【衝撃実話】UFOを目撃した3人の男たちの証言 / 今日はUFO記念日

UFOを見たことがあるだろうか? UFOとは未確認飛行物体のことである。「そんなもんいる訳ないだろ!」、お気持ちはごもっともだ。いる訳ない。私(佐藤)もそうだと信じたい。しかし残念ながら見てしまったのだ。UFOを……。見たものを「ない」とは言い難い。

本日6月24日はUFO記念日なのだとか。そこで、当編集部でUFOを目撃したメンバーにその当時のことを証言してもらった。彼らの目には確かに映ったのだ、UFOが……。

・佐藤英典の証言

あれはたしか私が21歳頃のことだったと思う。郷里の島根で、オヤジの塗装屋を手伝っていた時のことだ。高知県高松市へ出張に行った際に、コンプレッサーという大きな機械を持ち帰れなかったので、それを日帰りで取りに行って欲しいと頼まれた。私は現場をよく知る職人さんと2人で、軽の箱バンで片道3時間近くの道のりを走ったと思う。

往路は何事もなかったのだが、復路で奇妙な光景に出くわした。時刻は14~15時頃のことだったと思う。無事にコンプレッサーを受け取り昼食をとって高速道路を走っていた時、緩やかなカーブに差しかかった。その時、前方に飛行船のような丸くて細長い物体が目に留まった。かなり大きなもののようだったが、「あれはなんだろう?」と思った瞬間、曲線を描くように急下降したと思ったら、すぐ体勢を立て直して急浮上したのである。物理的にそんな動きができるのか?

もう一度確かめたいと思ったが、カーブでハンドルを切ったために視界から外れ、それっきり確認できなかった。何が浮かんでいたのかさえもわからない。それが奇妙な動きを見せた。あれはUFOだろう。そうでなければ何だというのか? いまだにその答えは見つからない……。

・砂子間正貫の証言

アレを目撃したのは1996年の夏、部活帰りの出来事だった。高校最寄りのコンビニで、サッカー部の連中が、空を見上げながら激しく騒いでいたのだ。普通じゃないレベルでギャーギャー騒いでいるので、どうしたのかと尋ねたところ……その場にいた全員が、両手を重ねて奇妙なポーズを披露。

そして「空を見ろ “コレ” がいるだろ!」と言うのだ。テンションが尋常ではない。 “コレ” というのは、こぶしを重ねたポーズのことで、空には「真っ白の二等辺三角形が2つくっついた物体」がハッキリと浮いている。ウソだろウソだろ、これがUFOなのかよおい!

それから5~6分後、三角形の物体は、黄色い光を放出してからパッと姿を消した。インテリ系サッカー部員は「あのUFOは横田基地が回収する」と予想し、ファミマの店長も「きっとそうだ」と納得していた……きっと違うだろう。しかし一体、アレは何だったのだろうか。

・GO羽鳥の証言

場所は東戸塚の祖母の家。時は小4、おそらく10歳。星が好きだった私は、祖父と一緒に夜の散歩に出かけようと、玄関を出て、さて外の道に出よう……としたその時!

あたり一面が真っ白だった。下を見ると、ハッキリと私の影が地面に映っている。つまるところ、完全に昼。いいや、昼以上の明るさだった。一体何が起きたのか……と上を見てみると、空一面が真っ白! 曇り空の真っ白ではなく、光ってる系の真っ白なのだ

夜なのに昼……? こ、これは……と身動きが取れない小4の私。しかし、じぃ〜っと空を見続けていると、さらに驚くべき光景が目に入った。空が、空ではなかったのである。よ〜く見ると、溝なり窓なりハッチなり、それが「白い宇宙船(空母?)」のような物体であることがわかった。空一面を覆い尽くす、とんでもなく巨大な宇宙船だ。

さらにそれは、音もなく移動していた。「ス〜〜〜〜〜ッ」っと音もなく移動していたのだ。何秒見続けたかはわからないが、いちど祖父の方を見てから再び空を見上げると、もう白い宇宙船は姿を消し、いつも通りの東戸塚の夜空がそこにはあった。今でもハッキリ覚えている。間違いなくあれは宇宙船だった。確信している。

いかがだろうか? 砂子間・羽鳥の両氏の話のインパクトが強すぎて、私の話がショボく見えるかもしれないが、ウソじゃない! 本当に見たんだ。あんな動きをする物体を、今の人類には作れないはず。あれはきっとUFOだ! ……ということで、今日はUFO記念日なので、みんなでお祝いしよう。UFOばんざーい! UFOサイコー!!

執筆:佐藤英典砂子間正貫GO羽鳥
イラスト:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

古代からの宇宙メッセージを受信するため「希望のはにわ」の口に手を突っ込んでみた / 高校時代に目撃したUFOの真相を探る


人類の歴史には宇宙人が深く関わっている」という説が昔からしばしば唱えられている。世界各地に地球外生命体との接触を示す証拠らしきものが残っていて「ギザのスフィンクス」や「ナスカの地上絵」なんかはとくに有名だ。宇宙の謎を解くカギは、遠い過去にあるのかもしれない……。

──高校時代に遭遇したUFOの正体を暴くため、秘密裏に調査を進めていた記者は “古代” をヒントに茨城県水戸市へと向かった。調べによると「希望のはにわ」なる場所で、古代からの宇宙メッセージを受け取ることができるらしい。果たして真実は……!

・茨城県水戸市

茨城県水戸市といえば、「茨城のジュラシックパーク」があり「ダイダラボウ」なる巨人伝説も残っている。つまり水戸市は……古代からのメッセージを現代に伝える最適な場所なのかもしれない。古代から宇宙メッセージが届いても不思議ではないだろう。


ちなみに以前の記事でも紹介したが、記者が目撃したUFOは、真っ白の二等辺三角形が2つくっついた形をしていて、上空でピタリと動きを止めていた。5分ほど経過してから発光体を放出して、パッと姿を消したのである。アレも何かのメッセージだったのだろうか……。

・くれふしの里古墳公園

さて、情報を頼りにたどり着いたのは「くれふしの里古墳公園」という場所だ。県内でも有数の古墳密集地で、正式名称は「牛伏(うしぶし)古墳群」と言うらしい。狭い公園内に計16基もの古墳がある不思議な空間である。伝説の財宝が出てきそうな雰囲気だな。

公園内には、ブランコや滑り台などの定番遊具が設置されていたのだが……空飛ぶ円盤をモチーフにしたとしか考えられない謎の遊具も発見。おそらく当時「こういうかたちの何か」を見た者がデザインしたのだろう。

パズルめいたデザインは、遠い昔に地球に飛来してきた地球外生命体のメッセージなのかもしれない。果たして「人類に与えられた使命」とは一体何なのだろうか……そんなことを考えながら、公園の奥へと歩を進める。

・はに丸タワー

そして……いよいよ現れたのが、公園のシンボル的存在である高さ17.3mの「はに丸タワー」。腰に手を当てて胸を張る “力道山ポーズ” をキメているため、迫力だけで言えばギザのスフィンクスを軽く超えている。シンプルだが強烈なビジュアルだ。

んで、このタワー内に目的地である「希望のはにわ」があるらしい。すなわち古代からの宇宙メッセージを受信できる場所は、この古墳密集地の中でも、天と地をつなぐ「はに丸タワー」の内部だけということか……これはいよいよマジだな。背中側にある階段を駆け上がって頂上を目指すぞ。

ひたすら続く階段……

そしてとうとう……

「希望のはにわ」が現れた。

・希望のはにわ

説明パネル曰く「はにわの口にそっと手を入れてごらん。古代から、宇宙からのメッセージがあなたに届くよ」とのこと。なるほど、半開き状態の口の中に手を突っ込めばいいんだな。

それでは……

…………

……

全然聞こえない。いや、もしかしたらテレパシー的な方法で脳みそに直接メッセージを送信しているのかもしれない。古代からの宇宙メッセージを受信するには、それなりに時間もかかるだろう。遠いからな。よし、もう少し手を入れておくか……

…………

いやマジで全然聞こえねええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!

・数年前から……

その後、事務所に確認してみたところ「数年前から動いていません」とのことだった。時すでに遅し。もしかしたら、UFO研究をしている記者の動きに気づいた秘密結社が、事前に機械を破壊したのかもしれない。こっちの動きは全てお見通しということか……逆に燃えるな。

──というわけで、茨城県水戸市「くれふしの里古墳公園」での調査も、手がかりゼロで終わってしまった。しかし、今後も調査は続ける。高校時代に遭遇した二等辺三角形UFOの正体を暴くその日まで……!

・今回ご紹介したスポットの詳細データ

名称 くれふしの里古墳公園
住所 茨城県水戸市牛伏町201-2

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【マジか】東京で “UFO” の目撃情報が相次ぐ / 11月以降はさらに目撃が増える可能性も…特に渋谷スクランブルスクエア周辺は注意

信じるか信じないかは、あなた次第です──なんていう嘘とも本当ともつかないオカルト情報なんかではない。「動画」という揺るぎない証拠と、関係者への取材で得た “確かな情報” を当編集部はつかんだ。この衝撃の事実を読者にお伝えできることに私もいささか興奮している。

それと同時に、多くの方に絶望を与えることになるのは不可避なので心苦しくもある。しかし、Xデーはすぐそこまで迫っているのだ。当日のパニックを少しでも抑制するためにも、断腸の思いでこの記事をお届けする。『X-ファイル』のテーマ曲を脳内再生しながらご拝読いただきたい。

・ビッグウェーブさん “UFO” の撮影に成功

ご存じの方もいるだろうが、東京都心では2019年9月~10月にかけて “UFO” や “謎の光る飛行物体” の目撃情報が相次いでSNS上に投稿されている。 “ビッグウェーブさん” ことブッチ氏もその1人で、しかも幸運なことに動画の撮影にも成功しているのだ。

ブッチ氏は「昨日は中目黒でUFOを目撃したYO!dude」という余裕のコメントとともに動画を投稿しているが、その肝心の動画を見るとえらいテンパっていることが確認できる。特にラスト2秒には「アァッ、アッ~~~!!」と突然IKKOさんのモノマネをし始めたのかと思うほどカン高い声をあげており、いかに現場で興奮していたのかが伝わってくる。

それもそのはずで、突然現れては消えたりを繰り返す「謎の光る物体」をブッチ氏のカメラは確かにとらえていたのだ。

・ネット上で相次ぐ “UFO” 目撃情報

ブッチ氏に限らず、Twitterで「東京」「UFO」「光」「謎」などのキーワードを組み合わせて検索すると、こうした動画(を含むツイート)は多くヒットする。興味のある方はご自身の目で確かめてほしい。

正直うらやましい。私もUFO──いや、”UFOらしきモノ” でもいいから、一生に一度は見てみたいものである。

・”UFO” の正体は?

「謎の光る物体」についてはネット上で様々な憶測が飛び交っているが、「気象現象」にしては機械的すぎる光であることは素人目でもわかるし、「飛行機」や「ヘリ」などの人工的な飛行物体にしては動きが俊敏すぎる。

「サーチライト」説を唱える者もいるが、いやいやいや、サーチライトであれば “光の筋” が見えるはずだか……ん?

 

サーチライト?

 

このキーワードに「ピーン!」ときた筆者。というのも、実は11月1日に東京・渋谷でオープン予定の『渋谷スクランブルスクエア』という施設があるのだが、以前メディア向けの資料に目を通したときに得た情報によると……

この施設の屋上にある展望台には「18台のサーチライト」が設置されていて……

その「サーチライト」で空を照らす演出などを行う予定らしいのだ……!

・『渋谷スクランブルスクエア』に聞いてみた

もしや、あの謎の光る物体は『渋谷スクランブルスクエア』のサーチライトの仕業なのでは……? まだオープン前とはいえ、テスト照射やリハーサルなどを行っていてもおかしくはない。もし、仮にそうだとしたら……「わ~い、UFOを見た~!」と喜んでいる人々があまりにも不憫だ。一瞬だけIKKOさんになっちゃう人だっているんだぞ。

もうこれ以上、黙って見ていられない……! そこで、私は『渋谷スクランブルスクエア』の担当者にコンタクトし、単刀直入に聞いてみた。

 

──都内で「謎の光る物体」が相次いで目撃されているのですが……(※ブッチ氏の動画を添付)もしかして『渋谷スクランブルスクエア』さんがサーチライトのテスト照射かリハーサルをされているとか?

 

すると、担当者から返ってきた回答は──

 

「渋谷スクランブルスクエアではここ数週間、何度かサーチライトのテストをしておりますため、断定するものではございませんが、仰ります通り、サーチライトの可能性が高いと思われます」

 

・解散

本記事の冒頭で私は「『X-ファイル』のテーマ曲を脳内再生しながら読んでほしい」とリクエストしたが、これを律儀(りちぎ)に守っている読者がいれば即刻やめていただいてけっこう。「謎の光る物体」はUFOではなく、サーチライトの可能性が高いことがわかりました。

もしかしたら “UFO” を撮影したと思い込んでいる人を落胆させる記事になってしまったかもしれない。しかし、あくまでも “サーチライトである可能性が高い” だけなので、UFO動画の中にはホンモノが混じっている可能性も捨てきれないだろう。撮影者はどうか絶望せず、無限の可能性が広がる宇宙に夢を馳せてほしい。

いずれにせよ、このままXデー(11月1日)に『渋谷スクランブルスクエア』のオープンを迎え、「サーチライト」が本稼働し始めたら “UFO目撃情報” がひっきりなしに飛び交うことになるかもしれない。都心がパニック状態にならないことを切に願う。

参照元:渋谷スクランブルスクエアPR TIMES@SUPERSTAR_BUTCH , used with permission.
Report:ショーン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【震えた】北九州市の一角で「宇宙人が人間社会に溶け込んでいる場所」があるらしい / 高校時代に目撃したUFOの真相を探る


つい最近仕入れた話なのだが、福岡県北九州市の住宅街の一角では、なんと普通にUFOが停泊していて、宇宙人が地球人の様子を観察しているらしい。すでに宇宙人が人間社会に溶け込んでいるという噂は聞いたことがあったが……もはや当たり前の事実なのだろうか。

世界で最も有名なUFO墜落事件である『ロズウェル事件』も70年以上が経過し、多くの証言や証拠から、その真実の姿が見えてきたとも言われている。かくいう記者は、高校時代に目撃したUFOの正体を暴くために念入りな調査を行っていたところ。もしかしたら……と思い、ダッシュで現場に急行した。

・宇宙と関係の深い地域

北九州市といえば、同市出身の漫画家・松本零士さんの代表作『銀河鉄道999』や、2017年末に閉園したテーマパーク『スペースワールド』など……宇宙に関連したものが意外と多い。これは「偶然」の一言では片付けられないだろう。感じる、この町に宇宙を感じる。

ちなみに以前の記事でも紹介したが、記者が高校時代に目撃したUFOは、二等辺三角形が2つくっついた形をしていて、上空で動きをピタリと止めていた。5分ほど経過してから「謎の黄色い光」を放出し、そのままパッと姿を消したのである……。

・たどり着いた公園

さて、情報を頼りにたどり着いたのは、桃園公園と呼ばれる場所だ。おそらく面積はかなり広い。駐車場に車をとめて、歩いてUFOを探し始めたのだが、子供たちは走り回り、中高年の方々はウォーキングで汗を流していた。よくある光景だが……逆に怖い。人間と宇宙人を見分けることは可能なのだろうか。

公園の敷地に入ってスグ、これまたどこにでもある動物遊具が設置されていたのだが……どいつもこいつも「驚いた表情」をしている。我々人間にはない能力が備わっている動物たちが “何か” に気づき、衝撃を受けたまま固められた……となると、ヤバい。真相に近づく者は消されるらしいからな。

高鳴る心臓の鼓動をおさえながら公園を出て、別の入口を探す。目の前の現象を冷静に見極めるためにも、ひとまず公園を出て、落ち着いてから調査を続行した方が良い気がしたのだ。深呼吸をして、再び歩を進めると……今度は目の前に「タイム風呂敷」のような服を羽織った少年が登場。

今にも「こんにちは、僕は未来から来たんだ」と言いだしそうである。全裸にタイム風呂敷という組み合わせは、明らかに未来。そして……実を言うと、少年の背後から宇宙を感じる。これが研究者の勘というやつか。

高校時代に感じたそれとは少し違うが、UFOも宇宙人もこの先にいるハズだ。おそらく素人には、彼らと人間を正確に見分るのは困難だろう……しかし。研究者が正体を暴いてやるぞコラァァァアアアア!

おいマジかよ……

これは誰でも見分けられるやつです。

・わんぱく広場

広場には、小学生が落書きするタイプの宇宙人が数体。そして、UFOのような遊具で遊ぶ子供たちがいるだけであった。まさかの心温まる光景に意識を失いかけてしまったが……これが巨大迷路に迷い込んだUFO研究者の姿なのかもしれない。クソッ。

追い求めれば追い求めるほど、ますます遠くに感じられるUFOの正体。福岡県北九州市の「わんぱく広場」では手がかりゼロに終わってしまったが、今後も真相究明に向けて調査は続ける。いつかは必ず……待ってろよUFO!

・今回ご紹介したスポットの詳細データ

名称 桃園公園
住所 福岡県北九州市八幡東区桃園3丁目1

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【山口】人里離れた山奥で「謎の宇宙ステーション」を発見 / 高校時代に目撃したUFOの真相を探る

山口県周南市の人里離れた山奥には「謎の宇宙ステーション」が存在するらしい──先日、そんな話を耳にした。なんでも、JR徳山駅から車で菅野湖方面に北上していった先の須々万(すすま)と呼ばれる山深い場所に “巨大UFO” が停泊しているのだとか。マジかよ。

UFOの目撃情報は年々増え、最近ではアメリカ海軍が「未確認飛行物体の目撃報告における正式なガイドライン」を定めたという。そして実をいうと……記者は高校時代に目撃したUFOの正体を探るべく、水面下で調査をしていたところなのだ。そこで今回は、真相を知る手がかりを得るため、マッハで現場に急行した。

・1996年の夏

「信じるか信じないかはあなた次第」な話だが、記者がUFOを目撃したのは1996年の8月頃。場所は東京都の小平市で、部活帰りの夕方に “そいつ” が突如上空に現れたのを覚えている。その物体は、いわゆる「円盤型」でも「謎の発光体」でもなく……

真っ白の二等辺三角形が2つくっついていて、上空で動きをピタリと止めていた。

現場にいたのは記者を含めて7~8人。目の前のファミマで「使い捨てカメラ」を購入してダッシュで撮影を試みたものの、現像後の写真には何も写らず……ただただ、お祭り騒ぎの高校生が空を指さして写っているだけであった。

その後、三角形の物体は、黄色い光を放出してからパッと姿を消したのである。アレは一体何だったのだろうか……。

・山奥へ

話を戻そう。「謎の宇宙ステーション」を目指して県道41号を北上していくと、目印である菅野湖に到着した。こちら錦川上流の菅野ダムによって建設された人工湖で、貯水量は1億トン。素人の勘ではあるが、UFOが飛来してきそうなロケーションである

さらに続く山道……真っ直ぐに伸びた背の高い木々が日光をさえぎっているため、昼間にしては少し薄暗い。これまた素人の勘ではあるが、超常現象が起こっても不思議じゃない雰囲気である。森の奥から『X-ファイル』のテーマ曲が聞こえてきても、今なら全く驚かないだろう。

そしてついに山道を抜けると、遠くの方にうっすらと怪しい広場が見えた。脳内でリピート再生されている『X-ファイル』テーマ曲の音量が徐々に大きくなり、緊張もぐんぐんと高まる。まさか……まさかあそこがァァアアア

宇宙ステーションッッッ……!!

…………

あれ、なんか……

ほのぼのしすぎィィイイイイイイ!

・ほのぼの系の施設

マジかよ。まさか手作り感満載の「ほのぼの系宇宙ステーション」にたどり着くとは……。到着した瞬間に『X-ファイル』テーマ曲の再生も止まったぞ。スカリー捜査官が「モルダー、あなた疲れてるのよ」とフォローを入れたくなるレベルで “夢の中のような光景” である。

おそらくここでは記者の探している「三角形UFO」の手がかりは見つからないだろう……と思っていたその時だった

これはッ!

ひっくり返っている一軒家を発見。見方によっては記者が目撃したUFOのようにも見えるが、このオブジェこそが真実に近づくヒント……なのだろうか。いや、とてつもなく離れてしまったような気もする。

──ということで、山口県周南市にある「宇宙ステーション」でのミッションは終了。今回は真実にたどり着けず残念な結果に終わってしまったが、真相解明に向けて今後も調査は続行するつもりだ。待ってろよUFO……!

・今回ご紹介したスポットの詳細データ

名称 宇宙ステーション
住所 山口県周南市須々万奥 県道41号線沿い

Report・イラスト:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24