最先端IoTカプセルホテル『ザ ミレニアルズ渋谷』に泊まってみたら何より人との “つながり” を大切にするホテルだった!

“ミレニアル世代”とは子どもの頃から高速ネット環境で育ち、使うのはパソコンよりスマホ、情報収集はもっぱらSNSといった、平成初期生まれのデジタル世代のことだという。そんな“ミレニアル”の名を冠したカプセルホテルが『ザ ミレニアルズ』グループ。渋谷、京都、福岡にある同ホテルのうち、今回『ザ ミレニアルズ渋谷』に泊まってみた。

意識高げなオシャレ空間と、SFっぽい近未来的システムに、まったくミレニアル世代ではない筆者はたじろぎそうになったが、実はコンセプトは超アナログな「人と人がつながること」だった! 滞在の様子をレポートしてみたい。

・チェックインで挙動不審になる

入館すると、まずはオシャレすぎる素敵空間と、飛び交う英語にビビる。記帳などという野暮なものはない。動画で説明を受け、端末に電子サインをして終了。この画面に指でサインという行為、筆者はなかなか上手く書けないが、列に並んでいた若い外国人女性がいかにも手慣れた様子だったのが印象的。これがミレニアル世代か!

チェックインで渡されるのはICカードが挟まったiPod。これが客室のコントローラーであり、入館証であり、エレベーターを動かすキーでもある。

・スマートポッド

“スマートポッド” と呼ばれる客室は、カプセルホテルとは思えないくらい広い。宿泊費は時期や部屋によって変動するが、筆者が泊まった日には1泊5200円。

天井高は2.3mだといい、大人がしっかり立てるだけある。ここで先ほどのiPodを使うと……照明のオン / オフ、換気扇のオン / オフ、ベッドのリクライニングが可能!

ベッドはソファモードとベッドモードを切り替えられるようになっており、ソファにしておくと起きたまま読書したりスマホを見たり楽々過ごせるのだ。

カプセルホテルは個室ではないから、周囲の音が丸聞こえ。音の出るアラームは迷惑だし、自分の安眠のためにもイヤホンや耳栓をして過ごしたい。そんなときのために「照明とリクライニングベッドが起動する新型アラーム機能」を搭載。

指定時刻になるとフワッと照明がつき、ベッドが少しずつ起き上がってくる。最終的には直角に近いソファモードまで立ち上がるので、寝続けることは不可能! 合理的な起こし方だ。

・ハイセンスなアートルーム

今回は特別に「アートルーム」と呼ばれる客室も見せてもらった。こちら、すべて違うアーティストが内装を担当したそうで、1部屋1部屋がまったく異なるデザインになっている。

白を基調としたシンプルな部屋から、楽しくなるようなカラフルな部屋まで様々。

かつ、レギュラールームにはない80インチプロジェクタースクリーン搭載で、自分のPCやスマホ画面を投影できるのだという。テレビよりも自分好みの動画というのがミレニアルっぽい。

ただ、このフロアは男女共用。筆者は女性専用フロアがよかったので、今回は選べなかった。

・充実のパブリックスペース

……と、客室がかなり快適なのでみんな自室で過ごすのかと思いきや、実は全体の20%をパブリックスペースが占める特徴的なフロア構成なのだという。

まずはロビー脇に明るいラウンジがあり、あちこちに電源がある。日がな一日ここで過ごしている人もいた。

共用のキッチンには24時間利用可能なコーヒーサーバーがある。食器や調理器具は自由に使ってよく、セルフサービスで洗って片付ける。客室では飲食はできないので、食事時には自然とここで過ごすことになる。

3階には広いコワーキングスペースがあり、自由に使ってよいのだそう。欧米ではホテルのロビーがよくクリエイターたちのワークスペースとして利用されているんだとか。ここ渋谷でも宿泊客同士はもちろん、外部からドロップイン(時間制料金)での利用もできるそうで、いろんな使い方が想定できる。

・コンセプトは人とのつながり!

17:30になると、なんとフリービールの時間が始まった。タダでビールとなれば、続々とゲストが集まってくる。生まれるのはもちろん笑顔だ。国際色豊かな多言語が聞こえてきて、渋谷の場合は日本人よりも外国籍のゲストが多いそう。

かと思うと、そんな談笑にはまったく加わらず、マイペースに1人で過ごしている人も多い。

翌朝には無料のパンサービス。各自がコーヒーとともに好きなだけパンを食べ、自分で食器を洗う。一緒に居るんだけど、無理に会話するわけでもない。いいなぁ、この距離感! 自室にこもりっきりにならず、旅人同士がゆるやかに時間を共有するような仕組みが随所にある。

これまで紹介したような最先端テクノロジーは、確かに同ホテルの個性ではあるけれど、最大の特徴ではないようだ。『ザ ミレニアルズ』の真髄といえるのは、おそらく人と人とのつながりを一番大事にしていること。すごくアナログな部分なのだ。

・リピート確定

無駄を省いた合理的なシステム、ガジェットを駆使して利用する館内設備、どこを撮ってもインスタ映えしそうなアーティスティックなインテリア……。最先端すぎて「場違いなところに来てしまった感」ありありだったのだが、最初の印象に反してものすごく居心地がよく、次は長期滞在しながら仕事をしたいと思った。

欧米からの個人旅行らしき人が多く、静かな雰囲気なのも好印象。お互いのパーソナルスペースを尊重し、排除はしないけれど必要以上に他人に干渉もしない、そんな大人の時間が流れている。

常に誰かとつながっていることを求めるSNS世代って疲れそうだなぁと思っていたけど、実はこういう距離感を求めているのかもしれない。ハイテクIoTカプセルホテルは、1人だけど1人じゃない、旅人がゆるやかにつながる素敵ホテルだった!

・今回ご紹介した宿泊先の詳細データ

名称 ザ ミレニアルズ渋谷
住所 東京都渋谷区神南1-20-13
時間 チェックイン15:00~ / チェックアウト~10:00

参考リンク:ザ ミレニアルズ渋谷[1][2]
Report :冨樫さや
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

エアコンをIoT化してみて気づいた意外な便利さと問題点

こんにちは、夏の到来を目の前にエアコンが故障し、早めに試運転しておけばよかったと後悔しているアサクラです。

新しいエアコンの設置は梅雨明けに滑り込みで間に合ったのですが、せっかくの機会なので無線LANアダプターを取り付けて「IoT」化し、スマホで操作できるようにしてみました。

僕がエアコンを「IoT」化しようと思った理由

家の中の家電をインターネットと接続し、スマホや声で気軽に操作しようとする試みは「IoT」とか「スマートホーム」といった用語とともにかなり普及してきました。

そのへんに関心が薄かった僕がなぜエアコンをスマホで操作したいと思ったかというと、「帰宅時に部屋が涼しくなっているといいなあ」というきわめて単純な理由。

この日記でも書いてきましたが僕は東京西部の山奥にある家も管理しています。

山の景色

夏は週末をそこで過ごすことが多いのですが、世田谷の自宅に帰宅してドアを開けるたびに室内の暑さにうんざりしていました。

外からエアコンを操作できれば、こんな思いはしないで済みますよね。

 

エアコンに無線LANアダプターを取り付けてアプリを入れる

こちらが我が家の新しいエアコン(三菱電機の「MSZ-BXV2519」)。

エアコンMSZ-BXV2519

設置する梁の幅が狭いことや急ぎで注文したこともあり、メーカーも機種も業者さんにお任せでした。

このエアコン、デフォルトではスマホによる操作はできませんが、

無線LANアダプターMAC-895IF

無線LANアダプター(「MAC-895IF」)を室内機に取り付けることで操作可能になります。

なお、無線LANアダプターの取り付けはそれなりに厄介な作業なので、専門の業者さんに頼むのが無難です。

取り付けが済んだら、「(1)エアコンと無線LANルーターをペアリング」し「(2)スマホにエアコン操作専門のアプリを入れ、ユーザー情報を登録」すれば完了。

ペアリングについては無線LANルーターの種類や電波状況に左右されるところもあるのですが、手順としては複雑さはありません。

 

アプリ「霧ヶ峰REMOTE」で操作してみた感想

では、早速使ってみます。

霧ヶ峰REMOTE

うちのエアコンに対応しているのは「霧ヶ峰REMOTE」というアプリ。

基本画面はこんな感じです。

霧ヶ峰REMOTE操作画面

自宅で使用しているときは「自宅モード」と表示され、

霧ヶ峰REMOTE操作画面

外で使用しているときは「宅外モード」と表示されます。

いちばん簡単な操作は電源のオンオフ。

霧ヶ峰REMOTE操作画面

「運転」ボタンを「停止」にすると、エアコンのスイッチがオフになります。

運転モードや設定温度を変更したいときは「エアコンの名称部分」をタップします。

霧ヶ峰REMOTE操作画面

ここで「運転モード」と「設定温度」の切り替えができます。

霧ヶ峰REMOTE操作画面

「運転モード」を「除湿」に切り替えてみました。

以上が基本的な操作です。

スマホがネットに接続していれば、どこでもこの操作が可能。

留守の家が冷えた状態で迎えてくれるのは新鮮な体験です。

なんだか、ぜいたくしているような気分になります。

僕の目的はあくまで山小屋からの帰宅時の使用だったのですが、一度この便利さを味わうと外出時にも帰りの電車内などで操作するようになりました。

 

消し忘れ確認や寝る前の操作など「意外に便利な点」

家の外からエアコンの操作ができるということは、言い換えれば、留守中のエアコンの動作状態が確認できるということ。

霧ヶ峰REMOTE操作画面

宅外でアプリから停止中だと確認

つまり、「あれ?今日、エアコンちゃんと消してきたっけ?」という不安も解消できます。

当たり前といえば当たり前ですが、予想外に便利でした。

忘れっぽい人にはおすすめです。

また、意外に役立ったのは自宅での操作。

リモコンは赤外線操作なので自分がいる場所によっては角度や遮蔽物でうまく動かせないときがありますよね。

ところが、ネット経由の操作だと指先の動きだけでOKなのでラクなのです。

たとえば、寝る前にエアコンを消すとき。

リモコンだと体を起こしてエアコン本体の方を向く必要がありますが、スマホなら手元で完結します。

布団のなかで操作できるので寒い冬にはとくに便利そう。

リモコンとスマホのサイズ比較

僕が使っているスマホとくらべるとサイズのちがいははっきり。

リモコンをベッドサイドに置くにはかさばるので、スマホで代用すれば省スペースにもなります。

リモコンの代用という視点で見ると「部屋が散らかっていてリモコンが見つからないとき」や「リモコンが急に故障してしまったとき」などにも役立ちます。

 

アプリの使い勝手など、まだまだ発展途上という印象

以上のようにスマホのアプリによる操作は「意外に便利」な点が多いのですが、問題を感じるところもあります。

一番の難点は、スマホは操作アクションがリモコンよりもかなり多いこと。

僕の使っているiPhoneとアプリの組み合わせだと、まず(1)起動ボタン→(2)ロック解除→(3)アプリ選択→(4)スイッチオン→(5)アプリからの送信確認にOKを押す、という最短でも5段階の操作が必要。

(1)~(3)はスマホ側の問題だとしても、アプリが数時間更新されていないと「更新してください」というメッセージが(3)と(4)のあいだに出ることもありますし、

霧ヶ峰REMOTE操作画面

設定温度や運転モードを変更するなら、アクションの数はさらに増えることになります。

霧ヶ峰REMOTE操作画面

誤作動を避けるための確認なのでしょうが、毎回毎回聞かれるのはちょっとうるさいなと感じます。

ちなみに、今回設置した無線LANアダプターは「スマートスピーカー」にも対応しているようなので、そのへんと組み合わせれば声だけでエアコンを操作できるようです(が、僕は試していないのでわかりません)。

アプリの問題をもうひとつ挙げると、エアコン本体に搭載されているさまざまな機能のうちでアプリで操作できるのは基本的な機能のみに限られるということ。

リモコンの操作ボタン

エアコンの細かい機能にはアプリは非対応

日本の家電は多機能を売りにしていることが多いので、それらが使えないのは不満を感じる人もいるでしょう。

 

無線LANアダプターの価格はおよそ1万円

まだまだ発展途上の感は否めませんが、家の外から家電を操作するのは便利なだけでなく楽しい経験でした。

ちなみに、今回エアコンに追加で取り付けた無線LANアダプターの価格はおよそ1万円(設置費が別途かかります)。

エアコンをスマホで操作するためだけに払うお金としては評価が分かれそうです。

僕の個人的な感想をいえば、宅外から操作できる便利さに「5000円」、スマホで家電を操作するという「IoT」体験に「5000円」払ったという印象でした。

スマートホームに関心がある方や新しい物好きの方ならトライして損はないと思います。

なお、エアコンのメーカーや機種によって無線LANアダプターの対応や機能はバラつきがあるので、後付けするときはよく確認するべきです。

新しいエアコンを購入するタイミングなら、すでにスマホによる遠隔操作機能が内蔵されている機種を選ぶほうがいいかもしれませんね。

Source: 日刊住まい

外出先からお風呂を沸かす!スマートハウスのすすめ

IoT(インターネット・オブ・シングス)は、モノをインターネットにつなぐことで便利な暮らしを実現する技術のことで、すでに住まいの中に取り入れられ始めています。

IoTの機能を採用した住宅を「スマートハウス」と呼びます。

これから家を建てる予定のある人は検討してみてはいかがでしょうか。

1. スマートハウスの仕組み

スマホ

マハロ / PIXTA(ピクスタ)

スマートハウスという言葉は80年代にアメリカで提唱された住宅の概念です。

家電や住宅設備を配線でつなぎ、集中管理することで生活を快適にしようとするものです。

IT技術(IoT)を最大限に活用し、エネルギーを上手く管理しなら省エネを実現します。

1-1 「創エネ」「畜エネ」「省エネ」が実現する

スマートハウスは3つの概念から成り立ちます。

  • 「創エネ」太陽光発電などの自然エネルギーから発電
  • 「畜エネ」エネルギーを家庭用蓄電池などで貯える
  • 「省エネ」蓄えたエネルギーを無駄なく利用し、消費量を抑える

これらを実現させるために重要な役割を果たしているのがIoTです。

1-2 「エネルギーの見える化」と「エネルギーの制御」を実現

明細

はる / PIXTA(ピクスタ)

スマートハウスにできることは、具体的には「エネルギーの見える化」と「エネルギーの制御」です。

「エネルギーの見える化」とは、電気、ガス、水道や電気自動車をつなげてモニタリングを行い、ひと目で使用料が分かるようにすることです。

また、今まで請求書が届くまで分からなかった、電気、ガス、水道などの使用料が即時に分かるので使い方を変えて使用料を調節することができます。

エアコンや冷蔵庫などの家電自体でもエネルギーの制御ができます。

2. 家の設備をIoT化したら変わること

家の中はIoT化すると、便利になるだけでなく防犯面でも効果があります。

2-1 家電の操作が外出先でも行える

家電製品は、かなりの割合でIoT化され、便利になっています。

照明器具や掃除機、エアコンなどはスマートフォンを使って外からオンオフが可能になっています。

また、近年自動開閉できるカーテンも販売されました。

家族全員が留守になりがちな住宅では日没後に暗くなると住人が不在であることが分かってしまいますが、これらを使うと部屋の中に人がいるかのようになり、防犯上も効果があります。

2-2 電気の消費を管理できる

エアコン

coffeekai / PIXTA(ピクスタ)

IoT化されたエアコンならエアコンのオンオフや部屋の設定温度をスマートフォンで管理できます。

電力消費が上昇しすぎている場合、自動で節電モードに切り替わる機能を備えているものもあるのです。

帰宅後に家の中が暑さで不快に感じる、寒くてつらいといったこともありません。

エアコンをつけたまま外出するときは、室温が下がりすぎたり上がりすぎたりする場合にスマートフォンに通知する機能を持つものもあります。

また、温度管理できる冷蔵庫などもあります。

常に適温を計算し、物を入れすぎると通知してくれるので、消費電力を抑えることができます。

3. まとめ

coffeekai / PIXTA(ピクスタ)

IoT化された様々な家電を購入したり、スマートハウスを建てるためのコストはそうでない場合と比べて多くのコストがかかります。

しかし、環境にやさしいだけでなく、便利で快適な生活の助けになってくれるうえ、長い目でみると、消費電力を抑えることができ、家計にやさしい設備でもあります。

また、とくに日中に子どもや高齢者が留守番している家庭では防犯面の効果が期待でき、IoT化によってもたらされるメリットはコストだけでは計り知れないものがあります。

新たに住宅を建築する、家電を新たに購入する場合にはこれらの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい