AR技術で人物だけを判別して加工するアプリ「MEISAI」が面白い! クロマキー合成みたいな映像を簡単に撮れるぞ!!

近年のスマホアプリの進化は目を見張るものがある。とくに写真や動画の撮影アプリや加工アプリは、数年前では考えられないほど技術の進化が進み、動画と画像をブレンドすることが出来たり動画から人物を切り抜いてさらにその人物をコピーしたり。もう自由自在である。カンタンな操作でできる領域が、どんどん広がっている。

そんななか、iPhoneのAR技術を駆使して、リアルタイムで人物のみ(もしくは背景のみ)にエフェクトをかけることのできるアプリが存在した。それが「MEISAI(迷彩)」(iOS)である。起動したら、即エフェクト! カメラでとらえた被写体にさまざまな加工を施すことができるのだ! これナニ!? すごい!!

・XS以降のみ利用可能

このアプリは、iOS13から追加されたAR機能を用いて、人物を対象に加工を施すことができるアプリだ。カメラで捉えている空間から人物だけを判別する機能を使って、まるでクロマキー合成のような効果を得ることができる。

ただし、APP STOREには「このアプリはiPhoneXR/XS/11のみで動作します」と記載されている。iPhoneSEを使っている私(佐藤)はアプリを使うことができなかったので、編集長GO羽鳥(11Pro)に撮影をお願いした。

起動すると、すでに撮影対象の人物にはエフェクトがかかっている。羽鳥を撮ろうとしたところ、すでにデフォルトの「モザイク」状態に。

画面下には、エフェクトアイコンが並んでいる。好きなものを選んでエフェクトを楽しむと良いだろう。中央の赤丸は録画ボタン。その右隣にあるカエルマークをタップすると、エフェクトをかける対象を人物か人物以外に切り替えることができる。

・人物とそれ以外を判別

アプリはかなり高い精度で、人物とそれ以外を判別することができるようだ。実際に撮影をしてみると、羽鳥の腰掛ける椅子の肘掛けには、エフェクトがかかっていないことがわかる。しかし、迷彩柄のパンツをはいているためか、左足にはエフェクトがかかっていない。

出来るだけモノの少ない場所で、人物を撮影した方がより加工を楽しむことができるのではないだろうか。

ちなみに、人物と背景を切り替えると、まさにクロマキー合成のような効果を楽しむことができるぞ。カエルマークをタップすると、カエルがひっくり返っている。ヒックリカエルからカエルマークなのか……?

・使用できない場合は「D’ efekt」

以前紹介したアプリ「D’ efekt」はこれに近い効果を楽しむことができる。こちらは人物に限らず、エフェクトの対象になるのは動きのあるモノ。もしくはカメラがとらえたすべてのモノになる。したがって、人物だけを背景から切り取って加工をすることはできない。

iPhoneXS以降の端末を持っていなくて「MEISAI」を使えない人は、こちらを使うのもいいかも。ただし、「MEISAI」が無料で使えるのに対して、「D’ efekt」はエフェクトを追加する場合にアプリ内課金する必要があるので、その点、注意して頂きたい。

参考リンク:D’efectMEISAI(迷彩)(iOS)
Report:佐藤英典
Screenshot:iOS


Source: ロケットニュース24

禁煙の流れを憂い、高額な「喫煙マップアプリ」を買った俺はバカだ! お値段なんと……

いまさらながら、喫煙者の肩身は随分と狭くなっている。都内の喫煙所は次第に少なくなり、禁煙に踏み切る飲食店も増加。2020年、東京五輪を迎える頃にはどうなっているのだろうか? 私(佐藤)も喫煙者の1人として将来を憂慮している。

どげんかせんといかん! ということで、AppStoreを眺めていたところ、ちょうど私のような喫煙至上主義の人間にお誂え向きの有料アプリを発見!! 入れるしかねえだろッ! ということで速攻ダウンロードしたところ、冷静に価格を確認して、自らの愚かさに愕然とした……

・煙の絆

禁煙の流れは着実に私の身近にも迫っている。当編集部内には、以前まで事務所常駐の8名のうち7名が喫煙者だった。たばこを吸って記事を書く、記事を書いてたばこを吸う。それが編集部の常識だった。2016年2月には全員で日没(18時)まで禁煙しようということになり、苦しみながら7時間を共に戦い抜いた。 “煙の絆” で結ばれた仲間だ。

残念なことに、それも過去の話。禁煙の波は、この新宿の片隅にまで押し寄せた。あろうことか、編集長GO羽鳥、副編集長和才雄一郎の2人が禁煙の悪夢に蝕まれ、たばこを捨てさる事態となったのだ。

なぜだ! なぜ編集部で重責を担う彼らが、たばこを捨てなければいけなかったんだ! こんな理不尽あっていいのか!? 悪いのは彼らじゃない、全部禁煙が悪いんだ! チキショー、禁煙め~。負けねえぞ、俺、絶対に負けないッ!! 大事な仲間からたばこを奪った禁煙を、絶対に許さない、絶対にだッ!

・使えそうなアプリ発見!

という訳で、引き続きたばこ(アイコス)を吸い続けることを固く誓う私だったが、いかんせん吸うところがねえ~……。この先、私も禁煙を誓う羽目になりそうで、寝つきが非常に悪い。

どうしたものかと考えていたところ、たまたまAppStoreで素晴らしいアプリを発見してしまった! おお!! これや、これやがな!

そのアプリは、有料アプリのナビゲーションカテゴリーで12位(2019年10月16日時点)に入っている「Mr.喫煙所MAP ~情報共有くん~【+Plas】」である。あとからいろいろ名前を付け足した感じがするが、まさに私の求めていたものだ。これで喫煙所を求めて街をウロウロ俳諧せずに済む!

大ざっぱに説明を見て秒速でダウンロード! 考える時間なんかムダだ、使えばわかる!

・使い方

インストールして起動すると、最初に位置情報の利用を求められるので、これを許可する。

次いで、利用規約を確認して問題なければ、同意して次に進む。

地図を開くと、標準の倍率では喫煙所が1カ所もないように見えるのだが、任意の場所をズームイン! すると、出てくる出てくる! 喫煙可能な店舗や屋外の喫煙所など、「こんなにあったっけ?」と思うほど発見できた!

新宿駅周辺で見てもめちゃくちゃある! よかった、時代は確実に禁煙の流れだけど、まだまだ吸える! まだまだ捨てたもんじゃないな!!

とはいえ、情報共有型、ユーザーが登録するタイプのマップなので、精度はイマイチ。位置がズレていたり、すでに廃止になった喫煙所が登録されていたりする。

しかも評価式で「星1つ」と辛口採点する喫煙者もいる。ナニ低評価してんだよ! 吸えるだけマシだろうが、コラ!! 贅沢いうな!

でも! たくさん吸える場所が見つかって、安心したヨ!

問題は価格である。このアプリの機能には満足しているが、あらためて購入時の価格を確認して、私は青ざめてしまった。だってこのアプリの販売価格は……

…………1840円なんですもの…………

・価格が重い

私の吸っているアイコスの「ヒーツ ブロンズ」は1箱470円。4箱で1880円であることを考えると、かなりお高いアプリなんじゃないかと思うのだが。喫煙者の皆さん、いかがだろうか?

行き慣れた場所なら、半径3キロ以内の喫煙所は完ぺきに把握している。不慣れな場所でも、昔馴染みの喫茶店や、ルノアール・ドトールなどのコーヒーショップならまだ吸える。このアプリの真価が問われるのは、もう少し先のことになりそうだ……。

参照元:iOS「Mr.喫煙MAP~情報共有くん~【+Plas】
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
Screenshot:iOS「Mr.喫煙MAP~情報共有くん~【+Plas】」


Source: ロケットニュース24

【最悪の選択】ドンキで売ってた「emoji」パーカーがヤバすぎた! 君にはこれでスタバに行く勇気があるか?

ファッションとは難しいものだ。何をもって「オシャレ」とするかは人それぞれ。そうでなくとも、ファッションセンスの乏しい私(佐藤)は、40年以上も人生を積み重ねていながら、いまだに自分にふさわしいものがわからない。

そんな私は、閉店が迫るフォーエバー21で衝撃的なアイテムを見つけたばかりだというのに、ドン・キホーテでさらなる驚きの一品を発見してしまった。iOSの「emoji」をあしらったパーカーなのだが、なぜこの絵文字を選んだのか……。これでスタバに行く勇気、君にはあるか?

・emojiのパーカー

ドンキといえば、個性的な商品を多数取り扱う量販店である。この頃になると、ハロウィンに向けて仮装に使えそうな衣装が、所狭しと並べられている。

この度紹介するのは「emoji」ブランドのパーカーである。絵文字といえば、携帯端末を持っている人なら、誰でも1度くらいは使ったことがあるはずだ。LINEやメールの返事に多用する人もいるだろう。

・なぜコレを選んだのか?

さて、ここで皆さんに聞きたい。絵文字と聞いて、どの文字を思い浮かべるだろうか。スマイル? ハート? ピースサインやグッドサイン。そのほか動物や食べ物・飲み物などなど。可愛らしいものは数多くある。

私の見つけたパーカーには、私のイメージしたものと違う絵文字が全面に描かれていた。皆さんが思い描いた絵文字とも違うはずだ。タグを見ると、商品名はこうなっている。

「☆う○ち総柄PK」

おい、ちょっと待ってくれよ。「う○ち」ってまさか “う○ち” のことじゃねえだろうな? ほかに絵文字は山ほどあるというのに、まさかアレを選んだ訳じゃないよな? ……そう言いたい気持ちはわかる。だが、残念ながらアレだ。

アレが全面にプリントされちまってるんだよーーーッ!!!!

刮目せよッ!! これが総柄のう○ちパーカーである!

総柄う○ちです~!

ほかに選べるものがあったはずなのに、なぜコレを選んだ? そう言いたい。「最悪の選択」と言えなくもない。だが、可愛く見えるのも気のせいではないから不思議だ……。

・行く先は1つ

これを着て、私が向かう先は1つしかない。コレを着て向かうには、誰もが躊躇する場所だ。外出しただけでも自分をほめてあげたい。

賢明な読者の皆さんにはすっかりお馴染みの、東京・新宿3丁目のスターバックスである。

撮影に同行したYoshioに「じゃあ、行ってくるで」と言い残して店内へ。刺さるような視線に晒されるのは覚悟の上だ。

ところが、新宿の人たちはこの程度では驚かない。

もしかしたら、もっと刺激の強いものを目にすることがあるのかもしれない。ひょっとしたら、私のことを見慣れていて「またアイツか」くらいに思っているのかもしれない。

反応らしい反応はないまま、無事に注文を終え……

買ってきたよ~! 本日のコーヒー!!

正直者の私は、軽減税率のことなんかでケチケチしない。テラス席でも「店内で」と申告して、10パーセントの消費税を払う。なんだか、今日のコーヒーは普段よりも芳しく感じるのは気のせいか。

う~んこの味、これぞスタバの本日のコーヒー。まさに本日の味がするぞ。わかる、私クラスになると “本日の味” と、“昨日の味” との違いがハッキリとわかる。

皆さんも勇気を振り絞って、う○ちパーカーで街に飛び出そう!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
Screenshot:iOS


Source: ロケットニュース24

もう2万円以上も節約できた! 禁煙が楽しくなるアプリ「禁煙ウォッチ」の使用1カ月後スコアを見て青ざめた話

今日で禁煙32日目。何の苦労もドラマもなく、いとも簡単にアッサリと、禁煙に成功してしまった感がある。タバコを吸いたいとなんて1ミリも思わない。いったいなんであんなものを吸っていたのかと不思議に思う今日このごろだ(←裏切り者)。

さて、そんな禁煙チャレンジに一役買っていた iOS用アプリがある。その名も「禁煙ウォッチ」で、起動するたびに「禁煙してよかった〜」と思うこと請け合いのアプリなのである。人によっては「がんばろう」という気持ちになれるかもしれない。

アプリをインストールすると、まずは自身のカルテを作ることになる。えっと、筆者は1日に30本くらい吸っていたから……と、本数や1箱あたりの金額を入力していくのだ。そして禁煙スタート!

すると……

もうカウントが始まった! 最初は何も面白くないが、1日後に起動してみると……

もう792円も節約できたと!

そうだよなぁ。1箱あたり450円だったから、そんくらいいくわな……と、生々しいカネで示してくれるのが実に良い。ついでに寿命も3時間ほど伸びたようだ。よしよし……とニヤニヤしながら眺めつつ、禁煙生活が1カ月を過ぎた頃、再びチェックしてみると……

ほげええええええ!

節約できた金額が2万1428円ってのは良い。実に良い。最高だ! 1カ月で2万チョイを節約できるってことは……1年で24万! ハワイ行けるじゃん!! アジアだったら豪遊できるじゃんって金額だ。ウホーッ!

だが、それよりなにより私をギョッと青ざめさせたのは、「禁煙できた本数」である。

974本……!!

そんなに吸ってたのかオレ! 1カ月に900本もスパスパやってたのかって! 900本も吸い殻のゴミが出ていたのかって!! ありえん! 狂っていやがる! なんだったんだ喫煙って!! まったく、どうかしてたぜ……

──と、起動するたびに、あらためて禁煙してヨカッタなぁ〜と痛感できるのだ。もう二度とタバコなんて吸うことはないと思うが、このアプリのおかげで、なおさら「二度と吸うか」と思うのである。禁煙チャレンジャーなら必須かも!

参考リンク:AppSTORE「禁煙ウォッチ」
Report:GO羽鳥
Screenshot:iOS「禁煙ウォッチ」


Source: ロケットニュース24

【悪用禁止】人物の動画・画像の “口元” を乗っ取る iOSアプリ「Xpression」が面白い!

ひと昔前、顔を入れ替えるアプリが猛烈に流行った。当編集部でも『MSQRD』というアプリを使って、みんなで顔を入れ替えて遊んだのは良き思い出だ。

最近はInstagramやTikTokなどのSNSアプリにもこれに近い機能が実装されており、わざわざ加工アプリをインストールする必要がなくなった訳だが、久しぶりに面白そうなモノを発見したので紹介したい。

そのアプリ「Xpression」は、加工対象となる人物の動画・画像の口元だけを “乗っ取って” 、勝手におしゃべりさせることができるというものだ。

・日本の会社が開発

このアプリは、東京・新宿区にある「株式会社EmbodyMe」が開発した。現在のところAndroid版はないので、iOS版で使用について説明したいと思う。

まずは端末にダウンロードしてインストール。するとカメラへのアクセスを求められるので、これを「OK」する。

続いて、マイクへのアクセスも求められるのでこちらも「OK」する。

・端末のライブラリからも選択可

次に、画面下部に加工する動画・画像のサムネイル、画面上にインカメラの映像が表示される。画面中央に顔の位置を示す円形があらわれるので、これに収まるように自分の顔の位置を調節しよう。

さらに、自分の端末のライブラリから動画・画像を使用する場合、写真へのアクセスも求められるので、こちらも「OK」する。

・加工に向かない動画と画像

これですべての準備が完了。実際に画像を呼び出してみると、自分の顔は画面上部に小さく表示される。テキトーに口を動かすと、画面上に表示された人物(今回の場合は、当編集部の中澤)の口が連動して動くじゃないか! なんだコレ!? ちょっと違和感はあるけど面白い!!

いろいろな画像で試してみたところ、加工に向くモノと向かないモノがあることに気がついた。加工に向いていないのは、メガネやサングラスをかけた人物の画像だ。

口の動きに合わせるようにして顔全体が動くので、メガネやサングラスがあると、これらが歪んだようになってしまう。できれば、メガネ・サングラスのない真っすぐカメラを向いた人物画像を使いたいところだ。

・しゃべらないことをしゃべらせる

ということで、先ほどの考察を踏まえて、メガネもサングラスもあまり着用しない人物、編集長GO羽鳥の写真をその場で撮影した。

どう使われるかも知らないのに笑顔の羽鳥。この写真を使って、彼が言いそうにないことを言わせた動画がコレだ。

いかがだろうか? 羽鳥は自分がデブってきていることを絶対自発的には言わない男だ。そんな彼の顔を乗っ取って無理やり自白させることもできてしまう。

まだ合成であることが見ただけでわかる加工具合だが、この先アプリが進化して、違和感なくしゃべらせることができるようになる日が来るかもしれない。くれぐれも悪用しないように……

参照元:Embody me、AppStore「Xpression
Report:佐藤英典
Screenshot:iOS「Xpression」


Source: ロケットニュース24

「iOS12.4」の新機能! 古い端末から新しい端末に “直接データ転送” を試したら、便利すぎてビビった!!

米アップルは2019年7月23日、新しいバージョンの端末用ソフトウェア「iOS12.4」をリリースした。今回のバージョンの目玉は、新しい端末を設定する時に、古い端末から直接データを転送できる機能だ。

ちょうど「iPhoneSE」の買い替え時と感じていた私(佐藤)は、さっそくiOSをバージョンアップして、新しい端末を買ってきた! 直接データ転送はどういったものなのかを、自ら確認してみたぞッ!!

・私のSEとお別れ……

私のSEはもうダメになりそうだ。Lightningケーブルの接続部分が接触不良になっているらしく、ケーブルをさしても一発で充電開始とはならない。またケーブルの角度によっては、充電できていないこともしょっちゅうある。

もうお別れの時が近いと判断した私は、新しいiPhoneSE……、いや正確には中古だから新しくないけど、私にとっては新しいiPhoneSEを購入。状態は「ランクB」だったが、きっと今の端末よりはマシだろうと判断して、64ギガバイトのモデルを2万6800円で購入してきた。

ヨシ! これで私のSEライフはまだまだ続くぞ!

・新旧端末を同期

これで準備万端。新SEはあらかじめ設定が行われていたのだが、一旦初期化して最初から設定を行うことにした。まっさらな状態で電源を入れると、「こんにちは」の文字が浮かび上がる。おお! 久しぶりに見るな、コレ。約3年ぶりか。

隣に旧SEを置いた状態で、言語選択画面に移ると、旧SEの画面上に「新しいiPhoneを設定」が出現した。AppleID(旧SEで設定済みのもの)を確認して「続ける」をタップする。

すると、新SEにマーカーが表示されるので、これを旧SEのカメラで読み取る

旧SEに表示されている円のなかに新SEのマーカーを捉えれば、同期完了だ。

・アクティベートからデータ転送

続いて、新SEに旧SEのパスコードを入力。

そうすると、iPhoneのアクティベートが始まるので、そのまましばし待つ。

この後に、TouchIDの設定や位置情報の設定などを行い、いよいよデータ転送が始まる。正直なところ、どれだけ時間がかかるか分からなかったのだが、いざ始まってみると……。

4時間! マジかよ!! 今、旧SEが使えないのはちょっと困る!

ということで一旦データ転送を中止することにした。中止は旧SE(古い方の端末)でキャンセルするか、新SE(新しい端末)のホームボタンを押すと、「やり直す」という項目を見つけることができるはず。ただしこのキャンセル方法は、ホームボタンのあるモデルでしか適用できないと思われる。

やり直しを行うと初期化されるので、改めて古い端末と同期を行うことになる。

・再度挑むと35分

再度データ転送に挑んだところ、残り時間が35分の状態でスタートした。理由は不明だ。

何かの間違いかと思ったら、順調に時間を消化して行き、時間通りにデータ転送は終了した。

再起動後に、ようやく新SEのホーム画面を見ることができた。ほとんどのアプリはインストール完了していない状態だったが、データ転送は問題なく完了したようだ。

写真・動画はもれなく転送されている。

旧SEに入っている音楽も転送完了。

ホーム画面・ロック画面の壁紙まで設定された状態。完全なるコピー端末の完成である。

iPhoneのデータ転送は、端末を買い替える度に割と手間取ることなのだが、この直接転送でその手間が飛躍的に省けるといって良いだろう。とはいえ、いつ何が起こるかわからないので、あらかじめバックアップを取ることをオススメする

参考リンク:Apple「iOS
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
Screenshot:iOS


Source: ロケットニュース24

【魁!!アプリ塾】究極の注釈アプリという「Annotable」を使ってみた結果 → マジで素晴らしくて思わず課金してしまった

押忍! 魁・アプリ塾1号生筆頭、佐藤英典です! 使えそうなアプリを実際に使用して検証するこの企画。私は基本的に無料で使えるだけ使おうという方針なのだが、今回紹介する「Annotable」は、無料で軽く使った後に、速攻で購入(1200円)してしまった。

このアプリの説明には「究極の注釈アプリ」とある。言いすぎじゃないのか? と思って使ってみたところ、それは決して言いすぎじゃなかった! わざわざ画像をパソコンに移してフォトショップを使わなくても、画像にちょうど良い注釈を付けられるではないかッ!!

・課金について

最初に課金についてお伝えしておきたい。無料でも使える機能はあるのだが、このアプリ最大の魅力である「ルーペツール」は無課金だと使用感を試すことしかできない。

課金しないと加工した画像を保存することができず、ルーペで拡大した部分に「円マーク」が表示されてしまう。人物の顔を拡大すると、顔面に「¥」の文字が浮かび上がって、まるで金の亡者のようになってしまう。

ツールを試用したところ、とても万能なアプリであると感じたので、すべての機能が使えるように、1200円を支払った次第だ。

・7種のツール

さて。改めて使い方の説明をしよう。なお、このアプリはiOS版のみなので、iOSでの使用方法をお伝えしたいと思う。

アプリを起動したら、まず加工したい画像をカメラロールから選択する。そのうえで、画面右下のアイコンをタップすると、すべてのツールを表示することができる。

ツールは全7種。トリミング・スポットライト・モザイク

テキスト入力(テキストハイライト、塗りつぶし)・ライン(矢印)・シェイプ(丸・角丸・四角)・ルーペとなっている。

・自由度の高いカラー設定

シェイプの丸を選択し、画面上に丸を描いてみよう。その丸をタップして、画面下左端に表示されているカラーマーカーをタップすると、画面左にフェーダー、下にカラーパレットが表示される。フェーダーは丸の線太さを、カラーパレットは色を変えることができる。

ちなみに丸をはじめとするシェイプも、入力したテキストもフチあり・なしを選択することが可能だ。

カラーパレットはデフォルトで7色表示されている。その色が気にいらなかったら、パレットから外して……

自分好みの色を作成することもできる。なんて自由度の高い仕様なんだ!

・フォントも豊富

選択の自由度が高いのは、色だけではない。テキストのフォントも種類が豊富。

デフォルトのフォントに好みのものがなければ、ダウンロード。

初期設定では日本語のフォントが少ないので、まとめてダウンロードするといいだろう。

テキストに関しては、テキストハイライトとテキスト塗りつぶしの機能も秀逸。これらのツールを選択し、画像のテキスト部分をなぞるだけで、文字に加工が施せてしまう。

・最大の魅力、ルーペ

これらのなかでも、私がもっとも気に入ったのはルーペツールだ。機能を呼び出して、画面上をスワイプすると任意の場所を拡大表示できる。

中央の青いマーカーを拡大表示の円の外に引っ張ると、そのマーカーで指定した場所が拡大できるのだ! まさに理想的な注釈ツール!! 拡大倍率は2~4倍。円の色と太さも調節可能。

さらにそのマーカーの先を矢印にしたり、番号にかえることまでできてしまう! カユイところに手が届く機能が充実しすぎ!!

今まで私はちまちまiPhoneから画像を引っこ抜き、フォトショップで1つひとつ注釈を入れていたのだが、そのわずらわしさともオサラバ! これからはこのアプリでサクサク作業するぞ~ッ!!

参照元:AppStore「annotable」
Report:佐藤英典
Screenshot:iOS「annotable」


Source: ロケットニュース24