【絶叫マシン】特設サイト『おうち遊園地』に西日本が参戦したので体験してみた! あることをするだけで臨場感が段違いにアップ

緊急事態宣言の解除も見えてきたが、遊園地などのレジャー施設に心おきなく遊びに行けるようになるには今しばらくかかりそうだ。そんな中、インターネット上の仮想遊園地『おうち遊園地』に西日本が参戦。家にいながら、全国22カ所の遊園地を遊覧できるようになった!

『おうち遊園地』は新型コロナウィルス対策による各地の遊園地の休業を受けて、2020年4月28日にオンライン上にオープンした特設サイト。メインコンテンツは人気アトラクションに乗車している感覚が味わえる体験動画。オープン後10日間で約50万PVを記録するなど好評を博したという。

筆者もアトラクション動画を体験してみたのだが、ちょっとした工夫をするだけで臨場感が格段にアップ! その秘密は……風だ。

・参加している遊園地

東日本の遊園地から始まったこの取り組み、当初参加していたのは以下の15施設。

浅草花やしき、国営ひたち海浜公園プレジャーガーデン、西武園ゆうえんち、東京サマーランド、東京ドームシティアトラクションズ、東武動物公園、としまえん、那須ハイランドパーク、箱根小涌園ユネッサン、浜名湖パルパル、北海道グリーンランド、むさしの村、よこはまコスモワールド、横浜・八景島シーパラダイス、よみうりランド(五十音順)。

これだけでもそうそうたるメンツだが、新たに西日本の7つの遊園地が参加してパワーアップ。

今回加わったのは、かしいかえんシルバニアガーデン、城島高原パーク、グリーンランド、東条湖おもちゃ王国、日本モンキーパーク、ひらかたパーク、レオマリゾート(五十音順)。

これまでも独自のYouTubeチャンネルがあった遊園地も多いだろうから、映像コンテンツは特に目新しくないとも言えるが、企業の垣根を超えて集結しているというのがちょっと感動。こういった気運はコロナウィルス収束後も続いて欲しいと思う。

せっかくなので、ただ動画を見るだけではもったいない。同サイトでもコンテンツを最大限に楽しむコツが伝授されているが、筆者もやってみたのでその効果をお伝えしたい。

・用意するもの

テレビ、モニター、パソコンなどYouTube動画を再生できるもの。なるべく大型が望ましい。なんならプロジェクターでもよい。うちはそんなに大きなモニターはないので簡易プロジェクターで壁に投影。

臨場感を演出する必須アイテム、それは扇風機またはサーキュレーター! お子さんだったら抱っこしたり、大人なら回転座椅子のような、身体を柔軟に動かせる姿勢だとなおよし。

それではサーキュレーターをオンにして、動作音が聞こえないようななるべく高音質のイヤホン・ヘッドホンをしたら、ジェットコースター系の動画をスタート! 誰かが手伝ってくれる場合は、画面に合わせて風の強弱をつけてもらうとよい。急降下や急旋回では風を強くするイメージ。

筆者は1人だったので、自分で身体を動かして近づいたり離れたりしていた。はたから見るとちょっとマヌケな姿だが、気にするな。

風があるだけであら不思議、ものすごい臨場感だぞ! アナウンスもバッチリ入っているので、案内のお姉さんやキャラクターのセリフが「懐かしい!」っていう人もいるかも。動画に録音されているゴゴゴゴ……という風切音が、自分の感じている風と一体化して仮想空間に入り込んでしまう。

乗ったことのあるアトラクションだと思い出も一緒に運んできてくれて楽しさ倍増! イヤな思い出が甦ってくる可能性もゼロではないが……。

・VRも楽しい

一部には360°動画もあるので、以前にご紹介したVRゴーグルで見ても楽しい。ダイソーのゴーグルでも雰囲気は十分だ。この場合も扇風機はもちろんオン。

大画面モニターもゴーグルもないよ……という場合でも、パソコンなら高画質で細部まで観られて発見があった。例えば東京ドームシティの「サンダードルフィン」では「スカイツリーが見える!」などなど。ただし、画面を凝視するとちょっと酔ってしまったので小さいお子さんなどは注意。

絶叫系だけでなく、ショーやライドアトラクションの映像もある。シルバニアガーデンは歌と踊り、体操の映像を提供。よこはまコスモワールドの「大観覧車コスモクロック21」は、観覧車の光のパフォーマンスをただただ遠景で撮っている6分ほどの動画なのだが、ついホロリとしながら見入ってしまった。こんな何気ない日常が恋しい……。

遊びに行けない私たちも辛いが、遊園地にとっても苦境のとき。同サイトの「その時が来るまで遊園地はずっとみんなを待ってるよ」のメッセージは胸に響く。いつか必ず行くからね。

……なんて言いつつ、降下系の絶叫マシンが死ぬほど苦手で、ビッグサンダー・マウンテンはギリセーフ、スプラッシュ・マウンテンはアウトという筆者は、動画でしかジェットコースターを楽しめないのはここだけの話だ。お腹がキュゥッとするよね……。

参考リンク:おうち遊園地
執筆:冨樫さや
Photo:RocketNews24.
ScreenShot:おうち遊園地


Source: ロケットニュース24

【無料】VRで世界旅行! スマホで鑑賞できるYouTube 360°映像コンテンツ5選

望みさえすればどこへでも行ける、当たり前のように信じてきた世界観が揺らいでいる。「いつか行こう」の「いつか」が本当に来るのか、それは何カ月後なのか、まだまだ楽観視できない状況だが、気分転換に自宅でVR旅行はいかがだろうか。

今回ご紹介するのは「360°動画」「360° Video」などと言われるもので、撮影者の視点から全方位を見渡せる映像コンテンツ。自分で移動することはできず、目の前に流れる映像を眺める簡易的なVRだが、リモコンなどの特殊な機器を揃える必要もなく、酔いにくいという利点がある。汎用VRゴーグルがあれば誰でも無料で視聴できるもの、かつ画質や内容のレベルが高いチャンネルをYouTubeからピックアップしたい!

・用意するもの

用意するものはスマートフォンとVRゴーグル、そしてYouTubeアプリだ。VRゴーグルはお好みのものを。筆者はダイソーの500円の商品で、ピント調節のしやすさや装着感など決して高品質とはいえないが、お手軽VR体験には十分だと思う。もう少し本格的なものが欲しければ、オンラインショップで3000円程度で見つかるだろう。

YouTubeアプリで「VR」「360」などと検索すると、多くの動画がヒットする。普通に再生するだけで、スマホの向きに反応して全方位の映像が展開されるはずだ。これだけでも画面の向こうに別世界が広がっているように見えて楽しいが、VRゴーグルを使う場合は画面切り替えが必要。

画面端のゴーグルのマークをタップすると、2眼式の映像に切り替わる。後はスマホをゴーグルにセットして鑑賞する。

ゴーグルなし、アプリなしで、パソコンのブラウザから鑑賞する場合は、映像をマウスでグリグリすることで全方位を観ることができるブラウザもあるので試してみて欲しい。それではオススメのチャンネルを紹介していくとしよう。

VR Gorilla

ゴリラのマークのVR Gorillaはオランダの映像制作スタジオ。高品質なVRコンテンツを多数公開していて、ここを押さえておけば、もう映像で世界旅行ができてしまうという充実したチャンネルだ。本拠地のアムステルダムはもちろん、ロンドン、ローマ、バンコク、ドブロブニクなどのシティガイドツアー(英語)を公開している。英語ガイドがわからなくても、あたりをキョロキョロ眺めているだけで観光気分!

筆者のお勧めは「Most Beautiful Sceneries of the World」のシリーズで、特定の都市ではなく美しい景色を音楽に合わせてつなぎ合わせているのだが、旅情を誘うというか、ぼんやりと眺めているだけで癒される。と同時に「行きたいなぁ……」ともなるのだが。

CAPTIVISION

こちらもパリやロンドン、ニューヨークなどのトラベル系のコンテンツを公開しているチャンネルだが、「The Louvre Museum」というルーブル美術館の内部の動画がイチオシ。このような観光施設の映像は世界中のユーザーが投稿しているが、人混みにもまれていたり手ブレがひどかったりと、個人の旅行記録に過ぎないレベルのものも多い。

このチャンネルのルーブル映像はわずか1分47秒の短い動画だが、こなれたカメラワークで安心して観ていられる。「モナ・リザ、ちっさ!」「混雑しすぎ!」など、館内の雰囲気がよくわかるぞ。

National Geographic

自然科学系のチャンネルならこちら、おなじみナショジオ! ライオン、ゾウ、ペンギン、サメなど野生動物との遭遇を解説つき(英語)で映像化している。

他にも火山、サンゴ礁、大瀑布、南極大陸などナショジオらしい雄大な自然映像がたくさん。こちらも英語のナレーションがわかれば知識も深まるだろうが、そちら方面はさっぱりの筆者でも眺めているだけで楽しい。

Discovery

膨大なコンテンツ量という点ではこちら、ディスカバリーチャンネル。アニマルプラネットのコンテンツもあるぞ。

トラベルに限らずサイエンス、スポーツ、アニマル、ライフスタイルとオールジャンル。トラベル系では定番のイタリアやイギリスなどがあるのだが、日本(Tour Japan’s Ancient History And Modern Marvels in Stunning 360° VR!)が面白い。「こ、こんな国でしたっけ?」というほどエキゾチック要素が強調されている。外国人から見た日本ってこんなイメージなんだろうか。

The Met 360° Project

ニューヨークのメトロポリタン美術館の公式VR動画。所蔵品というよりは館内の様子を撮影したものだが、来訪したことがある人にはきっと懐かしい風景なのでは。

VRコンテンツで所蔵品を公開する美術館・博物館は他にもあるものの、特定のVR機器が必要なことも多いようだ。誰でも観られるYouTubeで映像を公開しているメトロポリタン美術館は貴重な存在だと感じる。

・VRには無限の可能性がある

VR体験にはいろいろな深さというか、レベルがある。例えば仮想空間内を自分の足で動き回ったり物に触ったりすることができる大規模なアトラクションから、PS VRのような家庭用ゲーム、簡易的なものでは今回紹介したような映像コンテンツがある。

個人的にVR技術にはものすごく期待していて、PS VRが発売されたときには「ついに誰もがゲームの世界に入れるようになった!」と歓喜した。しかし2020年現在でもまだ、機器が非常に高価であること、それに対する画質の低さ、酔いやすさなど、課題が山積していることも承知している。人生観が変わるほど衝撃的な体験だが、酔うし疲れる……それが筆者のPS VRの率直な感想だ。

まだまだ過渡期のテクノロジーなのだろう。だが、今日のような社会情勢の中、仮想であっても行けない場所に行ける、会えない人に会える、というVRは無限の可能性を秘めていると思うのだ。もっともっと身近な存在になって欲しい。

検索すると星の数ほど出てくる360°動画だが、残念ながら画質がいまいちだったり、丁寧に編集されていなかったりと、完成度があまり高くないものもある。今回ご紹介したような、映像制作のプロが関わっている公式チャンネルから選んだり、「4K」「6K」などと解像度を表示してある動画を選ぶとよいかもしれない。

それと、やはりデータ量が多くなるようなので通信環境に気をつけて。筆者もピークタイムになると映像がカックカクになってしまった。時間も天気も関係なく出かけられるVR旅行、お手持ちのスマホでぜひ体験してみて欲しい!

参照元:YouTube「VR Gorilla」「CAPTIVISION」「National Geographic」「Discovery」「The Met 360° Project」
執筆:冨樫さや
Photo:RocketNews24.
ScreenShot:YouTube(iOS)


Source: ロケットニュース24

【100均検証】私はダイソーの500円「バーチャルリアリティVRゴーグル」に対して壮大な勘違いをしていた

早とちりをしていた。壮大なる勘違い。いないとは思うが、私と同じような失敗をする人が今後 続出しないためにも、何をミスったのか書いておきたい。モノはダイソーの「バーチャルリアリティVRゴーグル」である。

かの「PSVR」に「OculusGO」などのVR機器を愛用するほどのVR狂な私にとって、単なる「スマホ用VRゴーグル」なんてオモチャもいいとこ。しかし、この商品をひと目見た時、なぜか私は勝手な想像をしてしまったのである。

なにせ価格が……

500円。

妙に高い。プラスチック製の「スマホ用VRゴーグル」にしては安いと言えるが、100均のVRゴーグルとしては非常に高価。だって、セリアやキャンドゥには100円でVRゴーグルが売られているのだから!

そして、この「500円」という妙に高い金額とあわせて私を勘違いさせたのが、パッケージにデカデカと書かれていた……

VRアプリケーションのインストール」なる文言だ。

VRアプリは Apple Store か GooglePlay からダウンロードせよとも書いてある。ここで私は、こう思った。「ついにダイソー、オリジナルのVRアプリを作りやがった!!」と。「どんなVRなのか興味津々!!」と。

そんな気持ちで、もちろん購入……!!

開封すると……

iPhone用の保護ガラスみたいにウェットシートなどが入っているが、説明書は入っていない。はて? ダイソーオリジナルVRアプリのダウンロード先は、どこに書いてあるのだろう? ま、焦らなくてもいいか……。

良い感じの外観に……

しっかりしたクッション……

本体上のレバー的なトコをいじくると……

レンズの位置、自由自在。

んでもって……

スマホを置くスライドスタンドを本体内から取り出して……

付属のスポンジテープは、おそらくここに貼るのだろう。そして……

スマホを固定させて……

シャッっと収納。イイ感じじゃん。

外側の窓的なところをスライドさせて開くとカメラが出る構造になっているので、VRだけではなく「AR」にも対応するときた。

イヤホンやケーブルも接続可能。イイじゃん。スマホ用VRゴーグルとしては、普通にイイ感じじゃん。1000円くらいするスマホ用VRゴーグルと、そう大差ないレベルだよこれ。これで500円なら安い。ウン。

……で。

ダイソーオリジナルVRアプリのダウンロード先は、どこに書いてあるのかな?

QRコードとかかな?

……。

……どこにも書いてない。

っていうか……

「ダイソーオリジナルVRアプリ」なんて、この世に存在しないのでは……!!

箱に書いてある「VRアプリケーションのインストール」って、「ダイソーオリジナルVRアプリ」のことではなく、すでにApple StoreやGooglePlayにリリースされている、いろいろなVRアプリのことなんじゃ……?

たとえば「VR アプリ 無料」で検索したら、一番上に出てくる……

DMMとか……

もっとも、私は……

「PSVR」や「OculusGO」でDMMを視聴しまくっているけれど……

念のためログイン……

すると……

クセのあるVR映像作品が「購入済リスト」として表示されているが、とても皆様にお見せできるタイトルではない。かろうじて見せられる作品名があるとしたら……

VRおなら」……

なお、どんな内容なのかは、ここでは書けない。だが、「VRおなら」の名に恥じないド直球の作品であり、「おなら」以上はないという非常にストイックな作品だ。

せっかくだから見てみるか……

……うん……

内容はいつもの「VRおなら」だが……

当たり前だけど、「PSVR」や「OculusGO」などのVR専用マシンに比べたら、画質も、迫力も、すべてにおいて劣っている。しかし、「VR入門編」としては、まあこのくらいでも良いのかもしれない。久々に初心を思い出した気がする。

これはこれで、悪くない……。

それにしても……

会社で見る「VRおなら」は格別だな……

よし!

自分が自転車の椅子になる「サドルVR」も確認するか。

<完>

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

あたり一面クロちゃんだらけ! クロちゃん初の展覧会「モンスターパーク」が想像の100倍ヤバい

いまやすっかりモンスター芸人としてお馴染みとなった安田大サーカスのクロちゃん。テレビで底知れぬクズっぷりが放送されたこともあって、世間では「ウソつき」なだけでなく「口が臭い」などのイメージが定着している。

だが、イヤよイヤよも好きのうち。なんと2019年9月から『クロちゃんのモンスターパーク』という展覧会がパルコで開催されており、これまでクロちゃんの地元である広島をはじめ福岡、松本、名古屋を巡回中と圧倒的な人気ぶりなのだ。そして今回、ついに首都の東京でも……!

誰が行くんだよと思う人もいるかもしれないが、聞けば各地で大反響で名古屋では約2週間で7500人も来場したらしい。なんだかんだ、みんなクロちゃん好きだな!!

・池袋パルコで開催

2020年1月17日から2月3日まで池袋のパルコミュージアム(本館7F)で開催される展覧会『クロちゃんのモンスターパーク』。そして本日16日、報道陣向けにオープニングイベントがあり、クロちゃん本人が登場して会場の説明を行った。

コンセプトはずばり「アイドル」。今回、展示会の名前に「モンスター」という冠がついているものの、パルコが勝手につけたとのことでクロちゃん本人はラブラブファンシー仕様だと胸を張る。というのも、クロちゃんはもともとアイドル志望で松竹芸能に騙されて芸人になった(本人談)らしいのだ。

・展示会の内容

クロちゃんのファンシー仕様……どうにもこうにも強烈すぎる文字面だが、やはり気になるのはどんな展示会になっているかだろう。というわけで実際に現地へ行ってみたところ、入り口からクロちゃん全開で出迎えてくれる作りに始まり……

あたり一面……

クロちゃんだらけ……!

他には名(迷?)言の垂れ幕や……

クロちゃん輪投げ……

クロちゃん射的に加えて……

完全再現された「クロちゃんの自宅部屋」まで……!

と、クロちゃんファンにとってはたまらない……そうでなければ、不思議な感覚に陥るだろう作りとなっていた。

・破壊力抜群のクロちゃんVR

その他、池袋会場ではこれまでになかった新コーナー「クロちゃんの体毛研究室」が初公開。すでに10倍はヤバい内容だが、さらにクロちゃんが加速するのはここから。そう、最大の目玉 “クロちゃんと密室で2人きりになってしまうVR” の存在である。

クロちゃんいわく、王子さまのように助けるとのことだったが、過去の会場では黄色い声が飛びまくる事態に。他会場では興奮(恐怖?)のあまり、壁が破壊されるアクシデントもあったらしい。

とはいえ、名古屋では人気すぎて5台じゃ回らなかったため、池袋では8台に増台したクロちゃんVR。実際に体験したのだが、多くを語らず10倍ヤバいのが100倍になったと伝えておこう。思わず仰け反るような……目の前に迫ってくるクロちゃんはスゴいものがあった。

・初日は本人来場

イベントの詳細はパルコのHPで確認して欲しいが、初日17日にはクロちゃんが来店して握手&ツーショット撮影。25日には「書籍サイン&ツーショット撮影会」と「握手会」が行われる予定だ。

イベントについて、クロちゃんはしきりに口臭くないアピール。イベントに来た人は「ぜひ口臭を嗅いでほしい」とも語っていた。また、「イベントにかわいい子が来たら狙う。その場で告白するかもしれない」とも。

ちなみに今狙っているのは、みちょぱ・ゆきぽよ・橋本梨菜の3大ギャル。たとえ今、清楚系であってもギャルにすればいいから幅を狭めている訳ではないとのことだったので、クロちゃんを狙っている人はギャルにしていく必要はないぞ。

・展覧会開催概要

タイトル クロちゃんのモンスターパーク
会場 PARCO MUSEUM(池袋パルコ 7F)
住所 東京都豊島区南池袋1−28−2
期間 2020年1月17日(金)〜2月3日(月)
時間 10:00〜21:00(入場は閉場の30分前まで、最終日は18時閉場)
入場料 500円(小学生250円、未就学児無料)

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24