【動画あり】大谷翔平選手がバースデー弾! 第13号はMLB最強右腕・バーランダー投手からセンター方向への一発

ハッピーバースデー! 自らのバットで祝砲だ。2019年7月5日(現地時間)、25歳の誕生日を迎えたエンゼルスの大谷翔平選手はアストロズ戦に3番DHで出場すると、2打席目で第13号ホームランを放った。しかも、投手はMLB最強右腕のバーランダー投手だ!

・最強右腕からバースデー弾

1−0とビハインドで迎えた3回表、エンゼルスは打線がつながり1番カルフーン選手のツーランで逆転。そして2アウト走者なしの場面で打席に入った大谷選手は、カウント1ボールから高めに来た95マイル(約152キロ)の直球を完璧にとらえた。

深いセンター方向に飛んだ打球はそのままスタンドイン。バースデー弾となった第13号には、MLBの実況も「ビッグフライ! オオタニサン!」から「ハッピーバースデー」と祝福している。大谷選手は昨年に続いてバーランダー投手から一発。打率も3割超えをキープしており、調子はかなりいいようだ。

・ネットの反応

「大谷止まらねえ〜」
「また大谷打ってる」
「大谷バーランダーからまた打ったわwやばすぎ。」
「大谷さんバーランダーからホームランとは」
「バーランダーの高めの95マイルをホームラン…大谷さん」
「オオタニサンすごいわ…最近の大谷は軽々スタンドインさせてる感ある さすがだなあ…」

豪快なホームランにはネットも驚くしかない。大谷選手の第3打席はファーストゴロ。現在、試合は5回裏で2−3とエンゼルスが1点をリードしている。

参照元:MLB.com(英語)
執筆:原田たかし


Source: ロケットニュース24

【動画あり】なんだこの打球…大谷翔平選手が2試合連続ホームラン! 第8号は左腕から先制スリーラン

出た! 2試合連続!! またまたビッグフライだ。2019年6月14日(日本時間)、レイズ戦に3番DHで出場した大谷翔平(エンゼルス)選手は、1回表の第1打席からスタンドに叩き込んだ。しかも左腕から!

・低弾道ホームラン

ノーアウト一・二塁、先制のチャンスで打席に入った大谷選手は、いきなり最高の結果で応えてみせた。カウント1−1から左腕・ヤーブロー投手の真ん中付近に来た甘いボールを逆らわずに振り抜くと、打球は低弾道のままグングン伸びてお決まりとなりつつある左中間スタンドへ飛び込んだ。

スリーランホームランでエンゼルスは幸先よく3点を先制。甘い球だったとはいえ、相手は昨季16勝している好投手。先日、前田健太投手(ドジャース)からホームランを放ったばかりだが、まだまだ調子は上がり続けているようだ。というか、打球がスゴすぎてネットでは驚きの声が続出している。

・ネットの声

「大谷の打球嘘やろ笑」
「大谷これ入るんか・・・」
「大谷打球伸びすぎィ!!」
「大谷は簡単に打つなぁ…」
「大谷のホームラン、なんであれが入るんや笑」
「大谷のホームランいつにも増してエグいな。なんで入るんや…」

などなど、詳細は動画で確認してほしいが、とにかく弾道がおかしなことになっている。なお現在、試合は3回表で0−3とエンゼルスがリード。大谷選手は第2打席で左中間へ2塁打を放ち、チャンスを演出している。

参照元:MLB.com(英語)
執筆:原田たかし


Source: ロケットニュース24

【動画あり】大谷翔平選手が第3号ホームラン! レフトスタンドへ10試合ぶりの一発を放つ

久しぶりのSHOW TIMEだ。2019年6月1日(日本時間)、シアトル・マリナーズ戦に3番DHで先発出場したロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が第3号ホームランを放った。

・トラウト選手とアベック弾

試合は敵地に乗り込んだエンゼルスが6回表まで3−0と追う展開。マイク・リーク投手を打ちあぐねていたエンゼルス打線だったが、2アウト走者なしから2番トラウト選手が打った瞬間にそれと分かるホームランを放つと、大谷翔平選手も続いた。

真ん中付近に甘く入ってきた初球を流し打ちすると、打球は低めの弾道でそのままレフトスタンドへ飛び込んだ。なお、10試合ぶりの第3号ホームランに対するネットの反応は以下の通りだ。

・ネットの反応

「大谷ホームランきたぁ!」
「大谷のホームランえっぐ」
「打球がおかしいですよ大谷さん…」
「大谷さんの流し打ち逆方向きたな…」
「流し打ちであそこまで飛ぶとはさすが大谷」
「大谷すごいなぁ こんなに注目浴びててここまで活躍できるんやから。」

などなど、逆方向へ軽く打ったように見えるもスタンドまで運んだ規格外のパワーに触れるコメントが多かった。

大谷翔平選手の第4打席は4-2とマリナーズリードで迎えた8回表、2アウト一二塁の一発出れば同点の場面。相手が左投手にスイッチするもレフトへのヒットを放ち、またしてもエンゼルスは1点差に迫っている。

参照元:MLB.com(英語)
執筆:原田たかし


Source: ロケットニュース24