【比較検証】iPhone11 Pro・Pixel3・insta360 GOのスロー撮影を比べてみた

2019年9月20日に新しいiPhone(11・11Pro・11ProMax)が発売開始して以降、私(佐藤)はGoogleのスマホ端末「Pixel3」と11Proの、画像動画の撮影性能の違いについて比較してきた。

今回は2つの端末、それに超軽量アクションカメラ「insta360 GO」の3つの製品のスロー撮影を比較してみた。そうしたところ、それぞれの製品の特性の違いが良く分かった。

・習慣的に運動している人へ

習慣的にスポーツを行う人は、フォームの確認などでスロー動画を撮影する機会があると思う。本稿は、そんなスロー動画を撮影する頻度が高い人に、参考にして頂きたい。

「あまりスロー動画は撮らない」、「そもそも運動の習慣がない」という人は、私の過去の記事 【実践】ストレッチを2年半以上続けたら、開脚で顔が床につくようになった! を読んで、習慣的に身体を動かすことにどれだけ意味があるかを今一度考えて欲しい。そんなあなたに向けて、『少しは動け!』と私は心のなかで叫んでいることをここに明かそう。

さて、毎度のことながら前置きが長くなった……。3つの製品でそれぞれ撮影を行ったところ、それぞれの強みがわかった。3つの製品について1つずつ紹介していこう。まずはiPhone11 Proだ。

・iPhone11 Proのスロー撮影

このモデルの最大の特徴は、iPhoneで初めて3つのレンズを搭載したことにある。望遠・広角・超広角の切り替えは、スロー撮影でも有効だ。

撮影速度は、デフォルトで「720p HD/240fps」で設定されている。これは1秒間に240コマ撮影できることを意味している。撮影環境によっては、蛍光灯のチラつきが気になる可能性があるので、「1080p HD /120fps」に切り替えた方が良いだろう。

ただ、この切り替えが「設定 → カメラ → スローモーション撮影」の順で呼び出さないといけないので、急を要するときには多少面倒くさい。

スロー動画の速度編集はiPhoneの「写真アプリ」から、動画を呼び出すことで可能である。スライダーを左右に動かして、ゆっくりと再生したい箇所を調節しよう。

Airdrop経由で他のiOS端末に編集動画を共有できるところが、iPhoneの良いところだろう。また、1080p で240fpsのスロー動画を撮影できるのも、11Proの強みだ。キレイに細やかな動画を撮影したい人には、この端末が良いかもしれない。チームでスロー動画を共有するという人にもふさわしいかも。

・Pixel3のスロー撮影

Pixel3は、カメラアプリを起動すると、画面下タブにスロー撮影の項目が見えない。「その他」の項目のなかにある「スロモ録画」から機能を呼び出さないといけないので、ひと手間かかってしまう。

そこだけ気にしなければ、撮影速度の(1/4×撮影・1/8×撮影)の切り替えがカメラアプリ上でできるので、その点はiPhoneよりも優れていると言えるだろう。撮影環境に応じて、すばやく切り替えられるのは良い。

撮影した動画の速度編集も、iPhoneと同じように「フォトアプリ」から直接行うことができる。編集そのものも、スライダーを動かすだけのシンプルなつくりだ。

ひとつ残念なのは、端末で速度編集した動画を、その編集のままエクスポートできないことである。iPhoneの場合はAirdropでiOS端末に移動できたり、iOS ⇔ Android間でデータ転送できるアプリで動画を移動しても、編集した動画をそのまま見ることができた。

だが、Pixel3からiOS、もしくはパソコンに移動すると、フォトアプリで速度編集したものが反映されていない。全編スローモーションのままでしか動画をエクスポートできないようである。(少なくとも、私が検証した段階では、速度編集した動画をエクスポートできなかった)。

動画を共有する頻度が少ない、ソロでプレイする競技をしている人には、Pixel3が向いているのかもしれない。

・insta360 GOのスローモーション

View this post on Instagram

【スロー検証】insta360 GOで撮影

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on Oct 2, 2019 at 9:44pm PDT

今回の検証で唯一のアクションカメラ。カメラ単体でも撮影は可能だが、専用アプリをインストールしたスマホ端末がなければ、撮影した動画の確認ができない。また撮影時は、その映像を確認できないのも、この製品のウィークポイントである。

とはいえ、約20グラムの超軽量カメラなので、そこまで多くは求められないだろう。

この製品は、通常撮影モード・ハイパーラプス撮影モードの際には、アスペクト比(縦横比)を撮影後に変えることができる。だが、スローモーション撮影の場合は、16:9の固定。フレームレートは撮影時100fpsだが、アプリ経由で出力する際に、25fpsとなる。

再生速度に関しては、速度編集時に自在に操ることができる。それがこの製品の強みだ。1/4倍から最大256倍まで、スローで撮影したことを台無しにする勢いで、超高速にすることも可能だ。スロー撮影とは……。

撮影時の画面を見ることはできないこと。そしてカメラ単体だと電池の持ちが短い(20分)ので、こまめに充電ケースに戻してやる必要がある。これらの難点はあるが、撮影後の編集でその足りない部分を補って余りある。スマホを買い替える時期ではないという人に、オスメの製品だ。

以上、3つの製品を比較して紹介した。習慣的に運動しているという人は、参考にしてみて欲しい。もちろん、運動していないという人も。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【当たり前検証】アップルの最新スマホ「iPhone11 Pro」で変顔を撮影したら、イケメンになるのか? 確かめてみた!

私ごとで恐縮だが、私(佐藤)はブサイクである。かれこれ45年のキャリアを培っている。生まれてこの方、「イケメン」という属性とは距離をとってきた。40代も後半に差し掛かろうというある日、私は思い立って “イケメン属性” と和解することを思い立った。

最新テクノロジーで何とかなるんじゃないか? iPhoneに不可能はないんじゃないのか? そう思い、先日購入したiPhone11 Proのポートレートモードで、変顔撮影に挑むことにした。もしかして、イケメンに写るんじゃないの? だってiPhoneだもん。

・11 Proの撮影性能

iPhone11 Proには通称「タピオカ」と呼ばれている、3つのレンズが本体背面についている。望遠レンズ・広角レンズ・超広角レンズの3つだ。その性能に関しては「Google Pixel3」のカメラと、画像動画、それぞれを撮影して比較している。

11 Proの魅力はやはり超広角レンズでの撮影である。狭い場所でも被写体の全体像を撮影しやすく、また屋外での撮影では、よりダイナミックな画を撮ることができる。

・新モード「ハイキー照明」

さて、風景なんかどうでもいい。ここからが本題だ。iPhone(7Plus・8Plus・X・XS・XSMax・XR・11・11Pro・11Pro Max)にはポートレートモードがある。この機能は言うまでもなく、人物撮りで威力を発揮する。しかも、最新のOS「iOS13」では、新しい照明効果「ハイキー照明(モノ)」(XS・XSMax・XR・11Pro・11Pro Max)で撮影することができる。

ということで、早速最新のテクノロジーを駆使して、変顔の撮影に挑む。はたして、イケメンになるのか!? それとも……。

・自然光

最初に自然光でのポートレート撮影。やや顔を前に出した感じで、撮影したところ、背景のボケ味が自然な感じに仕上がっている。実にナチュラルな印象を与える変顔だ。

残念ながら、現段階でイケメンとの距離は1ミリも縮んではいない。

・スタジオ照明

スタジオ照明は、被写体を明るく写す効果がある。いくぶん私の顔が明るく見えるのは、この撮影効果のおかげ。なお、iOS13では、照明の強さを調整することができるようになっている。明るい変顔に仕上がる予定があいにく、目をつむってしまった。

目を開けていたら、イケメンに見えた可能性も決してゼロとは言い切れない。

・輪郭強調照明

先ほどまでの2つのモードに比べて、人物像がより強調される撮影モードだ。なぜか、ここまで背景のボケ味はスムーズであったが、この撮影時には背景の1部が妙な感じになっている。

輪郭よりも、私の変顔そのものがより強めになったため、背景がおかしくなってしまったのか?

・ステージ照明

ここからは背景が単色になる撮影モード。まずは、ステージ照明。まるでステージでスポットライトを浴びているがごとく、黒色の背景に人物像が浮かび上がる。

このモードで、ただの変顔はドラマチックになる。表情の訴える力が増すことによって、着実に1歩前進したと言えるだろう。

・ステージ照明(モノ)

先ほどのステージ照明のモノクロモード。モノクロ写真はカラー写真よりも色彩に乏しいが、その分被写体の主張が強く感じられるものではないだろうか。モノによっては、ノスタルジックにさえ感じられるはず。

色を失っただけで、変顔はこれほどまでに物悲しくなるものなのだろうか。滑稽さを失い、シリアスな側面をおびるその変顔は、イケメンというよりシブメンに近い。

・ハイキー照明(モノ)

新しい撮影モードのハイキー照明。ステージ照明の2つのモードが、背景色黒であったのに対して、こちらは白。当然背景色が被写体に与える影響は大きい。写真を通して、見るものに与える印象の度合いも大きくなる。

今回の検証の最後の撮影モードにおいて、ついにたどり着いたと私は思っている。そう、イケメンに。

ただの変顔だったはずが、強烈な主張を持った人物像に仕上がったからだ。さすがアップル、さすがiPhoneと言わざるを得ないだろう。

いかがだっただろうか? 皆さんもぜひ、最新のiPhoneで全力の変顔撮影に挑んで欲しい。意外な発見があるかも?

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
Screenshot:iOS


Source: ロケットニュース24

【検証】「iPhone11 Pro」と「Google Pixel3」で撮影した画像を比較してみた

2019年9月20日に発売開始となった「iPhone11 Pro」。この端末は、iPhone史上初となる3つのレンズを備えている。ちょっと見た目が不気味ではあるものの、広角・超広角・望遠のトリプルカメラシステムを採用しているという。

そのカメラ性能に期待が持たれているが、昨年発売した「Google Pixel3」と比べると、どれほどのものなのだろうか? シンプルに撮影した画像を比較してみた。

・タピオカ?

3つレンズが寄り集まっている見た目は、あまりカッコいいと言えない「iPhone11 Pro」。発表直後にネット上では「タピオカ」と言われていたのだが、実物を見ると確かにそのように見えなくもない。また、真横から見ると結構出っ張っている。スティーブ・ジョブズが存命だったら、このデザインを許しただろうか……。

・通常倍率

さて、まずは通常倍率で撮り比べてみる。

蛍光灯で照らされた室内、玄関の方に向かって同じ位置から撮影してみると、それほど大きな違いはないように見える。

続いて、同じ位置から最大倍率でズームしてみると……。

iPhoneの方がより大きく写る反面、色合いがやや暗く見える。また、画像が少々粗く見える。

・ポートレートモード(人物)

続いてポートレートモードで人物の撮影。それぞれの端末で、撮影時に多少明るさを調整している。

ボケ味は、Pixel3よりもiPhoneの方がより自然な印象を受ける。Pixel3は若干力技でボカしている感が否めない。

・ポートレートモード(物)

続いて、同じくポートレートモードで物(シュークリーム)を撮影してみた。こちらも撮影時にカメラアプリで明るさを調整している。

iPhoneはかなり明るくしないと、シュークリームが石のように見えていた。一方、Pixel3はやや強引なボケ味ではあるものの、シュークリームの皮がより自然なものに見えている。

・戸外

最後に戸外を通常倍率で撮影してみた。明るさの調整は行っていない。

iPhoneの方がより明るく見える。戸外の明るさについては好みの分かれるところではないだろうか。

なお、11 Proは「超広角(×0.5)」での撮影も可能だ。これまでの端末では画角に収まり切らないものも、超広角で隅まで撮影することができる。

iPhone XsとGoogle Pixel3ではPixel3にやや分があったように思うのだが、11 Pro にはこれらのほかに「ナイトモード」やスローモーションのセルフィー「スローフィー」がある。これらの新機能でPixel3との差を縮めることができるのだろうか? 今後のユーザーの反応に注目が集まりそうだ。

参照元:アップルGoogle
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24