【え?】中国でポケモンの「ロケット団」を応援 → “粛正” されてしまう / 悪役を応援したらダメ…ではなく予想外の理由に震える

つい先日、中国ネット界をざわつかせる出来事が発生した。それは「SNSでポケットモンスターのロケット団を応援したら “粛正” された」というものだ。

ちょっと意味がわからない。エイプリルフールにはまだ早いよ、何言ってるの……と思っていたのだが、どうやら実際に起こった出来事であるようだ。

・中国人がポケモンの悪役を応援した結果

発覚したのは2019年10月9日のこと。中国で数々のマラソン大会を運営に携わる企業「広州中体体育有限责任公司」のアカウント「@中体马拉松」がSNSに謝罪文を投稿した。

投稿によると、同社の従業員が10月8日の午後にチャットアプリ「WeChat」において「社会へ悪影響を及ぼす不適切な内容」をシェアしたのだという。その人物が投稿したとされる内容を見てみると……

・ただのポケモンファンにしか見えない

「私はやっぱりロケット団が好きだ! みんながどんなに彼らを悪く言ったって、私は子供の頃から大好きだった。彼らがどんなに失敗しても、その度に立ち上がって夢に向かう姿は、私にいつも勇気を与えてくれた。ありがとう、ムサシ、コジロウ、ニャース(Weibo @中体马拉松より)」

どこが社会に悪影響? ただのポケモンファン、それもライバル役のロケット団のファンにしか見えない。

・「社会に悪影響」の理由

問題はこのロケット団の中国語表記にあったのだ。中国ではロケット団のことを「火箭队」と書く。この表記は、NBAヒューストン・ロケッツも同じだ。

現在、中国ではこのヒューストン・ロケッツをめぐる騒動が起きている。GMであるダリル・モーリー氏がSNSで香港のデモを支持したことに、中国のファン、スポンサーが反発。テレビ中継やファンとの交流イベントなどが次々と中止されているのだ。「火箭队」は禁止ワードにこそなっていないものの「センシティブなワード」になってしまったようだ。

そして問題の投稿には「火箭队」の文字のほか2つの画像が貼りつけられている。1つはポケモンのロケット団の画像、そしてもう1つは小さくてよく見えないのだが、どうやらNBAのヒューストン・ロケッツ関連のニュースのキャプチャであるようだ。

このような状況下から、広州中体体育有限责任公司は従業員の言動を重く見て、謝罪文を書かせるにまで至ったのだろう。

・本人のサイン入り謝罪文も掲載

本人のサイン入り謝罪文には

「ヒューストン・ロケッツではなくポケモンのロケット団のことだった」
「(このような状況での発言が)論争を呼び、皆さんを傷つけたことに対し本当に申し訳なく思っている」

と書かれているほか

「自分は祖国を愛している」
「国慶節のパレードでは強大な祖国の姿に熱い涙があふれた」

と、祖国愛が書き連ねられている。

彼が本当に「ポケモンのロケット団を応援したかった」のか、それともヒューストン・ロケッツ騒動への風刺だったのか、単なる悪ふざけだったのか真意は見えないが、謝罪文から「うわぁ、めっちゃ怒られたんだろうな」という印象を受けたのだった。

・中国企業さえも神経質に

「中国さんデリケートすぎやろ」と思ってしまいはしないだろうか。中国人からも「敏感過ぎる」「この会社、大丈夫?」などの声が出ている。

だがその一方で、NBAでの騒動のほか、ジュエリーブランド大手のティファニーが「モデルが手で右目を隠した広告」を発表したところ、「香港デモを想起させる」として中国からクレームが殺到、削除する事態も起きている。デモにおいて「市民が負傷した目を隠すポーズ」が抵抗のシンボルとなっていたからだ。

さらに、スラムダンクの作者・井上雄彦さんがTwitterで香港デモ関連のツイートに、いいねを押したとして、「中国で次にボイコットされるのは『スラムダンク』ではないか」という話も飛び出しているくらいなのだ。

当局の動きもさながら、強気な消費者、世論には中国企業でも神経質にならざるをえないということだろうか。

参照元:Weibo @中体马拉松新浪財経新浪体育光華日報今日新聞網(中国語)
執筆・イラスト:沢井メグ


Source: ロケットニュース24

【NBA】八村塁選手がチームメイトに日本のローカル菓子を配る → ウマすぎと大絶賛! その『白えびビーバー』を食べてみた / 買える場所も聞いてみた!

2019年6月21日(現地時間20日)、日本人初のNBAドラフト1巡目指名でワシントン・ウィザーズ入りした八村塁選手。デビュー戦でさっそく豪快なダンクシュートを決めて大いに沸いたのも記憶に新しい。

さて、そんな八村選手がまたまた注目されている。というのも、彼がチームメイトに日本のローカル菓子をシェアしたところ「めちゃくちゃウマイ」と大絶賛! そんな海外アスリートをも魅了したお菓子『白えびビーバー』を実際に食べてみた! 

・白えびビーバーとは!

ウィザーズのトロイ・ブラウン・ジュニア選手が Instagram に載せたことから話題となったという『白えびビーバー』。こちらは、石川県金沢市の北陸製菓が製造している米菓『ビーバー』シリーズの1つだ。ビーバーは1970年に誕生、

「1970年に開催された大阪万博カナダ館のビーバー人形の歯と2本並べたカタチが似ていた事が商品名の由来。(パッケージより引用)」

と遊び心あり、歴史ありな北陸のお菓子なのだ。

白えびは、日本では ほぼ富山湾でしか採れないえびのことで、その稀少性から「富山湾の宝石」とも呼ばれている。「甘えびより甘く、それでいてしつこさがない爽やかな味わい」と評されることが多い。『白えびビーバー』は “宝石” が使われているお菓子ということである。

食べた結果……

私自身、ビーバーはお初ではないが、改めて味わってみると……ああ美味しい。

サクサクとした食感に、ほんのりした塩加減から引き立つ濃厚なえび甘さがたまらない。そして、奥深い昆布の旨味……ッ!!!! 北陸には、白えび味のお菓子が数多(あまた)存在するが、さらに昆布入りという仕様はそう多くない印象だ。

その奥行きのある味がビーバーの個性を輝かせているのではないだろうか。まさに唯一無二の「北陸の味」、富山出身の八村選手が愛し、さらに文化を越えてウィザーズの選手たちをも魅了するのも納得だ!

・メーカーに聞いてみた!

さて、ウィザーズの選手が『白えびビーバー』を絶賛した件は、海外メディアも取り上げるほど注目されているが、世界レベルで “バズった” ことについて北陸製菓に聞いてみたところ

北陸製菓「ありがたいというところと、本当にビックリしているような状況です」

とのこと。話題になって以来、とても多くの注文が寄せられ、現在、生産体制を整えている最中だという。反響は相当だったようだ。

そして、もうひとつ聞きたいことがあった。名前の由来が「形がビーバーの歯に似ている」というなら、アレをやってみたい。ビーバーの歯に見立てたビーバーポーズをやってみたい。やってもいいでしょうか!?

北陸製菓「ありがとうございます、ぜひぜひ!」

よかった……! 「フザケンナ」と怒られるかもしれないと、ずっと心に秘めていたのだが、オフィシャルにOKいただきましたーッ!

インスタ映えるかはわからないが、わかる人にはわかるネタだ。この波に乗りたい人はやってみよう!

・『カレー味』や『のどぐろ味』も / どこで買える?

ちなみに、ビーバーはプレーン味や話題の『白えび』のほかに『カレー』、『のどぐろ』もある。それ、どこで買えるの?

北陸製菓の方によると、ビーバーはこれまで北陸限定だったところ、ちょうど6月3日よりプレーン味の全国展開が始まったばかりとのこと。プレーンは全国のスーパーや輸入食材店などで購入できるそうだ。

その他の味は、実店舗だと基本的に北陸エリアでの販売となるという。ただし、白えび味に関しては北陸新幹線の車内販売でも取り扱いがあるので、気になる人はチェックしてみよう!

参考リンク:北陸製菓、Twitter @BR_NBAUSA Today(英語)
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24