漫才好き必見! カードゲーム「ツッコミかるた」が面白い!! 難しいけどめちゃくちゃ盛り上がるぞ~!

年末年始に家族や友達と過ごす人も多いはず。集まって遊ぶのは良いけど、トランプやUNOはもう飽きた。そんな人のオススメしたいカードゲームがある。もしも漫才が好きなら、なおのこと遊んで欲しいゲームだ。

そのゲーム「ツッコミかるた」(税込2546円)は、“かるた” と名がついているものの、読み札がない。では、どうやって札を取るか? それは他人の話にツッコミを入れるのである。シンプルだが、的確にツッコミを入れるのはかなり難しい。だが、めちゃくちゃ盛り上がる楽しいゲームだ。

・漫才が話題に

近年ボードゲームやカードゲームの人気が高まっている。専門店の販売店やボードゲームカフェも増えていくなか、東急ハンズ新宿店は年末年始の需要を見越して、専門の棚を展開している。そのなかのひとつとして、私(佐藤)はこのかるたを見つけた。

折しも、M-1グランプリ2019の決勝が終わったばかりで、当編集部でも漫才に対する関心が高まっている。これを買って帰ったら、みんなやりたがるに違いない。そう思い、購入した次第である。

・遊び方

さて、かるたの札は全部で100枚あり、表面には、「ボケろよ!」や「下手くそか!」など、100種のツッコミが書かれている。

裏面には、「人生で1番自慢できること」や「理想の告白シチュエーション」など、トークテーマが書かれている。

最低プレイヤー人数は2名、最大8名となっているが、2名だとちょっとやり辛い。というのも、2名以上でチームを組んで遊んだ方が、ボケとツッコミの役割を果たせるからだ。1対1の対戦だと1人でボケ・ツッコミをまかなうことになり、いまいち広がりがなくなる。

フィールドに20枚のツッコミ札を置き、そのほかの札をトークテーマで利用する。

トークテーマに沿って、プレイヤー全員でトークを行う。好きなタイミングでボケて構わない。だが、誰にツッコミを入れられるかで、ゲームの流れは変わって来る。仮に2対2の4名でプレイする場合、対戦相手にツッコミを入れた場合は1ポイント。味方にツッコミを入れた場合は2ポイント獲得することになる。したがって、味方に上手くツッコミを振ることができれば、自チームが勝つ可能性が高まる。

なお、10ポイントを獲得したところで、「もういいよ!(もうええわ!)」を宣言してゲーム終了だ。

・実際にやってみると

当編集メンバー、P.K.サンジュン・中澤星児・あひるねこにルールを共有し、佐藤・サンジュンチーム、中澤・あひるねこチームに分かれてゲームスタート!

やり始めてすぐに分かったのは、ツッコミの難しさもさることながら、ボケをかますのが意外と難しい! ボケが成立しない以上はツッコミも成り立たないので、なかなかゲームが進まない。そんななかでもみんなが手探りでツッコミを入れ始めると、急激に盛り上がるのがこのゲームの面白いところだ。

時に強引にツッコミをねじ込んだとしても、それはそれで場の空気が和む。

途中から話が異様に盛り上がり、ルールを無視して場が湧きたつ。勝ち負けに関係なく、参加メンバーの心の距離がグッと縮まるのもこのゲームの良いところだ。2~3度と繰り返しているうちに、ついに時が来た!

お酒の席での話をしていた時、あひるねこが親しい人のことを指して「ファミリー……」とつぶやいた。

その一言を中澤星児が聞き逃さなかった……。

そして次の瞬間!!

「欧米か!」

\ 一同爆笑!!!! /////

お分かり頂けただろうか? 文字にすると大変伝わり辛いのだが、私はカードゲームでいまだかつて経験したことがないほど爆笑した! 腹を抱えて笑った!! きっと気心の知れた人とプレイすると、ツッコミ合いになってすこぶる盛り上がると思う。そしてトークテーマから、その人の意外な一面を垣間見ることができたるのも興味深い。これはぜひとも年末年始に遊んで欲しいゲームの1つである。

参照元:チョコレートゲームス「ツッコミかるた」
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

「なぜミルクボーイはM-1グランプリ2019で優勝できたのか?」をマサイ族の戦士に聞いてみた / マサイ通信:第326回

スパ! なんだか日本、面白い大会があったみたいだな。コメディアンの大会で、優勝したのは「ミルクボーイ」という2人組なんだってな。日本のゴー(羽鳥)から写真付きでミルクボーイのことは教えてもらったぞ。

んで、なぜオレに聞いてくるのか謎だけど、ゴーからミルクボーイについていくつか質問されたので答えておくね。まず、写真(M-1優勝トロフィーを持っている写真)を見てどう思ったのか? についてだが……

すごいハッピーな写真だな。

顔がハッピーだった。まあそうだろ。わかるよ。サッカーで優勝したのと同じくらいハッピーなトロフィー写真だよ。

んで、次に聞かれたのが「ミルクボーイ」って名前、どう思うか? ってことだが……

ウン、良い名前だと思うよ。

そして

うまそうな名前だ。

もちろん「うまい」は「上手」ではなく「デリシャス」の「美味い」のほうな。彼ら、トークの技術が上手くてチャンピオンになったみたいだけど、コンビ名から抱く印象は「美味そうだな」って感じだな。

最後の質問が難しかった。だって、「彼らは、なぜM-1で優勝できたのか?」だぜ? そんなこと、なんでマサイ族のオレに聞くんだよ。オレ、きのうM-1見てないよ。でも答えよう。あくまでオレの印象だが……

牛乳を飲む彼らは、そもそも強い

──以上だ。えっ? 実際に牛乳を飲んでいるのか飲んでいないのか、わからないって? じゃあなんでミルクボーイなんだ? よくわからないぞ……。

でも、とにかく優勝おめでとう。ミルクボーイ、マサイ族のオレから見ても良い名前だと思うよ。ミルクを飲むと強くなるし。戦士は強くなければならないし。いずれにせよ、強いから優勝できたのさ。おめでとう! オレセリ!!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前の話へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24