持ち歩きに最適! 北海道生まれの超美味ボトルタピオカを味わえる「UMIERE(ウミエール)」

日本各地を席巻しているタピオカドリンク。その勢いは和のイメージが強い浅草でも、止まるところを知らなかった。今ではそこかしこでタピオカドリンクを見かける激戦区だ。

そんな浅草にて、北海道生まれで乳製品が超絶美味しいお店のタピオカドリンクを発見した。これはクオリティに期待出来るのでは……!

・UMIERE まるごとにっぽん店

そのお店「UMIERE(ウミエール)」は北海道・札幌に本店を構える、こだわりの乳製品で作った飲食物を楽しめるところらしい。今回行ったのはその支店。浅草寺からほど近くにある「まるごとにっぽん」の1階にある。

まるごとにっぽんは、その館内全てに日本の魅力溢れるモノ・コトを集めた商業施設。ここに出店している時点で、美味しさへの期待がうなぎ登りになってしまう。

店舗は浅草寺方面入り口から入ってすぐ左にある。イートインスペースなどはない、シンプルなお店だ。

メニューはタピオカドリンクの他、お店イチオシのソフトクリームやサンデー、ソフトクリームとタピオカを組み合わせた「タピオカソフト」なるものも。

しかし18時頃に来店したときには、サンデーがすでに売り切れていた。そんなに美味しいのか……気になる。

ソフトクリームも気になるが、今回の目的はタピオカだ。早速お店の方にオススメを伺うと、一番人気のミルクティーだそう。ならばミルクティーを頼むしかない! と思いつつ、浅草の和の雰囲気におされ、ミルクティーだけでなく抹茶ミルクもボトルで購入。

スリムなボトルに入ったタピオカドリンクは、何だかお洒落なシャンプーみたいに見える!

タピオカドリンクは税込で、ミルクティーのみカップが550円、ボトル入りが650円。他はどれも、カップ600円、ボトル入り700円。持ち歩きしたい場合や、私のように複数の種類を飲みたい! という方は、こぼれないボトル入りを選択するのがオススメだ。

記事用に写真を撮っていて気づいたが、ボトルに入っていると絶対にこぼれないので、安心して写真を撮ることが出来る。「映え」を狙う人にも、ボトル入りがオススメなのかもしれない。

そして肝心のお味、まずはミルクティーから……美味しい!! 北海道ミルクがイチオシのお店というだけあり、ミルク感をしっかり味わえる。おまけに、紅茶の味・香りもしっかりと楽しめる。後味の良い、爽やかな風味。ミルクだけでなく、茶葉にまでこだわっているのだろうか?

タピオカは若干芯がある程度の柔らかさだった。ふにふにとした噛み心地が良い。ドリンク自体の甘さが控えめなので、タピオカの甘みが際立つ。タピオカを噛み締めながらミルクティーを味わっていたが、この日は暑かったこともあり、喉が乾いていたのであっという間に1本飲み干してしまった。しかし手元にはもう1本。この頼もしさといったらない。

抹茶ミルクもミルクティー同様、ミルクの味わいだけでなく、抹茶の風味もしっかりしている。ここお茶系皆美味しいのでは? 最高。ミルクのコクと抹茶の苦味、タピオカの甘さが完全にマッチしている。

・気軽に持ち歩ける

あまり長時間の持ち歩きはタピオカが固くなってしまうのでオススメしないが、それほど量が多いわけではないから、浅草散策のおともに最適だ。UMIEREが入っている商業施設・まるごとにっぽんの前には、個性的なお店が並ぶ商店街・奥山おまいりまちが広がる。

こだわりが感じられる絶品タピオカドリンクを連れて、水分補給しながら浅草を散策してみるのはいかがだろうか。

・今回訪問した店舗の情報
店名 UMIERE ASAKUSA MARUGOTONIPPON
住所 東京都台東区浅草2-6-7 まるごとにっぽん 1F
営業時間 10:00〜20:00

Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「タピオカ行脚」


Source: ロケットニュース24