【缶詰マニア】7500円の「ウニ缶」を食べてみた結果 → もはやウニじゃなかった / K&K『缶つま極 エゾバフンウニ』

苦みのある味に「大人」を感じるウニ。私(中澤)は、子供の頃あの独特の味が好きではなかったが今では大好物の1つだ。寿司屋に行ったら必ず頼む。寿司ネタで打線を組むなら、スタメン入りは確実な人もいるのではないだろうか。

とは言え、高い店には行かない私。ウニはほとんど回転寿司でしか食べたことがない。そこで、7500円のウニを食べてみることにした!

・北海道利尻島産のエゾバフンウニ

そのウニとは、K&Kから発売されている『缶つま極 エゾバフンウニ(税込7560円)』である。北海道利尻島産のウニを使ったこの缶詰。水揚げされた当日中に蒸し上げ、「宗谷の塩」のみで味付けした一品なのだとか。それにしても回転寿司では100円~300円くらいで食べられるウニが7560円……

本当のウニの価値はどちらが正しいのか? っていうか、ウニって何なの? ウニの概念がよく分からなくなってしまうほどの価格差である。

・お前、本当にウニか?

それはさて置き、缶詰を開けてみると、いきなりテンションが上がった。ふちの際までギチギチにウニが詰まっており缶詰型の固体みたいになっているのである。

皿に取り出してみたところ、ゴロゴロと転がり出してくるウニの塊。布団圧縮袋で圧縮でもされたの

回転寿司に慣れた私にとって、ウニと言えば水っぽいものというイメージがあったが、この『缶つま極 エゾバフンウニ』には水っぽさがない。箸でつまんでみても崩れないウニの塊からは強い結束力を感じる。お前、本当にウニか? まあ、食べてみるか……パクリ

ウンマァァァアアアッ!!!!

口に入れた瞬間、トロけるようなミルキーな甘みがふわっと広がって海の匂いが鼻に抜ける。苦さは感じず、ただただ豊潤な甘みに舌が溶けそうだ。

・もはやウニじゃない

しかし、それ以上に驚いたのはその食感。ツブツブしてる! 回転寿司のウニでは感じたことがなかった1つ1つの卵の食感がしっかりと感じられるのだ。

それでいてトロけているものだから手がつけられない。私が知ってるウニと全然違う! もはやウニじゃねェェェエエエ!!

それほどに別物……それほどに新食感! 今まで私は何を食べていたのか……。味においてもウニの概念が崩壊しそうになるこの缶詰。一生に一度くらいは味わってみても罰は当たらないだろう。

Report:缶詰評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「缶詰マニア


Source: ロケットニュース24

【缶詰マニア】松阪牛で「牛丼」を作ってみた! 1杯5000円の牛丼がこれだァァァアアア!! K&K『缶つま極 松阪牛大和煮』

300円ちょっとで買える温もり・牛丼。安くて早くてウマイ。現代日本の牛丼チェーンには、「友情・努力・勝利」に勝るとも劣らない無敵の三本柱が揃っていると思う。

でも、ワシャどうしても食べてみたいんじゃ! 松阪牛の牛丼を!! そこで作ってみたぞ。1杯5000円の牛丼がこれだァァァアアア!!!!

・松阪牛の老舗がオススメする食べ方

日本三大和牛の1つであり「肉の芸術品」と呼ばれる松阪牛。松阪市で創業50年以上の松阪牛の専門店『松阪まるよし』のサイトによると、食べ方は「すき焼き」「ステーキ」「しゃぶしゃぶ」「あみ焼き」がオススメなのだとか。

──だが、断る。私が食べたいのはあくまで松阪牛の牛丼だ! 「愚行」「神をも恐れぬ行為」と笑わば笑え!! おれは人間をやめるぞジョジョーーーッ!

・松阪牛の缶詰

というわけで、K&Kの缶詰『缶つま極 松阪牛大和煮(税込5400円)』を用意した。三重ブランド認定の松阪牛を肉厚にカットしたというこの缶詰。開けてみると、その言葉に嘘はないことが一発で分かる。分厚い肉はとても缶詰とは思えない

・我らがアイドル

さて、役者がそろったところで、あの方にご登場いただこう。圧倒的なカリスマと包容力でみんなに愛される我らがアイドル……

白ご飯パイセンだ

押忍ッ! 松阪牛ぶち込ませていただきます!!

タレぶっかけさせていただきます!

1分レンチンさせていただきますッ!!

牛丼完成しました! 押忍ッ!!

・セクシーに牛丼に取り組む先輩

松阪牛というドレスをまとったパイセンは、ツヤのある魅惑の笑みを浮かべる。白かった肌はタレの色に染まりセクシーだ。セクシーに牛丼に取り組んでいる。食べてみたところ……

ウンマァァァアアア! 肉は口に入れた瞬間ホロホロと崩れるような柔らかさ。上品な牛肉の脂と、醤油と砂糖で味付けされたとろみのあるタレが米に浸透し、口いっぱいに広がっていく。大事なことだからもう一度言う。ウンマァァァアアアッ!!

これが1杯5000円の牛丼……! ご飯が一瞬でなくなったことは言うまでもない

ぶっかけるだけで激ウマ牛丼が爆誕する『缶つま極 松阪牛大和煮(税込5400円)』。タレを作る必要がないところも手軽で良い。あなたもこの缶詰で、男のロマンを叶えてみないか?

参照元:K&K松阪まるよし
Report:缶詰評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「缶詰マニア


Source: ロケットニュース24