現代版ラピュタ! アニメ『虫籠のカガステル』が超面白いのに話題に上がらない理由

日本アニメ史に燦然と輝く作品『天空の城ラピュタ』。パズーとシータの出会いから壮大な物語が展開される本作は、ボーイ・ミーツ・ガールの教科書的作品です。そのキラキラとワクワク、そして切なさを残しつつも気持ちいいエンディング……最・高

今期、そんな『天空の城ラピュタ』のような普遍的な光を放つボーイ・ミーツ・ガール作品に出会ったのでご紹介します。

・『虫籠のカガステル』

その作品の名前は『虫籠のカガステル』。人が巨大な虫になる奇病・カガステルが発生し、人口の3分の2が虫に食い殺された世界が舞台です。そんな中でも、国家はなんとか形を保っており、人同士の争いも相変わらず続いている模様。舞台設定としては『風の谷のナウシカ』のような終末感が漂っています。

主人公のキドウは虫を駆除する駆除屋で、旅商人のジンの護衛で荒野を車で走っている際、虫に襲われている車を発見。救出へ向かいます。

『ルパン三世カリオストロの城』を彷彿とさせる導入とアクションの後、なんとか救出を成功させるキドウ。しかし、その車を運転していた男性グリフィスは瀕死の重傷で、死の間際に気を失っているヒロインの少女イリをキドウに託します。「この娘を母親のところへ連れていってくれ」という言葉と共に。

・物語の謎

ここまでは100点! さらに言うと、ボーイ・ミーツ・ガールが大好きな僕(中澤)は、この時点で「イリとグリフィスは親子ではない」と予想しました。『虫籠のカガステル』が実際どうなるかは置いておいて、あくまでこの時点での僕の妄想です

出自の謎がやがて壮大なストーリーに繋がっていくというのはお決まりのパターン。そして、それを踏まえると、『虫籠のカガステル』には物語が動き出した時点で以下のようながあります。

・イリは何者か?
・グリフィスはイリとどういう関係なのか?
・母親はどんな状況にあるのか?

──壮大なストーリーの匂いがしますね。この期待感も含めての100点だったわけです。とは言え、ここまでで100点を取るアニメって別に少なくないんですよ。問題はこの後

語り切れずに終わるパターンがむちゃくちゃ多い。ダイジェストみたいになったり、謎を放り投げたり、母親に会わずに終わったり……。

・王道ボーイ・ミーツ・ガールの宿命

話のスケールのデカさゆえに、落としどころを見つけるのが難しいのは、王道ボーイ・ミーツ・ガールのSFアニメの宿命と言えるかもしれません。あまりにその宿命を克服する作品が少ないので、僕は語り切れないこと前提で見てました。

勝負は「まあこれならアリ」っていう落としどころを見つけられるかどうかかなと。ところが、そんなことを思いながら続きを見たところ……気づけば一気見してました。

全12話を2日で。無意識に次の話を再生しているうちに夜になってました。でも、寝る前に、あと1話ねじこみたくなる余韻。正直、翌日が来るのが待ち遠しかった。

そして、何より壮大なスケールの話を12話で見事に語りきっています。王道に挑んでその高すぎる壁を打ち破っている稀有な作品だと思いました。

・表情

しかも、このアニメ、ほとんどがCGなのもスゴイところ。何がスゴイかって、僕、実はCGアニメがそんなに好きではないんです。妙にラインがツルッとしてたり、動きにギコちなさを感じたり、表情が乏しかったり……。

しかし、そんな僕でも感情移入できるくらい本作のCGはよくできてました。イリのコロコロ変わる表情は思わず胸キュンしてしまうレベル。声優・花澤香菜さんの演技も非常にマッチしており、瑞々しいヒロイン像が描かれています。

古くからの伝統を最新技術で表現した本作。個人的には『天空の城ラピュタ』にあるような王道ボーイ・ミーツ・ガールの良さをビシバシ感じました。「これ! これなんだよ……」って感じです。

・いまいち話題になってない理由

と、ここまで熱く語ってきましたが、あなたはこのアニメを聞いたことがありますか? 正直、僕は知りませんでした。人気のアニメはトレンドに上がるし、ニュースにもなる世の中なのに、おそらく『虫籠のカガステル』がそういう取り上げ方をされたことはないと思います。なぜなら本作は……

Netflix独占配信のオリジナルアニメだから

独占配信なので現状Netflixでしか見ることができません。そして、Netflixのオリジナルアニメは全話一挙公開。つまり、『虫籠のカガステル』は配信開始の2020年2月6日の時点で12話全てが公開されているんですね

一方、日本の地上波アニメは毎週決まった時間に1話が公開される形式。その放送がキッカケになり、ツイートなどが放送時間に集中します。それを毎週繰り返すことで話題感が大きくなっていき、トレンドに入ったりニュースになったりするわけですが……

全話一挙公開だと見るペースは人それぞれなため、話題が集中するキッカケがありません。そのため、話題が浮上しにくいのかなと僕は分析しています。ちなみに、Twitterの公式アカウントとかもありません。硬派すぎるぞ『虫籠のカガステル』!

・Netflixオリジナルアニメの強さ

それにしても、1話1話が映画みたいなクオリティーのNetflixオリジナルアニメ。これが資金力か。例えるなら、地上波全部がインディーズでNetflixだけメジャーっていうくらい質の平均レベルが違います。

というわけで、話題にはなりにくいけど現代最高峰のボーイ・ミーツ・ガールになっている『虫籠のカガステル』。良い感じに現代版ラピュタしてますので是非見てみてください。

参照元:虫籠のカガステル
執筆:中澤星児
(C)2019 橋本花鳥/徳間書店・「虫籠のカガステル」製作委員会
© NETFLIX, INC. AND IT’S AFFILIATES, 2020. ALL RIGHTS RESERVED.


Source: ロケットニュース24

【超ネタバレ】Netflix『ノット・オーケー』は「原作」と何がどう違う? 読んでみた結果 → 全然違う! シーズン2のヒントも… / オススメ海外ドラマ

衝撃的──かつ、続きが気になりすぎる終わり方をしたNetflix『ノット・オーケー』。シーズン2の製作はまだ正式に発表されていないが、視聴した人なら誰もが「このまま終わるワケがない」と思っているだろう(未視聴の方は前回の「ネタバレなし」レビュー記事をどうぞ)。

とはいえ、Netflixシリーズは1~2年おきに続編が配信されることが多いので、シーズン2が見られるのは早くても2021年2月ごろだと思われる。そんなに待てないよ~! ということで、このたび原作本を入手してみた! Netflixで描かれていた部分と原作とではナニが同じで、ナニが違うのだろうか?

・原作『I Am Not Okay With This』は……暗い!

『ノット・オーケー』の原作は、アメリカの作家チャールズ・フォースマンによるコミック『I Am Not Okay With This』。AmazonでKindle版を715円で購入した。全編英語だが、「ハリー・ポッター」を英語で読めるぐらいの人だったら問題なく読めるレベルだと思います。

で、実際に読んでみると まるで絵本のような可愛らしい絵柄なのだが「Fワード」がかなり乱発される。一方のストーリーは断片的というか、いくつかのエピソードが積み重ねられていて全体的に “漠然” としているのだが、作品の雰囲気そのものはNetflix版とかなり違っていた。

具体的に何がどう違うのかはのちに詳しく挙げるとして、まずはざっくりとした感想を述べると……暗い。友情や恋愛の要素もかなり薄いし、笑える場面は皆無。極めつけに、救いがない。

・”良いところ” もある

なんだかディスりまくっているので少しだけホメると、多感で繊細、そして不安定な思春期を生きる少年少女の日々を巧みに切り取っている──とも言えるだろう。「何もかも思い通りにいかない」「誰からも理解されない」などという負の面ばかりが目立つので、全体的に暗い印象を与えていることも確かだが、そういうのが好きな人も一定数いるかと思う。

とにかく読んでいるとこっちまでが暗い気分になってくるのだが、幸いかなり短い本なのでアッという間に読み終えた。(1時間もかからなかった)

先述したように、全体的に “漠然” としているため、悪い言い方をすると「断片的で薄い」、良い言い方をすると「想像力をかきたてられ “行間” を埋めたくなる」と感じる内容だ。言うまでもなく、Netflix版の企画者は後者の感想を抱いたと思われる。

 

さて、ここから先は「Netflix版と大きく違っていた部分」をいくつか具体的に取り上げる。

つまり、原作のネタバレが満載!

そのことを承知の上で読み進めていただきたい。

 

 

・原作はココが違う①シドニーの父を死なせたのは……シドニー?

Netflix版では、シドニーの父親が亡くなった理由は「自殺」とされている。1話目でシドニーは「He hung himself(父は首を吊った)」というセリフで死因まで明かしているが──原作ではシドニーが父親を死なせたことが示唆されている。

シドニーの父は、自身の超能力によって身体を蝕(むしば)まれ、全身の苦痛に悩まされていた。やがてその苦しみに耐えきれなくなり、自分と同じ “チカラ” を持つ娘のシドニーに「なんとかしてくれ」と訴える。シドニーは戸惑いつつも父を助けたい一心でおそるおそる両手を父の頭上にかざし……そして「父を苦しみから解放してあげた」ことを明かす。

・原作はココが違う②ブラッドの頭は爆発しない

Netflix版のラスト、シドニーはブラッドの頭を『スキャナーズ』よろしく頭を爆破させ、『キャリー』のように盛大な返り血を浴びた後、走り去って終わるという衝撃的な終わり方だったが──原作ではブラッドの頭はぶっ飛ばないし、2人の対決に至るまでの経緯がかなり違う。

ことの発端は、シドニーの大親友であるディナが、ブラッドの子を妊娠したことに始まる。そのことを知ったブラッドはなんとディナを「ビ〇チ」呼ばわりしたあと、乗っていた車から無理やり引きずりおろすという鬼畜っぷりを見せる。

その後、中絶手術を受けるディナだがブラッドが見舞いに訪れることもなく……。大親友への非情な仕打ちに怒り心頭したシドニーはブラッドの元を訪れ、超能力で頭に “念” を送る──のだが、爆発はせず、ブラッドはただ「血を流して倒れる」という描写にとどまっている。結果的にブラッドが死ぬ、という点においてはNetflix版と同じだ。

・原作はココが違う③スタンリーが “ちょい役”

Netflix版におけるスタンリーは、センスの良い服と独特なサブカル感性、そして本作のコミックリリーフ(お笑い担当)とも言える役割。しかもシドニーに恋心を寄せ、彼女の “超能力” を知る唯一の人物だ。最終話ではシドニーの日記を暴露するブラッドに立ち向かうという男らしい面も見せ、文字通り「超愛すべき存在」であり「超重要なキーマン」だ。

一方、原作のスタンリーは、シドニーに大麻を指南したり、男女の関係を持ったり、シドニーの良き話し相手を務めるという点では同じ。しかし、シドニーの超能力については知るどころか関与もしないし、登場する場面も少ない。シドニーにとって「心の拠りどころ」であることは確かなのだが、それ以上発展はしない “微妙な関係” である。

余談だが、Netflix版では この “微妙な関係” を「親友以上、恋人未満」という甘酸っぱい関係に昇華させていて、お見事としか言いようがない。

・アレもコレも違うし、シーズン2へのヒントも?

以上が、Netflix版と原作とで大きく違った点だ。他の細かい相違点をあげると……例えば、シドニーは17歳ではなく15歳だったり、ディナは同級生ではなく先輩だったり。あと、Ryan(ライアン)という、これまたシドニーに大麻を提供し肉体関係を結ぶ女性が登場するのだが、スタンリーと少しキャラがカブるのでNetflix版では排除されたのだろう。

──が! このライアンとシドニーとの間にシーズン2の大きなヒントになりそうな出来事があったのだ。さらに原作では、シドニーがブラッドの頭をブッ放した後の展開が描かれているだけでなく、Netflix版シーズン1のラストをはるかにしのぐ “超衝撃的” な結末が待っていた。

気になりすぎて頭が爆発しそうな人は、私と同様、原作本をゲットするのも大いにアリだと思うが、今後公開されるであろうNetflixシリーズの結末ではおそらく……いや絶対に違う結末を迎えることになるだろう。シーズン2以降はどういう展開になるのか、筆者による考察はまた別に機会にでも。

参考リンク:Instagram @charlesforsman@iamnotokaywiththis
NetflixAmazon『I Am Not Okay With This (English Edition)』
Report:ショーン


Source: ロケットニュース24

【衝撃の結末】Netflix『ノット・オーケー』が最高すぎ! 1話30分弱なのでイッキ見を推奨 / オススメ海外ドラマ

ウォォッホォーーーーー!!!! と、思わず叫んでしまうほど衝撃なラストが待っているのは、Netflixオリジナル『ノット・オーケー』という作品だ。誰が見てもウホること間違いないと思うので、最終話だけは必ず自宅で視聴して思い切り ウホってほしい。

ちなみに本作は「たったの7話」で、各話19~28分とかなり短い。つまりイッキ見しても2時間半そこらなので気軽に見やすく、かつオススメな作品だ。今回はこの『ノット・オーケー』をネタバレなしで紹介するぞ!

・【あらすじ】恋と友情と超能力と

主人公のシドニーは、田舎町で暮らす17歳の女子高校生。学校ではパッとしない存在だし、母親との関係もうまくいっていない。最愛の父が自殺して以来、シドニーは陰鬱な日々を過ごしていた。そんなある日、自分の中である “超能力” が覚醒し……。

笑える:★★★☆☆
シリアス:★★☆☆☆
怖い:★☆☆☆☆
キュンキュン:★★★☆☆
衝撃&爽快感:★★★★★

 

こうやって書くと、なんとも暗そうなストーリーに聞こえるかもしれないが、実際はセンスの良い音楽とポップな世界観の中で物語は進行し、ゲラゲラと笑えるコミカルなシーンもたくさん。”ちょっとゆるめなミニシアター” っぽい雰囲気……とでも言おうか。

 

イケてない女子高生シドニーが退屈な田舎町で暮らしながらも、少しずつ友情と恋心を育んでいく。その姿は ときにいじらしく、ときに可笑しく……つまりとっても「青春」をしていて、30代おっさんの私もうっかりキュンとしてしまった(笑うんじゃない)。

 

一方で「超能力」という要素もストーリーにからんでくるのだが、コレが物語に不穏な空気をもたらす。超能力といっても、別に「謎の組織」が現れたり、敵とバトルをしたり、人口を半分にして世界に均衡をもたらそうとか、そういうスケールの大きい話にはならない。シドニーの超能力は、ただ “フツー” の日常生活を送ろうとする彼女を戸惑わせ、悩みの種となるのだ。

毎話見終わるごとに「続きが気になって仕方がない~!」という強烈な中毒感はないものの、最初の6話はある意味 “盛大な前フリ” 。そう、見どころはなんと言っても最終話である。

 

・衝撃的なラスト

本作は1話目の冒頭から衝撃的な映像で幕を開ける。まるで「そのうちエライことになりますんでヨロシク~」──と予告するかのように。何がどうエライことになるのか、多くの方がなんとな~くはピンとくるだろう。

それでも、いざ最終話でその瞬間がやってくると、私は「ウォォッホォーーーーー!!!!」と叫ばずにはいられなかった。人によっては「うっしゃーーー!!!!」かもしれないし、「…………!!」と言葉を失うだけかもしれない。

とにかく、「最高」とも「最悪」とも言える衝撃的なラストなのだ。このシーンを見事にやってのけたスタッフ、キャスト、そしてNetflixに大きな拍手を送りたい。ブラボー!!

・最高すぎるスタッフ & キャスト陣

ところで本作の製作総指揮を務めるのは、同じくNetflixシリーズの傑作『ストレンジャー・シングス』のショーン・レヴィ。そして監督は、これまたNetflix『この世のサイテーな世界の終わり』(個人的に超ツボ‼︎)のジョナサン・エントウィッスル。面白くないワケないだろうが!

さらに個人的にテンションぶち上がりだったのは、映画『‎‎IT / イット “それ” が見えたら、終わり』に出演していた2人が主演だったということ。『IT』ファンにとってはたまらないキャストだろう。

冒頭でも述べたが、『ノット・オーケー』は全7話、各話の尺は平均22分ほど。2時間半ほどでイッキ見できてしまうので、気になった人は今すぐにでもチェックしてみてほしい!

参考リンク:Instagram @iamnotokaywiththisNetflix
Report:ショーン
ScreenShot:Netflix


Source: ロケットニュース24

【Netflixで語学勉強】無料&便利すぎィィ! 2カ国語の字幕を同時に表示するネットフリックスの機能を使ってみた /「Language Learning with Netflix」

読者の皆さまは「新年の抱負」をもう お決めになっただろうか? グローバル時代なので「語学力アップ」を掲げている人もいるだろうが、もしあなたがNetflixユーザーならば「Language Learning with Netflix(LNN)」という機能を使わない手はない!

この「LNN」を使えば、日本語と外国語の字幕を同時に表示してNetflixが視聴できちゃうのだ! しかも無料ッ! お気に入りの映画や海外ドラマを見ながら、ついでに語学勉強もできちゃうなんて一石二鳥。始め方も使い方もいたってシンプルだ。

・「LLN」をダウンロード

「Language Learning with Netflix(以下、LLN)」とは、パソコン用のインターネットブラウザGoogle Chromeの拡張機能だ。つまりパソコン向けの機能であり、スマートフォンなどでは利用できない(2020年1月6日現在)ようである。

まずはChromeのウェブストアで「LLN」を追加しよう。ちなみに “ストア” と付くが、機能の「追加」も「使用」も基本的に無料なのでご安心を。(もちろん、Netflix自体は有料だが)

続いて、母国語は「日本語」を選択。

──以上でセットアップ完了だ! ね、カンタンでしょ?

 

・「LLN」使ってみた

試しにChromeでNetflixを開き、『クィア・アイ in Japan!』を視聴してみると……

上段に英語の、下段に日本語の字幕が表示された! 

「なるほど~、元の英語ではこういう単語を使ってたんだな~」……といった具合に勉強できるわけだ。ちなみに日本語字幕は “機械翻訳” ではなく、各コンテンツで元々使われているオリジナルの翻訳字幕である。

さらに便利な機能もついている。画面右側にリストアップされる英語字幕の「単語」をクリックすれば辞書機能がポップアップし、なんと音読までしてくれるのだ! 「どうやって発音するの? 他にどういう意味があるの?」といちいち調べる手間が省けて、実に便利。これが無料なんて、マジかよぉぉぉ!!

ところで、2か国語の字幕を表示すると どうしても文字情報量が多くなってしまう。この機能で語学の勉強をしようと思っているなら、1度視聴したことのある(話の大筋が頭に入っている)作品で行うのがオススメだ。日本語字幕はあくまでも補助的な役割にとどめ、外国語字幕をメインに見れば「勉強」に専念できるだろう。

 

・ 一部、他の言語にも対応

さて、この機能は英語以外の言語にも対応しているのだろうか? 結論から言うと「まちまち」のようだ。

韓国・フランス・イタリア・スペインや、中国や香港、台湾など「華流」の作品でもざーっと試したが、対応している作品も一部ある。

……が、対応していないと「ウソつけ」と言いたくなるようなローマ字の字幕が出るだけ。このあたりは今後のアップデートにkitai shi tai(期待したい)。

 

・無料版でも十分に使える!

「LLN」は1か月あたり500円ほど支払うと「プロ」モードを使用することもできるのだが、それによって得られる主な追加機能は「自動翻訳」や「単語やフレーズの保存」など。

「自動翻訳」は、機械による自動翻訳が利用できる追加機能のようだ。人間による翻訳だと “意訳” されることもあるが、「意訳せず、元のセリフを機械的にそのまま直訳してほしい」という方には歓迎される機能かもしれない。

一方「単語やフレーズを保存する」──という追加機能は読んで字のごとく。言葉やフレーズを「LLN」上でデジタルに保存できる “単語帳” のような機能らしい。

……って申し訳ないが、どの追加機能も全然いらない(個人的には)。無料版でも十分に勉強が捗(はかど)りそうなので、海外映画やドラマを楽しみつつ語学力アップを目指している方は是非とも試してみて欲しい!

参考リンク:Language Learning with Netflix(Chrome ウェブストア)
Report :ショーン
Photo:RocketNews24.
ScreenShot:Netflix、Language Learning with Netflix


Source: ロケットニュース24

【朗報?】攻殻シリーズ最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』のティザー映像が公開される! 少佐役に田中敦子さんキターーーッ!! しかし…

キタキタキターーーー! 本日2019年10月23日、あの「攻殻機動隊」シリーズ最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』のティザー映像がついに公開されたのだ!! この時を待ってたぜェェェェェエエエエエ!

シリーズ初のフル3DCGアニメーションとなる本作。公開された映像は38秒と短いが、そこでは主人公の少佐こと草薙素子のセリフを聞くことができるぞ。と言ってもマジで一言なので、聞き逃さないよう目と耳にすべての意識を集中してくれ!

・最新映像が公開

動画を再生すると、まず飛び込んでくるのはCGで描かれる荒廃した街の風景だ。人の気配はない。そこへ、画面の奥の方から走って来る1台の車。荷台には見覚えのある青色の多脚戦車が積まれている。そう、我らがタチコマである。

・少佐の声はあの人

そして急停車した車の中から出てきたのは……しょ、少佐! 少佐じゃないですか!! なんかしばらく見ない間に幼くなりましたね!! 再会を喜んでいると、少佐は一言こう呟く。

「ノイズがないって素晴らしいわ」

この声は……! 田中敦子さん!! 元祖・少佐役の田中敦子さんキターーーー! 前作にあたる『攻殻機動隊ARISE』シリーズは、メインキャラの声優が一新されたことでも話題になったが、なんとこのティーザーでは田中敦子さんが復帰しているのである。うんうん、やっぱこの声だよなぁ。

大まかなストーリーはもちろん、実はまだ正式なキャストも発表されていない状態なのだが、声だけでファンの期待値をMAXにまで引き上げてしまうのは流石の一言。しかし……! 個人的には少々気になる点もある。それは、CGのクオリティーである。

・コレジャナイ?

先述の通り、本作はフル3DCGアニメーションで制作されている。当然、背景からキャラクターまですべてがCGで描かれるわけだが、肝心のティーザーが……なんというかこう……PS2のムービーみたいな映像なのだ。

いや、もちろんこれだけで判断するのは早計であるとは思う。しかし! しかしである!! 『攻殻機動隊』というメガコンテンツの最新版なのだから、圧倒的かつクールな映像で度肝を抜かれたかったというのが正直なところだ。日本だけでなく、世界のファンが待ってるんやで。

本作について、同じく本日公開された公式サイトには以下のように書かれている。

「アクターの演技をキャラクターに反映させるモーションキャプチャー技術を導入した演出と、3DCGによるフォトリアルなビジュアルにより、未だかつてないサイバーパンクアクションと、草薙素子たちの全く新しい物語が描かれる」

・攻殻を信じろ

『攻殻機動隊 SAC_2045』は2020年春にNetflixで配信予定だ。ダブル監督を務める『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの神山健治監督と『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志監督ならば、きっとスゲー作品を作ってくれるはず。続報を待ちたい。

参照元:攻殻機動隊 SAC_2045YouTube
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24

【台湾好き集まれ】2019年夏 Netflix がアツい! 五月天の映画『Mayday Life(人生無限公司)』に霹靂社(PILI)の人形劇まで! 台湾語もアリ

2018年3月に『【結論】台湾映画&ドラマなら全力で「Netflix」を推したい! 作品数も内容も圧倒的だった』という記事で、Netflixは台湾コンテンツが充実している件をお伝えした。

このまま台湾コンテンツに強いNetflixでいてほしい…と願ったものだが、俺たちのNetflixは期待を裏切らなかった!! 2019年夏、内容がますます濃くなっているのだ。

・2018年話題作多め → 2019年より濃厚なラインナップ

2018年は話題作が多く登場していた。2019年8月現在のラインナップはというと、現地で話題となったのは当たり前! それにプラスしてNetflixオリジナル作品や、日本では未ソフト化の作品が増えてきたのだ。……たとえば!

・五月天『Mayday Life (人生無限公司)』

『Mayday Life 』はアジアのスーパーバンドことMayday(五月天)のライブ映像を交えた映画だ。こちら、なんと2019年5月24日に現地で上映されたばかりの最新作である。現地では大ヒット作だが、日本では7月に1日限定で上映されたのみだ。それがいきなりVODである。

ネット上でも「まさかNetflixで配信されるとは思わなかった!」と驚きの声が上がっている。

・あの台湾の人形活劇が台湾語で!!

美しい人形、そして派手なアクションで知られる台湾の人形劇「布袋戯(ポテヒ)」。日本では『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀(以下サンファン)』で知名度がアップしたが、そのサンファンの製作にも携わり、今の布袋戯人気の元祖とも言える霹靂社(PILI)の作品が配信されているのだ。

タイトルは『PILI人形劇:ウォー・オブ・ドラゴンズ(霹靂英雄戦紀之刀說異數)』。こちらは音声を中国語(北京語 / 国語)だけでなく、台湾語に切り替えることができる。日本でッ! 日本で展開しているサービスで!! 台湾語の映像を見られる日が来るとは……ッッ!! 濃い。

・オリジナル作品も豊富

またオリジナル作品に目を向けてみると、『子供はあなたの所有物じゃない』『一千回のおやすみを』『双城故事 彼女たちの二都物語』。タイトルから察せられるように、よく日本で紹介されるようなラブコメや “アイドルドラマ(偶像劇)” ではない。

こういった毛色の異なるものを制作、配信しているのも特徴だ。見れば台湾への見識も深まるはず。そういえば台湾で2019年に暴力団の世界をテーマとしたNetflixオリジナル作品『NO WHERE MAN(罪夢者)』が配信されると話題になっていたけど、日本での配信まだかなぁ……。

台湾ドラマや映画は、レンタルDVDなどの実店舗では“アジア枠”として中国や香港、何ならインドくらいまでゴッチャにされがちだ。もう「あるだけで御の字」くらいの勢いなのにNetflixには “ある” だけではない。さらにその先をいっていた。

これらの映像は、以前の記事でも紹介したように中国語の勉強にもなる。台湾好きの方にはNetflix、マジでオススメだ! 

参照元:Twitter @Mayday_ENNetflix
執筆:沢井メグ


Source: ロケットニュース24