【秘境駅】大分と宮崎の県境にある「宗太郎駅」に行ってきた / 1日に3本しか停まらず、下り列車は始発が終電!


大分と宮崎の県境に、鉄道ファンの間では有名な秘境駅が存在するらしい。駅の名前は「宗太郎」で、停車する普通列車は1日3本。とくに延岡方面へ向かう下り列車は、朝6時54分発の1本のみ。すなわち “始発が終電” になってしまうのだとか。

そんなことを聞いたら、ぜひとも「日本一早い終電」に乗ってみたかった……が、今回はで宗太郎駅に行ってきた。ってか、たまたま車で近所を通りかかったので、ウワサの秘境駅にも立ち寄ってみた次第。で、どうだったのかと言うと、マジで想像以上に秘境でした!

・宗太郎駅

JR九州・日豊本線の宗太郎駅は、大分県佐伯市の山深い場所にある。1923年(大正12年)に開設された信号場が、1947年(昭和22年)に旅客扱いを開始して駅に昇格。当時は木造の駅舎があったようだが、現在は解体されてコンクリートの基礎のみが残っていた。

また、改札ラッチやレトロ過ぎる便所もあって、便所の外壁に取り付けられているのが時刻表だ。さっそくチェックしてみると……

見事に1日3本だな。

つまり、隣の市棚駅を6時31分に出発して6時39分に宗太郎駅に到着し、折り返し6時54分発の延岡行に乗車をすれば、15分程度ではあるものの、秘境駅を楽しむことは可能……ということか。キビシー!

なお、駅周辺には宿泊施設はおろか、コンビニも自販機も何も無いので、長時間の滞在はオススメしない。宗太郎駅は早朝の攻略、もしくは邪道かもしれないが、車やバイクでの訪問がベターだろう。

ちなみに、だいたい1時間に1本、特急列車が通過する。

突然やって来て、あっという間に山の奥へと消えて行くのだ。

・待合所にて駅ノートを発見

さて、下り線ホームには小さな待合所がある。ベンチに置かれた「駅ノート」には、長年にわたりたくさんの書き込みがあり、宗太郎駅の印象や旅の思い出などが思い思いにつづられていた。無人駅で読む「来訪者ノート」は心が温まるなぁ。

そして、ベンチの上にズラッと並ぶ石ころも宗太郎駅の名物。ユニークなメッセージやイラストが描いてあるぞ。また、待合所と駅名標の間には池があってイモリが生息している……らしい。けっこう見所が多いな、宗太郎。

・1日の利用者数は1人以下

というわけで、山深い秘境の地にある宗太郎駅は、多くの方が駅ノートや石ころに書いていたとおり「また来たい」と思わせる魅力的な駅であった。1日の利用者数は1人以下だと言われているが、ぜひこれからも多くのファンに愛される駅であってほしい。次は早朝の始発・終電狙いで行ってきます!

・今回ご紹介した場所の詳細データ

名称 宗太郎駅
住所 大分県佐伯市宇目大字重岡

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

日本一「駅ホーム」から近いホテルに泊まったら窓の外が予想外過ぎて絶句した / 福岡県『田川伊田駅舎ホテル』

どうやら日本一「駅ホーム」から近いホテルが誕生したらしい──そんな情報を頼りに訪れたのは、福岡県の中央部に位置する田川市。好奇心を刺激するユニークホテルの誕生に胸は高鳴り、とくに用事は無かったがダッシュで宿泊予約を済ませた。

ホテルの名前は「田川伊田駅舎ホテル」。つまり、駅舎の中に宿泊施設があるのだ。駅から徒歩0分……どころか、駅舎内だから徒歩0秒とも言えるだろう。鉄道ファン必見の宿は要チェックなのだが、部屋の窓を開けた瞬間、思わず絶句する事態に……!

・田川伊田駅舎ホテル

2018年から駅舎の改修工事が始まったという田川伊田駅。全面開業より一足先の2019年9月にオープンしたのが「田川伊田駅舎ホテル」だ。2人~4人部屋(1名利用可)まであるゲストハウスで、大人1泊2200円から。記者が利用した日は3300円だったぞ。

チェックインは15時から可能で、22時過ぎに駅に到着。ホテルがあるのは駅2階だ。改修中とはいえ、昭和感の漂うノスタルジックな駅構内である。エレベーターでも行けるが、階段を利用して2階へ!

・寝台駅舎「浪漫号」

2階廊下の突き当りまで行くと、寝台列車「浪漫号」と書かれた場所がある。そう、ここが田川伊田駅舎ホテルだ。すぐ隣には線路。どうやら水族館的な距離感で、電車や駅ホームを眺めることができる模様。こ、これはテンションが上がります……!

さっそく受付でチェックインを済ませてカギを受け取り、スタッフの方に施設内を案内してもらった。寝台列車風のレトロな内装はナイス。タイムスリップ気分を味わいながら、共用エリア(キッチン・シャワー・トイレ)の説明を受けた後……

いよいよ、マイルームへ。

・客室11の悲劇

なんとラッキーなことに、記者が泊まる「客室11」は通常4人部屋なのだが、この日は他に予約者がいなかったため、1人で利用してOKとのこと。マジで最高かよ! よし、それでは、窓を全開にして電車が来るのをのんびり待とう。そう思って窓を開けたら……

…………

おいこっちロータリー側じゃねえかァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーッ!!

景色退屈過ぎィィィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイーッ!!

・予約時にリクエストした方が良さそう

窓を開けたら、まさかの駅前ロータリー。あまりにも衝撃的で、思わずスタッフの方に「こっちって、電車来ませんよね」と確認してしまった。もちろん返事は「はい」の一言。仕方ない……が、目の前で電車を楽しみたい方は、予約時に部屋を指定した方がいいだろう。

その後、スタッフの方に半泣きで「もし空いている部屋があれば、電車が来る時に見学させてもらえませんか?」と懇願。たまたま部屋が空いていたのと、電車が来るタイミングがもうすぐたっため、チラッと見せてもらえることに……! 本当にありがとうございます!!


そして数分後……

感動……

この部屋に……

泊まりたかった……

・アメニティグッズは充実

さてさて、満足したのでふたたびマイルームへ。今さらだが、アメニティグッズはかなり充実していた。大小タオルはもちろん、館内着にスリッパ、浴室用ボディタオルに歯ブラシ、ヘアブラシなどなど……手ぶらで訪れてもOKと言えるレベル。枕元にコンセントもあるからスマホ充電も可能だ。


共用キッチンで夜食用のカップラーメンを食べてからシャワーを浴びて布団へ。ベッドマットレスは少し硬いが、寝返りが打てるほどの広さはある。清潔感もあるし快適だ。遠くの方から聞こえる「ガタンゴトン」の音色が眠気を誘い、気がついたら朝までグッスリ寝ていた。


・発車時刻に合わせてチェックアウト

チェックアウトは10時。階段を降りたらすぐ改札だから、電車の発車時刻ギリギリまで休めるのが良い。くり返しになるが、駅ホームの目の前に泊まりたい方は予約時に確認が必要だ。駅舎内のゲストハウス、興味のある方はぜひ覚えておいてくれ。

・今回ご紹介した宿泊先の詳細データ

名称 田川伊田駅舎ホテル
住所 福岡県田川市大字伊田2621-1
時間 チェックイン15:00~23:00 / チェックアウト~10:00

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【九州で唯一】ホームに福岡と大分の県境がある「宝珠山駅」の現在の様子 / 豪雨災害から2年が経った今

JR九州・日田彦山線の「宝珠山(ほうしゅやま)駅」といえば、駅ホームが福岡県と大分県の県境をまたいでいることで有名……なのだが、2017年7月の九州北部豪雨で被災して以降、不通区間となったまま。残念ながら電車で行けない駅となっている。

そんな中ではあるが、スッポンとハチミツのドッキングに成功した「夜明けの里」に立ち寄った帰りに、15分ほど車を走らせれば宝珠山駅に行けることが判明。JRに問い合わせてみたところ「見学するのはOK」とのことだったので行ってみることにした。

・宝珠山駅

ナビの案内にまかせて山道をクネクネ進んで行くと、ちょうど15分で宝珠山駅に到着。駅舎があるのは、福岡県朝倉郡の東峰村だ。掃除が行き届いたキレイな駅舎は、1998年に建て替えられたもの。もともと無人駅なうえに利用者もいないため、放課後の学校のような雰囲気だった。


なお、運転を見合わせている区間はバスによる代行輸送が行われ、宝珠山駅も150mほど離れた国道211号線沿いにバス乗り場がある。被災から2年が経った今も復旧の見通しは立っていない……なかなかデリケートな問題だが、復旧を望む声は多いだろう。

それでは駅ホームへ。駅名標のスグ下には「九州で唯一! 県境の上にホームが伸びる 県境の駅」と書かれた看板。ほほう、右を向けば福岡県東峰村で、左を向けば大分県日田市か。駅自体が立派な観光地だな。この看板だけで白米が食える鉄道ファンも少なくないはず。

・県境

宝珠山駅はホームの3分の1が大分県で、残りが福岡県。県境には立派な標柱が立っている。こちら2007年に設置されたそうだ。個人的には、この標柱で白米2杯は余裕。電車では来られなかったが……ついに来たぞ。

そして境界線には、福岡県東峰村の特産である「小石原焼(こいしわらやき)」の陶板が埋め込まれている。なんというか、もう……ノスタルジックが止まらねぇです。

ただ、線路を見ると錆びついたレールに生い茂る雑草。まるで廃線跡のようだ。電車を再び走らせるには、かなりの時間がかかるだろう。このままバス転換……という可能性もあるのかもしれない。

とはいえ、駅舎内もホーム上もキレイに整備されていた宝珠山駅には、電車の来なくなった今でも多くの見物客が訪れている。鉄道の復旧は、被災地の “復興の象徴” ともなり得るが、はたして……。今後、日田彦山線の不通区間はどうなるのだろうか。

・今回ご紹介した場所の詳細データ

名称 宝珠山駅
住所 福岡県朝倉郡東峰村大字福井

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24