まるで美術館のエントランス!全面ガラス戸の玄関ホールのある家

インパクトのある玄関ホール

賃貸からの住み替えでNさん夫妻が購入したのは、東京都町田市に建つ平成9年築の中古マンション。眺めや日当たりも良く、敷地内の植栽が豊かで、広いルーフバルコニーもある約70平米の物件です。

物件探しからnu(エヌ・ユー)リノベーションに依頼し、工事費 1390万円(税込・設計料別)で大胆なリノベを実施。予算は4割近くオーバーしたそうですが、夫妻の狙いどおり訪れたゲストがみんな驚くというインパクト大の住まいになりました。

広いホールとガラス戸で他にはない玄関に

家の中に段差や手すりがある家

デザイン関係の仕事をしている夫妻。目指したのは、玄関を開けた人が「おおっ」と驚くようなインパクトのある空間でした。リノベをするなら思い切りオリジナル感を出したかったといいます。とくに夫は、家の中に段差があったり手すりがあるような「いつか建てたい夢の家」の絵を描くほど理想の住まいのイメージがあったとか。

既存の個室を縮小することに加え廊下をなくすなどして玄関ホールを広げ、LDKとの間にアイアンフレームの全面ガラス戸4枚を採用。玄関を入ってすぐに広がる開放的な眺めは、まるで美術館のエントランスのようです。

こもり感のあるリビング

リビングの床は一段掘り下げ、こもり感のある落ち着いた空間に。疲れを癒す絶好の場になっています。

天井と壁が躯体表しのLDK

LDKは天井と壁の一部を躯体表しに。躯体コンクリートの状態が良かったため、塗装なしで済んだといいます。

オールステンレスのアイルランドキッチン

スツールを置けばカウンター風に使えるアイランドキッチンは、オールステンレス。

夫のワークスペース兼趣味室

キッチンとトイレの間の空間を利用して、夫のフィギュアコレクションやプラモデルなども飾れるワークスペース兼趣味室をつくりました。キッチンとの間の小窓は、妻が「ごはんですよ〜」と声をかける際にも活躍中です。

空間に合うアイテムを選択

リビングの入口付近

リビングの入口付近にあるコーナー。配管やスチール製キャビネットなどから感じるハードさと、オーク無垢フローリングや観葉植物が見事に調和しています。

コンパクトな洗面コーナー

サニタリーのドアの脇にコンパクトな洗面コーナーを設け、ゲストにも気軽に使ってもらえるようにしています。サニタリー内にも洗面所を設けたため、ふたり同時に手洗いが可能です。

サニタリー内の洗面所

こちらは、サニタリー内の洗面所です。カウンター下にはインテリアショップで見つけた収納ボックスが収まるように、フレームとなる部分を造作してもらいました。

余分なものをそぎ落としたトイレ

トイレの壁にはコンクリートブロックを使い、余分なものをそぎ落としたトイレ。コストアップになっても構わない、と当初予定していた便器を変更してこの空間に合うものをチョイスしました。

機能性だけではない造作美が手すりの魅力

玄関の両脇にある階段

玄関両脇にある階段は、個室や寝室などプライベート空間へのアプローチになっています。コンクリートブロックの壁とスチールの手すりの造形美が印象的です。

また、段差をつけたことで生じたスペースを靴収納にすることで、玄関をすっきりと見せています。

寝室入口にある見せる収納

寝室のドアを開けると見えるのが、白いTシャツをディスプレイした「見せる収納」。

落ち着ける寝室

寝室内部は床面がLDKより少し高くなっている分天井が低く、落ち着ける空間になっています。

ウォークインクローゼットへの階段

寝室の逆サイドにはウォークインクローゼット、さらに、階段の先には個室があります。

段差のあるリビングの床、玄関のスチール製の手すり、コンクリートブロックの壁など、やりたいことを詰め込んだN邸。オーバーした予算をめぐって夫妻の意見がすれ違うこともあったそうですが、きちんと話し合いながら理想を積み重ね、夫妻ともに納得の住まいにできたようです。

設計・施工/nuリノベーション
撮影/臼田直史
※情報は「リライフプラスvol.34」取材時のものです

Source: 日刊住まい

猫と仲良く暮らせる、本棚と一体化したキャットウォークのある家

窓際のキャットウォーク

メゾネットのデザイナーズ賃貸マンションに住んでいた福田さん夫妻はたっぷり光が入る家を気に入っていましたが、将来的に家族が増えることを考えた時、部屋の狭さや階段の急な勾配が気がかりになったといいます。

そこで建築に詳しい友人からのアドバイスを受け、リノベーションを検討することにしました。自由度の高いリノベーションをワンストップで実現できるnu(エヌ・ユー)リノベーションに依頼し、神奈川県川崎市の築11年のマンションを3470万円で購入。

同居していた猫も一緒に暮らせる家には、リノベーション後に誕生した長女も加わり、3人と1匹で自然光を感じながらほっこりと暮らしています。

猫も大喜び! キャットウォークを兼ねた本棚

大開口の窓が並ぶワイドなLDKは、2つの個室を撤去して誕生した大空間。木をふんだんに使った温かく穏やかな空間に合わせたのは、カリモクニュースタンダードのスツール。

nuリノベーションのインテリアスタイリングサービス「decoる」を利用して購入したものです。

キャットウォークを兼ねる本棚

リノベーションのプランニングは長女の誕生前だったので、「いかに猫が快適に過ごせるか」を重視して進めていきました。特に、猫のオオジロウは以前の住まいにあった階段を気に入っていたため、キャットウォークは欠かせなかったのだそう。

また、倉庫を借りて収納していた大量の本の置き場所も必要だったことから、大容量の本棚とキャットウォークを一体化させることに。窓側にも板でステップを設けているので、本棚から壁沿いに進むと窓際まで回遊することができます。

キャットウォーク兼用の本棚

猫の健康にとって重要だといわれている上下運動も、この本棚とステップのおかげで問題なし。天井を躯体現しにしたことで、天井高を確保し、本棚の容量をたっぷり取りながら、猫が本棚の上を歩くためのスペースも確保できました。

素材や貼り方を変えて、様々な木の風合いを楽しむ

LDKの中心に寝室スペース

ワイドなLDKを窓側から見ると、杉の年輪パネルを腰壁に用いたキッチンと、ナラ材を斜めに張った寝室の壁が。ワンルーム感覚の空間ですが、素材とその取り入れ方によって表情をつけ、変化のある空間をつくり出しています。

収納とカウンターを造作したキッチン

キッチンは既存の設備を移動して対面式に変更。位置をどうするかで迷いましたが、炊事中でも部屋全体の様子が分かる場所に決めました。

また、壁側には収納とカウンター、そして奥には棚を造り付けたパントリーを設置。パントリーとウォークインクローゼットは「ものを見せないようにしたい」、「猫にいたずらされたくないものを収納するところを」という妻のリクエストを反映させたものです。

ナラ材で仕切ったベッドスペース

四角い窓をアクセントにした壁の中は寝室。壁の上部は梁にかかる部分以外を開けたため、バルコニーからの光が中まで届きます。

小窓のあるベッドスペース

寝室内の壁にはクロスを貼り、リビングダイニング側から見た印象とは異なる雰囲気に。たまの来客を意識して空間を閉じるのではなく、日常の行き来のしやすさを優先させ、寝室の2か所の出入り口にはあえて建具を付けませんでした。

「仕切りがないので生活動線が途切れず、子どもや猫も自由に過ごせます」と夫。

建具交換だけなのに雰囲気はがらりと一新

木目が楽しめる玄関とトイレ

玄関やトイレにもやさしい風合いの木をたっぷり使っています。下駄箱は既存ですが、扉を取り換えたことで室内のテイストにマッチ。

築浅物件で状態がよかったため、トイレのほか洗面台やユニットバスも既存を活用しています。キッチン以外の水回りは位置も変えていませんが、建具をはじめ壁や天井のクロス、床は一新。

あまり多くのコストをかけずに、好みの空間を実現することができました。

設計・施工 nuリノベーション
撮影/水谷綾子
※物件価格、工事費、ご家族の年齢等の情報は「リライフプラスvol.30」取材時のものです

Source: 日刊住まい

メリハリある予算配分でキッチンに熱量を注いだリノベ

コの字型の大きなキッチン

古いものが大好きで、リノベに興味津々だった妻に対して、夫は賃貸派だったというM邸。

とはいえ、以前住んでいた賃貸の部屋を「画一的で面白くない」と感じていた夫は、様々なリノベ事例を見るうちに心が動かされ、妻の熱意に押されて中古マンション購入+リノベーションを決意。

物件探しからワンストップで依頼できる会社を探していたところ、雑誌で知ったnu(エヌ・ユー)リノベーションの完成見学会に参加して、依頼をすることに。

都内にある築33年の大規模マンションの一室を購入し、予算内に収まるよう調整を重ねながら理想の住まいを手に入れました。

躯体現しでラフに仕上げたLDK

カーテンなしの明るいLDK

それぞれの職場へのアクセスのよさ、敷地内の豊富な緑、そして貫禄あるシンボルツリーに惹かれてマンション購入を決意したMさん夫妻。

古いものや経年変化で味が出るものが好きで、リノベへの熱量が高かったという妻は、ピンタレストなどを駆使してイメージを膨らませ、自ら20~30枚もの絵を描いて担当デザイナーにリノベのイメージを伝えました。

そんな妻が細部にまでこだわったLDKは、コの字型キッチンが主役の明るい空間。16階という高さのうえ、隣の棟と距離があり、カーテンなしでも気兼ねなく暮らせます。

グリーンを置いたリラックススペース

リビングには大小さまざまなグリーンが配置され、リラックスできるスペースに。以前は個室だった部分の壁を取り払い、リビングに取り込みました。

躯体現しのクールな天井には、京都にアトリエを持つ、照明や生活金物の工房「千」の真鍮の照明を。

キッチンには妻のこだわりが満載

躯体現しの天井

料理好きの妻がこだわった大きなコの字型キッチンは、家族団らんの中心に。キッチン天板とテーブルの高さを揃えたいという希望から、リビングの床を10cmアップ。

妻がサイズを測って絵を描き、細かくオーダーしたという徹底したこだわりが形になりました。

ラフな空間にマッチするキッチン

IH調理器と食洗器、水栓は既存のキッチンに付いていたものをリユース。収納はすべてオープンなので、どこに何があるかひと目で分かって便利なのだそう。

また、キッチン腰壁に張った化粧板は、妻いちばんのお気に入り。アメリカのカフェの写真からイメージしてオーダーしたもので、2色のオイルをランダムに塗ってラフな印象に仕上げています。

ダクトレールに吊るしたドライフラワーや存在感あるチェストが、躯体現しのクールな空間にマッチしています。

優先順位をつけてコストコントロール

拡張したモルタルの玄関土間

玄関は廊下だった部分を取り込み、広々としたモルタルの土間に。下駄箱代わりのロッカーは、実はオフィス用。中古のオフィス家具を扱うオンラインストアで購入したもので、隣に並べたアンティークのチェストともよく似合っています。

そして、玄関を入った先にはLDKに続く廊下があります。妻はキッチン天板の高さやデザインを決める際に、玄関や廊下からの見え方にもこだわったのだそう。

キッチンスペースの奥には、背の低い壁を交互に立ててゆるく仕切ったふたつの子ども室があります。ウォークインクローゼットを設置する予定でしたが、コストの関係で先送りに。いずれ自分たちで手を加えることを楽しみにしているそう。

現在、右の部屋はプレイスペースとして、左の部屋は多目的室として使っています。

使い勝手のいい洗面化粧台は既存のものをそのまま利用。以前の持ち主が3年前に水回りをリフォームしていたため、洗面台とバスルームは設備だけでなく建具や床材、クロスまで既存利用できるほどきれいな状態でした。

水回りを既存利用してコストカットする分、妻こだわりのキッチンに予算を投入して、予算をコントロールしています。

夫が予算管理をしながら、妻はキッチン中心に徹底的にこだわりを伝えるという二人三脚で、無事予算内で理想の空間を実現できたMさん夫妻。「リノベは何事も優先順位をつけるのが大事。今回予算が足りなかった箇所は手をつけずに、2回目のリノベに楽しみを取っておこうと思います」と話してくれました。

設計・施工 nu(エヌ・ユー)リノベーション
撮影/水谷綾子
※物件価格、工事費、ご家族の年齢等の情報は「リライフプラスvol.30」取材時のものです

Source: 日刊住まい