色を分けているお宅も結構ありました。

インテリアだけでなく、こうした実用的なジャンルでも、IKEAのアイテムはノルウェーの人々に愛されていると感じます。

ノルウェーの店舗はほぼ日本と変わらない

ノルウェーのIKEA

ちなみにノルウェーの店舗はどのような感じかというと、日本とほとんど違いがありません。店内の雰囲気や品揃え、会計のシステムも日本のIKEAとほぼ同じです。

レストランのメニューなどは多少異なるのかもしれませんが、実際訪れてみて、大きな違いはないと感じました。逆に言えば、日本のIKEAでも北欧と同じように買い物が楽しめるということですね。

北欧の人々にとってIKEAのアイテムは日常に不可欠であり、私たち日本人にとっては手頃に北欧デザインを取り入れられるユニークな存在です。今後どんなアイテムが発売されるのか、楽しみに見守っていきたいと思います。

Source: 日刊住まい

コスパ、使い勝手、デザインも。調味料入れならIKEAの「ベールコリ」が最強!

IKEA「ベールコリ」

塩や砂糖などよく使う調味料は、使いやすさを第一に置き場を考えたいもの。容器に詰め替えてキッチン台の上で見せ収納する方も多いのでは。

使い勝手とデザイン性を兼ね備えた調味料容器なら、IKEAの「ベールコリ」を選ぶべき!インテリアブログを主宰するワトコさんに、おすすめの理由を教えてもらいました。

3ピースセットで価格もお手頃

IKEAのスパイス瓶「ベールコリ」

IKEAのベールコリ(BARKORG)スパイス瓶は、3ピースで税込み799円。各瓶にスプーンと、トレーもついてこの価格はかなりコスパが良いです。

調味料入れはよく使うために汚れやすいので、トレーがついているのはうれしい!

片手で蓋が開けられるのが便利

IKEAのベールコリは片手で蓋が開けられる

以前は見栄えを重視してガラスキャニスターを使っていたのですが、使用時の蓋の開け閉めには両手を使う必要がありました。

IKEAのベールコリは取っ手付きで、片手で蓋が開けられて便利!忙しい日の食事の準備から無駄な作業を省くことができ、調理がはかどります。

シンプルなデザインで見せ収納にピッタリ

クリア素材なので中身が見やすい

白☓クリア素材のシンプルなデザインで、カウンターに置いていてもすっきり見えます。

蓋部分も透明なので、上から見ても調味料の残りがどれくらいあるのかがひと目で分かるのもミソ。丸みがあるフォルムも可愛らしくて気に入っています。

蓋が外せて手入れがしやすい

蓋を外したところ

調味料を詰め替える際には容器を消毒すると安心です。「パストリーゼ」などの除菌・消毒液を使ったうえで、台所用洗剤で洗ってしっかり乾かした後に調味料を入れるようにしています。

蓋を外したところ

ベールコリは蓋が外せるので、洗いやすく乾かしやすいのがポイント。また、食洗機でも洗えるので家事の時短にもなります。

調味料入れは100均でも手に入りますが、使い勝手やデザイン性を比べると、ベールコリは長く使えて結果、コスパも良いと思います。使いやすく見栄えの良いものを探しているという方は、ぜひチェックしてみてください。

●教えてくれた人/ワトコさん
WEBライターとしてインテリアや収納に関する執筆を行う。「ワトコさんのDIYでカフェインテリア」で、インテリアにまつわる情報を発信中

Source: 日刊住まい

50代で手放したウォーターサーバー。IKEAのポットがちょうどいい理由

IKEAの魔法瓶「ウンデルラッタ」のあるテーブル

おうち時間が増え、家でお茶を飲む機会も増えました。冷水や温水がすぐに使えるウォーターサーバーを便利に使うご家庭も多いでしょう。

そんななか、「50代になって夫と2人の生活になり、ウォーターサーバーを手放しました」と話すのは、ライフオーガナイザーで整理収納のプロ・田川瑞枝さん。IKEAの魔法瓶2つを代わりに使うことで、暮らしの無駄を省けるようになったそう。その理由を伺いました。

ウォーターサーバーの代わりにIKEAの魔法瓶を2個使い

子どもと一緒にで暮らしていたときは、飲む量も多かったので、筆者の家ではウォーターサーバーを使っていました。すぐに冷水・温水が飲めるので大活躍。

でも、子どもが独立して夫婦ふたりの生活になった今は、使う水の量が減ったことと、重たいボトルを持ち上げることが難しくなったので使うのをやめました。

便利だったその役割をポットで代用したところ、意外なメリットもありました。

IKEAの魔法瓶「ウンデルラッタ」
ポットに冷水と温水を入れてウォーターサーバーの代わりに使うためには2個必要です。値段も高くなく、見た目もシンプルなIKEAの魔法瓶「ウンデルラッタ」を選びました。

1個1999円(税込み)。本体重量0.8㎏と軽いのも選んだ理由です。1.2ℓと容量が多く、中身を補充する頻度が低いので重宝します。

50代になって腕の筋力が落ちてきて、重いモノを持ち上げるのが大変になりましたが、水を入れても片手で持てるところが使いやすいポイントです。

IKEAの魔法瓶「ウンデルラッタ」にマスキングテープで目印
同じデザインのポットなので、目印をつけています。グレーのマスキングテープに白いペンで文字を書いたので、目立たないけれどひと目でわかり、夫にも好評です。

IKEAの魔法瓶「ウンデルラッタ」をラックに収納
大容量なのに形状はスマートで、2個並べてもスペースを取らず、キッチンに置いても邪魔になりません。シンプルなデザインなので、北欧風インテリアやモノトーンインテリアにピッタリなところも気に入っています。

冷蔵庫の開閉回数も減らせて経済的

冷蔵庫の浄水ポット
ウォーターサーバーを手放した後は、浄水ポットを使用して飲用水を作っています。これまでは、つくった水はボトルに入れて冷蔵庫へ。そのため、冷たい水を飲むたびに冷蔵庫を開け閉めしていて、開閉回数が多いのが気になっていました。そこで、この水をIKEAの魔法瓶に入れることに。これで冷蔵庫を開ける必要がなくなり、光熱費の節約にも。

ドアポケットに置いていたボトルがなくなったことで、思いがけず冷蔵庫内の使い勝手も良くなりました。

無駄な移動がなくなって暮らしがラク

IKEAの魔法瓶「ウンデルラッタ」にお湯を入れる
お湯を沸かしてお茶を飲む時に、余分に沸かしてしまい余らせることがありました。あとは冷えていくばかりでもったいないと思っていたのですが、温水用のポットに入れておくことに。

デスクワーク中にお茶を飲みたいと思ったときも、そばにポットを置いておけば、ウォーターサーバーを使うときのように、わざわざキッチンに行くこともありません。

お湯は、お味噌汁やスープなど料理にも使えるので、そのつど沸かす必要もなく、調理時間の時短にもなりました。

ティータイムもストレスなく楽しめる

これまで、家族や友人とのお茶の時間は、お茶を入れて、飲み終わった頃合いをみてお代わりをつくって…と気を遣っていました。おしゃべりに集中できなくて、これが意外とストレスに。

今はテーブルにポットとコーヒーやお茶を用意しておき、各自、好きなタイミングでお冷やお茶を入れて飲んでもらうスタイルに。手間がグンと減ったうえ、好きなドリンクを選ぶ楽しみもあって、相手にも喜ばれています。

ウォーターサーバーの代わりにと始めたポットの2個使い。固定式ではなく持ち運びできる点が、予想以上に使いやすいと感じています。

50代からは、暮らしをコンパクトにすることで、快適な毎日が実現できます。これまで愛用してきた暮らしの道具も、今の生活に合っているかどうか、一度見直してみるのがおすすめです。

●教えてくれた人/田川瑞枝さん
ライフオーガナイザー、整理収納アドバイザー、ファイリングデザイナー。モノの片づけを通して、生き方の整理整頓を伝える「思考の整理収納塾」代表。時間管理、書類の整理、家計管理、住育、防災片づけ、ワークライフバランスなどのアドバイスも。ブログ「思考の整理収納塾~Sapporoちょこ*スタイル~」を更新中

Source: 日刊住まい

IKEA「ミールへーデン」で飾る&プチ収納。ゴールドのフレームがおしゃれ

IKEAのミールへーデン
IKEAの「ミールへーデン」は、ポストカードや写真などを簡単におしゃれに飾れると人気のゴールドフレーム。クリップで留められるような軽い雑貨なら、気軽にディスプレイを楽しめます。

でも、「飾る」だけではもったいないかも?日刊住まいライターは、自宅の2か所のニッチなスペースに設置して、ちょっとした壁掛け収納としても活用。これは使わない手はありません!

IKEAのミールへーデンはおしゃれなゴールドのフレーム。使い方は無限大!

IKEAのミールへーデンは軽くて華奢なゴールドのフレーム

「ミールへーデン」のサイズは縦:62㎝、横:45㎝、高さ:5㎝。値段は1999円(税込)です。

IKEAのミールへーデンにはフレームと同色のゴールドのクリップが12個が付いている

フレームと同色のゴールドのクリップが12個が付いています。壁に取り付けるためのネジなどは同梱されていないので、別途購入する必要があります。

上部2か所の角に穴が開いているのでネジで壁に取り付けることもできます。0.64kgと軽量なフレームなので、マグネットで付けることも可能です。

ミールへーデン+マグネットでごちゃついていた冷蔵庫の側面がスッキリ!

冷蔵庫の壁面に雑然と飾ったカード類

筆者のキッチンは、冷蔵庫の側面がリビング側から丸見えというレイアウト。カードやマグネットを貼ってインテリアとして見せようとしていましたが、どうしても雑然としがちでした。

そこで、「ミールへーデン」を使って少し整理してみることに。冷蔵庫ならマグネットで付けられます。

ミールへーデンを付けるために買った100均の超強力マグネット

使ったのは100均で売っているこのようなマグネットです。マグネットでとめる場合、上の2か所だけだと支えきれずにずり落ちてきてしまうので、四隅を留めます。

ミールへーデンは100均のマグネットで付けられる

大きめ(φ16㎜程度)のマグネットが4つあれば、それを四隅に使えばOKです。筆者はサイズ違いのマグネットを買ってしまったので、フレーム上部の2つの角(穴が開いている方)にはミニサイズ4つをまとめて、下部の2つの角には大きめのマグネットを付けました。

ミールへーデン+マグネットで冷蔵庫の側面がおしゃれに

これを冷蔵庫の側面にくっつけて、カードを整理してクリップで留めたら、以前よりスッキリとした印象に!

ミールへーデンに手持ちのフックを使ってアロマストーンを吊るす

ミールへーデンの下の部分には取っておきたい袋を掛けておく

手持ちのフックを併用してアロマストーンを吊るしたり、とっておきたい紙袋もひっかけています。「飾る」だけではなく、メモを挟むなど実用的な使い方もできますよね。

狭い玄関にミニバッグや抗菌スプレーの定位置が!インテリアとしても素敵

殺風景な狭い玄関
玄関にも「飾る」+「収納」があると便利です。
筆者宅の狭い玄関。ドアの横の壁が「ミールへーデン」にちょうどよさそうなサイズなので、ここにも取り付けてみることにしました。

玄関のミールへーデンはネジで固定
あまり壁に穴を開けたくなかったため、押しピンで固定できないかと試してみましたが、フレームを掛けたらだんだんピンが緩んで壁から抜けてきてしまったので、結局ネジを取り付けることに。
ミールへーデンを玄関脇の壁に取り付けたところ

取り付けたら、あとはお気に入りのカードなどを付属のクリップで挟んでいくだけです。

ミールへーデンを玄関脇の壁に取り付けて軽量の鏡、ミニバッグの定位置に

玄関脇の壁にお気に入りのカードを飾ったらおしゃれな空間に

軽量の鏡、ミニバッグ、折りたたみ傘もここに。このような時期なので、抗菌スプレーも掛けてあります。ミニバッグの中にはマスクも。玄関において置くと便利そうな物の定位置となりました。

※重いものを掛けると落下の恐れがあります。ご注意ください

デスク回りや洗面所の壁…スモールスペースの収納&インテリアに最適

軽いものなら、メモやカード以外でもクリップで挟んだりフックに掛けられる「ミールへーデン」。筆者は冷蔵庫と玄関に使いましたが、アクセサリーの「見せる収納」でもいいし、デスク回りや洗面所の壁などに取り付けてもよさそうですね。

スモールスペースでインテリアを充実させたい、そしてちょっと実用性もプラスしたい。そんなときにおすすめのアイテムです。

Source: 日刊住まい