【比較検証】iPhone11 Pro・Pixel3・insta360 GOのスロー撮影を比べてみた

2019年9月20日に新しいiPhone(11・11Pro・11ProMax)が発売開始して以降、私(佐藤)はGoogleのスマホ端末「Pixel3」と11Proの、画像動画の撮影性能の違いについて比較してきた。

今回は2つの端末、それに超軽量アクションカメラ「insta360 GO」の3つの製品のスロー撮影を比較してみた。そうしたところ、それぞれの製品の特性の違いが良く分かった。

・習慣的に運動している人へ

習慣的にスポーツを行う人は、フォームの確認などでスロー動画を撮影する機会があると思う。本稿は、そんなスロー動画を撮影する頻度が高い人に、参考にして頂きたい。

「あまりスロー動画は撮らない」、「そもそも運動の習慣がない」という人は、私の過去の記事 【実践】ストレッチを2年半以上続けたら、開脚で顔が床につくようになった! を読んで、習慣的に身体を動かすことにどれだけ意味があるかを今一度考えて欲しい。そんなあなたに向けて、『少しは動け!』と私は心のなかで叫んでいることをここに明かそう。

さて、毎度のことながら前置きが長くなった……。3つの製品でそれぞれ撮影を行ったところ、それぞれの強みがわかった。3つの製品について1つずつ紹介していこう。まずはiPhone11 Proだ。

・iPhone11 Proのスロー撮影

このモデルの最大の特徴は、iPhoneで初めて3つのレンズを搭載したことにある。望遠・広角・超広角の切り替えは、スロー撮影でも有効だ。

撮影速度は、デフォルトで「720p HD/240fps」で設定されている。これは1秒間に240コマ撮影できることを意味している。撮影環境によっては、蛍光灯のチラつきが気になる可能性があるので、「1080p HD /120fps」に切り替えた方が良いだろう。

ただ、この切り替えが「設定 → カメラ → スローモーション撮影」の順で呼び出さないといけないので、急を要するときには多少面倒くさい。

スロー動画の速度編集はiPhoneの「写真アプリ」から、動画を呼び出すことで可能である。スライダーを左右に動かして、ゆっくりと再生したい箇所を調節しよう。

Airdrop経由で他のiOS端末に編集動画を共有できるところが、iPhoneの良いところだろう。また、1080p で240fpsのスロー動画を撮影できるのも、11Proの強みだ。キレイに細やかな動画を撮影したい人には、この端末が良いかもしれない。チームでスロー動画を共有するという人にもふさわしいかも。

・Pixel3のスロー撮影

Pixel3は、カメラアプリを起動すると、画面下タブにスロー撮影の項目が見えない。「その他」の項目のなかにある「スロモ録画」から機能を呼び出さないといけないので、ひと手間かかってしまう。

そこだけ気にしなければ、撮影速度の(1/4×撮影・1/8×撮影)の切り替えがカメラアプリ上でできるので、その点はiPhoneよりも優れていると言えるだろう。撮影環境に応じて、すばやく切り替えられるのは良い。

撮影した動画の速度編集も、iPhoneと同じように「フォトアプリ」から直接行うことができる。編集そのものも、スライダーを動かすだけのシンプルなつくりだ。

ひとつ残念なのは、端末で速度編集した動画を、その編集のままエクスポートできないことである。iPhoneの場合はAirdropでiOS端末に移動できたり、iOS ⇔ Android間でデータ転送できるアプリで動画を移動しても、編集した動画をそのまま見ることができた。

だが、Pixel3からiOS、もしくはパソコンに移動すると、フォトアプリで速度編集したものが反映されていない。全編スローモーションのままでしか動画をエクスポートできないようである。(少なくとも、私が検証した段階では、速度編集した動画をエクスポートできなかった)。

動画を共有する頻度が少ない、ソロでプレイする競技をしている人には、Pixel3が向いているのかもしれない。

・insta360 GOのスローモーション

View this post on Instagram

【スロー検証】insta360 GOで撮影

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on Oct 2, 2019 at 9:44pm PDT

今回の検証で唯一のアクションカメラ。カメラ単体でも撮影は可能だが、専用アプリをインストールしたスマホ端末がなければ、撮影した動画の確認ができない。また撮影時は、その映像を確認できないのも、この製品のウィークポイントである。

とはいえ、約20グラムの超軽量カメラなので、そこまで多くは求められないだろう。

この製品は、通常撮影モード・ハイパーラプス撮影モードの際には、アスペクト比(縦横比)を撮影後に変えることができる。だが、スローモーション撮影の場合は、16:9の固定。フレームレートは撮影時100fpsだが、アプリ経由で出力する際に、25fpsとなる。

再生速度に関しては、速度編集時に自在に操ることができる。それがこの製品の強みだ。1/4倍から最大256倍まで、スローで撮影したことを台無しにする勢いで、超高速にすることも可能だ。スロー撮影とは……。

撮影時の画面を見ることはできないこと。そしてカメラ単体だと電池の持ちが短い(20分)ので、こまめに充電ケースに戻してやる必要がある。これらの難点はあるが、撮影後の編集でその足りない部分を補って余りある。スマホを買い替える時期ではないという人に、オスメの製品だ。

以上、3つの製品を比較して紹介した。習慣的に運動しているという人は、参考にしてみて欲しい。もちろん、運動していないという人も。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【楽しすぎ】アクションカメラ「insta360 GO」をチャリに付けて撮影すると世界が変わる!

2019年9月22日に発売開始となったアクションカメラ「insta360 GO」。わずか20グラムで、マグネット式のクリップで服にも装着でき、手軽に動画や静止画、タイムラプスやインターバル撮影を行うことができる、超優れモノである。

これをさらに楽しく使える方法はないか? 模索していたところ、良い方法を発見した。軽さを生かしてチャリ(自転車)に装着するのだ。そのままハイパーラプスを撮影してみたところ、ただチャリに乗っているだけの動画なのに、めっちゃダイナミックに! 世界が変わるといっても過言ではない!!

・自転車に装着!

使い方を模索しているなかで参考にしたのが、海外のYouTubeチャンネル「AuthenTech」だ。ガジェット系の動画を公開しているチャンネルで、insta360 GO についても、発売開始の約1カ月前の2019年8月末に動画(Insta360 GO Review: World’s Smallest Steady Cam?)を公開している。

そのなかで、スケートボードの下に製品を装着して滑っているシーンがあった。え!? そんなこと出来るの? 出来ちゃうんです! だって20グラム、なおかつ強力な磁石の力で、金属ならどこでもくっついちゃうから。

私(佐藤)もスケボーにつけて撮影したい! と思ったが、「スケボー持ってないし、未経験だから多分転んでケガする」という極めて冷静な判断を下して、スケボーは断念。その代わり、コイツの出番だ!

社用車「ロケット号」!!

見た目はボロボロ。ハンドルもどこか緩んでいるらしくグラグラしていて、走りも見た目通りの危うさである。これに insta360 GO をつけたら、本当にカッコイイ動画を撮れるのか? 3箇所に順番に装着して、20~25分間のハイパーラプス動画を撮影。撮り終わった段階で、映像を確認するという手順で行った。

・落ちないのか?

これに挑むに当たって、もっとも心配したのは、製品の落下だ。強力な磁力でも、自転車に乗っていると時々段差などで跳ねてしまうことがある。その弾みで落下して、自転車の後輪で自ら踏んづけたりしないだろうか? それはそれで “おいしい” のだが、せっかく気に入ったのに、使用開始からわずか1週間で、ダメにしたくなかった。

自転車にくっつけた後に何度も装着感を確認すると、よほどの段差を跳ねない限り落ちそうにないことがわかったので、撮影を開始した。

・本当に撮れているのか?

最初にハンドルの前方につけて約20分走る。次に方向を変えて、自転車の後方につけて約20分。さらにハンドルの後方(自分側)につけてさらに約20分走った。おおむね1時間自転車を乗り回した後、帰ってきて動画を確認。すると……

ハンドル前方は……撮れてる!

自転車後方は……撮れてる!

ハンドルの後方は……撮れてる!

全部撮れていた。移動中でもカメラをバッテリーケースに装着して、スマホに接続すれば、撮影した動画を専用アプリで確認できる。

難しい作業ではないのだが、度々バッテリーケースを取り出してスマホにつなぐのは、ちょっと面倒だ。出来ればワイヤレスで録画内容を確認できるようになると良い。

・いい画が撮れる!!

さて、動画をスマホにダウンロードして、3本の動画をほど良くつないでみる。フリーで使える音楽を入れて完成だ。出来上がった動画を見たら……

おお~~! かなりイイ感じ!! ただ自転車に乗っただけなのに、ここまでカッコよくなるとは。こりゃ、自転車に乗るのが楽しくなりそうだ。

……というわけで、日常に新しい刺激を求めているのなら、insta360 GOはきっとその期待に応えてくれるぞ!

参考リンク:YouTube
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【超手軽】アクションカメラ「insta360 GO」のハイパーラプスモードで、新宿駅周辺を撮影したらイイ感じの映像が撮れた!

2019年9月22日に発売開始となった「insta360 GO」。わずか20グラムで通常モードの場合30秒の動画が撮れる、手軽なアクションカメラだ。本体の重量のごとく、かなり “軽い” 気持ちで購入した私(佐藤)だったが、気が付けばどっぷりとその魅力にハマってしまった。

マグネット式のクリップで、身体のカメラを装着して撮影するのも、もちろん面白い! だが、さらに楽しい使い方を見つけてしまった。それは、通常の6倍のスピードの映像を楽しむことができる「ハイパーラプスモード」である。新宿駅周辺を撮影してみたところ、カンタンにカッコイイ動画を作れてしまった! どうしよう!!

・説明書読むの面倒くさい

私は相当面倒くさがりだ。新しもの好きなクセに、買ったものの説明書を読むのが面倒くさい。「使ってるうちにわかるだろう」くらいな気持ちで使い始めて、説明書を読まずに使いこなすことを断念するケースが多い。

正直なところ、この製品も使い始めはイマイチよくわからなかった。ハイパーラプスってなんだ? 説明書を読んでもタイムラプスとの違いがよくわからない。そもそも頭が悪すぎるので、説明書に書いてあっても良く理解できないのである。

・撮影モード

撮影モードには、「写真」「ビデオ」「低速度撮影」の3つがあり、ビデオには「標準動画」「インターバル撮影」「スローモーション」の3つがある。

さらに低速度撮影には、「ハイパーラプス」と「タイムラプス」の2つの撮影モードがある。

タイムラプスは最大で8時間の撮影を行うことができる。端末のデータの空き容量や電池残量によって、1度に撮影できる時間は異なる。この時の私のカメラは容量と電池の都合で、1.5時間の撮影が可能とのことだった。

今回紹介するハイパーラプスは、最短30秒(再生時間5秒)から最大で30分(再生時間300秒)の撮影が可能だ。

・都合20分の撮影で出来た映像

撮影にはピボットスタンドを使用する。

このスタンドは、カメラ用の三脚にも付けられるようになっている。本体をスタンドに付け、さらに三脚に固定して準備完了! 邪魔にならない場所で三脚を構えて、5分 × 2回、撮影を行ってみた。

新宿駅までに行き帰りにそれぞれ5分ずつ、歩きながらハイパーラプス撮影を行い、三脚で10分間の撮影を実施。撮影した4本の動画を専用アプリでつなぎ合わせて、1本の動画が出来上がった。

おお! めっちゃカッコイイのが出来た!! 撮影に費やした時間はわずが20分。専用アプリを使っての編集は約30分。編集に慣れればもっと早く映像をまとめることができるはずだ。おおむね1時間程度で、個人で楽しむには満足いくレベルのものができてうれしい!

とにかく軽くて手軽に扱えるので、アクションカメラ初心者にはinsta360 GO はオススメだ。

参照元:insta360 GO
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24