ニュージーランド産「寿司バズーカ」で太巻きをぶっ放してみた / 発射失敗でも寿司は美味い!

突然だが、バズーカを発射してストレスを発散させたい方に朗報だ。家の中でドーンとぶっ放せるうえに寿司が完成してしまう奇跡のバズーカがあるらしい。なんでもそいつはニュージーランド産で、ネット注文をすれば数千円で購入可能なのだとか。

正直かなり怪しい。ってか「ネットで外国産のバズーカを注文する」という行為自体に後ろめたさも感じてしまうが……買った。そして届いた。というわけで今回は、合法的に入手したバズーカを家の中で発射させたい!

・寿司バズーカ

私が購入したのは1500円の『寿司バズーカ』。バズーカにしてはかなり軽量で、装填するのは「ロケット弾」ではなく「寿司」というのが最大の特徴だ。酢飯とお好みの具材を詰めてから、海苔の上に発射することで簡単に太巻きが完成する……らしい。

外国人が「SUSHI」を握るのも珍しくない時代である。しかし、専用のバズーカまで開発されていたとは。たしかに、これさえあれば厳しい修行を積む必要はないのかも。となると、和食の概念を根底から覆すリーサルウェポンとなる可能性も……チョ、チョ待てよ。

・発射の準備

それでは準備に取り掛かろう。用意するのはバズーカ本体と、酢飯、お好みの具材、海苔、以上だ。手順も簡単で、本体に酢飯を詰めてから付属の「押し出し棒」で溝を作って具材をテキトーに並べればOK。当然だが、バズーカの知識がなくても問題なし。

んで、本体を閉じて留め具でしっかりロックし、バズーカの先端にフタをセット。

押し出し棒を軽く回して中身をギュッと凝縮させたら……発射準備完了だ。

フタを取ったら、中身がバッチリ凝縮されているのが分かるだろう。それでは……

発射ァァァアアアアアア!

行け行け行けえええ……

ズドーン……

……ウソだろ。かなり控えめな長さの太巻きが着弾した。発射と同時に、先端部分が割れたのは想定外。もっと酢飯の量を増やして中身を凝縮すべきだったのか。または海苔までの射程距離を短くすべきなのか。初速も重要な要素なのかもしれない。

という反省を踏まえて2発目を準備。ちなみに太巻きは美味しかった、当然だ。しかし、バズーカを気持ちよく発射させてから食べた方が美味しいに決まっている。クソッ、今度こそマジでブチかましてやるぜ。気合は十分だ。

というわけで、発射準備完了!

寿司バズーカ発射5秒前。4、3、2……

ファイヤァァァアアアアアアアアアア!

行け行け行けえええ……

スッ……

ストーン……

やっぱり短ええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!

・寿司は美味しい

海苔のサイズに対して明らかに寿司の方が短いと分かりつつも着弾しなければならない時の虚しさはトラウマレベルだった。けどまあ、やはり太巻きは美味しい。それで十分じゃないか、私には……。

とりあえず、多少なりともストレス解消の役には立った……気がするので、寿司バズーカに興味のある方はぜひ試してみてほしい。私は人前でバズーカの発射を披露できるように、経験を積んで腕前を上げようと思う。目指せ、一人前のバズーカ職人。

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【謝謝】ポルトガルの日本料理店『道(ダオ)』のレベルが高すぎて鉄砲伝来くらいの衝撃を受けたでござる

“ポルトガルの日本料理店” という響きだけでも面白いのに、店名が『道』と書いて中国読みの『ダオ』だった日にはもう笑うしかない。しかし考えてみれば、この面白さを理解できるのは日本人だけなのだ。欧米の人にしてみれば “日本っぽさ” “中国っぽさ” の違いだって、もしかするとよく分からないのかもしれないな。

ポルトガルを旅行中、「ピザもパスタももう食えん!」という状態に陥ってしまった私。このあまりにも中華っぽい “ジャパニーズレストラン” に、思い切って入店してみることにした。看板には「寿司」「天婦羅」の文字もある。

ちなみに「テンプラ」はもともとポルトガル語で、安土桃山時代に日本へ伝わったとされているよ! 天ぷらの元祖ポルトガルで中国人の作った日本風の天ぷらを食べようとする日本人。非常に味わい深い状況だ。

・道(ダオ)

入店すると店員から当たり前のように中国語で話しかけられた。意外にも客は全員西洋人。しかし店内には日本風の絵やインテリアが飾られ、テレビから流れるのは中国のニュース番組だ。これほどシュールな光景もあまりない。

反対側の壁一面にデザインされているのは上海の夜景。コンセプトが知りたい。

渡された和食メニューにはパンダのイラストが印刷されちゃっている。

店のシステムはバイキングで、ランチタイムなら6.9ユーロ(約833円)ポッキリで食べ放題とのこと。気になる内容は……

寿司に刺身……

焼き鳥、餃子、春巻き……

天ぷら、トンカツ、デザートまで! 約30品目が食べ放題のうえ、別料金ではあるが日本酒や焼酎なども3ユーロ前後のお得な価格設定でオーダーできる模様だ。これでおいしかったら価格破壊だけど……?

・利益という概念、消失か

注文するより前にテーブルにはガリとワサビ、醤油が置かれた。醤油はヨーロッパのスーパーで購入できるが、卓上用の小ビンで5ユーロ前後する高級品である。これは嬉しい。

メニューを見て驚いたのは「刺身」をオーダーできること。刺身は寿司より原価が高いので、日本では回転寿司店だって提供するところが少ない。まして激安食べ放題店では、なかなかお目にかかれないはずだ。

運ばれてきたのはサーモン、マグロ、白身魚の立派な三種盛りである。白身魚はメニュー表によると「バターフィッシュ」とのこと(個人的には「スズキ」のような気がする)。盛り付けは雑然としているが、問題は味だ。果たして……

うまぁ……!

なんと日本で食べるのと全く変わらないクオリティの刺身。そこに “久々の和食” という感動がプラスされると、これはもはや人生で一番うまい刺身かもしれないレベルだ。

バイキングということは、満腹になるまで刺身のみをオーダーすることも理論上は可能ということになる。この価格でそれをやられたら日本でだって大赤字であろう。ましてここは刺身を食べる文化のない国だ。一体どういう計算で仕入れているのか心配になってくる。

続いてはかわいい「手まり寿司」の登場だ。若干シャリを強く握りすぎている感はあれど、よく酢がきいていておいしい。エビはポルトガルでも安くないはずだが、寿司のほかに「焼きエビ」というメニューもあり、もちろん食べ放題。大丈夫なんだろうか、利益は。

お次は「トンカツ」である。ここへきてまさかの名古屋風。ミソ味のソースが強烈な “和” を感じさせる。

衣は非常に薄く、しっかり肉の味がする。

結果として最後になってしまったのが、お待ちかねの「天ぷら」。1人前とは思えぬデカ盛りだ。

メニューの数倍立派なのが出てくるパターンも珍しい。

どこに売っているのか、三つ葉の大きなかき揚げはサクサク! お腹いっぱいである。

惜しむらくはタレがトンカツと同じミソ味だったこと。ミソ味が好きなのはポルトガル人か、それとも中国人のほうなのだろうか。

天ぷらを何とか食べ切り、みそ汁でフィニッシュだ。ネギや豆腐まで入って言うことなし!

・中国人マジリスペクト

どの国へ行ったって中国料理だけはそれなりにおいしく、かつ低価格で食することができる。それは単純に材料費と手間の問題かと思っていたのだが、中国人の手にかかれば日本料理だって同じように再現できるのだと証明されてしまった。

“メイドインチャイナ” が粗悪品だった時代はとうに過ぎている。海外で和食が食べたくなったら中国人がやっている店を探せ! とか言われるようになったら日本人として少し悲しい……がしかし、世界規模ではすでにそうなりかけていたりして?

ダオの和食は「ここまでやられちゃあ仕方ねぇ」と思えるだけのポテンシャルを秘めていた。日本人だって負けてはいられないけれど、海外旅行の際はぜひ1度 “中国人の和食” にトライしてみてほしい!

・今回ご紹介したお店の詳細データ

施設名 DAO
住所 R. Palma 245, 1100-391 Lisboa

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

ドイツのスーパーで売っていた「SUSHI KIT(寿司キット)」で巻き寿司を作ってみたらこうなった

日本が世界に誇る和食文化。海外にも日本食は広がっていてファンもたくさんいる。寿司レストランも多く、本物とは少し違うところもあるが、その人気は不動のものである。

そんな日本の文化を感じさせる商品がないかなァ〜……と、ドイツのスーパーを物色していると、なんと「SUSHI KIT(寿司キット)」が売っていた! これは買って作るしかない! ということで、さっそく巻き寿司を作ってみたぞ〜♪

寿司キットの値段は5.99€(約750円)。中身は……巻きす、米、海苔、わさび、しょうゆ、寿司酢、ガリ、レシピ。米が150g(1合)と海苔が2枚なので、巻き寿司2本分のキット。お手ごろと言えばお手ごろだ。

ドイツは海に面している部分が少なく、新鮮な魚がなかなか手に入らない。ということで今回はスーパーで手軽に購入できる、生ハム&きゅうり、ツナマヨの2種類で巻き寿司を作ってみるぞ。

まずお米を炊いて、寿司酢を混ぜる。

巻きすの上にご飯を広げ、具材(生ハムときゅうり)を並べる。わさびも忘れずに。

ツナマヨときゅうりも忘れずに。

そしてグルグルと巻きすを巻いて広げると……

お! 巻き寿司ができている!!

できた‼

立派な巻き寿司だ!

切って並べても巻き寿司だ!!

キットにあったガリを添えて、醤油につけて、いざ食べてみると……普通だ。普通に巻き寿司ができている。さすがに生ハムときゅうりは初体験の味だったが、ツナマヨは日本の味だ。

いずれにせよ、作る過程から十分に巻き寿司を堪能することができた\(^O^)/ これは日本食好きなドイツ人におすすめしたい商品だ。また機会があったら違う具材でも挑戦してみたい。次回はアボガドなども入れてみよう!! チュース。

Report:千絵ノムラ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【おふざけなし】中国の回転寿司を食べてみたら本物だったので逆にショック / 6月18日は「国際寿司の日」

中国といえば『パチモン天国』『著作権無法地帯』などのイメージがある。日本のキャラクターや店名を「パクられた!」とプリプリ怒っていた人も多いだろう。しかしそんな日本人の心に、最近では「それはそれで中国の個性」と逆に楽しむ姿勢も芽生えているような気がする。

欧米圏などでいう『SUSHI』の中に、日本人の知る寿司とは似ても似つかぬシロモノが含まれていることは知られた話だ。これが果たして中国の手にかかればどうなってしまうのだろうかと、私は期待に胸膨らませ上海の地に降り立ったワケなのだが……。

回転寿司屋の店先に置かれたメニューからは、おふざけ要素が全く感じ取れないではないか。あまりにもマトモすぎるネタのオンパレード。おいおいおい、逆に大丈夫かコレ? 頼むぞ中国……信じてる中国……ここは空気を読んでくれ……!

・褒めるところしかない

チェーン店とおぼしき『合点寿司』は、パッと見では外国とわからぬほど和風なたたずまいだ。今どき日本の寿司屋だってもっとケバケバしいものも多いというのに。入店すると元気よく「イラッシェィモァセ!」と声がかかって清々しいなぁ。

2段重ねが基本らしい寿司皿には「北海道産」「鹿児島産」などの説明書きが。1周する間に無くなっている皿が多く、日本以上に「回転寿司」のていをなしているのが素晴らしい。だいたい日本人は回転寿司に来といて注文しすぎなのである。まったくもう。

しょうゆとお茶は日本と遜色ない。

ガリも日本スタイル……。

フリーわさびってイイかも……。

「しょうゆはシャリじゃなくてネタにつけましょう」という細かい注意書きに日本へのリスペクトが感じられる。

・うまいよぉぉ

とりあえず回ってきた真鯛を取ってみた。17元といえば約270円なので日本と比べると割高だが、彼が空を飛んで来ていることを思えば全然安い。そしてネタが分厚い。切り方にも何ら不自然さはない。これでおいしかったら大変なことになるけど……

果たしてお味は……ああ、なんということでしょう!

メチャウマいは言い過ぎだけど、日本の平均よりは全然ウマい!

これ一番困るやつ!

ホタテも分厚くて炙り具合が絶妙……! 25元(約390円)。

茶碗蒸しと味噌汁のセット。非常にダシがきいていて懐かしい。茶碗蒸しにはタケノコ、味噌汁にはハマグリが静かに潜んでいる。自己主張が強いことで知られる中国において、この望外な奥ゆかしさよ……。セットで22元(約350円)。

「おすすめ」と書かれた炙りのセット(48元 / 750円)に、ようやく期待できそうな寿司を発見した。得体の知れぬ「鳥の肝」の寿司と、ウナギには謎の白い物体が乗っている。マヨか? マヨなのか? マズそう! ドキドキ!

クソっ、ウマい!

焼きたての鳥肝はまるでフォアグラ……意外にも米と合う。白い物体は恐らくクリームチーズで、ウナギの甘いタレと不思議な一体感を生む絶品……みんなも試してみてくれよな!

胃袋が限界に近づいてきた。メニューの中で異彩を放っていた「やきとり」を最後にオーダー。

メチャ辛いのが出てくるかと期待していたが……

日本の心・照り焼き味でした。

・複雑な気持ち

ちなみに合点寿司の店内で流れていたBGMは「つじあやの」。内装からメニューに至るまで、これは恐らく日本人の指導が入っているとみて間違いない。しかし驚くべきはこの真面目すぎる日本スタイル回転寿司が、異国の地でそのまま受け入れられているという点だ。

最近じゃ日本の回転寿司のほうがよっぽど奇をてらったり、外国人の好みに寄せた寿司を提供しているなんて皮肉な話である。中国人店員の包丁さばき、寿司を握る手さばきは見事なものであった。日本人が忘れかけている回転寿司の原点を中国の地に見たり……!

……と、いってもこれはあくまで大都会・上海に限った話である。中国はとっても広いのだ。いつかビックリするような寿司に出会えると信じて、今後も各地を巡っていきたいと思う。頼むぜ中国……!

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

・今回ご紹介したお店の詳細データ

施設名 合点寿司 久光店
住所 上海市静安区南京西路1618号久光百货B1F
時間 10:00〜22:00
定休日 無休


Source: ロケットニュース24