走るカフェ!? 観光列車『フルーティアふくしま』でコーヒーとスウィーツを堪能してきた!

四季島、ななつ星、瑞風……「クルーズトレイン」と呼ばれる豪華寝台列車が今アツい。美しい日本列島を車窓から眺めながら、食堂車でフルコースディナーを食べ、個室のベッドで眠るなんて夢のような体験だろう。しかし、予約の取りにくさもさることながら、最低金額でも数十万円、部屋によっては100万円以上という旅行代金は高嶺の花としか言いようがない。

そこまで豪華でなくても、日帰りで近郊のグルメや絶景を楽しめる、ちょっと特別な列車が各地を走っているのをご存知だろうか。JR東日本の「のってたのしい列車」というシリーズで、足湯が楽しめたり、日本酒の利き酒ができたり、地域の特性に合わせたユニークな企画が展開されているらしい。中でも車内でコーヒーとスイーツを楽しめる、「走るカフェ」をコンセプトとしたプチ観光列車が福島にあるという。

名前を『フルーティアふくしま』といい、福島県産フルーツをふんだんに使用したオリジナルスイーツが提供されるのだとか。福島県といえば桃を筆頭に、さくらんぼ、梨、ぶどう、りんごと全国有数のフルーツ王国。

都会に行けばおしゃれな店はいくらでもあると思うが、列車がまるごとカフェなんて、そうそう体験できるものではない。しかもこのためにデザインされた特別列車で、かつ日帰りでお手頃価格というのだから、もう気になり過ぎる! 乗るしかないだろう。

・期間限定の仙台〜福島区間(大人1人5000円)

『フルーティアふくしま』の名のとおり、普段は磐越西線(福島県)を走る列車だが、今回は冬季に期間限定で設定されている仙台〜福島区間に乗車してみた。東北地方の中心ともいえる仙台発着は、各地からも乗りやすいのではないだろうか。

ホームに入線してきた列車は、赤と黒、それに上品なゴールドのカラーリング。ちょっとレトロな大正ロマンといった雰囲気で、可愛いじゃないか! 「臨時」という臨時列車の表記も非日常感があって良い! フルーティアのロゴの入った特別デザインだ。

列車は2両編成で、1人掛けシート、2人掛けシート、4人掛けシートがある。席指定はできないため、相席になることもあるし、進行方向と逆向きになることもある。ソファシートはゆったりした座り心地。満席になっても40名に満たない、本当に小さな編成でトコトコと走る。

・スウィーツサービス

14時42分、仙台駅発車。各席には食器がセットされている。旅行代金は乗車券に加え、あらかじめスウィーツやドリンクが含まれた料金になっているのだ。同じものを食べるのでも、自分で注文して買うのではなくサービスとして「提供される」のが、おもてなし感があって最高だと筆者は思う。若い頃は何でも自分で選ぶのがいいと思っていたが、最近は「おまかせ」とか「パッケージ」とかが大好きだ。

ほどなくアテンダントさんからスウィーツが配られた。内容は月替りで、今月は「福島県産とちおとめチーズクリーム」「福島県産とちおとめチョコクリーム」の2種。

あ、違いますよ。2種から選ぶんじゃありません。2種ともいただけるんです。

ケーキは福島県郡山市に本店がある『fruits peaks』の提供で、この列車のために開発したオリジナル商品とのこと。普段、ケーキの2個食いなんてそうそうしないと思うけど、周りを見ても残している人もなく、筆者もペロリといけた。まったくクドくなく、胃もたれもせず、最後まで美味しかった。たぶん2品を一度に食べることを想定して開発しているんだな。

それにホットコーヒー1杯と福島県産品を使用したフルーツジュース1本がセットということで、今回は『桃の恵み』という桃ジュースだった。この桃ジュースがめちゃくちゃ濃厚でびっくり。青森のりんごジュースといい、愛媛のみかんジュースといい、ご当地フルーツジュースって驚くほど旨いことが多い。特にJAのね。

・カフェカー

この列車の特徴でもある1号車は、まるまるカフェだ。カウンターがあり、アテンダントさんが常駐している。昨今はカートの車内販売が主流で、食堂車や売店のある列車がなくなってしまったから、懐かしく感じる人もいるかもしれない。両側が大きな窓で、すごい開放感!

セルフサービスでおかわり自由のコールドドリンク。水、アイスコーヒー、アイスティーが常備。

お土産コーナーには『フルーティアふくしま』がデザインされたオリジナルグッズや、お酒、特産品が並んでいる。

窓に面したカウンターもあったので、ここでドリンクを飲みながら過ごすのも良いかもしれない。

・車窓風景は……

『世界の車窓から』なんていう長寿番組があるくらいだから、列車といえば車窓風景が楽しみだが……申し訳ない。覚えていない。というのも仙台〜福島間の乗車時間は1時間ちょっと。その間に2種のスウィーツを食べ、コーヒーを飲み、アイスティーのおかわりをし、お土産を見て、写真を撮り……としていると時間があっという間なのだ。

この間も車掌さんが記念撮影に回ってくれたり、切符に記念スタンプを押してくれたり、乗車プレゼントのキーホルダーをくれたりと、おもてなしをしてくれる。最高だ。

・福島駅で下車

15時50分、福島駅着。筆者は福島駅で途中下車したが、終点の郡山駅まで乗ることもできる。どちらにしても1〜2時間の小旅行だ。しかし、片道5000円の料金は、はっきり言って安いと思う。特別に作られたおしゃれな車両にワクワクし、スウィーツやドリンクのおもてなしを受け、記念撮影でキャッキャウフフして、短い距離だが十分に「旅気分」だった。

加えて福島県産フルーツ、福島県内のスウィーツショップが開発、お土産も福島県のもの、と全てが “福島推し” で、強い地元愛が感じられた。ティーポットとフルーツがデザインされたオリジナルグッズもどこかのブランド? と思うほど個性的で可愛らしく、本気度が伝わってくる。東日本大震災で農産物の大きな風評被害を受けた地域だけに心から応援したいし、とても好感を持った。

観光列車は線路の上を走るから、自分で自由にルートを選べるわけではない。普段は行かない土地に思いがけず行けたり、その地域のことを知れたり、地方を元気にする起爆剤としての可能性を感じる。

・めちゃめちゃ楽しかった

今まで知らなかったが、観光列車ってすごく楽しい。他の「のってたのしい列車」にも乗ってみたい! が、車を置いてある仙台駅まで戻るのに折り返しの普通列車に乗ったところ、一気に現実に引き戻されたことも申し添えておきたい。車の回送サービスがあればいいなぁ。

車がなければ駐車料金も気にならないはずなので、福島市や郡山市に宿を取って滞在することを強くお勧めしたい。逆に郡山発で仙台行きの列車もあるので、目的地に応じて使い分けるのも良い。

仙台駅発着は2020年3月末まで。それ以降は郡山駅〜喜多方駅の運行となる。運行日はお盆期間を除く土日祝日。乗車区間やプラン(スウィーツセットか、ドリンクのみか)で料金が変わるため、詳細は公式サイトをチェックして欲しい。

参考リンク:JR東日本「のってたのしい列車」、JR東日本仙台支社『フルーティアふくしま』
Report:冨樫さや
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【朗報】高輪ゲートウェイ、ガチで近未来的な駅になりそう / 無人AI決済店舗、警備・清掃ロボ、スタバ新店舗など “実証実験の場” に!

ちょっと何なの~~~~~!? みんな、いくらなんでも「高輪ゲートウェイ駅」のことをバカにしすぎだウェイ! 最近じゃ高輪ゲートウェイ駅、訳して「高輪ゲ駅」とか言われる始末ウェイ。それなら最初から「高輪駅」でよくないウェイ? ウェウェウェェェ(怒)。

でももうそんなことは言わせないウェイ! 2019年12月3日にJR東日本が発表した概要によると、来年春に開業する高輪ゲートウェイは超近未来的な駅になりそうなのウェイ。そう、これがJRの本気なんだウェイ。「高輪ゲートウェイ(笑)」とか言ったヤツらを後悔させてやるウェイよ!!

・JR東日本が発表

2024年頃にまちびらきが予定されている新しい街の核として、JR東日本は高輪ゲートウェイを最新の駅サービス設備の導入や実証実験の場にしようと考えているみたいだウェイ。今回の発表では、それに関連する様々な計画が明らかになったウェイよ。

駅構内にオープンする無人AI決済店舗の第1号店『TOUCH TO GO』もその一つウェイね。

・初の常設店舗

こちらはウォークスルー型の完全キャッシュレス店舗で、カメラなどの情報からお客と商品をリアルタイムに認識しているから、手に取って決済エリアに立つだけで買い物ができるんだウェイ。過去2回の実証実験を経て、いよいよ常設店舗が誕生するというわけウェイね。

・スタバも

ちなみに『TOUCH TO GO』は改札内2階にできるんだウェイけど、3階にはスタバの新店舗がオープンする予定ウェイ! 店内にはビジネスマン向けにブース型シェアオフィス『STATION WORK』が設置させるみたいウェイよ。と言っても……まあウェイ(私)には関係のない話ウェイね。ウェウェウェ~~(笑)。

・ロボットが巡回

あとウェイ(私)的にとっても気になったのが、駅構内で試行導入されるという最新技術を用いたロボットだウェイ。自立移動型の広告ロボットや警備・清掃ロボットが駅を巡回するなんて、完全にSFじゃないのウェイ! ワクワクするウェイ!!

そういえば去年、ウェイ(私)は西武新宿駅でこの警備ロボの実証実験を見たウェイ。「巡回警備中デス」って音声を発しながらロボットが自走している光景は、さながらアニメ『サイコパス』の世界だったウェイよ。

JRによると「必要に応じ、サイレンやフラッシュライトの点灯により、不審者に対する威嚇を実施」するみたいウェイけど、いつかさらに進化して「不審者ヲ排除シマス」とか言い出しそうで怖いウェイ。痴漢とかしたら一瞬にして肉塊に変えられそうだウェイね……。

・2020年春開業

もちろんこの他にも、タッチ部分の形状を工夫した新型自動改札機など様々な設備が導入されるみたいウェイよ。いかがウェイ? 高輪ゲートウェイがスゴイ駅になりそうだということが分かってもらえたウェイ? もう誰にも「高輪ゲ駅(笑)」なんて言わせないウェイ! 開業を楽しみに待つウェイよ! ウェウェウェェェェエエエ!!

【追記:2019年12月3日】

日本経済新聞によるとJR東日本は、高輪ゲートウェイ駅の開業日を2020年3月14日にする方針を固めたとのことウェイ!

参照元:JR東日本(PDF)、JR東日本スタートアップ日本経済新聞
執筆:ウェイ(あひるねこ)
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【注意喚起】11月16日(土)は山手線の約3分の1が運休になるウェイ!「高輪ゲートウェイ駅」のための線路工事があるんだウェ~~~イ!!

みんなーーー! 大事な話があるから聞いてウェイ!! 来たる2019年11月16日、JR山手線と京浜東北線の一部区間が運休になっちゃうんだウェイ。それも2~3駅の話ではなく、約3分の1の区間で運休しちゃうみたいウェイよ。これは大変だウェ~~~イ。

JR東日本によると今回の運休は、駅改良・新駅開業に向けた品川駅の線路切替工事によって実施されるようだウェイ。みんなは来年の春に開業する新駅の名前を覚えてるウェイ? そう、「高輪ゲートウェイ駅」だウェイ! 相変わらず りんかい線みたいな名前ウェイね。ウェウェウェウェ~~~(笑)。

・一部区間で運休

今週末16日に運休になるのは、山手線の大崎駅~東京駅~上野駅までの区間と、京浜東北線の品川駅~田町駅までの区間ウェイ。各線ともに16日の始発から運休が始まり、運転が再開されるのは山手線が同日16時頃、京浜東北線は17日の始発からとなっているウェイよ。

・約3分の1

サクッと書いちゃったウェイが、実はこれって大変なことだウェイ。よく考えてみてウェイ。山手線の場合、大崎・品川・田町・浜松町・新橋・有楽町・東京・神田・秋葉原・御徒町・上野間が全~部止まっちゃうんだウェイ。これは山手線の約3分の1に当たるウェイよ。引くほど止まるウェイね。

NHKによると、山手線が工事の影響で運休するのはJR発足以降、初めてのことらしいウェイ。それくらい今回の工事は大規模かつ複雑なんだウェイ。ウェイウェイ、なるほど。

・振替あり

運休に伴い、上野東京ラインと埼京線では運転本数が増えるほか、東京メトロ・都営地下鉄・りんかい線・東急線・ゆりかもめ・京急線において振替輸送が実施される予定ウェイ。「高輪ゲートウェイ駅」のため、みんなちょっとだけ辛抱してほしいウェイよ。

・週末は要注意

運休のことを知らずにお出かけしちゃうと大混乱間違いなし。かく言うウェイ(私)も、土曜日は山手線を使うつもりだったウェイ。行く前に気付いてよかったウェイ。みんなも出かける際は気を付けてウェイね~~~~。

おしまい

参照元:JR東日本NHK NEWS WEB
執筆:ウェイ(あひるねこ)


Source: ロケットニュース24

【衝撃】生まれて初めて新幹線の「グリーン車」に乗ってみた結果 → 最終的に己の無力さを知った

おいおいマジかよ。新幹線なんてただでさえ高級な乗り物なのに、その中にはさらにグリーン車とかいう貴族のみに許された特権車両が存在するらしいのだ。いや、そんなん乗るわけねーだろ。こちとらロケットニュースだぞ!

だが私(あひるねこ)も33才。いい大人である。そろそろ緑の玉座に座るお年頃ではないのか? 座ったところで、罰は当たらないのではないか? というわけで、人生初の新幹線グリーン車に乗ってみることに。いざ、出発進行……!

・初のグリーン車

先日、東京から名古屋まで行く仕事があったため、思い切って4000円強を追加しグリーン席の切符を購入。緊張しながら出発の時を待った。在来線のグリーンなら乗ったことはあるが、新幹線は今回が初めて。

ホームで待つこと数分。いよいよ新大阪行きの「のぞみ」がホームに姿を現す。お、おいでなすった……! ゴクリ。入口自体は通常の車両と特に変わりないものの、なにやら目に見えないオーラを感じるのは決して気のせいではあるまい。

この先に楽園が……

楽園が……

あった。

・すべてが新鮮

これがグリーン車か、心なしか高貴な雰囲気が漂っている。しかも……うっ! マジかよ、床がフカフカしているぞ。すまねぇが土足で失礼するよ。そして辿り着いた……

我が城!

人生初の新幹線グリーン席に感慨を深める私。あたりを見回すと、日曜の夜というあまり混雑していない時間のせいか、全然人がいない。もう前後左右、誰もいない。え、乗ってるの俺だけじゃないよな? もはや恐怖を感じるレベル。怖ぇよ。

しかし! 念願のグリーン席は、想像した通り座席の間隔が広々しているぞ。わ~い\(^o^)/ フットレストもあるし、これなら足もラクチンである。ストレスフリーとはまさにこのことか。

手すりは超デカイし、充電用のコンセントがバッチリ完備されている。

しかもスイッチを押すと……嘘だろ! 読書灯がついただと!? 頭の横が光ってるよオイ!

はぁ……お母さん、僕もとうとう新幹線のグリーン車に乗れる男になりましたよ。

・さすがグリーン

だがしかし、グリーン車の猛攻はこれだけでは終わらなかった。さっきから気になってたんだけど、左手を置いているこの部分。何らかのギミックが搭載されている気配がする。

いじってみると……

あ、開いたッッ!

えーーー!? いやいや、ちょっと待てって! 待て……待……

うわああああああああああああ!!

なんと、テーブルがもう一つ出現したではないか。もはやロフト! ロフト付き物件である!! ただ、ぶっちゃけ何に使えばいいのかはよく分からない。ドリンク用の凹みが2カ所あるが、ビールのチェイサーにお茶でも置けと言うのか。バーなのか、グリーン席は。

・さらなる衝撃

2つのテーブルを前に固まる私。そこへ、乗務員の女性が近付いてきた。今度は何だ? するとその女性、おもむろに何かを手渡してきたぞ。こ、これは……おしぼり! おしぼりキターーーーーー!! グリーン車はおしぼり付きなのかよ! 手が、手が拭けりゅゥゥゥゥウウウ!!

ちなみに、おしぼりがない新幹線もあるらしい。「のぞみ」はくれるようだな。さて、それでは手を拭いてキヨスクで買ったビールでも飲むか。しかし次の瞬間、私にこの日最大の衝撃が訪れる。な、何だこのおしぼり……!

めっちゃブ厚い……!!

・激アツ

こんな厚手のおしぼりが世の中に存在するのか!? 調べてみると、どうやらこれは「日清紡」が発売する最上位仕様の品らしい。その拭き心地ときたら まさに至高で、これと比べたらいつも使っている紙おしぼりは湯葉である。すげーよグリーン車は。

こうしてひとしきりハシャいだ後、後ろに誰もいないことを再確認した私は、シートを限界まで倒す。そこに深く身を任せると……ワオ、何これ。水平? もちろんそこまで倒れはしないが、気分はもはやベッドだ。気持ちいい。とても気持ちがいい。そして……。

気付くと、「間もなく名古屋です」のアナウンスが。

……え?

もう終わり?

・まさかの終焉

へ、へ、下手こいたァァァァァアアアアア! そう、車内でビールを飲んだせいか、どうやら私はだいぶ早い段階で熟睡してしまったようなのだ。そのためグリーン車に乗っていた体感時間は、多く見積もって30分。いや高いよ! 30分4000円って……何の店だよ!!

もちろん その熟睡時間を買ったという考え方もあるだろう。いや、たぶんそれこそがグリーン車なのだ。しかし……。一念発起して乗り込んだ私からすると、あれはあまりにも値が張る買い物であった。手に余る、と言った方がいいかもしれない。自分がこうも無力だとは……。

・さらばグリーン車

たしかにグリーン車は最高である。筆舌に尽くしがたいほど最高である。だが、次に私がグリーンに乗るのはおそらく、死期が迫った時ではないか。改札に吸い込まれていく切符を横目に、ぼんやりとそんなことを考えたのだった。ああ、小市民。

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24