猫と仲良く暮らせる、本棚と一体化したキャットウォークのある家

窓際のキャットウォーク

メゾネットのデザイナーズ賃貸マンションに住んでいた福田さん夫妻はたっぷり光が入る家を気に入っていましたが、将来的に家族が増えることを考えた時、部屋の狭さや階段の急な勾配が気がかりになったといいます。

そこで建築に詳しい友人からのアドバイスを受け、リノベーションを検討することにしました。自由度の高いリノベーションをワンストップで実現できるnu(エヌ・ユー)リノベーションに依頼し、神奈川県川崎市の築11年のマンションを3470万円で購入。

同居していた猫も一緒に暮らせる家には、リノベーション後に誕生した長女も加わり、3人と1匹で自然光を感じながらほっこりと暮らしています。

猫も大喜び! キャットウォークを兼ねた本棚

大開口の窓が並ぶワイドなLDKは、2つの個室を撤去して誕生した大空間。木をふんだんに使った温かく穏やかな空間に合わせたのは、カリモクニュースタンダードのスツール。

nuリノベーションのインテリアスタイリングサービス「decoる」を利用して購入したものです。

キャットウォークを兼ねる本棚

リノベーションのプランニングは長女の誕生前だったので、「いかに猫が快適に過ごせるか」を重視して進めていきました。特に、猫のオオジロウは以前の住まいにあった階段を気に入っていたため、キャットウォークは欠かせなかったのだそう。

また、倉庫を借りて収納していた大量の本の置き場所も必要だったことから、大容量の本棚とキャットウォークを一体化させることに。窓側にも板でステップを設けているので、本棚から壁沿いに進むと窓際まで回遊することができます。

キャットウォーク兼用の本棚

猫の健康にとって重要だといわれている上下運動も、この本棚とステップのおかげで問題なし。天井を躯体現しにしたことで、天井高を確保し、本棚の容量をたっぷり取りながら、猫が本棚の上を歩くためのスペースも確保できました。

素材や貼り方を変えて、様々な木の風合いを楽しむ

LDKの中心に寝室スペース

ワイドなLDKを窓側から見ると、杉の年輪パネルを腰壁に用いたキッチンと、ナラ材を斜めに張った寝室の壁が。ワンルーム感覚の空間ですが、素材とその取り入れ方によって表情をつけ、変化のある空間をつくり出しています。

収納とカウンターを造作したキッチン

キッチンは既存の設備を移動して対面式に変更。位置をどうするかで迷いましたが、炊事中でも部屋全体の様子が分かる場所に決めました。

また、壁側には収納とカウンター、そして奥には棚を造り付けたパントリーを設置。パントリーとウォークインクローゼットは「ものを見せないようにしたい」、「猫にいたずらされたくないものを収納するところを」という妻のリクエストを反映させたものです。

ナラ材で仕切ったベッドスペース

四角い窓をアクセントにした壁の中は寝室。壁の上部は梁にかかる部分以外を開けたため、バルコニーからの光が中まで届きます。

小窓のあるベッドスペース

寝室内の壁にはクロスを貼り、リビングダイニング側から見た印象とは異なる雰囲気に。たまの来客を意識して空間を閉じるのではなく、日常の行き来のしやすさを優先させ、寝室の2か所の出入り口にはあえて建具を付けませんでした。

「仕切りがないので生活動線が途切れず、子どもや猫も自由に過ごせます」と夫。

建具交換だけなのに雰囲気はがらりと一新

木目が楽しめる玄関とトイレ

玄関やトイレにもやさしい風合いの木をたっぷり使っています。下駄箱は既存ですが、扉を取り換えたことで室内のテイストにマッチ。

築浅物件で状態がよかったため、トイレのほか洗面台やユニットバスも既存を活用しています。キッチン以外の水回りは位置も変えていませんが、建具をはじめ壁や天井のクロス、床は一新。

あまり多くのコストをかけずに、好みの空間を実現することができました。

設計・施工 nuリノベーション
撮影/水谷綾子
※物件価格、工事費、ご家族の年齢等の情報は「リライフプラスvol.30」取材時のものです

Source: 日刊住まい

メリハリある予算配分でキッチンに熱量を注いだリノベ

コの字型の大きなキッチン

古いものが大好きで、リノベに興味津々だった妻に対して、夫は賃貸派だったというM邸。

とはいえ、以前住んでいた賃貸の部屋を「画一的で面白くない」と感じていた夫は、様々なリノベ事例を見るうちに心が動かされ、妻の熱意に押されて中古マンション購入+リノベーションを決意。

物件探しからワンストップで依頼できる会社を探していたところ、雑誌で知ったnu(エヌ・ユー)リノベーションの完成見学会に参加して、依頼をすることに。

都内にある築33年の大規模マンションの一室を購入し、予算内に収まるよう調整を重ねながら理想の住まいを手に入れました。

躯体現しでラフに仕上げたLDK

カーテンなしの明るいLDK

それぞれの職場へのアクセスのよさ、敷地内の豊富な緑、そして貫禄あるシンボルツリーに惹かれてマンション購入を決意したMさん夫妻。

古いものや経年変化で味が出るものが好きで、リノベへの熱量が高かったという妻は、ピンタレストなどを駆使してイメージを膨らませ、自ら20~30枚もの絵を描いて担当デザイナーにリノベのイメージを伝えました。

そんな妻が細部にまでこだわったLDKは、コの字型キッチンが主役の明るい空間。16階という高さのうえ、隣の棟と距離があり、カーテンなしでも気兼ねなく暮らせます。

グリーンを置いたリラックススペース

リビングには大小さまざまなグリーンが配置され、リラックスできるスペースに。以前は個室だった部分の壁を取り払い、リビングに取り込みました。

躯体現しのクールな天井には、京都にアトリエを持つ、照明や生活金物の工房「千」の真鍮の照明を。

キッチンには妻のこだわりが満載

躯体現しの天井

料理好きの妻がこだわった大きなコの字型キッチンは、家族団らんの中心に。キッチン天板とテーブルの高さを揃えたいという希望から、リビングの床を10cmアップ。

妻がサイズを測って絵を描き、細かくオーダーしたという徹底したこだわりが形になりました。

ラフな空間にマッチするキッチン

IH調理器と食洗器、水栓は既存のキッチンに付いていたものをリユース。収納はすべてオープンなので、どこに何があるかひと目で分かって便利なのだそう。

また、キッチン腰壁に張った化粧板は、妻いちばんのお気に入り。アメリカのカフェの写真からイメージしてオーダーしたもので、2色のオイルをランダムに塗ってラフな印象に仕上げています。

ダクトレールに吊るしたドライフラワーや存在感あるチェストが、躯体現しのクールな空間にマッチしています。

優先順位をつけてコストコントロール

拡張したモルタルの玄関土間

玄関は廊下だった部分を取り込み、広々としたモルタルの土間に。下駄箱代わりのロッカーは、実はオフィス用。中古のオフィス家具を扱うオンラインストアで購入したもので、隣に並べたアンティークのチェストともよく似合っています。

そして、玄関を入った先にはLDKに続く廊下があります。妻はキッチン天板の高さやデザインを決める際に、玄関や廊下からの見え方にもこだわったのだそう。

キッチンスペースの奥には、背の低い壁を交互に立ててゆるく仕切ったふたつの子ども室があります。ウォークインクローゼットを設置する予定でしたが、コストの関係で先送りに。いずれ自分たちで手を加えることを楽しみにしているそう。

現在、右の部屋はプレイスペースとして、左の部屋は多目的室として使っています。

使い勝手のいい洗面化粧台は既存のものをそのまま利用。以前の持ち主が3年前に水回りをリフォームしていたため、洗面台とバスルームは設備だけでなく建具や床材、クロスまで既存利用できるほどきれいな状態でした。

水回りを既存利用してコストカットする分、妻こだわりのキッチンに予算を投入して、予算をコントロールしています。

夫が予算管理をしながら、妻はキッチン中心に徹底的にこだわりを伝えるという二人三脚で、無事予算内で理想の空間を実現できたMさん夫妻。「リノベは何事も優先順位をつけるのが大事。今回予算が足りなかった箇所は手をつけずに、2回目のリノベに楽しみを取っておこうと思います」と話してくれました。

設計・施工 nu(エヌ・ユー)リノベーション
撮影/水谷綾子
※物件価格、工事費、ご家族の年齢等の情報は「リライフプラスvol.30」取材時のものです

Source: 日刊住まい

料理を楽しめる、夫主導でつくったオリジナルキッチンのある家

書棚がパーテーション

都内城南エリアの物件を10件余り内覧したYさんが住まいに決めたのは、渋谷区広尾にある築44年のヴィンテージマンション。契約時の状況のまま引き渡す「現状有姿」という条件だったため、立地の良さに対して物件価格は抑えめでした。

個別セミナーで好感触だったnu(エヌ・ユー)リノベーションに依頼し、工事費1315万円をかけてつくり上げたのは、個性的なキッチンが主役の空間。大満足の仕上がりのキッチンで、料理好きの夫の料理のやる気がさらにアップ。料理を存分に楽しめる住まいを手に入れました。

躯体表しの天井×温かみあるインテリアが調和

無垢カラマツのフローリング

Y邸の大きなLDKのセンターにあるのは、夫主導でつくられた木の温もりが感じられるアイランドキッチン。無垢カラマツ材のフローリング、天板、書棚、カラフルなクッションなどの温かみのあるインテリアを、コンクリート現しの天井がクールに引き締めています。

キッチン横にある大きな書棚は、キッチンとPCコーナーをゆるくゾーニングする役目も。背板がなくフレームのみなので、書棚越しに会話することもできます。

夫主導でつくったオリジナルキッチン

テーブルを兼ねるキッチン天板

家づくりで最も力を注いだキッチンは、グラフィックデザイナーである夫が主体となって、デザインから仕様までこだわりました。

夫は一時期カレーづくりにハマり、それを機に幅広く料理に親しみ、今では日々の食事をつくる腕前の持ち主。「デザイン的には、テーブルを兼ねられる木の天板のアイランドにしたかった。そこで、トッピングするように据えられる独立型シンクとレンジはトーヨーキッチンのPUTTONを使いたい、とほぼ決めていました」と夫。

ダイニングテーブルもありますが、たいていはキッチンカウンターで食事をとっているのだそう。

キッチンはオープン収納

天板には強度と耐水性に優れた集成材を採用。あとから天板に置いたかのような高さのあるシンクのおかげで水はねも少なく、安心して木のキッチンを実現できました。

木のテーブルのオリジナルキッチン

カウンターの腰壁はモルタルで仕上げ、ステンレスや木とのコンビネーションで居住空間に融和しています。

また、キッチン背面はオープンで取り出しやすい収納を中心に配置。おもに妻がパンを焼くのに使うミーレのオーブンを組み込んでいます。

キッチン収納

配管や梁を巧みにかわして棚を設置。カウンターの表面には後付けでアクリル板を貼りました。また、シンク下には出し入れしやすい「ペリカンボックス」を重ねて置き、雑貨などの収納に活用しています。

こだわりのガスキッチン

キッチンは夫がメインで使うため、高さはやや高めの85センチ。シュミレーションをして夫妻ともに使いやすさを確認しました。また、コンロはガスもIHヒーターもどちらも選択可能でしたが、夫妻は直火を使いたいとガスをチョイス。

全面タイル貼りのこだわりの浴室

タイル貼りの浴室

キッチン同様に気合を入れてつくったという浴室は、白いタイルが隅々まで精緻に貼られています。浴室のレイアウト変更により、バスタブは既存よりも広いものを設置することができました。シャワーからの水流が扉にかからないように、シャワーの設置位置を工夫するという細やかな配慮も。

浴室の扉は分厚いステンレス

浴室と同空間にある洗面室も、同じくタイル貼りに。そして、浴室の扉は分厚いステンレスで造作しました。「家でいちばんお金がかかったところかも(笑)」と夫。

壁一面を引き戸にして可変性のある個室に

壁全体が引き戸の洋室

玄関土間の左側は独立した洋室でしたが、壁全体を引き戸に変更。全開すると土間とひと続きのホール空間に早変わりします。内部には間仕切りを付け、背後をクローゼットにしました。

引き戸を閉めれば壁のように

引き戸を全閉すると、壁面のようにスッキリとした納まりに。

和室から寝室に

洋室の隣にある寝室の扉も引き戸。南側に大きなクローゼットを設け、寝室と廊下の二方向から出入りできるレイアウトにしています。

大容量のオープンシューズクローゼット

シューズクローゼットは梁まで届く大容量。ドアを開けたとき視界に入らない位置なので、オープンな棚にして通気性と出し入れのしやすさを優先しました。

また、玄関ホールにあるトイレは位置は既存のままですが、内装と設備はリフレッシュしています。狭い空間なので、タンクレスの便器を使用し、コーナーに手洗い器を設置することでスッキリ感を演出。

要望を叶えたキッチンはますますやる気を上げてくれたようで、夫は妻が職場に毎日持参する弁当作りも担当しているのだそう。「朝つくるのを見ていますが、昼にふたを開けて食べるのがまた楽しみ。温かくてありがたいです」と妻はうれしそうに話してくれました。

※物件価格、工事費、ご家族の年齢等は取材時のものです。

設計・施工 un(エヌ・ユー)リノベーション
撮影 山田耕司

Source: 日刊住まい

ゲストもくつろげる工夫をたくさん詰め込んだ可愛い家

ひと続きのキッチンとダイニングテーブル

Kさん夫妻は通い慣れた沿線の駅近物件を内見することから家探しをスタートしました。nuリノベーションに相談をした後、横浜市港北区にある築17年、2800万円のマンションを購入。「人が集まる家」をテーマに、工事費1100万円(設計料別)をかけて、可愛くてくつろげる家をつくり上げました。

リビングにはゲストがくつろげる工夫をちりばめて

カーペット敷きのリビング

プランニング当初は白や木を生かしたシンプルなナチュラルスタイルの内装をイメージしていましたが、途中から「住みやすさ」を大事にしようとプランを一新。リプランニングされた空間には、自分たちもゲストもくつろげる工夫があちこちに。

リビングの壁にはベンチを造作し、その下を収納グッズが置けるスペースにしました。また、ゲストが気軽に座れるよう、床にはカーペットを採用。そしてダイニングキッチンは、アラビアン×ポップをコラボレーションさせて個性的な空間に。

ステンレストップのキッチン

キッチンの並びにはダイニングテーブルを造作し、トップの高さを揃えるためにキッチンの床を15センチ下げています。nuリノベーションのデザイナー・向坂さんイチオシの「オプションが豊富で、ステンレスのカウンタートップがオススメ」というキッチンはウッドワンというメーカーの既製品です。

ポップな椅子に似合うラフなフローリング

ポップな椅子と好相性の床は、ラジアータパイン合板。「当初は無垢にこだわっていたのですが、ラフな感じに仕上がって結果的に大正解でした!」とのこと。1枚を半分にカットしただけなので加工の手間が少なく、コストを抑えることができました。

廊下は広く、居室はコンパクトに

玄関横に大型WIC

たたきを廊下側に引き込んだことで、玄関は広く開放的になりました。玄関の左側に位置するウォークインクローゼットにせり出す形で、オープンなシューズラックを増設。扉の代わりにロールスクリーンを取り付け、来客時は目隠しもできるように工夫しました。

またK邸は各室に収納を設けていません。一部屋分を丸ごと新設した大容量のウォークインクローゼットにして、そこに荷物を集約させています。素足で出入りするため、床には肌触りのよいコルクタイルを採用。

玄関横の居室は予備室。淡いグリーンのカーペットでやさしい雰囲気に。

コンパクトな寝室

その隣にはコンパクトな寝室があります。LDKの解放感を優先したので、ベッドが置ける最低限のスペースのみにとどめました。

リビング側の壁にはガラスブロックをはめ込むことで圧迫感が軽減されています。また、寝室の一角にはデッドスペースを活用したちょっとした物置も。

カラフルでガーリーな水まわり

ピンクの壁紙の洗面室

ピンクの壁紙とミラーのフレームが大人かわいい洗面室。浴室の壁には耐水性のあるウォールステッカーを張り、パリの街並みを表現しました。

カラフルな水まわり

廊下から洗面室を通り抜けてキッチンに出られる動線にしたことで、家事効率をアップ。トイレは一部壁を取り払い、スペースを広げ、ゲスト用に小さな洗面台を新設しました。

「よく理想の家は3軒目でかなうといいますが、私たちは1軒目でかなえちゃいました」とうれしそうな妻。理想の実現に向けて、やりたいアイデアや使いたいモノを躊躇することなくnuリノベーションにぶつけ、膨らんだコストをあとから削っていったため、やりきったという充足感があるのだそう。

みんなが集まるかわいくてくつろげる家で、ゲストをもてなす暮らしを楽しむKさん夫妻でした。

※工事費、ご家族の年齢等は取材時のものです。

プロデュース・設計 nu(エヌ・ユー)リノベーション
撮影 山田耕司

 

Source: 日刊住まい