STANDARD TRADE.代表・渡邊謙一郎さん愛用の椅子、見せてもらいました

プロフ写真

家具選びに迷った時は、おしゃれな人の選び方を参考にするのもおすすめ。オーダー家具会社STANDARD TRADE.代表の渡邊謙一郎さんに愛用の椅子を見せてもらいました。

渡邊さんは1998年にSTANDARD TRADE.を設立。横浜の本社工場でナラ材を使ったオリジナル家具を製作し、世田谷区の等々力にある玉川Shopと横浜市の山手町にある山手Shopで販売をしています。

愛嬌のある椅子に惹かれる

26歳でSTANDARD TRADE.を設立する直前、デンマークを旅して、椅子をはじめあらゆる家具を撮影して研究したという渡邊さん。
「構造の基本はすべて同じ、という結論を得たあと、写真は破棄しました。だから僕のデザインは余計なものを取り付けてしまわないように欲やコンセプト等からマイナスをしていくことからスタートしたんです」。

22年後のいま、渡邊さんが惹かれるのは「デザインも座り心地もいい椅子より、ちょっと何かが欠けているくらいのほうが愛嬌や色気があっていいなと感じます」。

自由学園明日館の食堂椅子

家具全般の修復を手掛ける自由学園明日館の食堂椅子。かなりコンパクトだが子ども用ではないそう。
「傷んでいたものを研究用に譲り受けました。構造的にも木材の強度確保の面から見ても少し弱いのですが、不思議と魅力があります。椅子って、あまり突き詰めない方が良いのではないでしょうかね」

椅子

STANDARD TRADE. CHR-05

自社の定番商品CHR-05の木部を濃いネイビーに塗装した試作品は、自宅でも使用しています。「ほかの2脚と比べるとちゃんとしすぎで、面白みがないかもしれませんね(笑)。もうちょっと使い込んで味を出したいと思っています。

椅子

アンティークのダイニングチェア

ベントウッド(曲げ木)のダイニングチェアはイギリスのアンティーク。「一見簡素に見えますが、意外に気を使っているディテールや、色気のあるプロポーションがいいんです」。年に1回程度ワックスで手入れをして大切に使い続けているそう。

椅子

椅子選びの参考にしてはいかがでしょうか。

撮影/飯貝拓司

※この記事は「リライフプラスvol.28」掲載時のものです

Source: 日刊住まい

STANDARD TRADE.が提案する「家具らしい家具」CHAIR(試作品)

ナラ材を使った端正なオーダー家具に定評のあるSTANDARD TRADE.。
代表の渡邊謙一郎さんが本当につくりたかった「家具らしい家具」について、語ってくれました。

質のいい学生作品のような椅子

CHAIR(試作品)

ある人からの依頼で、オランダの建築家、ヘリット・トーマス・リートフェルトの家具の修復を時々しています。

実用的とは言い難いアートに近い家具です。

その影響もあって、作家的な匂いのする、人間工学に基づいた座り心地やフォルムを気にしない椅子をつくってみたくなりました。

結果として質のいい学生作品のような仕上がりになったと思います。

シンプルゆえに作り手の個性が色濃く出る、名前のない椅子

CHAIR(試作品)

木部は丸棒を組み合わせて片側にだけ短い肘掛けを付けました。

色は黒のように見えますが、緑がかった深いネイビーに塗装しています。

座面はレザー。ちょっと大きめの方がおさまりがいい気がして、このサイズに。

座り心地を気にしないと言いつつ、クッションはなかなかいいグレードのものを使っています。

シンプルゆえに作り手の個性が色濃く出る、名前のない椅子。また時々つくってみたいと思っています。

CHAIR(試作品)

山手ショップにて撮影。長辺と短辺が交互に並ぶようにレンガを積む「ブラフ積み」をイメージして貼られたタイルとの相性も良い。この写真は、肘掛けの位置が違う2脚と肘掛けのない1脚を並べたところ

STANDARD TRADE. 渡邊謙一郎

渡邊謙一郎さん。1972年生まれ、横浜育ち。1998 年にSTANDARD TRADE. を設立。横浜の本社工場でナラ材を使ったオリジナル家具を製作し、世田谷区内にある玉川SHOPで販売をしている。デザインから製作・販売・メンテナンス・買い取りまで一貫して行う姿勢は評価され、住宅の設計やオフィス・ショップの内装まで幅広く手掛けている。※掲載した家具は試作品です。ご質問等ありましたら店舗までお問い合わせください

【STANDARD TRADE.】

玉川SHOP*東京都世田谷区玉堤2-9-7 telephone*03・5758・6821
山手SHOP*神奈川県横浜市中区山手町100 telephone*045・263・6555

[文]渡邊謙一郎( STANDARD TRADE. CO., LTD.)
[写真]飯貝拓司

Source: 日刊住まい

STANDARD TRADE.が提案する「家具らしい家具」、SMALL STOOL(試作品)

ナラ材を使った端正なオーダー家具に定評のあるSTANDARD TRADE.。
代表の渡邊謙一郎さんが本当につくりたかった「家具らしい家具」について、語ってくれました。

ちょっとした工夫で暮らしの質は高められる

SMALL STOOL(試作品)
家にお客さんが来たとき、荷物やコートの置き場に困ることってありませんか。
たとえ数時間であっても、部屋の中が乱雑になってしまうのはあまり気分がいいものではありません。
そんな小さなストレスを解消したくて、小ぶりなスツールをつくりました。
カフェやレストランでも、よく荷物用のカゴが足元に置いてありますよね。それに近い発想です。

暮らしの質がちょっと高まる家具

SMALL STOOL(試作品)
脚はあえて細くまっすぐに挽き物で仕上げ、3本脚にしたことで軽やかな印象になっていると思います。
3枚の幕板が天板の中心で組み上がることで強度も確保できています。
短い時間だから多少だらしなくなっても仕方ないと諦めるのではなく、ちょっとした工夫で心地よく過ごすことはできます。
必需品ではないけれど、こうした小ぶりなスツールがあることで、暮らしの質がちょっと高まるのではないかと思っています。

SMALL STOOL(試作品)

スタッキングもできるので使わないときはコンパクトに収納できる。 座りたいときは革製のクッションを敷けば快適。3 本脚でもしっかりとした強度があるのは確かな木工の技術があるからこそ

STANDARD TRADE. 渡邊謙一郎

渡邊謙一郎さん。1972年生まれ、横浜育ち。1998 年にSTANDARD TRADE. を設立。横浜の本社工場でナラ材を使ったオリジナル家具を製作し、世田谷区内にある玉川SHOPで販売をしている。デザインから製作・販売・メンテナンス・買い取りまで一貫して行う姿勢は評価され、住宅の設計やオフィス・ショップの内装まで幅広く手掛けている。
※掲載した家具は試作品です。ご質問等ありましたら店舗までお問い合わせください

【STANDARD TRADE.】

玉川SHOP*東京都世田谷区玉堤2-9-7 telephone*03・5758・6821
山手SHOP*神奈川県横浜市中区山手町100 telephone*045・263・6555

[文]渡邊謙一郎( STANDARD TRADE. CO., LTD.)
[写真]飯貝拓司

Source: 日刊住まい